なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「多摩センターらーめん 赤麺 (710円)」@らーめん西海 多摩センター店の写真1/11/12時頃訪問。
店内はほぼ満席。
口頭注文後、数分して配膳。
スープは塩豚骨と思われるが、豚骨香味は微かな風味とスマートながらも確実な旨味に留まっており、豚骨全開という風情ではない。旨味には動物だけではなく野菜類のジューシーな風味も感じられ、なかなか多様な趣である。塩気は丸められているものの、役割は十分であった。
唐辛子が練り込まれているという赤麺は、細麺である。麺の外周は少々柔気味な茹で加減だが、芯は粉のレアな風味を残しており、良い意味での生煮え的な多彩食感を展開。練り込まれている唐辛子は、辛味よりも唐辛子が持つコクを主に感じる。
チャーシューはしっかりした物が2枚入っている。ある程度の噛み応えはあるがサックリと割ける肉質。肉や脂身の旨味はそれほどでもないが、スープに浸して食べれば問題ない。
味玉は控えめな塩気に、コクのある滋味と旨味がトロ黄身と相まって上出来であった。
モヤシはプレーンで味気なく食感のみの存在。そして種類が思い出せない青菜は、独特の青い香味でアクセントとして貢献。カイワレは僅かな辛味で薬味的に存在。
途中で卓上の柚子胡椒と思われる緑色の調味料を投入し、塩気と辛味による鮮烈さを添加。更に卓上のニンニクやラー油による強さ&重さ、九州産黒酢による単純な酸味だけではない旨味や甘味や瑞々しさを加えつつ、完食完飲。
更なる店内の混雑を横目に、勘定&退店。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。