なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

12:00頃訪問。先客はまばらだったが、後客はそれなりの入り。店内は適度なスペースを有しており、カウンターとテーブル席が2つ設けられている。男女各1名による切り盛りで、接客は普通。

本メニューを選択。麺の硬さは「ハリガネ」で頼んだ。暫く待って配膳。

スープは乳化が進んでおり、醤油の色合いもそれなりに出ている。表層液体油はやや多め。
飲んでみると、豚骨のコク、旨味はしっかりと抽出されている。臭気も感じられるが、個人的には好ましい方向性。不自然なクリーミー系よりも、余程好感が持てる。表層液体油も、適度なコッテリ感をもたらしていると思う。
カエシは強めに立っている。塩分濃度も結構高めだが、飲んでいて苦痛を覚える程では無いのが有難い。結果的に、上述の豚骨出汁に負けないだけのキレを生み出していると思う。
ただ、特に上層が、ややヌルい状態で供されるのが残念だ。

麺は、ストレート細麺。
茹で加減は、「ハリガネ」に相応しい硬さにコントロールされており、非常に強いコシと歯応えを有している。小麦を押し固めたような質感で、力強い咀嚼感と喉越しを楽しめる。スープとの相性も良好。
量は少なめ。空腹時であれば、替玉が欲しくなりそうだ。

チャーシューは、薄めのもの1枚と脂身のみの小片が1枚。後者は全くを以って意味不明。両者共、味に特筆すべきものは無い。
味玉は2つ割りで供される。甘めの味付けで、あまり旨いとは思えない。
他に、適量のキクラゲと青葱、小量の茹でモヤシ、海苔1枚。

九州系の豚骨ラーメンに近い一杯。豚骨臭さも含めて決して嫌いなタイプでは無いのだが、所々に雑さが見えてしまうのが難点。個人的には、再訪しようとは思えない一店だ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。