なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
100

「元味全部入り 930円」@ラーメン 麺や亮の写真麺や亮と言えば「元味」という人は少なくないだろう(写真は元味ではない).自家製の小麦感あふれる細麺.軽めの豚骨スープが優しい.肉感存分なチャーシューや海苔に味玉と全部入りは豪華だ.今回はこのお店の最後のレビューということで,積年の想いを込めて100点としたい.
 麺や亮は,系列店として大盛軒ひたちなか大盛軒があり,また中華そば 仙人掌は同店出身,さらにラーメン 和なりとはコラボを行うなど日立近郊のラーメン文化の中心的存在であることは論をまたない.ところが,人手不足のため止むなく閉店と突然のツイートがされたのがGW開け.その後,連日お客さんが殺到し,最後の数日は50人超えの行列が続き,そして5月29日に惜しまれながら閉店となった.
 このお店に行くと,学生や会社員はもちろん,家族連れやラオタやら,皆が思い思いにラーメンを楽しんでいる雰囲気がとても良かった.ラーメンを食べると思わず笑顔になり,少し元気をもらった気がする.そんな他のお店とはちょっと違った魅力.そして今日の行列を見ても,いかに地元の人達に愛されたお店だったのかが分かる.それぞれにとって特別な想いのあるお店だったのだろう.ラーメン屋の一つの理想形なのじゃないかと思う.
 私にとっても特別なお店である.一番の思い出は,5年前の震災の時,まだ我が家では電気しか使えない,そんな時に提供された特別限定ラーメン.息子と歩いて食べにいった.体と心を暖めてくれた一杯.当時津波をかぶった大盛軒はまだドロだらけだったのではないだろうか.この感動を忘れたくなくて書いたのが私のRDBデビューである.
http://ramendb.supleks.jp/review/327579.html
これを超えるラーメンにはこれからも出会えないだろう.
 店主さんは,また時期が来れば復活したい意向のようだ.震災の影響でラーメンが作れなくなり,大甕 大盛軒として営業した後,亮として復活した過去があるのだから,また復活することもあり得るだろう.亮ラバーズの皆さん,写真の空の丼にいつか食べた亮のラーメンが再び盛られるのを想い描いて,その日がくるのを待とうではないですか.
 最後に,麺や亮の店主さん,奥さん,スタッフの皆さん,おいしいラーメンをありがとうございました.大甕に麺や亮というすごいお店があったことを忘れません.
 麺や亮!ばんざーい!

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 17件

コメント

Paulさん,どうもです。
厳選した言葉でいつも完結かつ的を射た表現をするいつものPaulさんのスタイルが崩れるほど,思いの深さが伝わりますね。
私が食べ歩きを始めたのは,1冊のラ本を買ったことに始まるのですが,この店は,日立の憧れの店でした。
今ではラーメンのためにどこまでも行く私ですが,当時の行動範囲は狭く,やっと行けた時の感動は忘れられません。
閉店が惜しまれます。

RAMENOID | 2016年5月30日 02:11

おはようございます!
思い出あるお店の閉店は寂しいですね。
その思い出はいつまでも大切にしていきたいですね。

あらけん | 2016年5月30日 05:24

こんにちは。

大甕駅前のお店に多くの学生、サラリーマンが集結していたお店。
通った回数は決して多くはないのですがとても印象的なお店でした。
Paulさんの味わい深いレポと写真、店主さん見たらきっと涙流すことと思います。

glucose(しばし休止) | 2016年5月30日 17:58

どもです。
県北の中心的お店が人手不足で閉めざるを得ないとは、何とも悲しいです。
震災時の一杯は本当に身に染みたでしょうね。
復活を願っています。

ピップ | 2016年5月30日 18:27

思い入れがあるのがひしひしと伝わりました。
残念ですね
連日、大行列とのことで、惜しむ方も多いのでしょうね
伺うことができなかった…

うまこ | 2016年5月31日 00:53

最後は3週続けて行かせていただきました(^-^;)
雰囲気のいいお店でしたね…
レビュー書こうかと思っていましたが、Paulさんの思いが伝わるレビューのあとに被せることはできないです(_ _)
復活に期待!
…あ、お久しぶりですm(__)m

いぐ | 2016年5月31日 04:21

素晴らしいレビューです。Paulさんの思いが伝わってきます!
閉店は寂しいですね。いつか復活してくれることを願っております。

tomokazu | 2016年5月31日 04:44

こんにちは。

あつい思いが伝わる素晴らしいレビューですね。
自分も無理をしてでも、最後に訪問できたことが、
本当にうれしく思っています。
伺えたから、自分もPaulさんの気持ちが良くわかります。
いつか、また復活することを願い続けたいと思います。

ももも | 2016年6月1日 12:32