なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「ワンタンメン」@中華料理 嵐山の写真地元を熟知した方と共に大島、亀戸と地元での飲酒を散々楽しんだ後、調子に乗ってラーメンで締める。特段の打ち合わせは必要ない、自然と足が向くのが風習だ。
折角調子に乗っているため、ワンタンが載ってる奴を発注する。普段は塩を愛しているが、気分的に醤油な感じ。最近自宅を駅寄りに移した結果、この店が近杉で却(かえ)って立ち寄らなくなっていたが、もっと足を運ぶべき価値ある一杯。
豚の旨味が芯を支えるスープ。一時煮干の風味が強まった事もあったが、今は動物的な旨みと、例の旨味調味料が底を支えるシンプルな味に傾倒しているようだ。醤油の塩味は程々、あくまで街の中華料理店ならではの、片意地張らぬ魅力が光る。
やや縮れた中細麺は、アルデンテ気味な粘り腰と歯切れ良さが堅調にバランスを担保。本当は、スープを飲む気などなかった。誰か、この蓮華を止めてくれないか。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 40件

コメント

この素敵なハシゴ。サイコーですね。
次回気分次第では、醤油(ワンタン)で臨みたいです。

YMK | 2016年6月21日 08:06

酒のあとにラーメン
これは仕方の無い流れです
ワンセットですからねw

街中華で最後に〆。こたえられませんね!
のどかな夜を写したような麺顔ですね。

個人的な想いですが、出来るだけ地元の店にお金を落としたいと思っています。
微々たる金額ですが、そんな人間が増えれば山となります。
と言う事で、地元の店には繰り返し通うようにしています。

迷った末に、webで調べてから行く人も多少はいると思います。
せっかく勝手にwebへ情報開示している訳ですから、そんな方の背中を押せるような情報が捻り出せれば幸いと思います。
たとえ、それが飲酒後の情報であってもw

Dr.KOTO | 2016年6月21日 22:43