なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「らーめん銀だら搾り」@鮮魚らーめん 五ノ神水産の写真ギンダラジュース

2,3年前に2回ほど行った記憶が
1回目は雲丹で2回目はその時の限定を食べたのでデフォは何気に初めて(笑)

凄い銀だら。。まんまの味
アナウンス通りこれダメな人居るの、解る(笑)

チャーシューが豚ではなく鶏モモでしっくり来る
三角極厚メンマも味・食感がいいアクセントに

名前に偽り無し

¥780

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「バラそば醤油(あっさり)¥680+肉増し¥100×2」@バラそば屋 上板橋店の写真上板橋駅近くまで外出でしたので、
『バラそば屋 上板橋店』さんに寄っちゃいます。

12時30分くらいに到着すると先客は12名です。
ちなみに後客は6名でした。。

タッチパネル式の券売機でメニューを選びます。

メニューは“バラそば醤油”と、“バラそば塩”の2種類ですので、
特に考えることなく“バラそば醤油”をピッとします。

すると今度は“あっさり”と、“こってり”を選択する画面になりましたので、
少し悩んで“あっさり”をピッとします。

次にトッピングを選ぶ画面になりましたので、100円の“肉増し”をピッピッと2回押しちゃいます。

で、食券3枚を手渡しカウンター席に座ると、
6分ほどでご対麺です。

では頂きまーす!
スープはアッサリとした醤油味です。
って、メニュー名のまんまですなw
ワタクシの想像ではバラそば屋さんのラーメンは、
アッサリでももっと豚骨を強めに効かせた豚骨醤油だと思ってましたが、全然違ってましたね~w
和風感のある大人しめの味わいで、なんか拍子抜けしちゃいましたわ。
でも、タップリのチャーシューをスープに沈めると、
アッサリ味のスープにチャーシュー由来の旨みやコクが加わって、
どんどんスープが旨くなっていくンですよ。
コレは追加して正解でしたね~♪

麺は太めの中細ってな感じでしょうかね。
断面は長方形で、少し平べったさがありますよ。
ツルプリっとしたややヤワめの食感でしたね。

具材は、チャーシュー・メンマ・ネギです。
チャーシューは有料で増してますので、タップリと入ってますよ。
メンマは細切りタイプで、コリコリっとした食感。
ネギはこんな量なンですか??
もっと沢山入ってると思ってたンですけどねぇ。。

で、終盤は卓上の白生姜を追加してみますが、
酢が強くガリっぽい味わいが広がるだけなので、個人的にはコレは無くてイイですな。。


美味しかったです。

思ってたのとは違いましたが、スッキリとしておりコレはコレで良かったですよ。
肉増しダブルも正解でしたし♪

機会があれば別のお店でも頂いてみたいですね~。

ご馳走さまでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
81

「中華そば」@麺屋 坂本01の写真今時ワンコインで食べられると話題のこちら。
いつものように仕事のタイミングで来られた。

11時過ぎで列びが数人。
次の仕事まで余裕があるので列びに接続。

待つこと5分少々で食券購入からの着席。

噂通り狭い店内です。
お水も券売機裏の給水機のみなのでおかわりがつらいですね。

待つこと5分少々で着。

これでワンコインは凄いねー。
特徴なのが玉ねぎのみじん切りと共に振りかけられた山椒。

最初は混ぜずにスープを一口

鶏がベースなんだろうけど、独特の風味がしますが美味しいです。

麺は思ったより太めです。
綺麗に盛り付けられてます。
個人的にはもっと細くても良いかな。

具は太めのメンマ
大きさ、風味好みです。

チャーシューはその都度切られてます。
種類が違うのかな?
パサつきも無く美味しいです。

さて、やはり玉ねぎ山椒ですか、、、

あくまで私個人です。

玉ねぎだけでいいかなー。
びっくりするほど趣が変わってしまうのでカウンターに置いて好みで振りかけた方がいいのかも。

次のチャンスは塩いってみたいな。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン 味濃いめ+油多め+麺硬めの三拍子+半ライス」@横浜らーめん 笑の家の写真慶応義塾大学での会合後、麻布十番に移動し、こちらへ。

食べたのは、ラーメン 味濃いめ+油多め+麺硬めの三拍子 780円+半ライス 10円=790円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/73281018.html

麺は、ストレートの中太麺。麺硬めで頼んだのだが、家系によく見られるコリコリした食感で、美味しい麺。小麦の香りも、そこそこ。麺量は、それほど多くない。

スープは、豚骨、鶏がらから動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。油多めにすると、表面を鶏油が結構な量で覆い、麺が油の味しかしなくなる。そこで、常に麺を使いながらかき混ぜて食べると良い。下層部にあるスープと混ざり、良い味わいになる。

チャーシューは、ロース。若干肉の旨味が抜けているが、スープと馴染ませると、美味しいチャーシューになる。

その他、海苔、ホウレンソウが入る。

ライスは、半ライス。10円で食べられる。

店内は、カウンターのみ。店主が非常に話好きで、いろいろなお客に話しかけ、話を膨らませている。和気あいあいとしたとてもよい雰囲気だった。

その他のラーメン情報は、http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

錦糸町に用事がてらにチョイチョイ口コミでも割りと評価が良かったのでラー活して来ました。
場所は錦糸町駅から高速の真下の近くであまり人通りが乏しき場所でした。
店内入ると『イラアイマセ~♪』な大陸系なイキフン。
2時過ぎだったので先客2名1組みのみ。
テーブルに座り表題の品を注文。
『細麺と手揉み麺どちらに…』なアナウンス。
手揉み麺を選択。
ラーが着丼。
ナミナミ一杯の大きな玉丼で御提供。
昨今の切立丼と比較するとプ~ス~多めでスバラシ~♪
ス~プを飲んでみると餡掛け仕様で生姜が鼻腔を抜けて中華技法な塩テイスト。
トッピは多めの韮と豚バラでシンプルな出で立ち。
麺は平打ち中細縮れでチョット弱いかなぁ~銀座『三吉』ほどの弱さではないけどかなりヤワヤワ。
ウ~ン~細麺硬めが正解かも…
堪能しつつ完飲完食。
『湯』を味わい楽しむ様なラーと感じました。
御馳走様デシタ。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば(醤油味)」@ソラノイロ japanese soup noodle free styleの写真はじめに、コメントへの返信は
お返ししておりません。 m(_ _)m

前に行ったお店です。
昼時12時前位に到着で、外待ちなし!^ ^
さっそく入店〜!…
店内はお昼時ともあり、ほぼ満席で盛況でした〜!
まずは券売機で食券の購入〜!
こちら(ソラノイロ)さんはベジソバが人気らしいですが
私は来る前から決めていた
(中華そば(醤油味))のボタンをポチ!^_^
で一席だけ空いていた席へ着席です!
そして、ワクワク待ち数分で!
「おまちどうさま〜」 ご対麺〜 ^_^

私、難しいことは、わかりません。
味は私の個人的な感想です。

では、いっただっきま〜す。^ ^
まずスープを一口………!!!
表面ちょっぴりオイリー感があり!
さっぱりとして鶏?の、とても良〜旨味とコクを感じ
どこか優しい味の醤油スープ!!!美味し〜!(๑˃̵ᴗ˂̵)
麺に行く前にレンゲが進みますね〜!!!

麺は中位で、食感!喉越し!共に良い感じで!
この麺とスープの絡み具合は、とても好印象!
私には申し分ありません!うまっ!!(๑˃̵ᴗ˂̵)

綺麗に盛り付けられた具材達は!
チャーシュー、メンマ、海苔、ナルト、
白ねぎ、万能ねぎ、
これらの具材達も皆それぞれ良い味を出し
この一杯のラーメンを更に引き立て
ま.い.う〜!!!でした〜 ^_^
で、あっというまにペロリと完食〜!
美味しかったで〜す !^ ^

ごちそうさまでした〜。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ファイヤー味噌タンメン 味玉チャーシュー」@旨辛タンメン ファイヤーマウンテンの写真12/12 火曜日 pm0:50頃

今日はとても寒く相方が二郎系か家系ラーメンを食べたいとダダをこねたので、二郎系では無いですが、以前振られた辛いフュージョンのファイヤーマウンテン亀有さんへ訪問。

昼時のピークを過ぎていたのか、店内3名。待ち無しでラッキーでした。食券機にてファイヤー味噌タンメンにトッピングで味玉とチャーシューをポチり。チャーシューが¥100とは良いコスパですね。

店員さんの愛想も感じもとても良く店内の雰囲気も良かったです。壁に色々メニューが貼ってあり、楽しめそうです。そうこうしてる内に着丼です。
炒めた野菜に麻婆豆腐。辛そうですね〜
しかし、一口目のスープがとても甘い。辛さの中に旨味有りの某店と同じです。味玉も良く、チャーシューも肉厚で食べてて飽きませんでした。
スープは、かなり美味しいし良いレベル。しかし…
麺が少々パサパサ。もう少しモチモチ感が欲しいですね。太さは良いので。麺さえ良ければ私の中では高得点です。たまたま今日の出来が悪かったのかな…

相方は味噌タンメンにバターを入れてしまい甘々に。しかも少し残したので代わりに食べました。無責任です。

久喜の蒙麺も覗いてみたいです。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「特製らーめん(大盛り無料)」@中華そば 無垢の写真オープンしたてのころ1度足を運んだが、知らぬ間に豚骨魚介の店に変わってしまったので、再訪せず。先日、CPの高いまぜを食べたくらい。この日、勝本が長い列だったので、無垢へ。せっかくなので豚骨魚介のラーメンをいただく。


 スープは予想に反してシャバ系。それも豚骨の雰囲気が弱く、MIX系の魚介醬油ラーメンのようだ。魚介は、ハッキリとしており、正直、以前の醬油煮干しラーメンより魚が前に出る。なかなか良い味。しかし、シャバ系で薄目なので、ちょっとパワーがない。もう少し濃いめなら、相当、印象が変わるだろう。

 卓上の味変では、ショウガは美空譲りで、相性が良い。コクが増す印象。ユズの酢も、一気に爽やかになり面白い。スープが薄い分、意外に味変が楽しめる。

 平打ちに近い麺は中太で、やや柔らかめ。もっと固いか、麺が細い方がスープに合いそうだ。味玉はトロトロ。開店直後のころより味が染みており、バージョンアップしている。そしてチャーシューがA級。基本、レア系なのだが、肉厚で食べ応えがある。それでいて、火の入れ具合というかレア感が、ほどほどで食感も良い。シッカリと食べ応えのあるローストポークのようで、申し分ない。

 豚骨魚介の店に変わり、正直、ガッカリしたが、それは誤りだったようだ。確実に進化していた。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「ちゃんぽん:900円」@長崎飯店 虎ノ門店の写真2017.12,12(火)晴れ 初訪問 11:00入店 先客1 後客2 11:01着丼

長崎ちゃんぽんを求めて訪問。
開店時刻に訪問すると既に開店しており、お客さん一名がお食事中・・・
男性2名で調理して男性一名と女性一名で接客を担当の配置。
なお、調理してた方は初老の方で貫禄が有ります!!
カウンター席に促され着席。
「ちゃんぽん」を口頭で注文。(後精算式)
驚愕の約30秒ぐらいで提供されました!!
スマホを弄ってたらすぐだったので調理工程を確認出来ず・・・

麺は白っぽく太さのあるチャンポン麺。
茹で置きの物を煮込んだスープと合わせる?
噛むと柔らかさを感じるが後味に小麦の風味がしっかりと残ります。

具:イカ・あさり・蒲鉾・さつま揚げ・キャベツ・モヤシ・椎茸

魚介や練り物、野菜はスープと一緒に煮込まれる。
イカはゲソの部分。プリプリと弾力感がある食感。
あさりはしっかりと砂年抜きされ、スープに旨味を加えてくれる役割。
蒲鉾はピンクと白の2色を使用。プリッとした食感でピンク色は見た目が鮮やかです。
さつま揚げは細かな人参入り。
甘みがありフワッとした食感が良いです。
キャベツやモヤシはクタクタ状態。キャベツの芯の部分も柔らかいです。
椎茸は干し椎茸。旨味が感じられ美味しいです。

スープは塩味。
出汁は鶏ガラ系でしょうか?
野菜や魚介の旨味がスープに溶け込みます。
胡椒を効かせて味を引き締めていた。
化調はかなり強めの印象でした。

総評
炒め要素は皆無の煮込み系のチャンポン!!
注文してから素早く提供は嬉しいですが速すぎ・・・(笑)
野菜たっぷりな一杯。全体量は適量。
ご馳走さまでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「四川麻婆麺700円」@中華そば がんちゃんの写真2017.12.12
練馬区氷川台の大衆食堂「ガっちゃん」が閉店したことを知っていましたが再開していたことは知らんかった。
ちょっと変わったメニューがちょっと外した味付けで、とっても面白いなあと時々行っていた(と言っても3回か)。
ビールを飲んでつまんでラーメン食べて。
いや、リニューアルしたらバーのような店内ですよ。値段も若干高くはなっているけれど、メニューの豊富さは変わらない。

四川麻婆麺も700円とリーズナブル。今日もビール注文。
辛さは増せるか訊いたらもともと辛いし、それはできないとのことです。
妻は「ワンタン麺」を注文。

四川麻婆麺はホアジャオ効かせるかと思いきやそれはない。ただ、デフォでも辛めの設定でラー油の油っこさもない。
基本の醤油ラーメンの上にアンカケの麻婆豆腐を乗せたものなのですが、この威力が結構すごい。
醤油スープなんか本当に下にあったのかどうか謎に思うくらい。
分厚く乗せられた麻婆は生姜あり、それよりかほとんと生状態のニンニクスライスが支配していてニンニク味でヒリ辛。
当然極熱い。
ここに加わる豆腐は多分一丁そのまんま使っているんでしょうね。でか大切りの豆腐がごろりんと岩の如く重々しい配置。

やっぱあの、がっちゃん食堂精神は引き継がれているんだ~。なんだかうれしいですね。
麺は南京軒の中華麺。中麺で縮れたもの。これ茹でが短いのかやや硬く思う。
スープが熱々なのでダレてくれればよいものの、ずっとこの状態。
他にも面白いメニューがあるだろうと思いつつ、表を眺める私であった。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件