なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「ラーメン並」@みんみんラーメンの写真八王子ラーメンと言えばこちら。
シンプルながら美味しい一品です。場所的にあまり行けない所ですが、近くに行ったら寄りたいお店ですね。
かけ中華も食べなければ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン(ニンニク アブラ 辛揚)」@鷹の目 蒲田店の写真バカ舌を自認しているので普段はレビューとかは書かないんだけど、あまりにも衝撃的だったので。

ここやtwitterを見ると「濃い二郎系」との事で、興味を持ったので 4/23 21:30頃訪問
行列なしでカウンターに着席。


スープは二郎系というより、濃い家系のものという感じ。
自分が食べた中から説明するなら、2年前に食べた末広町にある"秋葉原ラーメン わいず"のスープというのが、一番近い。
が、とにかくしょっぱい。
タレの量を間違えたんじゃないか?と本気で考えたくなるほど、しょっぱい。
野菜を天地返ししても薄まらず、とにかくしょっぱい。
飲み屋街が近くにあるし、味覚が鈍った酔客相手に調整しているのか?と思うほど、しょっぱい。

麺は平打麺で、湯で加減はやや硬め。芯が若干残っている感じで個人的には好み。
平打麺の二郎系というのも何気に初体験だとおもう。

豚は分厚いのが1枚。やや硬かったけど、食感は悪くない。90円でこの豚1枚追加できるなら有かな?という感じ

多分味変アイテム扱いの辛揚は、前述のとおりスープがしょっぱすぎて、味が変化したのか正直よくわからなかった。

追加のアブラは、チャッチャするのではなく、塊でヤサイにON。
この形式での提供も初体験だったけど、個人的にはチャッチャしてくれる方が好きかな。
なおスープには背脂らしきものは見当たらなかったので、普通の二郎系と違い、デフォでは脂なしなのかも。


総論として、とにかくショッパイというイメージしか残らなかったというのが感想。
あとは個人的には二郎系の区分ではなく、家系+野菜 と感じた。

最初に書いた通り馬鹿舌なので普段は「美味しいのでまた来たい」「美味しいけどもう来ない」「普通なのでもう来ない」位の感想しか抱かないんだけど、ここまで衝撃を受けたのは久しぶりだった。
出汁は濃厚な豚骨っぽくて多分美味しいと思うから、あそこまでしょっぱかったのは何かの間違いだと思いたいので、とりあえずこの点数。
オペが安定する頃を狙ってもう一回トライする予定。


その他、気になったことを列挙
・カウンターの客側に番号がプリントされており、「13番のお客さん何かありますか?」みたいに、コールはその番号で聞かれる。
・水はセルフ。給水機は店舗の奥。水は水道から直なのか、結構カルキ臭がした…と思う。
・レンゲは、給水機の横にしか設置されていないので、水を取りに行った際に回収しないといけない。
・ティッシュは設置されていない…と思う。
・カウンターの卓上装備は何か有ったけど、3人に1セット位の間隔で設置なので手が届かないモノがある。一番奥の13番席からはカラメボトル位しか手が届かない感じ。他に何があるかは諸兄のレビュー参照。
・店員は4人だったけど、多分系列店からのヘルプなのかな?ちょっと過剰に感じた。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「タンメン」@めんくいの写真昼時の訪問。
入店からまもなく12時になると、店内座敷も含め満席でした。すごい!

女性3人での営業。

少し待って着丼。
スープは塩味ですが、程良い塩気でも、なんとも言えないまろやかな味がして美味しいです。野菜(キャベツ、もやし、人参、豚肉も)は多く入っているし、麺量、スープの量ともに充分で、大変満足できるタンメンでした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「つゆ無し黒胡麻担担麺」@四川担担麺 阿吽 キッテグランシェ店の写真富田の隣のお店。軽い並びの後に店内へ。

表題を購入して着席。食券を渡す際に0〜5辛まで辛さとシビレが選べるらしいので、辛さ2、シビレ2でお願いします。

間仕切りもワザと少しだけある感じで、先程の富田や隣の豚骨屋さんも良く見えます。

とみ田と違って女の子が多く声も出ている印象。

提供も順調。

中ぐらいの太さのモチモチ平打ち麺。

甘辛のひき肉がたっぷり。
細かく刻んだザーサイ。
柔らかく揚げた小エビ。
水菜。
貝割れ。

黒胡麻ソースはビターな大人の味わいで甘さも抑え目。

全体的に混ぜ合わせるとモチモチした麺にドロリと絡み付き、花椒のシビレが1番に来て、辛味、甘さなどがやってきます。

トッピングを絡めたりしながら食べるとまた楽しい。

なんかあっという間に完食。

そこまで汗もかかず、ヘタレでもイケる辛さでした。

もしかしたら…知らぬ間にヘタレ組を卒業してたのかも。

『阿吽』は初めてでしたが美味しくて気に入りました。

ごちそうさまでした

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「味玉カラシビ味噌ラーメン980円」@カラシビ味噌らー麺 鬼金棒の写真今年は早めに桜の色づき始めた3月終わりの月曜日。
恒例の処方箋外来の後で近場の宿題店へ。
近づてい行くと、行列店と聞いていたのに並びがない。
ところが店頭に立つと何か違う。同じ鬼金棒でもつけ麺専門だった。
で、角を曲がると、おっと20人くらいの大行列。へーそんなに違うんだね。

まあ、回転が速くて思ったよりも時間はかからなかった。
オプションは取りあえず味玉だけにして、カラ普通、シビ増し。
最近年のせいか、辛すぎるのは罰ゲーム受けているみたいでなんか不愉快になってしまう。
嬉々として辛いのに挑戦していた若き日が懐かしい。
愉快と不愉快は本当に紙一重なのだ。

ラーメンはとても美味しい。辛さも痺れも丁度いい。
味噌の風味も、麺も、ジャンク気味なもやしや色んな具材も混然となって美味しい。
ただ、BGMが鬼太鼓てのはどうなの。しかも結構なボリュームで。
入店から退店までのべつ幕なしズンドコズンドコ、はっ!ズンドコドコドコスコスコスコスコ、はっ!
そこへ負けじと店員さんの声が響く。もう喧しい。

商品は大変美味しくいただきました。
ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「肉そば」@中華そば屋 伊藤の写真北区豊島「中華そば屋 伊藤」にて肉そば!
他では食べてましたが、遂にこの東京のニボシの聖地へ初訪問。
噛めば噛むほど味わい深いポキポキ麺と
しっかり煮干しのスープ。薬味のネギ以外トッピングは無し! シンプルイズベストな至極の一杯でした! 角館も行かねば!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「特製らーめん」@らーめん飛粋の写真大田区蒲田「らーめん飛粋」にて特製らーめん(もも肉)!
見た目も後味も綺麗な家系ラーメンのお店があると聞いていて、来てみたかったこちら!噂通り濃厚なスープながら嫌なベタつきがなく豚骨の旨味を感じられるのスープと中太の酒井製麺の麺の相性抜群!こりゃ参りました!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「煮干しらぁめん」@楽観 青山店の写真港区南青山「おだし専門店アルス 南青山」にてアルス煮干しらぁめん!動物系不使用のスープはその一杯に煮干し150gを使用するとか!一口啜ると強烈なニボニボ感ながらも、口当たりも後味もスッキリ!中細でやゃ縮れた硬めの麺に炙りチャーシュー!どこまでも「和」を残しつつある一杯でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「机上のネギ味噌中華」@机上の空論の写真大島さんの一杯をいただいてから最近味噌付いていることもあり味噌も評判の良い机上の空論さんへ
醤油が中々良かったのと新生の味噌ラーメンとのことで期待です!
19時過ぎで満席では無いものの客が途切れない感じです
さっそく着ラーご対麺です!
味噌汁みたいな味わいで少々薄いですね
辛さを増すとコクが出るとのコメントも読んでいたので、レンゲに溶いて試してみます
確かに味わいが変わりますが下支えが無い感じがします
ノスタルジックな味わいがらも色々と新しい試みをされているので面白いのですが器の中で纏まっていない感を感じてしまいました
麺は中太平打ちストレート麺
サイコロチャーシューが転がっていてネギも多くてお得感はあります
生の青海苔が入りますが修行先の田中そば店さんの流れでしょうか?
海苔としては良いのですが、丼の中で纏まっていない気がして無くても良いアイテムかと
また別のメニューをいただきに伺います!
ご馳走さまでしたー

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件
75

「黒ラーメン」@八咫烏の写真①お店の雰囲気 清潔度 95点 黒を基調としたカウンター中心のバーみたいなきれいな内装です。 ②スープ 80点 しょうゆ たまり醤油のような濃厚な醤油の味がまずします。油少なめで、さっぱりしていて最近はやり?の味です。醤油のこくが強いので、たぶん鳥だしでじょうが、はっきりしません。強いて言えばラ王を美味しくした感じ?でしょうか? ③麺 80点 細麺でこくがある麺です。博多系の粉っぽい感じはなくて好みです。 ③チャーシュー 60点 今流行りの低温 熟成の半生けいです。(私はこれが苦手です …)④結論 ご近所にあれば週一回は行きたいお店です。(飽きないお味です) がっつり系の好みの方には、クエスチョンという感じデスネ。お近くにお寄りの際はお試しあれ!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件