なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「汁なし大  ➕ 全部」@ラーメン二郎 環七一之江店の写真一之江といえば…汁なし。
二郎で唯一「大」を臆することなく買える店。
コールは全部。いつもよりマシてるかな?
麺量は推定350g。もうちょっとあっても…
とも思うがこのあたりが妥当なのかもしれない。
相変わらず回転が速く5人に接続も5分程で
入店。並びはライト。
今日はヤサイをやっつけた後→天地
ヤサイと麺の同時消化→天地
変化をつけてみたw
満腹感に違いがあるかもしれない。
色々な楽しみ方があるものだ。
ライト二郎。美味いです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 7件

「ラーメン700円 替玉150円 ニンニク(無料)」@赤のれんの写真週末20時30分到着。

新橋で早めに飲んで、超寒い中を散歩して六本木到着。

アークヒルズの桜は殆どつぼみでしたねぇ。

さてラーメン。香月にしようと思ったが、新店を攻めたくなり検索すると此方がHIT。

六本木ヒルズを横目に坂を下る。少し歩いたところに店がありました。

入店。カウンターに着席しラーメンを麺硬めで口頭オーダー。

年配の店主?と外国人の男女の3名体制。

ほどなくしてオーダー到着。

こってりしているが臭みはないスープ。

もっと臭みがあれば面白いのだが。

昔は納豆臭のする豚骨ラーメンがあった記憶だが最近食べてないですねぇ。

そういえばニンニクありません。

替玉をお願いするときに聞いたところ小皿で提供。(おろしニンニクですね)

有料か?と気になったがメニューにないので大丈夫だろう。(無料でした)

替玉が到着したのでつけ麺風に少し食べてその後、どんぶりにすべて投入。

ニンニクを投入するとパンチが出ました。

少し酔ってて記憶が定かじゃないが全体的に普通においしかったと思います。

臭い豚骨ラーメンが食べてみたいのでどこか探すか??

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

12:50頃訪問。席は8-9割が埋まっており、人気ぶりが窺える。店内は適度なスペースを有しており、L字型カウンターのみが設けられている。キッチリと清潔にされており居心地の良い空間だ。男女5名程による切り盛りで、接客は良好。

本メニューを選択。暫く待って配膳された。

スープは、マイルドな色合いに茶濁。粘度は感じられ無い。表層を細かい背脂がビッシリと覆っている。
飲んでみると、豚骨の出汁感はかなりライト。背脂や化調によるフォローも効いているが、全体としてはスッキリとした味わいに仕上げられている。個人的には面白味という点で些か物足りないが、見方を変えると、クセや臭みが全くと言って良い程無い為、万人向けの仕様になっているとも言えるだろう。
カエシの立ち方は丁度良い。過度のトガりは抑えられているが、力強いキレとヒキを生み出しており文句無し。
序盤からカウンター上のおろしニンニクを投入して食べ進めたが、当然ながら非常によくマッチング。

麺は、多加水の縮れ中麺。
食べてみると、茹で加減は丁度良く、適度なコシと歯応えを有している。プリプリという弾力性を伴うツルツル&モッチリ食感が心地良く、咀嚼と喉越しを十分に楽しむ事が出来る。スープとの相性も申し分無し。
量は、大盛で適度に多めといったところ。ライスと合わせると、自分には十分以上の満腹度だ。
なお、ライスはカウンター上の辛子高菜と一緒に食べたが、これが激辛で驚かされた。まあ、旨いのだが。

具として、チャーシューは、細長い豚バラ肉が1枚。トロトロに柔らかく煮込まれており、適度な味付け。中々の旨さ。
半味玉は黄身ネットリの茹で加減。控えめな味付けだが悪くない。
メンマは太いものが3本。軽いサクサク食感が心地良い。嫌みの無い味付けで良い箸休め。
緑色の映える葱が中央に盛られるが、細長くカットされており、食感と風味が絶妙。
他に、小さい海苔が1枚。

今の時代に於いて、特別に旨い部類には入らないと思うが、具、卓上アイテムの充実ぶりや大盛、ライスの無料サービスを勘案すると、非常にCPに優れた一店だと思う。オペレーションにも安定感が感じられて良い。長年にわたる人気ぶりにも頷けるというものだ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「味玉豚骨そば(3月24~27限定) 850円」@麺屋 江武里の写真此方が珍しく「豚骨」の限定をやるとWEBで知った。

早速週末の13時頃に行ってみるも既に売切れ。
次の日の17:30に行って何とかリベンジを果たした!

結果、諦めずに食べて良かったと思わせてくれる豚骨。
味もクォリティも大変満足のいくものだった。。。

混じり気の無い純粋な濃厚豚骨の出汁。
大手チェーン店のようななんちゃって豚骨とは全然違う。
九州豚骨よりも家系豚骨に近いスープだが中々個性的だ!

かまぼこ・小松菜・鶏叉焼・豚叉焼・メンマ・海苔というデフォで750円にしてはコスパが高い具材。
特に厚めに切られた洋風の叉焼が近代的で、卓上のブラック・ホワイト・ピンク・ペッパーのミルと
大変良く混じり合って美味しかった!真面目な仕事とセンスの良さが凝縮した実直な豚骨スープ。。。

食べ応えのある此方の細麺と半熟の追加味玉も素晴らしくよく絡んだ…。旨くて堪らない!!
正直、自分は此方のレギュラー商品にはそんなにハマってないが、限定には魅了されるものが多い。
この「豚骨」も是非グランドメニューで出せば良いのに…というグレードの高さであった…。

和的な一味等よりも洋胡椒のスパイシーな香りが合う「豚骨」はとても新鮮だったし、
それでも、全体のイメージはあくまでも「江戸」や「和風」の仕様に着地しているのが不思議だった。

ぶっちゃけ、最近新設されたご近所の『豚ブッフェ』や『東京みよし』なんかよりも旨かった。。。
ご馳走様!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 9件

以前から気になっていたコチラへ本日、初訪です
夕方早目の入店でしたが先客、後客ともそこそこでした
先客のつけ麺を見ると、大盛はスゴイ量なのね、と思っていたら、同じ量の麺皿が
運ばれてしまいました
並でももの凄い麺量です
麺の上に刻み海苔、自家製平打ち太麺は多加水で少々、ボコボコした捻りのあるもの
シャバ系つけ汁は魚介と動物系のWスープのようです
麺がシコっとしており、つけ汁は油分がありながら、麺のジャマをしない程度の、
比較的おとなしめの味付け
意外と麺もスルっと入っていき完食
陵から考えて¥650は相当のCP、若い人にはいいお店だと思います

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ごまだら汁なし麺+ごまご飯」@ごまだらの写真本日オープンの新店へ。ツイッターにあったパンプキン麺を食べようかと思ったら、ランチ営業は汁アリと汁なし坦坦麺のみ。夜が主戦場なのかもしれないが、この場所で昼に力を入れないのは、ちょっと理解に苦しむ。明らかに夜より昼の方が客が多いはずだ。値段は両方850円なので、特にランチ設定の価格ではない。広い意味で阿吽系なので、汁なしをチョイス。

 店名通りゴマが利いているのかと思ったら、そうでもない。クリーミーな感じだが、ゴマが主張するわけではない。塩分も控えめで、辛さも抑えてある。正直、味が足らない。太い平打ち麺なので、どうもゴマ風のクリームパスタを食べているような気になる。

 そこで、卓上の自家製ラー油、サンショウを入れる。多分、汁なし坦坦麺では、過去最大級を投入したが、それでも最後まで「穏やか」。悪い味ではないが、どうも坦坦麺を食べている感じではない。最後は特製の酢も投入。意外に、酢が一番味変に活躍。ただ、酢やラー油を入れたので、坦坦麺なのか油そばなのか分からなくなる。店の雰囲気、サービスについては、印象は良かった。

 追い飯にしようとして注文したごまご飯は、間違いなく当たり。ゴマというか十穀米で、なかなか旨いので、そのまま食す。少し残して、無理矢理追い飯にしたが、麺よりタレに合っていた。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「限定 カマス煮干し~春の潮仕立て+葱(970円)」@らぁ麺屋 つなぎの写真mocopapaさんに感謝 恵比寿のコレはイケますカマス塩麺

住みたい街ランキング。毎年、大手の不動産企業が公表している。

 2016年は、4位が同点で自由が丘と武蔵小杉。納得。
 3位はかなり乱暴だ。

 横浜。横浜という街は広い。何せ人口は380万人近くにもなるし、横浜駅から横浜線や相鉄線、市営地下鉄で移動してみると、駅前なのに何もない駅だってある。まあ、このランキングでは、みなとみらい地区やポートサイド、中華街、元町あたりをいうのだろうが。

 2位は吉祥寺。ボクはあまり行かない場所なのでよく解からん。

 で、初のトップは、そう、恵比寿。『特に30代以上からの好感度が高く、外食やショッピングなど大人が満足できる店の豊富さ、さらにはJR山手線・東京メトロ日比谷線、東急東横線が利用できる抜群の交通事情も根強い人気につながって』いるのが人気のようだ。

 ボクのイメージは恵比寿、といえば、そりゃビール。とにかく駅名の由来となっているくらい、有名だ。今はサッポロビールの一ブランドになっているが、元々、アサヒビールとサッポロビールは1906年に合併した、大日本麦酒という同じ企業だった。戦後、過度経済力集中排除法とやらの法律で分かれたのだ。

 確かに、利便性の高い街だし、飲食店が多いから、ランチに困ることもなかろう。それにラーメン店も結構あるし。

 だけど。ボクはこの店、知らんかったw いや、知ってはいたのだが、ど・みそ出身だから当然メインは味噌。なので覚えようとしなかったらしい。

 で。このメニュー。mocopapaさんに感謝だ。三月一杯とのことで、速攻、行って、喰った。

 旨い。これは旨いぞ。

 カマス、である。近頃は、様々な魚介類が出汁素材となって提供されるが、確かにカマスはあまり喰ったことがない。そう、金沢の Ramen&Bar ABRI で「のどぐろ」喰った際に思い出した、千葉の 麺屋 玲 くらしか思い浮かばない。

 片口鰮のようなインパクトはないものの、アゴのような上品さを醸し、それでいてクセもない、飲みやすいスープ。尖った感じもしない。mocopapaさんによれば、鶏ベースだそうだが、見事に調和している。

 麺もイイ。中太の平打ち麺はもっちり。噛み応えが愉しくもある。某ブログによればこのお店は「松山製麺所」とのことらしいが、これもそうなのだろうか。まあ、旨いから気にすることもない。

 チャーシューも絶品だ。3枚、しっとり、低温。味付けも軽くされている。ズバリ、好みだ。穂先メンマも食感がイイ。

 以下の点がなければ90点超だったのに・・・

1.食用花、エディブルフラワーとかいうらしいが、これはアカン、苦いだけ。見栄えはするが、あれば喰うさ。苦味が結構舌に残ってしまった。
2.葱。100円にしては量が少ないし、何より小口切は頂けない。この品には絶対、細い白髪ネギが合うと思う。

 休日の昼過ぎ。結構客は来る。しかし、ほとんど、味噌。だろうな。

 此処は台湾まぜそばもある。となれば、また来て、喰うさ。ご馳走さま。

 年度末で超多忙。四月前半まで続きそうだ。風邪引いて、なかなか治らん・・・それでも明日も都内で喰うさ。963杯目の、塩、ラーメン、ってね。

投稿(更新) | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「らーめん、味玉、のり、明太ご飯 950円」@博多長浜らーめん いっきの写真2017年3月27日12時20分訪問。
会社の昼休みに食べにこれる、定期的に食べたくなるということでまたまた訪問です。
もういつものセットが定番になってしまっています。
ランチだと明太ご飯は通常280円のところ200円。毎回トッピング無料券ももらえるので画像の内容で950円です。
味は申し分ないです。
いつもおいしく頂けます。
卓上の高菜には要注意です。めちゃくちゃ辛いです。

ごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「蟹鶏白湯濃厚らーめん、ワンタン2種 1,100円」@雨ニモマケズの写真2017年3月26日12時30分訪問。
王子の区役所に用事があり王子から歩いて十条へ向かいました。あいにくの雨で到着時は店内0の状態。
前回はつけ麺を頂いたので今回はラーメンにしようと決めて来ていたので迷わず表題のメニューを選択。
わんたんは肉と海鮮プレミアムの2種類あって両方食べてみたかったのでわんたんダブルで注文しました。
肉三種盛りをつまみにビールを飲みながら提供を待ちます。3種盛り玉子もついて250円はなかなか良心的だと思います。
待つこと10分ほどで提供でした。
見るからに濃厚そうなビジュアルです。具材はチャーシュー2枚、キャベツ、穂先メンマ、のり、わんたん2個×2種。
スープを飲むと蟹の味がしっかりと伝わってきます。それでいて鶏や味噌といった他の味とのバランスも良く他ではなかなか味わえない味だと思います。
濃厚なスープにキャベツのトッピングが良く合います。
麺は中太ストレートでもっちりした感じでスープとの相性も良いと思います。
わんたんはチュルチュルな皮に大きすぎない程度に具材が入っていて皮と具のバランスは好みでした。
チャーシューも前回のつけ麺に乗っかっていた切り落としのようなものではなく厚みも適度に有り美味しかったです。
総じて自分好みの味、具材ということでおいしく頂けましたし、また食べたいと思える1杯でした。
店内の説明文では「自家製カレーペーストで味を締めている」ということでしたがそれはよくわかりませんでした・・・。

ごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「【3月17日限定】えび塩わんたんめん 900円」@麺処 あす花の写真3.17 19:00 この日限定の居酒屋営業に麺友さん方とお邪魔させていただきました。ポテサラ、つくね、唐揚げなどのおつまみ(別途写真を料理のところに掲載しておきました)で楽しくお酒を飲み、最後に〆の一杯をオーダー。デフォのメニューに加えてこの日限定のメニューがあったので、当然限定メニューをオーダーです。

スープは一口目から海老が口の中にブワッと広がる塩清湯で、あすかさん曰く、今回初めて海老を使ったとのことですが、とても初めてとは思えない完成度です。他の方のレポにもありますが出汁には甘海老を使っているようです。塩ダレは、おそらくノーマルの塩と同じく貝などを使ったものかと思います。海老が強く効いていますが、デフォのラーメンと同じで、全体的に優しいほっこりとする味わいで、飲んだ後でもレンゲが止まらなくなるスープです。尖りがなく、旨味がじんわりと効いた感じは、店主さんの人柄にもマッチしてます。麺は、細麺ストレートで、喉ごしのいい麺。スープとの相性も文句なしです。

具は、海老ワンタン、チャーシュー、穂先メンマ、ネギ。海老ワンタンはプリッとした海老の食感がよく、皮もちゅるんとしたタイプでハイレベルです。単品でおつまみにしても美味しいだろうな~と思える味わいです。チャーシューは柔らかくて旨味があり、穂先メンマも食感よく、具も丁寧に作られているのが分かります。固形物完食後、スープもほぼ完飲。先月の居酒屋営業のときと同じく、大満足の1日でした。また居酒屋営業やるときにはお邪魔したいですね。どうも御馳走様でした。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 2件