なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「雲白(うんぱい)冷麺(950円)」@しゅうまい屋の写真10月5日13時30頃訪問。店内BGM:Hey Jude~Get Back~Hello,Goodbye~Let It be
すでに10月ではあるが夏季限定メニューの表題がまだメニュー本にあったので注文。しばらく待って雲白冷麺が配膳される。
特製タレがかかったチャーシュー5枚とピーラーでむいた薄切りきゅうりが麺の上にトッピングされている。この店のおつまみメニューに雲白肉(ウンパイルー)というものがあり、それを麺のトッピングとしたのがこの雲白冷麺であるらしい?。スープは醤油スープを冷したものに少々油が加えられている。冷し中華のように酢は入っていない。固さ普通の麺はのど越しよく、チャーシューは柔らかくてうまい。当日はちょっと暑かったこともあって冷たいスープをごくごく飲めるのは爽快だった。しかし冷たいものに対しては味覚がやや鈍感になるようで、スープの本来の微妙な香りや塩加減が感じにくくなってしまい、そこがちょっと惜しいかなと思う。しかし全体的にはまあ満足できるものだった。また来年もよろしく。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「小豚ラーメン」@ラーメン豚山 上野店の写真昼に来店しました
席が空いてたので
直ぐに座る事出来ました

全マシマシ ショウガ
アレは注文してないけど…

しかし旨かったです

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 6件

「肉そば690円麺固めヤサイアブラ多め生卵50円」@肉そば千の写真0:20着 
この時間で吉祥寺周辺のJ系で開いてるのは
ここだけなのかな
入って直ぐの券売機で
前回ラーメン美味しかったので
今日は肉そばにして
麺固めでお願いしました

5名の先客のロットに漏れたので
次のロットの麺茹でで
10分強でコールです
ヤサイアブラ多めで

見た目はいい感じに収まってて
スープは非乳化系のラーメン大系統です
アブラにスープをかけてヤサイから頂きます
ヤサイはシャキシャキ系
モシャモシャ頂きます
次に麺
固めでお願いしたので
ワシワシ系の良い食感
若干顎筋使いますが
これもこの時間の修行です
ウマウマ
生卵に投入しても
ウマウマ
からの5分ぐらいで完食です
麺固め良かったです

ごちそうさまでした

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件

「キリン一番搾り生中瓶 → トリュフ香る鴨チャーシュー麺(塩)」@らぁめん山と樹の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/10/16/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/QbB_lkupDrQ

<秋深まれば・・・やはり鴨だ!お気に入りの店で鴨限定を狙ってみたよ!>
 
 高円寺から少しばかり歩くこの店「らぁめん山と樹」さんへとやってまいりました。自分としては珍しく限定狙い。暇持て余してTwitterを眺めまくってたんですが、そこで発見したのがこの店の限定「トリュフ香る鴨チャーシュー麺」と言うメニュー。その見た目の美しさと、鴨に対する愛情から治ったらこれ食いに出かけたいもんだと思ってた次第。ちょっと時間が経ってるから無理かもなーって不安抱えて狙ってみたよ!。
 
 
 しかしだね・・・実際に店前には「期間限定 サンマだし中華そば」と表記があって、嗚呼・・・気持ちの中では膝落ち級のショックです。しかしここまで来たんだから、素直にそれ食べましょって気を取り直して店内に入ります。ところがだ、なんと券売機に「トリュフ香る鴨チャーシュー麺」のボタンがあるじゃないか!。おいおい待て待て・・・狼狽えるな・・・どうせ金入れても光らんぞ!!。そう思って、どうせビールも飲むからと千円札を2枚入れるとなんとそのボタンが光りだした!おおおーーーこれぞ神のご加護!。食えるぞーーーって興奮が実は収まらんかったっす。
 
 
 
 
<酒> キリン一番搾り生:家族と飲むときはこんな銘柄が落ち着くものだよねー
 
 病の治りかけには、実は少しづつ飲み始めてたオレですが(爆)、たった数日の禁酒を取りもどすかのように、今回もビールです。だって休みだもん。こちらはキリン一番搾り。嫁さんとも来た店でヤツと一緒にラーメン活動した最後もここだった。やはりスーパードライとか一番搾りとか、ポピュラー銘柄は家族と飲むのが一番美味いのかもしれませんな。帰り道にちょっとお土産気分で、ビールを買って帰りましょうー。
 
 
 
 
<全体> まさしく鴨葱!山から押し出される氷河の如く迫力の鴨チャーシュー!そしてネギの焦げ目も圧巻!
 
 それにしても、この店の厨房は贅沢だね。一人オペでこの広さ。しかもオープンキッチンだから「城」って感じ。製麺機も茹で釜も大型コンロも寸胴も・・・全て視野を遮るもんがない。ラーメン作る実験場でもあり、本番ステージでもありで・・・実は相当面白い。だから無意識にここに来たくなるのかもしれません。そんなことを考えてたら、店主と目が合ってビクリ!としたら、単に配膳のタイミングだった。それはこんな麺顔です!。
 
 
 おおお!鴨を期待で注文したものの、こんなに鴨ざんまいだとは想像を超えていた!。また左上にある葱が泣かせすぎる・・・焦げ目がやばいって。鴨葱と言えばテッパンの相性で、ものの例えにも多用されるほど。野趣あふれる鴨の旨味には、口休めとか相棒としてはこれ以上ないコンビネーションですよ。ちょっとした特製ラーメンの迫力を凌駕する、質実なる迫力!。消費税が上がった今、これで 1,100円 ならお安く感じてしまうかも。実際は味玉追加で+100円。それを含めてもまだお安いかと。
 
 
 
 
<スープ> 清らかな透明感ある鶏出汁にトリュフオイルの混じる香味感!意外に和風にも感じる極上ふくよかさ!
 
 この一杯は、醤油と塩を選ぶシステム。いつの頃からか、醤油と塩を選べるとなれば、大抵の場合は「塩」になってしまいました。そう言えば近年、焼鳥屋に行っても当然全て「塩」ばかり。オヤジになれば、みんな塩派に転向するんでしょうよ。とは言いつつ、ここの塩系スープは旨いの知ってるから余計にそうさせるんだがねー。
 
 
 さてこのスープ、鴨油かどうかは別にして・・・いつも食べている塩らぁめんよりは、色気を感じる味わいでした。鶏ガラの煮出し感は相変わらずナイスなのですが、香味油がかなり味わい全体を明るくしている。それもそのはず、トリュフを香らせてますがそのベースとなってるオイルが、なかなか華やかな印象を振りまきます。鶏油のようなバターめいた濃密さはない。ぐぐっと透明感ありつつ、動物系のコクを表すか!?。
 
 
 そして何よりトリュフの香りが実に合ってます。微妙に黒い粒子が漂うが、それがそうなんだろうと妄想しながら味わいまます。トリュフの香りは微妙なんだが正直言って、不思議と和風にも合うね。その相性の良さから、ちょっと系統の変わった節系に転じたのでは?と妄想してしまうほどベストマッチ。また香味野菜等も染みてるとしたら、そんなのとも結びついていたかもしれません。個人的には、トリュフをそんなに意識しませんでしたが、いつもの違うニュアンス変化は明白で着実なる美味さ!。まだこの一杯を提供してくれててゲットできた機会には感謝です。
 
 
 
 
 
<麺> 気持ち良いストレート感!軽いパツパツ感!そこから香る強い風味感!手揉み麺スペシャリストはパツ麺も得意!
 
 こちらは麺が美味い店。そしてレギュラーの平打ち縮れ太麺(通称:ピロピロ麺)が看板。時々限定メニューでストレート麺に変化させてるのは知ってたけど、今回それにぶち当たりました。これが、期待していなかったわけではないが、予想を相当超えて美味かった!。
 
 
 レギュラー(平打ち縮れ太麺)とは、真逆なコンセプト。とてもキッパリとしたストレート細麺のフォルムに加え、風合いがまるで違う。レギュラーはグルテンの糖化を誘う風味や滑らかさが旨かったわけだが、こちらは粉そのものの風合いを楽しませるかのような演出。全粒のかけらがキッパリと打ち込まれているのがわかる上に、全体的に地肌が灰褐色めいた雰囲気も感じさせます。地肌は漆喰にようにきめ細やかなだが、微細なザラつきが合ったかもしれない。ともあれ滑りに守られてツルツルシコシコと、のどごし明瞭にして風味は鼻腔にも広がります。
 
 
 そして歯応えが全く別の快感なのです。密度感はやや低めに抑えてあると思いますが、全体的には淡いパツパツ感。前歯で千切るたびに風味を感じるイメージだし、奥歯でしっかりとした咀嚼があってこそ、フレッシュさも感じられるというもの。迸る唾液で糖化が始まりますが、清涼感ある風味にスープの芳醇な鶏旨味が、ミッチリと合体して美味いです。
 
 
 
 
<鴨肉> 独特の野趣風味にほのかなトリュフオイルの混じり合い!大人の落ち着き感じる崇高な肉食感!
 
 思わず数えてしまうよね・・・大小合わせて6枚。盛り付けが美しい!。鴨肉の断面をこれでもかとアピールしまくりで、見ようによってはエロい演出。そして纏まりの美しさは幾何学を連想させます。肉の淡いピンクに対して外周の焼きめの香ばしさが見事。このギャップ感がいいね。そしてその隙間にあるのが皮下脂肪であり、自分自身のは憎悪の対象に他なりませんが、食いもん・・・なら話は別。特にこんな鴨肉の皮下脂肪って言うなら、それは天使の微笑みのように素直に受け止めます。
 
 
 ああ・・・これだけあるんなら存分に食うぜ。でかいのを丸々っとマルめて、口の中へ運ぶよ。咀嚼が無意識でスローモーションになってるのが分かる(爆)。しっかり最後まで噛み締めると、鶏でもない・豚や牛でもない・・・独特の野趣を感じる肉味が、噛めば噛むほど味わえるのだ。ビールを欲するところだが、この旨味を流すのが勿体無いと思えるほど。また妙に上品なところも今回のツボにはまったわけで、それはスープに浸った部分にトリュフの風味がプラスされたところ。これがさらにツボにハマって・・・抜けられなくなってしまう。牛丼屋で「頭」って言う注文することよく見かけるが、これもそんなこと出来るならして欲しいが・・・無理だよね。ともあれ、鴨中華そば専門店にも行ったことある自分としては、負けてないよと店主に伝えたかった次第です。
 
 
 
 
<ネギ> 周囲均一の焦げの香ばしさ!中心部の汁溢れ出るエキス感!鴨肉と食って単独で食っても最高!
 
 形式美。これを感じる和の心。鴨の後にこの葱を見て・・・腑に落ちるってやつでしょう!。3本の白ネギが満遍なく焼き目を入れられて、そして中まで熱がしっかり通って甘みを増しております。いわゆる「鴨葱」。私個人的な妄想の中では、それは「ベジータ」と「フリーザ」が合体したような美味さのパワーのイメージです。クゥーーーーーーーーーッ!。
 
 
 3本ありますぜ(へへへ・・・)。鴨肉は6枚。鴨肉と合わせてくらう3枚。鴨肉のみ味わう3枚。そんな割り振りで堪能・・・。結構トッピングを味わうだけで時間を掛けてしまいました。それでも麺は伸びた残念感は一切なかったんだが、振り返るとやはりいい麺だね!。麺卸しだけでも売上伸びるかもよ。
 
 
 
 
<味玉にハズレなし> 超トロトロの卵黄!出汁の浸透も深くまるでソースのように濃密味わい!
 
 ちょっと保険を掛けたように味玉を追加した格好だが、それだけこちらの味玉には信頼を寄せております。特徴としては、緩めの卵黄。特に今回はトロトロさが秀でており、卵黄だけで何かのソースになりそうな旨味。全体的には塩味玉に近いが、それは醤油感が低いことの裏返しかと。それを反映したように、卵黄と白身ともシンプルに玉子味を感じることができます。また卵黄はフレッシュに見えますが、マチュアな雰囲気もありますので、結構濃密。つけ麺に投入されても、個性で埋没することはありますまい。嗚呼・・・やっぱり味玉にハズレなし!。
 
 
 
 
 総じまして「ベストバランス!ハイコスパ!!こんだけ鴨満足だけでない崇高質感の鴨そば万歳!」と言う感動。これは名作と思いますよ!。もはや毎年短期間恒例になってる雰囲気もありなむですが、これは確実にウケますって!。夏の冷やしも凄かったし、秋冬名物って感じで長ーーーくやって欲しいっす!。今度は醤油も食いたいし、このつけ麺バージョンなんか想像すると、興奮が止まりませんよ。これは美味いので無条件に激しくオススメ!しかありませぬな。そんなリクエストと応援をぶち上げたところで、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   霧雨に
   秋の深まり
   染みるころ
 
 
 
   粋な昼飯
   鴨肉ざんまい
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 10件

「味玉そば+恵比寿+つまみ」@中華蕎麦 蘭鋳の写真不治の病(椎間板ヘルニア)と診断されました。
どうも、さぴおです。

この日は平日。やっと病院に行き、ヘルニアと診察。
痛み止め処方して2週間様子見となりました。
ただ、連続歩行距離が50メートルくらいで、足がサッカー後半89分くらいの重さ。
バリバリ生活と仕事に支障をきたしてるのにそんな悠長なことでいいんでしょうか。
いっそ手術したほうが…なんて思ったりします。

病院の目の前にこちらのお店があるので、
何とか足を引き摺りながら訪問。

開店20分前でPP。開店時には6人ほど。

久しぶりのラーメン専門店でのラーメンです。
この日はお若い方のワンオペでした。

ここは口頭注文前会計。
常連ヅラして得意気にカウンター上にある小皿に紙幣を敷き、小皿には硬貨を載せます。

お値段は消費税に対応してなのか、上がってますね。

恵比寿とともに冷やされたグラス。
思えばここで酒をやるのは初めてです。

恐らく1ヶ月ぶりの酒は犯罪的だ!!
死ぬほど美味かった…。
これが生きてるってことだ。

『つまみ』とは、チャーシューを炙り、サイコロ状にカットしたものです。
塩気と炙った香ばしさで酒が進みます。

丼はお湯で温め、チャーシューは注文を受けて切り出してます。相変わらず丁寧なオペですね。

ビールを堪能した頃合に配膳。
ちなみにワンロッド4杯です。

⚫実食
煮干しの香り漂う素朴な1杯。
エロピンクなチャーシューが見事な差し色になっています。

麺は加水率の低い中太麺。
この手に合わせられる麺よりかは少し太く感じますよ。
茹ではしっかりめ。ホクホクとた食感ですよ。小麦の風合いって奴がよく分かりますね。

スープは磨かれたような煮干の旨み。
麺を啜っても、香っていた煮干しは
スープで飲めば、余計なものは削ぎ落とされたようなクリアな煮干の旨みがありますよ。

この日は醤油ダレは強めでしょうか?
それとも久しぶりすぎて舌が鋭敏になってるのかな?
いつもよりも醤油の存在感があります。
いつもは煮干に分類していたのですが、
この日は醤油ラーメンって方がしっくりくるかもね。

エロチャーはこの低温調理系統では極上な逸品。
久しぶりに付けた味玉もとろりと味染みてて美味し。
穂先メンマは長いのが二つ。

久しぶりのラーメンに感動の完飲まで。

最後の一滴までうまい。

ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 10件
85

硬め、濃いめ、多目、ランチ小ライスサービスでオーダー。

醤油をしっかり感じるスープで鶏油の旨味が良いです。香り良い油、旨いです。
家系の中でも好みのタイプです。

具はチャーシュー、海苔、ほうれん草、ネギと王道です。
ほうれん草は冷凍モノではないと思われます。スープとの絡みは控えめですが、新鮮な感じが美味しいです。コレもありですね。
海苔も厚みサイズちゃんとしてます。家系の海苔はとても重要だと個人的には思うので好印象です。デフォで3枚という量も嬉しいです。小ライス進みます。

麺はちょっと短めで、気持ち平たい感じ?硬め良い感じです。

チャーシューは脂身も入ってる普通のラーメンと同じものだと思われます。チャーシュー単体は美味しいです。ですが、このスープだとちょっと硬めの肉感タイプのものが欲しくなります。

久しぶりに好みの家系を食べられて大満足です。
バランス良く、鶏油、スープ、醤油感etc、それぞれちゃんと美味しく作られています。
次は他のメニューも試してみたいです。

券売機、メニューやトッピング関係など色々あって目移りしてしまいました。もう少しスッキリ出来そうな気もします…個人的には

ごちそう様でした。またきますね。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「ブラックラーメン」@まっちゃんラーメン 一筋 葛飾立石本店の写真最近、立石仲見世にラーメン屋さんがオープンしたと聞いたので行ってきました。お店は道を挟んで食べるところと食券を買って待っているところとに分かれていました。待合室を別に作るのは斬新でした!見上げると面白い仕掛けになっていました。ぜひ行った方は待合室を見上げて見て欲しい。おかげでのんびり楽しく待てました。ラーメンはブラックラーメンを頼みました。辛さを1にしたのですが…、辛かった!!!!けど辛いだけではなく旨味がしっかりあって美味しかった。チャーシューが分厚くてジューシーで最高でした★

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「鯛コク正油らぁ麺」@麺処いっ歩の写真お昼時でしたが先客1と寂しげ。
券売機で貝と迷いましたが、鯛に惹かれてポチっと購入して
店員さん渡します。
窓側のテーブル席に案内され、外からは丸見え・・・
程なくして提供。
オーソドックスビジュアル。
鯛の香りはしませんね。
早速ズバズバ、全粒粉の中太麺。茹で加減は結構ヤワメ。
スープはアッサリ。某店とは違い鯛はほんのり?
チャーシューはペラ1で半分。
何気に一帯はラーメン激戦区なので自分的には厳しいかな~
スルスルっと完食。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「つけめん」@つけめん らーめん 山の写真最近はこってりなつけ麺が苦手になってきて、さっぱり系のつけ麺を探していたところ、あるじゃないですか西葛西に。

夜はBARを営業されている二毛作経営で、食べられるチャンスは私にとって限られてしまう。
食べられる時に食べなきゃと思い、緊急的に訪問しました。

雰囲気のある店内は、やっぱりラーメン屋さんには見えないですね。

台風一過となった日曜日、まさかの開店一番乗りみたいです(笑)

カウンター席に座りつけ麺を注文すると、目の前にお箸とレンゲを乗せてお盆が配膳され、食欲とワクワク感がアップしてきます!

提供されたつけ麺は、お洒落ですね。
オクラ、ズッキーニ、パプリカ、焦げ目をつけた姫筍と、カットレモンが載せてあり、取手のついた汁椀には切ったチャーシューと刻み玉ねぎが入っています。

全粒粉と思しき黒っぽい太麺をつけ汁に潜らせて口に運ぶと、麺の歯応えと少し塩っ気の強いつけ汁がとても美味しい。
いつもは邪道だと思える西洋野菜が、このつけ汁によく合います。

途中でカットレモンを麺に搾って、さっぱり感を強調させて完食。
割りスープを注文すると、可愛らしいフクロウの土瓶がお盆に供され、汁椀に注ぎ入れると意外に薄まらない…
結局全部入れて薄めたけど、少ししょっぱかったかな。
残すのがもったいなくて、こちらも完飲してしまいました〜

期待以上に美味しかったので、次はカミさん連れて、ラーメンと油そばを食べてみたいと思います。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「小+豚1枚+豚かす脂とアレ😱」@ラーメン豚山 中野店の写真中野 豚山 三度目

量は控えめに
アレ→カレー粉、酢を楽しもうかと

野菜には肉かす脂が最適

楽しんで食べれました!

酢は健康的でさっぱりと、
カレーは、この汁に合いますね!

ご馳走さまでした!

いつもスタッフは元気で笑顔で、素晴らしい❗

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件