なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「3種つけ麺1080円」@原宿はしづめの写真3種つけ麺戴きました。
麺は角細ウェーブのエッジに尖りがある自家製麺で、6種類(山椒・生姜・翡翠・ゆず・ごぼう・中華)から選べ、今回は「翡翠」「中華」「山椒」を選択し、「翡翠」はホウレン草が練り込まれた濃い緑色で麺肌が光り表面ツルツルで喉ごしが楽しめ「中華」は薄い黄色した表面ツルツルで啜り感が楽しめ「山椒」は所々に斑点が見える全粒粉入りっぽい花椒の香りが微かに鼻孔をくすぐる短めな啜るのが難しい麺にそれぞれ仕上がっています(麺量:茹で前各50gづつ計150gで腹6分目といったところです)。
つけ汁は酸味と辛味とオイリー感と粘度の全てが無い鰹出汁にほんの少しカエシを加えたアッサリで清涼感タップリな仕上がりです。
具はメンマや叉焼は無く、薬味としておろし山葵と長葱が別小皿で配膳され、白胡麻が麺に軽く振られています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、「山椒」以外は喉ごし良く啜れました。
薬味のおろし山葵と長葱をつけ汁に入れるのではなく麺に乗せて絡めて啜ると、和の辛味とシャキシャキ感が楽しめました。
スープ割やそば湯はないので「お湯」を少し注いでもらい鰹の出汁感を楽しみました。
お店は原宿駅前の竹下通りから少し入った路地裏のオシャレな2階建ての大正ロマンを彷彿させるノスタルジックな洋館で営業していて、階段を上がった2階が飲食スペースになっていて原宿のざわつきから隠れるように静かな時間が過ぎていきました。

6種類の麺のサンプルはこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/9097499.html

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「爆盛油脂麺」@らーめん 平太周 味庵の写真会社の先輩と後輩と共に、月1ぐらいのペースで、ラーメン屋巡りを行なってます。
今回は、新規開拓という事で、まだ行った事のないところに行きたいと、私が言ったら、先輩が連れてってくれたのが、平太周さんでした!
下調べした段階で、かなりの期待!!

店に入ると、食券システムでスムーズに購入できました。
店はカウンターのみで、どこか喫茶店の雰囲気が漂う感じです。
私は迷わず、『爆盛油脂麺』をチョイス!
味が濃そうだったので、ライスも行っちゃいました!笑

濃い醤油味に背脂のアクセントが最高にマッチしていました!
ご飯のすすむ味でした!
ただ、爆盛という割には、、量が少ないような感じでした…
あと、先輩が頼んでいたラーメンには、味や背脂量が調節できるようになっていましたが、油麺は固定でした。
味が崩れないようにという点では、いいと思いますが、麺固めや背脂更にマシ等あってもいいのかなぁと個人的には思いました。
テーブルの上には、唐辛子やマヨネーズと言った調味料は無料で使えるので、その点はかなり良心的だと思います。

背脂が好きな方や、いつもラーメンでたまには油そばが食べたいという人にはいいと思います!
次行った時は、味噌ラーメンも食べてみたいな!

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン 600円」@元祖敏々亭 びんびんの写真★写真付きでサクッと読みたい方はこちらへどうぞ
https://ameblo.jp/mocoinojv/entry-12366506728.html
------------------------------------------------------

4/7
『鴨と福』からの連食です。
2軒目何処に行こうかと相談の末、駅近の八王子系のお店を選択。
【元祖敏々亭 びんびん】
八王子駅の反対側ですね。
https://ameblo.jp/mocoinojv/image-12366506728-14165784234.html

此方のお店は、西八王子にあった人気店【敏々亭】が2012年に閉店し、
その味を受け継ぐお店として2013年にオープンしたお店だそうです。
https://ameblo.jp/mocoinojv/image-12366506728-14165784245.html

入店し、券売機でチケットを購入。店内は、奥に厨房、手前にテーブル席、
右側の壁際にカウンター席で厨房に2人ホールが1人の3人体制ですね。
外待ちはありませんでしたがほぼ満席で、
1つ空いたテーブル席に案内してもらいました。
滞在中も入れ替わりで入店が多く、人気があるのが良くわかりました。
https://ameblo.jp/mocoinojv/image-12366506728-14165784251.html

鴨と福ではビール等アルコールの提供が無かったので、
こちらでは、まずはビールと餃子をオーダー。
翌日、鴨と福のTwitterで
  4/10日(火)から 火曜日〜日曜日 昼営業11:45〜14:30 夜営業18:00〜21:00頃まで
   時間延長に伴って お酒の提供始めます。 
  とりあえず簡単な ビール類から始めます。 
  お酒のリクエスト受け付けてます。 出来る限りおつまみ作ります。
とありましたが、まだ提供は始まっていないようです。
https://ameblo.jp/mocoinojv/image-12366506728-14165784255.html

まずはビールが提供され、少し待って餃子が届きました。
こちらの餃子は、浜松餃子なんですね。
https://ameblo.jp/mocoinojv/image-12366506728-14165784274.html

浜松餃子って初めていただきましたが、生姜が効いて美味しいですね。
皮がパリッと焼けて、ビールと餃子、最高です!
https://ameblo.jp/mocoinojv/image-12366506728-14165784282.html

歓談しながらビールを飲み終える頃に麺をお願いしました。
ラーメン600円が着丼です。
八系ラーメンの特徴である、豚骨醤油に魚介を合わせた清湯のスープ。
表面を覆う透明な油。細麺。刻み玉葱。低価格。
https://ameblo.jp/mocoinojv/image-12366506728-14165784290.html

トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、刻み玉ねぎ。
https://ameblo.jp/mocoinojv/image-12366506728-14165784299.html

早速スープからいただきます。

ずずずぅぅぅううう~~ヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪オイチー(o´・∀・`o)ニコッ♪

豚ガラと野菜果物をじっくり煮込んで魚介を合わせたというスープは
豚の出汁感が厚く、後から魚介が香る清湯で、玉ねぎが良く合いますね。
醤油たれはやや甘口で、熱々のラードがスープの熱さをキープしてますね。
やや油が多めなので玉ねぎ多めがいいかなぁ~。
正に八王子系ですね゚+.o.+゚ルン♪ヾ(●’∀’●)ノ♪ルン゚+.o.+゚
https://ameblo.jp/mocoinojv/image-12366506728-14165784305.html
https://ameblo.jp/mocoinojv/image-12366506728-14165784314.html

麺は「敏々亭」と同じ尾張屋滝井製麺製のストレート細麺。
八王子系御用達の製麺所ですね。場所は、人気店「タンタン」の並びにあります。
低加水のザクッととしたやや硬めの食感が、八王子系を実感させてくれますね。
https://ameblo.jp/mocoinojv/image-12366506728-14165784333.html
https://ameblo.jp/mocoinojv/image-12366506728-14174701099.html

肉厚の豚チャーシューは、肩ロース肉の煮豚で、これがなかなか美味しい逸品。
旨味が強く、噛みしめると肉を食べていると感じるもの。
これをつまみに、また🍻が飲みたくなった。
https://ameblo.jp/mocoinojv/image-12366506728-14165786017.html
https://ameblo.jp/mocoinojv/image-12366506728-14165786035.html

細切りメンマも中々のもの。薄目の味付けで、これもつまみに最適。
このメンマの量もたっぷりで嬉しいですね。
https://ameblo.jp/mocoinojv/image-12366506728-14165786082.html
https://ameblo.jp/mocoinojv/image-12366506728-14165786094.html
https://ameblo.jp/mocoinojv/image-12366506728-14165786104.html

刻み玉ねぎはもっと量が欲しいくらいでしたね。
海苔も相性がいいので増しがお薦めですね。
https://ameblo.jp/mocoinojv/image-12366506728-14165786119.html

八王子系のお店は、価格が安いのも特徴ですが、この内容で600円は嬉しいです。
近くに欲しいお店ですよ。家族連れが多いのも頷けます。
https://ameblo.jp/mocoinojv/image-12366506728-14165786136.html

麺量が多く感じましたが、150gだったかな。
連食で腹パンだったのでスープはお残し。
久し振りにいただいた八王子系ラーメン。美味しかったですね。
八王子は美味しいお店が結構あるので、また来なくちゃいけませんね。
ご馳走様でした。ヾ(@^▽^@)ノ

こちらが閉店した「敏々亭」のラーメンです。
https://ameblo.jp/mocoinojv/image-12366506728-14174701151.html

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「肉汁麺レベル2+ライス(880+100円)」@肉汁麺ススム 秋葉原本店の写真秋葉原に用事があり、まだ未訪店だったこちらに伺ってまいりました。

時間帯は15時前後。

外に券売機があり、そこで掲題のチケットを購入。

カウンター、テーブル席両方ありますが、テーブル席は買い物をたくさんしているオタクっぽい人達が占領しておりましたね。

カウンター席へ。

時間帯はいわゆるアイドルタイムなので、店員さんたちは仕込みの真っ最中でもあります。

しばらく待っているとモノが登場です。

続いて、ごはん、生卵も登場。

先ずはスープから。

所々に背脂が浮き、スープ表面にはラードの層。

スープは甘じょっぱくすき焼き風になっている。

すき焼きの割り下にトンコツを主体とした動物系のスープを足したような出来になっている。

トンコツといっても白濁したやつではなく、サラッとスープを取ったものだろう。

粘度もなく旨みは少し弱め。

生卵もラーメンに入れても良いという食べ方のウンチクがあり、徳島の中華そばのインスパイアかと思われる。

徳島の中華そばも色々と食べたが、徳島の中華そばにしては少しラーメンのスープの配合が多く味が薄い。

続いて麺。

麺は平打ちのストレート太麺。

J系の麺に似ており、そっち系のお客さんも取り込もうとしたものかと思われる。

麺の存在感のわりにスープがややシャバいので、絡みは弱い。

具材。

豚肉、もやし、ねぎ。

豚肉は片栗粉を付けて、揚げたもの。

目の前でちょうどその仕込みを見ながら食事をしている所でした。

揚げた豚肉をすき焼き風のカエシで煮込むことにより、適度に片栗粉にカエシが絡む。

油ギッシュな豚肉だが、おそらく継ぎ足しされた油やカエシには歴代の豚の旨みも継ぎ足されているだろう。

中見の豚と纏っているカエシからの豚エキスの旨みが相乗効果になっている。

これはごはんが進みますね。



食べている途中他のお客さんが来たが、ラーメンではなく、この豚肉で丼的なものを食っていたのでもしかしたらこのごはんが一番の正解なのかもしれない。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「【限定】台湾ラーメン 他」@麺 酒 やまのの写真4月17日(火)

先ず始めに書いておきますがコレっメッチャ美味しかったです♪

その後、オチもあるんですが?(笑)

この日「ラーメン太郎」さんで3時間半程飲んで食べて楽しんだ後、直ぐ近くのコチラに来るのはお約束w(笑)

店内に入って、すーさんにご挨拶(^^ゞ

7割のお客さんで賑わってましたが中央のテーブル席がタイミング良く空いていて着席出来てラッキー。

先ずはホッピーで乾杯もお約束~♪

アテに出されたツマミでグィ~っとやっつけ直ぐに中をお願い(^。^;)

暫く会話を楽しみますが、いつの間にか裏メニューである表題が店主のすーさんから笑顔で配膳され頂きま~す♪

スープは動物系(おそらく鶏ガラ)に特製ラー油と胡椒、山椒等を効かせたカラシビ仕様です!
表面はラー油の層で熱々、そして辛い!
でもウマ~♪
コレは、かなりヒーハーだけど中毒性のあるやつですね~♪

麺は「三河屋製麺」の中細ストレート麺。
加水率はやや低めでムチッと食感、ラー油由来の真っ赤なスープが絡みズバズバ~っと啜るとメチャクチャ美味しいですが跳び跳ね注意ですw(笑)

具は台湾ミンチと言って良いのかなぁ?
肉味噌とニラ、ネギとシンプルです。
タップリの肉味噌にも唐辛子等の辛味が付いていると思うんですが、この辛味がニラとの相性が良くって堪らなく旨い♪

コレっ、絶対ライスと一緒に食いたいやつだよね~♪
と、話してたら、すーさんから「ライス持って来ようか?」と嬉しい一言を頂いたんですが、さすがに腹パンで今回はお断り。

う~ん、旨い♪マジ旨い♪

でも、ヒーハーw マジヒーハーw

前日のレビュでマフラー損傷と書きましたがコレでトドメを刺された感じですw(笑)

ご馳走さまでしたぁ~♪

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 5件

「汁なし担担麺シビれる」@175°DENO担担麺 GINZaの写真2018年4月上旬 汁なし担担麺シビれる850円+ライス小100円
坦々麺が食べたくなり今年1月オープンのこちらを訪問。札幌に4店舗ほどあり此方は東京進出1号店。175°はラー油を作る時の温度、DENOは店主の名前「出野」だそうだ。
場所は中央通りの1本裏側の路地に面したビルの地下1階。店内は狭いスペースにカウンターとテーブル席で20席ほど。店員は厨房に2名、接客2名の4名体制
店内は満員の盛況。券売機で標題の食券を買い丁度空いたカウンター席に座る。麺の量が150gと200gから選べると言うので200gを選択。10分ほどで丼が登場する。
麺の上に肉みそ、水菜、ナッツ、干しエビが乗る構成。
麺は札幌さがみ屋製の平打ち太麺。初めは少しネチネチして柔らかめに感じたが中盤以降はモッチリとした腰が感じられた。
タレは多めで芝麻醤の旨味は濃厚。辣油の辛さは大したことはない。山椒の痺れは強めだが香りよく心地良い旨さだ。
具の肉みそは味つけ確りで量多め。水菜は良い箸休め。ナッツ、干しエビで食感の変化が楽しめる。
全体を良くかき混ぜて食すと、力強い芝麻醤の旨味がリードして箸がグングン進み、口の中に残る山椒の痺れが妙に心地よい。
一気に麺を完食。残ったタレは少なめだったがライスを投入。こちらも間違い無い旨さで完食。久々に旨い坦々麺を食べられ満足。ご馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「激辛スーラータンメン」@中国ラーメン揚州商人 武蔵小山店の写真3/31分

久々訪問、汁無しか黒酢か焼きそばで悩んだが安定のこちら。

唐辛子は崩して酸っぱ辛いを強調させ、大好きな餡と絡めて麺を啜るとホッとします。

ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン汁なし 700円(ラー油以外全部)」@麺屋 味方の写真イケる!!

 :

平日夜に行ってきた。
新橋二郎よりもだいぶ駅に寄って来やすいのがありがたいw

今回は汁なしにチャレンゲだ。

結論から言うと、700円のデフォ汁なし、、、すんげ~ナイス!!
良かった♪


この日は可愛らしい助手の方もお出迎えしてくれた。
更に接客も良くなって良いことずくめ。

麺量聞かれたので 400gで召還。

コール要請にラー油を外した以下で願い出た。
・野菜
・ニンニク
・アブラ
・カラメ
・フライドオニオン
・マヨネーズ
・ゆずコショウ

画力ある画図等ナイス。

スーツの上着脱いで挑むのだが、ワイシャツにも汁が飛ぶのが恐ろしいのであんまグリグリできないのが残念w
おしとやかに頂くのだ。

マヨまみれの野菜から頂く。
スープで煮たクタ野菜にマヨ、そりゃ旨いよね♪
味の染みた脂も野菜とマッチングゥ。

豚、ナイス。
バラ巻き豚は軟らか、今回は味濃い目。
1個は炙り端豚。コヤツ、粗挽き胡椒纏って激しく旨い。
炙るってよりも、オーブンで焼いてるみたいだが、掛けてる一手間が確実に反映。
イケイケな豚に変貌だ。

麺、やっぱ旨い。
モチ   。


タレはベースのスープ濃い版か。
液体油も多め。
この油がコクを生み出すのだろうが、お歳頃の ワタクシ には少し重たい。
油と脂は別物。
次回は脂コールするが、最初に油少なめコールさせて貰おうかな。

フライドオニオン、オオメで食感・風味添加が嬉しい。

後半、ニンニクスパーク。
辛み増すのでカラメコールも次回は控えよう。

秀逸なのが柚子胡椒。
もはや “半分、博多” な ワタクシ。
柚子胡椒の効きに歓喜。
爽やかさを添加してこのイパーイへの味変最強アイテムとなり得る。
マシマシしたいとこだ。


つぅことで。
個性存分にアピール、麺の旨い秀逸汁なし。
何気に麺量、∞マシも可能なんも超絶魅力。
コスパ良すぎでしょう。

ちょっち頻繁に通いそう。(駅からそう遠くないのがねぇ。。)
ダイエッターには罪深い店となりそうだw

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「チャーシュー極濃煮干しつけ麺」@煮干しつけ麺 宮元の写真川崎へ用事があったので蒲田の宮元へ。
親切で優しい案内係の店員さんのおかげて楽しったです☆
さすが麺屋一燈DNAを受け継ぐつけ麺でした(^^)
つけ汁、麺どれもハイレベルでした♪
宮元さんに今里にある福原さんの話をしたらとても喜んでおられました(^^)
今度は麦苗とセットでまた寄りたいと思います(^^)
ご馳走様でした♪♪

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「辛味噌ラーメン」@真武咲弥 渋谷店の写真金曜12時半待ち0で店内ほぼ満席


辛さは大辛で注文しました


スープは味噌ラーメンの様な濃厚スープでラード多めというわけではありません。薄口で食べやすい。万人受けする様に作られています。ただ味噌ラーメン特有の重層感などは無く薄っぺらい印象を受けてしまいました。


麺は中太ウェーブの卵麺スープとよく合います


モヤシはアクセントになって嬉しい。
チャーシューは薄っぺらいチャーシューうーーん、、、


ホスピタリティーに満ちたラーメン
ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件