なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「ニラそば」@天龍の写真配点は75点、だが世界一旨いタンメン店候補を数件挙げろと言われた場合、この味を外す事はあり得ない。地域密着、大盤振る舞いで満腹中枢へ禿しく迫る。方向性は間逆だが、亀戸では二郎と並ぶ野菜が超たっぷり採れる暖簾だ。
リンガーハットの野菜たっぷりちゃんぽんが350gの野菜と言う話だが、それならコレは700gって言われても信じてしまう。洗面器に流用可能なサイズの器に、並々盛られたスープ。適度な塩... 続きを見る

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 20件

「タンメン」@天龍の写真世界一旨いタンメンを食べたい、そんな気分に満点回答が約束された暖簾が、この街にはある。安心の家族経営、休日の昼から酒を飲む客も居れば、餃子を分け合う家族、一人で黙々と半チャンラーメンを頬張るオサーンも実にシヴい。
いつも通りの洗面器ドンブリ。今日はやけに白菜がたくさん入っていたが、葉物野菜が豊作で安価なためだろうか。只でさえ野菜の量が劇的に多いタンメンだが、更に量が多かったような気がする... 続きを見る

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 20件

「塩チャーシューワンタンメン」@天龍の写真やはり、旨い。街に愛される中華料理店の矜持が詰まったこのスープ。鶏を中心としたシンプルなスープを、程良い塩味が効いた塩だれで味を調える。
色々な味が渾然一体となっており、しかも日によって結構味が違うような気がしてならない。その日その日の仕込みで、使っている食材の分量が違うのかも知れない。蟹の風味が漂う事もあれば、海老を感じる事もある。
主役は間違いなく肩ロースのチャーシューだ。... 続きを見る

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 20件

「塩ワンタンメン」@天龍の写真塩ラーメンに、ワンタンが入る。具の主役は間違いなくワンタンだ。滑らかに唇を通過する感覚の快適さ、肉感の強さと韮やニンニク由来の微妙な下世話さ、皮の適度な厚みから感じる歯応え。やや大ぶりなのも頼もしい。
何より愛すべきはその喉越しで、大判の皮が崩れにくいため常に手応えのある感覚が楽しめる。鶏がらの旨味と、貝柱などの旨味が交わる黄金色の塩スープと共に頬張れば、その渾然一体感に魅せられる事は疑... 続きを見る

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 20件

「カニそば」@天龍の写真蟹の餡かけが出て来ると予想したが、本当に蟹の餡かけが乗った塩ラーメンと対峙を遂げる。しかし、単なる餡かけではない。この蟹の物量、そして野菜の量。具の全量を考慮すると、本当に儲かっているのか心配でならない。
目を奪われる彩の良さ、この時点で二代目の圧倒的センスを感じてならないが、その美観が味にも完璧に反映されているからこそ、店内の賑いが途切れる事はないのだろう。旨い、まだ中麺に触れていない... 続きを見る

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 20件

「トリそば」@天龍の写真「トリそば」の「トリ」が鶏である事は予測していたが、まさかこんなに迫力ある湯面と対峙する展開になるとわ。タンメン等と同様、スープは塩味や油分に頼る事なく、だしの旨味で五臓六腑を温かく癒してくれる。
圧倒的なボリューム感。餡かけの野菜は品目豊富にして、恐らく500g近い物量が投じられているのではないか。茹でた鶏むね肉がゴロゴロと入っており、全ての旨味が餡に集約されている。この渾然一体感。調... 続きを見る

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 20件

「ニラそば」@天龍の写真騙された。良い意味だが、騙された。
てっきり韮が盛り沢山のラーメンと思っていたが、まさか 超 大 盛 で知られるタンメンに、更に大量の韮が盛られているだなんて。洗面器サイズの器が小さく見える匠の盛り付け、凄まじい迫力、負けじの精神で挑む。
適切な加減に火が入り、食感と素材の甘み旨みが十二分に感じられる。そんな調理絶妙な野菜の山へ箸を突き立て切り崩しを図ろう。恐らく500gオーバ... 続きを見る

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 20件

「あさりラーメン」@天龍の写真うまい。有無を言わさず、旨い。
大量の、アサリの剥き身。これが30個くらいは入っていて、器の中全体の味を支配している。大振りでプリプリとした自然な歯応え、当然だが冷凍物ではない。中華鍋でじっくり煮込まれ、液体全体へアサリの旨味が溢れ出す。
塩だれは決して濃口ではない。そして、他にワカメとカイワレしか具がない点からも伺えるだろう、店側が何を客に食べさせたいのかが。
洗面... 続きを見る

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 20件

「ミソラーメン+ワンタン」@天龍の写真旨い。個人で営む街中華として、これ以上の品質に出会える可能性は相当低いと思われる。物量も評価対象に含めるならば、更に5点の加算は間違いない。
鶏がら中心のはずのスープだが、最初は蟹などの旨味も感じられる。他メニュー用の素材も入れているのだろうか。それに反して味噌の主張は儚く、あっさりとした口当たり。だがそれが誤解と気付くには、左程時間を要さない。
寒村で臥龍が如く伏していた挽肉... 続きを見る

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 20件

「ザーサイタンメン」@天龍の写真この器と対面するために、天龍に足を運んでいる客も少なくないだろう。見た目からして気圧される巨大さと重量感。洗面器サイズに並々注がれたスープ。
スープは塩。鶏がらのすっきりとした口当たりを存分に活かしながらも、モヤシ、キャベツ、韮、玉葱、キクラゲ、人参などの野菜類、豚肉、そしてザーサイの旨味が一体化し、複雑で飽きの来ない味に仕上がっている。
具が豊富かつ贅沢な分量のため、食べても... 続きを見る

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 20件