なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

価格を考えると、おおいに悩むのだが、大のお気に入りなので、感情に従って評価させてもらいました(私も以前はとても低い評価をしていたのです)。

季節限定のつけ麺や復刻版なども食べていますが、このお店で一番衝撃を受けたのが、みそ中華でした。今年もいただきにきました。中華そばのお店で作る味噌ラーメンでは炒め野菜を中華鍋で作ってスープを張って、という工程ではなく、醤油ダレのかわりに味噌を入れるお店も結構あります。ましてや季節限定であれば、手間のかかることはしないと思われます。しかし、この予想を裏切って、ちゃんと札幌のように中華鍋の製法で作っています。しかも具にパプリカやエリンギなど... 続きを見る

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 5件

夏になると出てくる春木屋さんのつけ麺。去年から昔味の復活など新たなメニューをよく出しているが、今夏は平打ちつけ麺が登場。もしかしたら去年からあったのかもしれないが、私が認識したのは今回がはじめて。
ちょうど行列も途切れていたので入店してオーダー。つけ麺同様、麺ゆで窯からボールで店の奥の調理場に運ばれてからしめられる。一味が提供されるのもつけ麺と同じ。つけダレが麺より先に提供されるのも同じ。けど違うのがととろがついてくること。春木屋さんのイメージととろろは結びつかないので、ちょっと扱いに困る。麺には海苔のちぎったのとゴマがふりかけてある。平打ちで強いウェーブがかかっている。そしてみょう... 続きを見る

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 5件
69

日々進化をしつづけると言われる春木屋さんの、創業のころに近いチューニングになっているという触れ込みの昔味をいただく。
スープが鶏ガラメインだと聞いていたので、東東京あたりの鶏ガラが前面に出たラーメンを創造していたら、にぼし系の味もあり今の春木屋の味構成要素内の量が変わったという感じでした。当時の復刻版というめずらしさはあるし、昔の量での提供など納得感はあるのですが、味としてはあまり高い評価ができませんでした。まあ、味も当時のままなのであれば、その味を再現したラーメンを選択しておいてうまい/まずいを評価するのはどうかと思いますが、この採点とさせてもらいました。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 5件

つけ麺と交代で出てくるらしい、味噌中華を食べにはいる。カウンター席の一番奥に案内されたので、厨房の様子を観察しながら待つことに。春木屋の中華そばから想像すると炒め野菜は作らないだろうと思っていたら、一杯ごとに炒め野菜のスープをつくっていた。また、具のもやしやニラも個別にきっちり計量してから調理を始めていたので、手間を惜しまず作る姿勢に感心する。出てきたラーメンは春木屋が味噌ラーメンをつくったらこうなる、という答えをビジュアルからも訴えてくる。炒め野菜を作っているが、味噌の色は薄めで油も表面を覆うほどはないすっきりしている。具はもやし、ニラという定番以外に、パプリカの薄切りがありり、彩りとして活... 続きを見る

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 5件

半年に一度ぐらいで訪問しているので、久々の訪問。通りがかったら行列がなく、夏季限定のつけ麺があったので入ってみる。900円とコストパフォーマンスが気になるが、まあ春木屋なので、そんなもんでしょう。麺にはゴマと千切った海苔がかかっていて、何かが練りこんであるのかまだらに茶色い点がある。液体油多めのつけダレで麺を入れると油がからんで滑らか。醤油ベースのつけダレはさほどスパイシーではないが、最後まで飽きることなくおいしくたべられた。具はネギ、メンマ、細切りチャーシュー。ラーメン同様、完成した一杯であり、季節限定であっても春木屋のつくったつけ麺として納得できるのは流石でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 5件