なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「味噌味玉子らーめん(薬味ネギ多め)+割りスープ」@こってりらーめん なりたけ TOKYOの写真味と言うか塩味が劇的に濃い事は分かっているが、何故これほどに塩味が強烈でも、不思議とバランスが良く感じるのか(※主観です)。それは、麹が多めで粒子まで残っている、芳醇な味噌の香りが鼻先を賑わせるためだ。
中華鍋で豚がらスープと一緒に味噌を馴染ませ、土砂降りの背脂が渾然一体を目指し大量に合流を果たす。脂と麹の甘さと交わる事で、塩味の尖りを錯覚化させる邪悪な構成。割りスープで薄めれば、旨味も... 続きを見る

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 5件

「醤油味玉子らーめん(薬味ネギ多め)」@こってりらーめん なりたけ TOKYOの写真背脂の店も数多いが、なりたけの一杯は独特のバランスで人の心を狂わせる。あっさり感の奥底で雌伏する、豚のワイルドな力強さ。豚拳骨ならではのタフな旨味。背脂なしでも、完成度の高い一杯として成立する味だ。
そして、背脂。直ちにスープと融合する甘く濃厚な旨味。大胆かつ的確に煮込む下処理の妙、余分な油や臭みは完璧に排除され、良質で細かな白い粒子のみが器に振られる。強めの醤油だれすら、角を感じさせぬ... 続きを見る

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 5件

「味玉子らーめん(脂普通・ねぎ多め)」@こってりらーめん なりたけ TOKYOの写真この安定感。秘訣は背脂、この背脂が溜まらなく旨い。「月(にくづき)」に「旨(うまい)」と書く、それが脂…店内の掲示に書かれた通り、当店の人気を支える最大の武器は、背脂で覆われたスープの存在に他ならない。
脂のコクと、こってり感。この支援を全面的に受ける豚がらスープは、旨味穏やかなに振る舞いながらも、ジワジワと脂が溶け出し力強さを増して行く。醤油だれはやや強めだが、その存在が気になる瞬間は... 続きを見る

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 5件

「しょうゆわかめらーめん(脂少なめ薬味ネギ多め)」@こってりらーめん なりたけ TOKYOの写真うまい。
本能にアクセスする味。千葉県で長く育った身としては、背脂が浮いた醤油豚骨と言えば、弁慶でもホープ軒でもなく、なりたけと相場が決まっている。その期待を裏切らぬジャンク杉な仕上がり。脂少なめなのに、十分に湯面を賑わす脂の量。
ペラペラなバラチャーシューと背脂。もやしと背脂。わかめと背脂。メンマと背脂。ネギと背脂。そして、太麺と背脂。甘い背脂と塩気の強めな醤油味、そして豚が... 続きを見る

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 5件

「味玉子らーめん(脂普通・ねぎ多め)」@こってりらーめん なりたけ TOKYOの写真千葉県で背脂ラーメンと言えば、この暖簾を想起する人も多いだろう。安定のこってりっぷり。豚拳骨のガラスープはあっさりとした素性で、奥行き豊かな旨味の主張から丹念かつ大胆に仕込まれたであろう事が読み取れる。
少々味濃いめな醤油だれは、時間の経過に比例し背脂がスープとの融合を進めるうちに、自然とその甘味との調和により最適化されて行く。塩分含有量は間違いなく相当多めだが、それすらもが計算に入った... 続きを見る

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 5件