なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
取材および店内掲示からの情報

惜しくも閉店したらーめん ほしのの店主(きら星の実弟)が、
蓮沼時代の無化調濃厚鶏豚骨白湯を捨て、その真逆をゆく

「鹿児島県最上級かつお節を風味が飛ばないよう丁寧に削り、
一生懸命スープを作っています。
かつお節本来のピュアなダシを香りを
お客様にそのまま楽しんで頂くため、
当店では一般的なラーメン屋と異なり、
動物系のダシを一切入れておりません。
もちろん化学調味料未使用です。
日本が誇る最高の旨味成分のかたまり
「かつお節」そのポテンシャルを100%引き出した
自慢のスープをご賞味下さい。」
(以上は店内掲示より)

なお動物系のダシを一切入れてない、といっても
香味油には使っており、その正体は鶏油とラードで作ったネギ油。

店主曰くこの店はらーめん ほしのの移転ではなく、
まったく違う味の新店とのこと。
一応念のため店主の経歴は実兄が営むきら星にて修行。
他にイタリアンの経験あり。
(取材より)

製麺は浅草開化楼でらーめんの麺量は150g。