なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「Swallowらぁ麺+うずらの味玉」@The Noodles & Saloon Kiriyaの写真シャープでエッジの効いた醤油と煮干の協奏を、ふくよかな動物的な旨味が下支えするため、大変多重的な旨味が楽しめる。スープのコクは相乗的に無縫な膨らみを見せ、盛られた煮干の粉末を溶けば、一気に香りが爆発する。
後腐れがない離れの良い味、塩味は強いが、湯面を賑わせる大量の湯掻いた背脂と共に口にすれば、その甘みで渾然が図られる大胆な味の設計。背脂自体は余分な油分と雑味が排され具に近い印象で、味の... 続きを見る

投稿(更新) | コメント (6) | このお店へのレビュー: 12件

「潮らぁ麺」@The Noodles & Saloon Kiriyaの写真実は、初めての潮らぁ麺。そして配膳された瞬間から縦横無尽に鼻先を彩るのは、品の良い煮干の香りだ。煮干は、ただ濃くするのが正解ではないではない事を思い知らされる味。油からも煮干が漂い、風味は華やかこの上ない。
豚がらはあっさり爽やか、塩だれには貝類の豊潤な旨味も詰まっており、これらが渾然一体となった時、離れの良い立体感のあるスープが成立する。飽きの来ない癖になる味、加速を続ける蓮華の動きを... 続きを見る

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 12件

「潮kiri_Soba+味玉」@The Noodles & Saloon Kiriyaの写真鶏がら、丸鶏、乾物を中心に素材をバランス良く配して仕上げただしに、ネギ油を贅沢に散らし風味の広がりを醸し出す。この器の中、全ての食材が渾然一体を果たすために存在していたかのような錯覚すら覚えてしまう。
鶏の旨味は芳醇、そして無尽。あっさりながらも芯が太い。店主はTHE FINEST NOODLES EL DORADOに敬意を表し、この味を育てて来た事は承知しているが、既に比肩と評しても過... 続きを見る

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 12件

「味玉らぁ麺+味付うずら」@The Noodles & Saloon Kiriyaの写真苦味に支配されぬギリギリの線で、煮干の旨味と香りを躍動させるスープ。素材の息吹が色濃く残る仕上がりは、昨今技術が飛躍的に向上するラーメン業界でも、中々見受けられぬ感覚だ。少しお高めな、料理屋の域に近い感覚。
穏やかな豚がら。塩味を立たせず、素材の立体感を強調させる醤油だれの魔法。葱やカイワレで更なる抑揚を演出、飽きの来る瞬間は一切ない。ラーメンは身体に負担を掛けるものだが、この一杯にその... 続きを見る

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 12件

「Nattoらぁ麺」@The Noodles & Saloon Kiriyaの写真様々な味を重ねても、それらが明後日の方向を向いていては意味がない。渾然一体の魔法による相乗効果こそが料理の醍醐味、無心夢中への架け橋だ。
鍵を握るのは挽き割納豆が醸す強烈な個性。玉子をフワリとさせる事で納豆の粘りと融合を図り、器の全てに両者の個性が絡む状態を作り上げる。岩海苔、青海苔の風味が心憎く、香りの良さに食欲が後押しされて仕方ない。
縮れ平打ち太麺は張りのある歯触り、腰の... 続きを見る

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 12件

「油そば+うずら」@The Noodles & Saloon Kiriyaの写真とにかく、麺が旨い。醤油だれと香味油を満遍なく混ぜて絡めるだけで、食欲を刺激する油の香りが湯気に舞い嗅覚へと直にアクセス、思わず作業を中断し、摘み食いしてしまった。岩海苔の風味も重なり、無縫にも程がある。
白髪葱やカイワレは、独特の強い辛味がなく麺の香りを阻害しない。平打ち手揉み太麺。引き揚げて思い切り啜り込むと、ラードと醤油の個性が鮮やかに鼻先を漂い、追う小麦の芳醇な甘い香りが渾然一体... 続きを見る

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 12件

「特製中華_Soba」@The Noodles & Saloon Kiriyaの写真どんな味を脳裏に描き、具現化させたのかは疑う余地もない。豚骨と煮干、両輪に託された味の終着点は、永福町大勝軒の系譜に個性を加えた仕上がりを実現。嫌味や癖が許される限り排他され、クリアな口当たりだ。
香りの良い湯面を覆う油膜層を、ストレート中麺を引き揚げる事で突破する都度、切れの良い魚介の風味が鼻先を舞う。醤油だれは気持ち控えめだろうか、だしに軸足を置いているため、シンプルな味ながら飽きる... 続きを見る

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 12件

「sweet basil noodles」@The Noodles & Saloon Kiriyaの写真麺が、美味しい。だからこそ、こんな遊び心溢れるメニューでも個性を活かせるのだろう。見た目は整った様相ながら、ひと度混ぜてみれば全体に満遍なくジェノベーゼソースが絡み、食欲促す涼緑から視線を離す事は難しい。
適度な塩味を引き連れながら、オリーブオイルが白茄子とラスクに浸透する。噛む度にソース、オイルが食材特有の食感と共に口内を喜ばせ、爽やかなバジルの香りが鼻先狭しと賑わう様は、祭事の楽隊が... 続きを見る

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 12件

「油そば」@The Noodles & Saloon Kiriyaの写真私見ながら、当店最大の魅力は麺だ。手揉みならではのユニークな不揃い感。しなやかさが招く食感の良さ。張りのある歯触りと、もちもちとしたこし。歯応えのたびに爽やかな甘い香りが鼻先を抜け、喉越しも実に滑らかだ。
そんな麺の美味しさをダイレクトに楽しむならば、2017年春時点では油そばがベストだろう。十分和えられた状態で配膳されるが、更に混ぜて渾然一体化を促すと、麺が増殖し予想外のボリューム感に... 続きを見る

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 12件

「swallow+味玉」@The Noodles & Saloon Kiriyaの写真麺へのこだわり。開業前、手揉み太麺を選択した時には正直疑問を抱いた事もあった。しかし今、この出来高を見せられれば、その懸念は自身の不明に由来するものと恥じる事しか出来ない。スープではない、麺が主役なんだ。
無縫に広がる煮干の風味旨味が際立つが、豚骨や昆布、魚介などのだしと渾然一体化が計られているからこそ、その底力が背脂のコクに動じない。
背脂も丁寧に茹でて無駄な脂が排他され、こ... 続きを見る

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 12件