なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

なんばさん

よろしくお願いいたします。ラーメンTwitterはこちらです。https://twitter.com/fm_monjiro2

平均点 82.288点
最終レビュー日 2019年10月10日
1,080 521 1 6,906
レビュー 店舗 スキ いいね

「炙り和牛の追い鰹そば(白醤油)+昆布〆鶏ちゃーしゅー増」@麺屋 猪一 離れの写真2019/4/2 昼

そうだ京都へ行こう。
ってことで京都について行ってみたかったミシュランビブグルマンへ。
開店15分ほど前に到着してこの日は先頭入場だった。
開店時間と同時に人がたくさん来て行列になっていた。

せっかくなので、炙り和牛の追い鰹そば(白醤油)と昆布〆鶏ちゃーしゅー増をオーダー。
炙り和牛のを頼むと鶏ちゃーしゅーが乗ってないらしい。どっちも食べたいよね。

■スープ
和出汁的清湯白醤油スープ
出汁メインのスープは追い鰹によりさらなる旨味が増していそう。
京都らしいスープ。けど、個人的にはラーメンらしさが足りないと思う。。。
■麺
細麺のストレート。ツルツルとしなやか。
啜ると小麦の風味が立ち込めます。
■具
丼:削り節、筍、三つ葉、ねぎ、海苔、味玉。
別皿:炙り和牛、昆布〆鶏ちゃーしゅー、柚子皮。

和牛は濃いめのタレがかかっていたんだけど、デフォと同様に丼の中に入れて欲しい気も。
卓上のとろろ等を加えて完食。とろろがサービスってのは粋だなぁ。

たしかに上品で超美味しい一杯なのは間違いないんだけど、出汁すぎるかな。
次は本店に行ってみたいです。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「しょうゆチャーシューメン」@ラーメン専門 大栄 本店の写真10月14日12時45分訪問

学会の発表会が京都で開催されるということで、始発で東京から京都に向かう・・・
そんで、仲の良い先生たちと一緒に近場で昼飯。
入店しようとすると、満席で少し待ち。京都テルサの近くの食べるとこはこの辺しかないんですよね。
京都駅まで戻れば、いくらでも食べるところはあるし、十条まで行けば、ラーメン藤なんかもあるんですけどね。
ってことで、チャーシューメンをオーダー。

辛ニラ入れ放題のサービス。これぞ、京都。
京都は場所によって、ネギ入れ放題もありますね。

■スープ
すっきりとした豚清湯系の醤油スープ。
第一旭などに代表される、これぞ京都ラーメンって感じのじんわりとしたテイスト。
辛ニラを少々いれてアクセントをつけて。
■麺
細麺のストレート。モニュっとした食感。
■具
チャーシュー、ねぎ。
チャーシューは薄切りが特徴。味付けはさっぱりとした感じで、食感はモッチリ。
麺よりチャーシューの方が多くて食べるのに苦労した。チャーシュー美味し。

ラーメンの写真はいいけど、おっちゃんの写真はやめてね!と雑談もしたりして楽しいひと時だった。
店主のおっちゃんフレンドリーでよかった。
本場?の京都ラーメンをいただけて、久しぶりに満足した。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば(並)」@新福菜館 本店の写真大阪8店目(京都)

9月14日21時30分訪問

滋賀でのイナズマロックに満足し、TMRの圧倒的パフォーマンスを堪能したあとに友人とこちらへ。

先客外並び10人 後客外並び20人 待ち時間15分。
回転早いですねー。ちょっとびっくり。
並んでる間に、注文を聞かれたので、並とヤキメシをオーダー。

着席してから10分くらいでヤキメシが先に出てきた。
それから待つこと10分。
さすがにヤキメシ食べ終わっちゃったよ。。。
ヤキメシは有名なだけあってうまいっすねぇ〜。

てことで、やっとラーメン着丼。

◼︎スープ
粘度のないシャバ系鶏清湯の醤油スープ。
ブラックな色をしていますが、なかなか精錬されたクリアな味わいでなかなか。
塩分濃度は高めで良好。

◼︎麺
中太のストレートで、まさに中華そばといったところ。
ツルモニュな食感で、茹で過ぎでんがな。
スープとの相性はいわずもがなですが。
麺量は200g前後と思われる。

◼︎具
豚チャーシュー、青ネギの構成。
丼いっぱいに敷き詰められた豚チャーシューは厚さ1mm程度ですかね。醤油に付け込まれ、辛めの味付け。
青ネギもスープのしょっぱさにうまく機能している印象。

先にヤキメシが出てきたのもあり、麺を少し残してしまいました。
コスパの優れた1杯だと思います。

ヤキメシがうまかった←

ごちそーさまでしたー(^o^)/

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「徳島ラーメンミニサイズ」@ラーメン東大 京都店の写真7月20日訪問
15時くらいに京都に着いたような気がします。

昔京都で仕事してたときは、京都拉麺小路のTETSUに結構お世話になってましまね。

ちなみに京都駅周辺に有名店がありますが、そんなに時間もなかったので東大へ。
徳島ラーメン意外と好きなので。

全然関係ないけど、前に京都にきたとき、エレベーターで内田裕也氏と一緒になり、ロックンロールな気分を味わったのを思い出した。

券売機にて食券を購入。
小腹が空いていた程度だったのでミニサイズをチョイス。

待つこと7分ほどで着丼。

◼︎具
豚バラ、メンマ、ネギ、味玉トッピング。
生卵はサービスである。何個入れたら怒られるんだろう??
すき焼き風のラーメンなので、それにちなんだ具材といったところか。
肉はすき焼き風ということで、薄切りだが、あんまり存在感はないなぁ。

◼︎スープ
すき焼きのような色をした粘度のあるドロ系の豚骨醤油スープで、甘辛い味付け。
ということで、生卵を入れて、関西風すき焼きテイストといったところですね。
動物主体なので、豚骨もそこそこ乳化しているように思われる。
塩分濃度は高めで良好。

◼︎麺
中細のストレートで、加水率低めのツルプチな食感。
麺の風味などは特にないが、スープとよく絡み相性は良い感じでした。
麺量はミニサイズなので80g前後と思われる。

生卵がサービスなので、値段的にはそこそこですが、
肉の存在感を出しさえすれば、味とコスパの割合も最高な感じなんですけどねぇ。

やっぱ徳島まで今度は行ってみますかねぇ。

ごちそーさまでしたー(^o^)/

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件