なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

なんばさん

よろしくお願いいたします。ラーメンTwitterはこちらです。https://twitter.com/fm_monjiro2

平均点 82.261点
最終レビュー日 2019年6月10日
1,056 508 1 6,832
レビュー 店舗 スキ いいね

「濃厚伊勢海老つけめん」@麺や偶 もとなり 久茂地店の写真3月23日17時訪問

沖縄で時間が余ったので、気になっていたこちらへ。
近くのコインパークに駐車して、入店。

券売機にて、濃厚海老つけ麺を購入。
ポスターには伊勢海老、券売機には海老と書かれており、今はどっちなんだろう?
沖縄と言えば、伊勢海老も有名らしいですからね!!ということでチョイス!

先客2人、後客5人。
スタッフは2人だったかな。
卓上には、らーめんのタレ(塩?)、ごま、胡椒が置かれていた。

おしぼりは、ラムネみたいになっているものを取り出して、水をかけると膨らんでおしぼりになるもので、ちょっと面白い。

待つこと7分くらいで提供となった。

◼️つけ汁
粘度があるドロ系豚骨魚介海老スープ。
豚骨がくっきりと出されたものに、海老を合わせている感じ。
豚骨は臭みはなく、マイルドな口当たり。
味の感覚は、豚骨5:海老5くらいの割合で、バランスが良かったように思った。
風味としては、豚骨が来てから、鼻に抜ける感じで海老が後追いしてくる印象。
伊勢海老感は出ているものの、海老粉の影響か、値段相応という印象は拭いきれないかな。
檸檬をしぼるとやや爽やかになるかな。
塩分濃度は普通くらいで、割スープをいただかなくてもそのままいけちゃいそう。

◼️麺
中太のストレートを使用。茹で加減はややかため。
ツルモチプリな食感で、スープの絡みは良かった。
水できっちり締められており、水切りも良いですね。
スープと麺の風味のバランスは良いように感じた。

◼️具
岩海苔、海老粉、ネギ、細切れチャーシューの構成。
麺の上にカットレモンとプチトマト。
岩海苔は、海老の風味を助ける感じでなかなか。
海老粉は先述にもあるように、チープさが出るね。最初から混ぜておけばその辺りの感覚は薄れるかも。
カットレモンとプチトマトの印象は思ったほどなく。

個人的には、この値段はちょっと割りに合わないかも。つけ汁の中にもう少しお肉やメンマなどがが欲しいですね。

沖縄の中心街でいただけることを考えれば満足いくものでしょうか。


ということで、レンタカーを返却して空港へ。
いやぁ〜楽しい沖縄の旅でした!また来たいと思います!!

ごちそーさまでしたー(^-^)/

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 1件

「そば(小)」@きしもと食堂の写真3月23日14時30分訪問

こちらは1905年創業らしい。これは行かなくては。

午前中市場にいって、アカジン、ハリセンボン、夜行貝を購入し、その場で調理してもらっていただきた。うまかったああああ。
美ら海水族館へ向かう途中おなかが減ってきたのでこちらに一度行くも、20人くらい並んでいたため、あきらめて水族館へ。
その後は、まだやってるかなーと思ったら誰も並んでない!ラッキーってことで入店。

先客満席、後客10人くらい。
こちらもたまたまタイミングが良かったんですかね。
煮込みとおにぎりは売り切れとのことで、そばとジューシーをお願いした。

卓上には一味とコーレーグースが置いてあった。
コーレーグースは、青唐辛子を泡盛に漬け込んだもので、沖縄では一般的な調味料らしい。

待つこと5分ほどで提供となった。
※首里そばと似た内容となっています。

■沖縄そば
麺は、小麦にかんすいまたはガジュマルの灰汁を混ぜて作られているため、分類としては中華麺になるとか。
でもまぁ・・・見た目はうどんですけどね・・・
ってことで、区分はラーメンではなくその他にしました。

■スープ
粘度のないシャバ系豚清湯和出汁醤油スープ。
豚肉、かつお節、醤油から作られたものなのかな?
こちらは和出汁が効ききながら醤油で整えている印象。香り豊かでやや甘めの味付けかな。
卓上のコーレーグースを加えると一気にスープの風味に広がりが出ますね。
酒の風味とピリ辛が加わる。やはり、定番の調味料を加えるのはいいですね。
塩分濃度は普通。

■麺
中太の平打ちストレートを使用。茹で加減はややかため。
こちらは昔ながらにイジュの木灰を使用して麺を作っているらしい。
ツルモチプリな食感で、スープとの相性は良い。
風味や食感は、ほぼうどんですけどね。
小は体感で100g程度。連食に良さそう。

■具
ソーキ2枚、かまぼこ、ネギの構成。
ソーキはロースで、ふんだんの泡盛を使って煮込まれたもの。味は甘め。ソーキにしては小ぶりだったな。
お肉はスープがあっさりしている分、かなり主張が良くこれはおいしい。こっちの方が好きかな。
かまぼこやネギはこのあっさり系のスープには想像のしやすいおいしさ。

沖縄の老舗の人気店をいただけたので満足ですね。
後は、いしぐふー、すーまぬめぇがオススメらしいので、次回行ったら必ず行きたいですね。
いしぐふーやんばる本店はここから近かったので、先に行っておくべきでした。残念。

ごちそーさまでしたー(^-^)/

少し時間が余ったので、もう一つの課題店に行くことに・・・

投稿(更新) | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

「鶏そば(小)」@ストライプ ヌードルズの写真3月22日11時30分訪問

ということで、店内連食です。
ソラノイロのプロデュース店とあって、かなりオシャレな外観&内装です。

券売機にて、ステーキラーメンM、鶏そば(小)を購入。
先客9割、後客10人くらい
私たち以外は全員アメリカ人という、異空間のさまよった感じで面白かった。
卓上には、醤油、ラー油、お酢、A1ステーキソースが置かれていた。

ステーキラーメンMとほぼ同時に提供されたこちら。

■スープ
粘度のないシャバ系鶏清湯塩スープ。
おそらく、鶏100%から抽出されたであろう鶏の旨味が凝縮されたナイスなスープ。
てことで、油もおそらく鶏油。塩の尖りはなく、まろやかに仕上がっている。
フライドガーリックが合わさると、香ばしさ&スパイシーさをプラスしてくれる感じでウマシ。
このスープは、煮干しを合わせたり、白湯にしたりしていただいてみたいなぁ~って思ったり。
塩分濃度は普通くらい。

■麺
中細のストレートを使用。茹で加減はややかため~普通。
ツルモチプリな食感で、スープとの絡みも良い。
ほぼ同時に出すなら、食べるスピードを計算していただけるとさらに嬉しかったかも。

■具
豚チャーシュー1枚、鶏チャーシュー1枚、ネギ2種、メンマ、フライドガーリック、鷹の爪少しの構成。
豚チャーシューは、半レアくらいだが、気持ち薄めなのでスープですぐにボイルされてしまったかな。
肉らしい歯ごたえがあり、味もおいしいが気持ちあっさり目。
鶏チャーシューは胸肉かな。ムチっとした食感で、味付けは薄め。ブラックペッパーで処理されているのか、ほのかに香る。
その他の具材は、鶏清湯にうまくマッチしている印象。

結構ハイレベルな鶏清湯だとは感じたが、やはりステーキラーメンを食べた後だったので、
舌がちょっと負けてしまったため、余韻は少なく。逆だったら印象は変わったかもしれませんね。

それにしても、こちらで2杯いただけたのは嬉しいこと。満足度は高いですよ。
沖縄でとりあえずラーメンをいただくというのであれば、必ず寄りたいお店だと言っていいと思います。

ごちそーさまでしたー(^-^)/

その後は、沖縄に来た最大の理由である宜野湾海浜公園で行われたライブを堪能。最後の花火も感動的だった。
終了後は、ぱいかじにて沖縄料理に酔いしれるのであった。
※ライブの余韻に浸っていたため、南国娘とは遊びませんでした・・・

投稿 | コメント (14) | このお店へのレビュー: 2件

「ステーキラーメンM 麺少な目」@ストライプ ヌードルズの写真3月22日11時30分訪問

目覚めの悪い中、というか今にも吐きそうな中、10時に友人の車で移動。
からの、友人2人とお目当てのこちらへ入店。
ソラノイロのプロデュース店とあって、かなりオシャレな外観&内装です。

券売機にて、ステーキラーメンM、鶏そば(小)を購入。
ステーキラーメンMは、麺を少なくしてもらった。

先客9割、後客10人くらい
私たち以外は全員アメリカ人という、異空間のさまよった感じで面白かった。

卓上には、醤油、ラー油、お酢、A1ステーキソースが置かれていた。

ステーキ用に小皿(ソース入れ)が配膳された。わさび醤油もありこれは嬉しい。
そうこうあたりを見渡していると先にステーキラーメンMの提供となった。

麺が少なくステーキが沈んでしまい見た目が悪いため、諸兄様のレビューをご覧になった方が良いと思います・・・

ステーキがスープで湯だってしまうのを避けるため、とりあえず小皿に移動。

■スープ
粘度のないシャバ系鶏清湯醤油スープ。
動物の主体は鶏ガラだと思われ、若干豚がブレンドされている印象。
ただし、ステーキの油分が溶け込んでいて意外と複雑な味わいになっているため、定かではない。
味わいそのものは思いのほかあっさり目だが、牛脂などの成分が溶け込んでいるため、パンチはある。
さらに、フライドガーリック、ピリ辛モヤシのエキス、バターが加えられると相乗効果でスパイシーながらにコクがあり、ウマイ。
そして思ったよりグビグビ飲めるのがいい。
塩分濃度はやや高め。

■麺
中細のストレートを使用。茹で加減はややかため。
ツルモリシコな食感で、スープとの絡みも良い。
麺はオプションでメインはステーキのような感じもしたり。

■具
ステーキ150g、ピリ辛もやし、玉ねぎ、水菜の構成。
ステーキの焼き加減はミディアムくらいでしょうか。表面は香ばしい仕上がりとなっている。
歯ごたえも十分で肉らしさを堪能できる。脂の多い肉も良いが、年を取るとこういう肉の方が食べやすいという代表の肉。
ピリ辛もやしは、ちょっとずつ溶かすとスープに味変をもたらす。歯ごたえはシナシャキかな。
玉ねぎはこのスープにハマりますね。

ステーキは、酸味のあるA1ステーキソースもいいですが、やはり日本人なのでわさび醤油の方がおいしかったなぁ・・・
友人はA1ステーキソースがおいしかったと言っており、満足していたのでよかった。

中華そばをいただいていないので、比較することはできませんが、
ステーキを乗せただけの中華それではなく、意外と趣向が凝らされており、面白い一杯でしたね。
お客さんの8割がアメリカ人だとおっしゃっていたので、そのために作られたメニューだと思います。こういうの好きそうだし。

このお店は、パーティーメニューなども用意しているんですね。
http://ramendb.supleks.jp/s/68021/photo/interior
結構おつまみの種類も豊富でしたし、飲み屋として利用する人もいそう。

沖縄そば以外のラーメン屋というカテゴリーでは頭一つ抜けていそうな気もしますが、
モノレールでは行けない場所で、旅行で行くならレンタカーしかないかもってのがちょっとネック。

ということで、鶏そばをいただくのであった。

ごちそーさまでしたー(^-^)/

投稿 | コメント (25) | このお店へのレビュー: 2件

「そば+ジューシー」@首里そばの写真3月21日13時15分訪問

来たぜ沖縄!!!ってことで、友人との合流までには時間があるため、一人でぶらぶらすることに。
とりあえず首里そばの営業時間には間に合いそうだってことで、お目当てのこちらへ。

先客2人、後客20人くらい。
たまたまタイミングが良かったんですかね。すんなり入れてラッキーです。
煮込みとおにぎりは売り切れとのことで、そばとジューシーをお願いした。

卓上には一味とコーレーグースが置いてあった。
コーレーグースは、青唐辛子を泡盛に漬け込んだもので、沖縄では一般的な調味料らしい。

待つこと3分ほどで提供となった。早い。

■沖縄そば
麺は、小麦にかんすいまたはガジュマルの灰汁を混ぜて作られているため、分類としては中華麺になるとか。
でもまぁ・・・見た目はうどんですけどね・・・
ってことで、区分はラーメンではなくその他にしました。

■スープ
粘度のないシャバ系豚清湯和出汁スープ。
豚肉、かつお節、島塩から作られたシンプルなもので、かなりあっさりテイスト。
関西風うどんのスープに似てますが、節よりも豚が効いている印象。
卓上のコーレーグースを加えると一気にスープの風味に広がりが出ますね。
酒の風味とピリ辛が加わる。これはウマイっすよ。
塩分濃度は低め。

■麺
中太の平打ちストレートを使用。茹で加減はかため。
こちらはかんすいを使用して麺を作っているらしい。
コシが強いというよりは、茹で時間が短いという印象が拭えない。
ザラパツな食感で、麺の太さもまばらで意図的ではなさそう。太さは揃えて欲しいよね。
ちょっと残念な感じ。

■具
三枚肉2枚、かまぼこ、ネギ、針生姜の構成。
三枚肉はロースで、ふんだんの泡盛を使って煮込まれたもの。味は甘め。ラフテーを薄くした感じ。
お肉はスープがあっさりしている分、かなり主張が良くこれはおいしい。
かまぼこやネギはこのあっさり系のスープには想像のしやすいおいしさ。
針生姜は注文毎に刻んているらしく、確かにしゃきしゃきとした歯ごたえを保ちつつ、スープとの相性も抜群であった。

■ジューシー(炊き込みご飯)
首里そばのジューシーは、三枚肉を細かくほぐしたものと細かく刻まれた昆布で炊きこまれたものだろう。
その上にネギとニンジンが絶妙なコントラスト。
これはなんだか落ち着く感じの味わい。
スープとの相性がかなりよく、個人的には麺より合うと思った。

だがしかし、沖縄の課題店を訪問できたのは満足度高いですよ。

ごちそーさまでしたー(^-^)/

この後は、首里城を見学して友人と合流からの、南国娘たちと遊んだりしました。
朝4時まで飲みまくってさすがにグロッキー。お疲れ様でした。

投稿 | コメント (14) | このお店へのレビュー: 1件