なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

どらどん

(1913年生まれ)

●どちらかと言えば太くて硬い麺が好みです。量は結構食べる方だと思います。(麺300gくらいでちょうど良いかな?最近歳とったので500gは無理!)(^^ゞ●ラーメンは1杯650~850円くらいで食べるものだと思ってますので、どんなに美味しくても1杯1,000円以上するラーメンや安くても極端に量の少ないラーメンは評価できません。●味+量+値段=で評価してるつもりです。あくまで個人的ですが。

平均点 74.088点
最終レビュー日 2019年10月9日
420 213 7 133
レビュー 店舗 スキ いいね

「汁なし醤油670円」@麺丼Dining 夢者の写真以前食べた時の味が美味しかったので先日また再訪です。
今回は違う別メニューを食べようと思って訪れたのですが店内は満卓の大盛況。夜のやや遅めの時間に訪問したせいか食券機は汁なし醤油と追い飯し付きの2つ以外は売り切れ状態でした。

別メニューを食べてみたかったのですが仕方ない。また前回同様汁なし醤油をポチ。あれ?650円のはずだったけど670円?増税前だけど値上げしたのかな?と思いましたがさほど気にせず食券を渡して待ちます。
後から来た常連客達には「NIBOは売り切れですが濃厚はまだ出来ますよ」とか言ってましたので汁なし醤油以外の品が出来るようでした。常連優遇な感じは相変わらずですね。
まぁ、Twitterでフォローしたりしてると違うのかな。SNSが面倒で嫌いな私には分かりませんが。

そしてセルフの水を取りに行こうと思いましたがコップがない。
大勢の人で賑わってたので洗ったコップの用意が疎かになってました。忙しそうだったので言うのも面倒くさいのでそのまま水なしで食べることにしました。

他のお客さんは常連のようで皆ハイボールやレモンサワーを飲みながら談笑してました。夜はいつもこんな感じなのかな?と思ってると着丼です。
前回来た時は中か大か選べたはずでしたがこの日は聞かれず中盛りがそのまま配膳されました。
なんだかなぁ~。


気を取り直して頂きます。汁なしなのでよく混ぜてから食べていきます。まずは麺。

麺はストレートの太麺。思ってたよりも硬めでもなくほんの少し柔らかめに茹でて締めたか、食べるのにはちょうど良い感じで美味しかったです。

つけ汁も絶妙な味の濃さで麺との絡みは抜群。ほんのり甘味も出しつつ程よい醤油味、美味しかったです。

トッピング具材も美味しい。特に炙った肉厚なチャーシューは絶品。最近食べた中では一番好みかも。半熟玉子(ハーフ)も良い感じ。メンマも他の具材も良い感じでした。

確か前回来た時は少し残してスープ割りを頼めたハズでしたが記憶が曖昧だったのと店内を見渡しても書いてなかったし忙しそうにしてたので聞くのも面倒だったのでそのまま食べ終わりました。


味は良かったです。ただそれ以外は相変わらす分かりにくくでダメですね。
常連客達にはフレンドリーだし決して接客が悪い訳じゃないのですがあの独特な店内の雰囲気がどうも馴染めません。
まぁ、「嫌なら行かなきゃ良いじゃん」と言われればそれまでですが。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「もりそば800円」@湘南大勝軒の写真釣りの帰りに立ち寄りました。駐車場があるのが良いですね。
大勝軒系列店は久しぶりです。先客は3名、後客1名。まずは基本メニューのもりそばを注文。

大勝軒のつけ麺は茹で時間がちょっとかかるんでしたっけ。
待ち時間があるので店内をジロジロ物色。綺麗で良い雰囲気ですねーと思ってると配膳されました。
ではいただきま~す!

あつもりにしませんでしたが麺もつけ汁も温もりある感じでした。
つけ汁はシャバ系で甘味のある酸味を感じます。魚介も感じましたが味はちょっと薄め。もうちょっと濃度があってもいい。麺が太くて多いので途中でさらに味が薄れて飽きてきます。
ここでテーブル備え付けの唐辛子を投入して少し味変して食べました。

麺をつけ汁へ入れて食べます。四角い太麺は茹で加減もちょうどよく量も多い。結構食べる私ですが300gでちょうどいいくらいなのでこれは多めでお腹一杯になりました。

具材はつけ汁の中に硬めのチャーシューが2枚に海苔1枚、太目のメンマ(多分自家製)が3本にナルト。薬味のネギは少なめ。ネギはもっと多く入ってて欲しいかな。

大勝軒系列店は過去に何店舗か行きましたが確かにどこもこんな感じの味です。でもちょっとここのは薄味かな~?
私を含めてこの時は5名全員がもりそばを注文してましたが誰も最後にスープ割りを頼んでませんでしたので薄めの濃度だったように思えます。ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「醬油らーめん780円」@自家製手もみ麺 鈴ノ木の写真狭山ヶ丘駅に美味しいお店が出来たと聞き行ってみました。

カウンターのみの手狭なお店でしたが綺麗でこじゃれた感じ。西武ライオンズファンのご夫婦(かな?)で営業されてました。
ラーメンは醤油か塩、麺量は同額で150g(並)か200g(大)のどちらかを選ぶ感じでした。
今回初訪問でしたのでまずは醬油らーめんで200gを注文してみました。

丁寧に作ってる様子を見ながら待ってると着丼です。

ではいただきま~す!まずはスープ。
スープは濃口醬油ですね。オイリーな油の部分も多めかな。
醤油も油も素材に拘った感じで鶏の良い味も出してましたがちょっと味が濃いめに感じました。
最初のうちは良いかなと感じてましたが食べ進んでいくうちに濃い醤油味と油のしつこさが出て来て最後の方は少々くどい気がしました。

次に麺。店名にある通り麺がここの一番の推しでしょうか。力強く押し揉まれた麺はピロピロの縮れになっており、長さは短め、表面はツルツルしてのど越しよく歯応えもあって良かったです。
量は200gでちょうどいい感じ。モチ感もあり麺自体は美味しいとは思いました。

デフォルトのトッピング具材は肩ロース(でしょうか?)の物が1枚に鶏チャーシューも1枚。メンマは細く細かいのが適量、後は薬味のネギと海苔が1枚でした。
この中で1番良かったのは細かいメンマ。食べやすく麺と一緒に食べても細かいので主張せず麺の邪魔をしないで良い感じ、スープを飲んだ時に食べても食感良く感じました。

肉類ですが仕事ぶりを見てると他のメニュー用に低温のレアチャーシューもあるみたいでした。
比較的最近オープンした新しめのお店は生ハムみたいなレアチャーシューに鶏チャーシューとか2、3種類のチャーシューをトッピングするお店が増えてますね。これが流行りなんでしょうか。


全体的に良い素材に拘って丁寧に作られた印象でしたが濃口醬油のこれはちょっと私の好みの味ではないかな。
もしかしたら塩味の方がサッパリとしてるかもしれないので次回来たら次は塩らーめんにしてみたいと思いました。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「蛤そば+鶏飯=1230円」@中華そば 四つ葉の写真前回食べた限定がちょっと口に合わなかったので個人的にここのお店では一番好きな平日限定つけそばを食べに先日G.W前に再訪。が、まさかの「本日つけそば休止」の貼り紙が。
がっかりしましたが遠路はるばるやって来ましたので仕方なく次に好きな蛤そばにしました。
並んで先頭になると注文を取りに来られたので前回同様350円払って締めの鶏飯追加。見てると他の人もかなり注文してましたので「食券のラインナップにすれば良いのに」と思いました。

並びは減ることなく次々と人が来てましたが回転よくどんどん回ってました。この日も寿司店の座敷でした。
しばらくすると着丼です。では頂きま~す♪まずはスープ。
スープは香りがいいですね。一口目で蛤を中心とした魚介の風味が口いっぱいに広がりました。美味しいです。温度は少しぬるめだけども前回食べた四つ葉ブラックよりは熱めでまだ許容範囲内。

麺はいつもの四つ葉独特の極細麺。個人的には好みではありませんがスープとの相性も良く食べやすい。
温度も熱々だし茹で加減も悪くないし美味しい。これでもうちょっと麺量があればなぁ。

トッピング具材は四つ葉さんおなじみのレアチャーシュー数枚に大ぶりでしっかりとした海苔に穂先メンマ、三つ葉などは他のメニューとほぼ同じ。これに蛤が4個入ってました。どれも美味しく満足。
麺の大盛りは不可ですがこのデフォのトッピングはボリュームあって十分すぎですね。

前回に続き鶏飯をそのまま少し食べた後にわざと残したスープに入れてその名の通り「締めの鶏飯」で食べました。前回のブラックのスープには全く合いませんでしたが今回は正解です。このスープなら美味しいです。
だけど気がつけばこの値段がなぁ。なんとか1000円で収まればもうちょっと高得点なんですが。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 8件

「きまぐれ限定四つ葉ブラック+鶏飯=1200円」@中華そば 四つ葉の写真先日行って来ました。約3年ぶりの訪問です。
ここのお店のレギュラーメニューは一通り食べてるのでまだ食べてない限定のブラックがあったので迷わずコレをポチ。多分量は食べ足りないだろうな、と思ってたら「締めの鶏飯」なるものを発見。以前はなかったよ?ってことで外待ちで並んでいる時に注文取りに来た時に350円払って追加。

相変わらずの行列でしたが回転速く少し待って店内へ。寿司店の座敷に座るのも3年ぶりか。時の流れは早いな、と感慨深げに思って待ってると配膳されました。
いつも通り撮影してからいただきます。

まずはスープ。名前の通り黒いです。まずは一口。「んっ?なんだコレ?」不思議な味わいです。独特な油を使ってる感じもしました。鶏油?と変わった醤油を使ってるのか、はたまた黒いのはイカ墨でも使ってるのか?とも思ったり。以前よしかわで食べた特濃イカ煮干しを思い出しました。
ただこのスープ、温度がぬるいです。もちもちの木みたいに熱ければ良いってものでもないですが私的にはスープがぬるいラーメンはダメです。味も濃いめでしょっぱいです。大幅減点。

次に麺。麺は四つ葉独特の細麺。こちらは茹で加減、温度も熱く良かったです。
スープの持ち上げ、バランスも良かったと思います。

トッピングですが大ぶりなレアチャーシューが3枚に鶏チャーシューが別に1枚、半熟玉子が丸々1個に穂先メンマ、しっかりした海苔が1枚、三つ葉。デフォでは十分すぎる布陣です。大幅加点。

量は少ないかな。個人的にはトッピング具材を少し減らして麺量を多くした方がバランス良いんだが。
以前は物足りない時は「本日の握り」を食べるか、って感じだったんですが締めの鶏飯が出来たので今回はコレを食べます。
鶏飯は茶碗一杯のご飯に鶏チャーシューがみじん切りになったものが沢山乗っかっててしそやワサビでサッパリしてます。最初はそのまま食べましたが残ったスープに入れると良いらしいのでやってみましたが失敗です。
このスープだと独特の味が強すぎて濃くてしょっぱいです。ここのお店の品は全てスープまで完食してきましたが初めて少し残してしまいました。

もちろんこのスープが好きな人もいらっしゃるとは思いますが残念ながら私の口には合いませんでした。
しかもこれで合計1200円。遠くまで来てこれだとちょっと厳しいです。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 8件

「生姜中華そば750+和え玉280円=1030円」@㐂九八 ~garage~の写真以前から気になっていた所沢の評判店。どうも昼間しかやってないようなので夜型の私にはちょっと縁がありませんでしたがやっと行くことができました。

道路側からは大きな看板がありましたので曲がるところはすぐに分かったのですが肝心のお店が目立たなくて分からず通り過ぎてしまいましたよ。(汗)
気を取り直してお店の前に駐車して初訪問。
すぐに店員さんが来て食券機前で商品の説明を始めました。ご丁寧にありがとうございます。とりあえず基本メニューは4つみたいでしたが全品大盛りは出来ないとの事。まずは生姜中華そばを注文。

待つ間見てると後客が来る度にメニューの説明をしてて大変そうでした。倉庫のような店内は冷え込みもあるのか女性客にはブランケットを手渡しで渡すなどしてて接客はとても好印象でした。
なんて思ってるとすぐに配膳されました。注文から着丼まではかなり早めです。

では頂きま~す♪まずはスープ。
おおっ!なんだコレ。スッキリなんだけど出汁が効いてる。美味い!塩味だと思ってましたが店内の説明をみてると白醤油+塩らしい。ですのでレビューのカテゴリは醤油にしました。
食べ進めるとところどころで生姜のアクセントが顔を出してきて面白い。よく出来たバランスに思えました。
ただ、私的にはほんの気持ち温度がぬるい。連れが同時に提供された別メニューを食べてたのでそちらを一口もらうと全然温度が違くて熱々でした。
これはブレなのかそれともわざとなのか。こちらの商品はスープが熱ぎると風味が飛んでぼやけてしまうのかな?なんて思いながら食べ進めていきました。

次に麺。麺は平打ちの縮れ太麺。これがツルツルのシコシコでのど越しよくとても美味い。
今年食べたラーメン(ほとんど食べに行ってませんが)の中で麺は一番美味いかもしれません。
量はちょっと物足りない。もうちょっと食べたいなぁ。。。

トッピング具材は画像では見えなく分かりにくいのですが大ぶりな低温レアチャーシュー?が2枚。これがスープと麺量の物足りなさをカバーします。美味しく食べ応えもあり追加の和え玉が入ってもちょうど良かったりします。ナルトは存在感なく気がついてたらなくなってました。(笑)
他には三つ葉や岩海苔でしょうかこれらの脇役も見事に良い感じのバランスでした。

問題はやはり量。やや物足りないので替え玉(ここでは和え玉と言うらしい)を追加で現金注文。替え玉に280円は高いな、と思ってましたがただの替え玉ではなく濃厚なカニ汁で味付けされ刻み海苔に小さな肉片やエビもトッピングされたものでした。
登場した際にテーブルにカニの風味がほわッと漂いました。最初はそのまままぜそばのように食べて途中でスープに投入するのがお勧めみたいでしたのでやってみましたがこれは面白かった。
ですがもともと汁なし&油そば系がさほど好きでない私。最初の1口、2口はそのまま食べましたがすぐに丼のスープに全部投入~してまぜてみましたw
元々食べてた平打ち麺ではなく今度は替え玉らしい極細麺でしたし濃厚なカニ味も追加されてなんだか違うラーメンをもう1杯食べた感じにもなりました。味変と言えば見事に味変なのですがなんだか最初の味はどこへ?。

総評としては美味いです。評判なのも分かります。
ただ私的にはもうちょっと量が多めか大盛りがあると良いなぁ。和え玉も普通の替え玉と違って面白いんですが全部で1000円以下で食べれる設定だともっと高評価です。

あとは夜の時間帯でも営業してるともっと行きやすい。今度は別メニューを食べに来たいと思いました。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「汁なし醤油大650円」@麺丼Dining 夢者の写真地元で1、2位を争う高評価の評判店のこちら、以前から行ってみたいとは思ってましたが「汁なし、まぜそば、油そば」とかのジャンルがさほど好きではない私。「あれはラーメンではない別の食べ物」と以前は思ってましたので。
ですがさすがに近所の評判店は気になってましたので遅まきながらも先日行って来ました。

場所は・・・分かりにくいですw私は近所なのですぐに分かりましたが遠方よりお越しの方はちょっと分かりにくいかも。良い言い方をすれば隠れ家的な感じ、悪く言うと流行ってないバーやスナックの雑居ビル内のお店。
食券制ですが独特のオリジナルメニューばかりですのでどれを注文していいか悩みます。
結局はオーソドックスにまずは汁なしの醤油を注文。同価格で中、大と選べるらしいので迷わず大で。
待ってる間、店員さんは常連らしきお客と雑談しながら調理。

暫く待つと着丼です。では頂きま~す♪
まずはそのまま食べて行きます。麺は極太モチモチしてて美味い!味もほどよく美味しいです。
具材も半熟味玉(ハーフ)メンマともに良い感じで美味しいです。特に美味かったのはチャーシュー。
スープのない商品ですから麺とトッピング具材が評価の対象ですがこのチャーシューは絶品。
大ぶりでしたし、炙り、下味、肉厚さどれも満足でした。

最後にスープ割りを頼んで完食しましたが他の方のレビューにある通り味変の為のスープ割りでした。

ただ、私より先に食べてた常連らしきお客さんがスープ割りを頼んでたので参考にして私も頼みましたがその人が居なければスープ割りなど知らずに頼んでなかったことでしょう。私よりも後に来たカップル客には「最後はスープ割りにもできますので」と説明してましたが私にはなし。私も食券購入時に「初めて来たので」と言いましたけど。(苦笑)もうちょっと分かりやすく店内に告知があっても良いかと。

総評としては美味いです。「汁なし、まぜそば類」がそんなに好きではない私でも美味しいと思いました。なによりこれが税込み650円と言う価格で提供できるのも凄いと思います。

ただ残念なのはちょっと色々な事が分かりにくい事。全てのお客さんに分かりやすくあってほしい。グーグルだかどこか別のレビューで「地元や常連さん向けのお店」って書かれてたのを見ましたが納得です。

私が食事中も店員さんは試作品?みたいなのを作って私の横で常連さんらしき人らと一緒に写メ撮ったりして盛上がってましたしメンバーズカード?とかもカウンターにあったみたいですが特に説明も渡されもしなかったし。(隣の常連客には捺印してた)常連客はありがたいお客様ですがそれだけを特別扱いせず初めて来た「一見さん」こそ大切にすべきではないでしょうか?

後は一応飲食店ですのでもうちょっと衛生面というか清潔さに気を配らないと女性客は増えないんじゃないかと思います。(女性客のリピーターを増やしたいのかは分かりませんが)

色々書きましたがそれはせっかく美味しかったのに色々と勿体ない、と思ったからので。(余計なお世話かもしれませんが)
でもまた機会があれば食べてみたいと思いました。ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

「良温そば醤油750円」@良温(Ra-on)の写真土浦での釣りの帰りに寄りました。
お薦めを聞くと看板商品のこちらということでまずは醤油で注文。
待つ間見ていると丼を温めてから調理してました。配膳はやや早めかな。さほど待たずに着丼。では頂きます。

まずはスープ。
スープは濃口の醤油味ですね。見た目の黒さよりマイルドな口あたり。良い香りはさほど感じませんが少し質のいい油を使ってる印象を受けました。

次に麺。麺は細いタイプ。茹で加減、温度問題なし。スープとの相性もまあまあ。
でもこのスープと麺の感じどこかのカップ麺で似たような味を食べた記憶がします。
麺量は少なめかな。がっつり食べたい人にはちょっとお薦めしません。

トッピングのチャーシューはデカイのが2枚!もうこのスープと麺のバランスを無視した感じです(笑)
ただこのチャーシューが食べ応えあって良かったです。このチャーシューでプラス5点稼いでますw
また機会があれば違うメニューもチャレンジしてみます。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「マンモスラーメン800円」@泪橋の写真平塚に二郎系がある!?って聞いて行ってみました。
今まで数々のラーメンを勝手に評価してきましたが特に二郎系にはウルサイですよ、私。(笑)

店主に聞いたら駐車場は裏のコインパーキングしかありませんでした。空きがなかったので少し時間をずらして停めて訪問。
店外の入口横に食券機があり、ティッシュも1箱だけそこに置いてありました。時間をずらしたので前客1名、後客3名の計5人、全員マンモスラーメンでした。驚くのは女性客の2人組もこれを注文してたこと。時代も変わったな~なんて思ってるとコールを聞かれました。ニンニクの有無だけのようです。ヤサイの盛りとかは決まってるようで変更できないようでした。

 で、配膳されたものがこちら。丼の縁ギリギリ並々と注がれたスープは一見目を引きますが箸をつけるとすぐにこぼれます。そのために受け皿が下にあるのは良い。ただこれパッと見た目のインパクトをひくだけ。実は丼が小さく、量は他の二郎系ほど入ってない。ちょっと拍子抜けでした。

まずは麺とモヤシを崩して返して食べていくのですが小さい丼からそのたびにスープがこぼれてなんか汚らしく食べてるみたいで少々嫌な感じ。最初から大きめの丼にすれば良いのに。
背脂多めのスープは見た目ほどギトギトはしてません。肝心のお味はかなり味濃いめでしょっぱい。

麺は他の二郎系にありがちな極太麺ではなく中太麺でした。しかも量はたいしたことない。普通のラーメンならまぁまぁの量ですが二郎系にしては少ない。二郎で言うと「小ラーメン」って感じ。

トッピングの具材(この場合はヤサイとしておきます)の盛りも全然足りない。キャベツ率は低めですがまぁ許容範囲内。しかしながら少ない。画像の盛りの見た目より全然少ないです。
一番上に鰹節が乗っかっており、かつテーブルに魚粉が置いてあるので豚骨醤油に+魚介?みたいな感じでした。好みの問題もありますが魚粉は少し入れるとしょっぱいのが軽減されるのか少しマイルドに感じました。
唯一マシだったのはチャーシュー。豚というよりはチャーシューって感じの物は大きさも味もまぁまぁなのが2枚入ってましたがそれでも特筆すべきものでもない。

総評としては敢えて悪く言えば「中途半端な二郎系」みたいなラーメンでした。わざわざ苦労してコインパーキングに停めてまで行くなら別の二郎系のお店に行った方がいいと思いました。すみません。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そばしっかり800円」@中華そば 笹井の写真ちょっと前ですがまた釣りの帰りに近くを通ったので再訪。前回は「あっさり味」を食べたので今度は「しっかり味」を食べました。

前に食べたものより確かに醤油が主張してます。味は良いと思います。
でも、かと言って「あっさり」がダメなわけではありません。どちらも同じくらいの美味しさです。これはお好みでと言ったところか。
でもレアチャーシューをしゃぶしゃぶしたらあっという間にスープは冷めちゃうし、量も微妙なところとか細かい感想は前回のあっさりのレビューと同じ。
今回は「あっさり」と「しっかり」の違いを試しに食しましたがこの中華そば、また食べたい!と思える中毒性はちょっと低いかな。もしまたこのお店に来る事があれば今度は別メニューを食べてみたいと思います。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件