なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

どらどん

(1913年生まれ)

●どちらかと言えば太くて硬い麺が好みです。量は結構食べる方だと思います。(麺300gくらいでちょうど良いかな?最近歳とったので500gは無理!)(^^ゞ●ラーメンは1杯650~850円くらいで食べるものだと思ってますので、どんなに美味しくても1杯1,000円以上するラーメンや安くても極端に量の少ないラーメンは評価できません。●味+量+値段=で評価してるつもりです。あくまで個人的ですが。

平均点 74.107点
最終レビュー日 2019年10月18日
421 214 7 136
レビュー 店舗 スキ いいね

「Sio豚骨大盛り」@麺屋 三四郎の写真チョット前の話ですが職場の若いスタッフが鶴瀬に美味しいお店が出来たと言ってましたのを聞いて遅ればせながら行ってみました。

魚介豚骨にしようか悩みましたがまずはこのお店の一押しらしいSIO豚骨を。
初訪問でしたので何もわからないのに「札幌から移転してきた美味しいラーメン屋」の先入観で腹いっぱい食べたくなり大盛り(+100円)で注文。(これが失敗でした)


配膳は速かったです。店内をちょっと見てると、え?もう出来たの?って速さで着丼。

ではいただきま~す!まずはスープ。
豚骨スープですがどろどろしてなくシャバ系ですね。それでいて濃度(コク)はあり、動物臭さは全くない。
塩もとがったところもなく丁寧に作られた感じ。温度も熱々で美味しかったです。

次に麺。
麺は細麺のストレート。茹で加減やスープとのバランスなど問題はなかったんですが残念ながらこれがちょっと私の好みではなかった。
あくまでの個人の好みの問題ですがもうちょっと食べ応えのある麺、小麦が強めに主張してる麺が好みなのでやや貧弱に感じてしまいました。
大盛りにしてしまったので細麺のタイプはゆっくり食べてると最後の方はのびた感じになってしまうし。この手の麺なら大盛り不可で替え玉にしてくれた方が親切かな~。
麺量は普通盛りの方が良いですね。食べ足りなければ最後にリゾット風な「おしゃれ雑炊」とやらに出来るみたいだしそっちの方がお勧めかな。

デフォのトッピング具材はチャーシューが2枚にメンマ、薬味の青ネギに海苔1枚。
メンマは良い素材に拘った印象で、海苔は可もなく不可もなくって感じでした。
この中ではチャーシューが特に美味かった。下味がしっかりしてて柔らかく、また温度も温かくてグッド👍。チャーシューだけなら今年食べた中でトップ3に入る旨さでした。
最近、生ハムみたいな低温熟成?レアチャーシューやら鶏チャーシューを炙ったり温めもせず冷たいままトッピングするお店が増えてますがあれ、私はスープの温度を下げてる一因に感じてました。
個人的な好みの問題ですが熱々のスープに柔らかくて炙った香ばしいチャーシューが入った一杯の方が私は好きです。

 ちょっと話が逸れましたがスープとチャーシューが美味かった一杯でした。麺もスープとのバランスを考えたら悪く無いんですが残念ながらちょっと好みじゃない。
次に来たら魚介豚骨か太麺を使用してるつけ麺類を食べてみようと思いました。ごちそうさま。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「醬油らーめん780円」@自家製手もみ麺 鈴ノ木の写真狭山ヶ丘駅に美味しいお店が出来たと聞き行ってみました。

カウンターのみの手狭なお店でしたが綺麗でこじゃれた感じ。西武ライオンズファンのご夫婦(かな?)で営業されてました。
ラーメンは醤油か塩、麺量は同額で150g(並)か200g(大)のどちらかを選ぶ感じでした。
今回初訪問でしたのでまずは醬油らーめんで200gを注文してみました。

丁寧に作ってる様子を見ながら待ってると着丼です。

ではいただきま~す!まずはスープ。
スープは濃口醬油ですね。オイリーな油の部分も多めかな。
醤油も油も素材に拘った感じで鶏の良い味も出してましたがちょっと味が濃いめに感じました。
最初のうちは良いかなと感じてましたが食べ進んでいくうちに濃い醤油味と油のしつこさが出て来て最後の方は少々くどい気がしました。

次に麺。店名にある通り麺がここの一番の推しでしょうか。力強く押し揉まれた麺はピロピロの縮れになっており、長さは短め、表面はツルツルしてのど越しよく歯応えもあって良かったです。
量は200gでちょうどいい感じ。モチ感もあり麺自体は美味しいとは思いました。

デフォルトのトッピング具材は肩ロース(でしょうか?)の物が1枚に鶏チャーシューも1枚。メンマは細く細かいのが適量、後は薬味のネギと海苔が1枚でした。
この中で1番良かったのは細かいメンマ。食べやすく麺と一緒に食べても細かいので主張せず麺の邪魔をしないで良い感じ、スープを飲んだ時に食べても食感良く感じました。

肉類ですが仕事ぶりを見てると他のメニュー用に低温のレアチャーシューもあるみたいでした。
比較的最近オープンした新しめのお店は生ハムみたいなレアチャーシューに鶏チャーシューとか2、3種類のチャーシューをトッピングするお店が増えてますね。これが流行りなんでしょうか。


全体的に良い素材に拘って丁寧に作られた印象でしたが濃口醬油のこれはちょっと私の好みの味ではないかな。
もしかしたら塩味の方がサッパリとしてるかもしれないので次回来たら次は塩らーめんにしてみたいと思いました。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「北極やさい大盛り野菜も大盛り+半ライス」@蒙古タンメン 中本 川越店の写真職場の人間が行きたいと言ってきたので連れて行きました。再訪問になります。
前回の連れが食べてた北極ヤサイが食べたくなり麺も野菜も大盛りで注文。

待ち時間短く早めの着丼。では頂きま~す♪

辛い( ´Д`)=3 フゥ。(笑)中本は少々ブランクがあり、中でも北極は久々でして前回ワンクッションで五目蒙古タンメン大盛りを食べたので大丈夫だと思ってたのですがやっぱり私には辛い。
ただ、普通の北極に比べ野菜(味噌タンメンのクタ野菜)やゆで卵がある分食べやすい。(ノーマルの北極は少しの肉とモヤシしか入ってないので)でもやっぱり辛いっすね。

麺はいつもの中本の中太麺。美味しいんですがもう慣れてしまったので可もなく不可もなくって感じ。

辛いものが苦手ではない私ですが(得意でもない)この辛さが普通に食べれる上限精一杯ですかね。これ以上の辛さだと美味しく食べれなくただの我慢大会か罰ゲームになりそう。

あと、麺大盛り+半ライスは昔から秋津店で食べてたメニューですが前回に続き今回も結構きつかったです。私ももう若くないと実感。次回からは麺大盛りか半ライスのどちらかにしたいと思います。(苦笑)

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「蛤そば+鶏飯=1230円」@中華そば 四つ葉の写真前回食べた限定がちょっと口に合わなかったので個人的にここのお店では一番好きな平日限定つけそばを食べに先日G.W前に再訪。が、まさかの「本日つけそば休止」の貼り紙が。
がっかりしましたが遠路はるばるやって来ましたので仕方なく次に好きな蛤そばにしました。
並んで先頭になると注文を取りに来られたので前回同様350円払って締めの鶏飯追加。見てると他の人もかなり注文してましたので「食券のラインナップにすれば良いのに」と思いました。

並びは減ることなく次々と人が来てましたが回転よくどんどん回ってました。この日も寿司店の座敷でした。
しばらくすると着丼です。では頂きま~す♪まずはスープ。
スープは香りがいいですね。一口目で蛤を中心とした魚介の風味が口いっぱいに広がりました。美味しいです。温度は少しぬるめだけども前回食べた四つ葉ブラックよりは熱めでまだ許容範囲内。

麺はいつもの四つ葉独特の極細麺。個人的には好みではありませんがスープとの相性も良く食べやすい。
温度も熱々だし茹で加減も悪くないし美味しい。これでもうちょっと麺量があればなぁ。

トッピング具材は四つ葉さんおなじみのレアチャーシュー数枚に大ぶりでしっかりとした海苔に穂先メンマ、三つ葉などは他のメニューとほぼ同じ。これに蛤が4個入ってました。どれも美味しく満足。
麺の大盛りは不可ですがこのデフォのトッピングはボリュームあって十分すぎですね。

前回に続き鶏飯をそのまま少し食べた後にわざと残したスープに入れてその名の通り「締めの鶏飯」で食べました。前回のブラックのスープには全く合いませんでしたが今回は正解です。このスープなら美味しいです。
だけど気がつけばこの値段がなぁ。なんとか1000円で収まればもうちょっと高得点なんですが。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 8件

「きまぐれ限定四つ葉ブラック+鶏飯=1200円」@中華そば 四つ葉の写真先日行って来ました。約3年ぶりの訪問です。
ここのお店のレギュラーメニューは一通り食べてるのでまだ食べてない限定のブラックがあったので迷わずコレをポチ。多分量は食べ足りないだろうな、と思ってたら「締めの鶏飯」なるものを発見。以前はなかったよ?ってことで外待ちで並んでいる時に注文取りに来た時に350円払って追加。

相変わらずの行列でしたが回転速く少し待って店内へ。寿司店の座敷に座るのも3年ぶりか。時の流れは早いな、と感慨深げに思って待ってると配膳されました。
いつも通り撮影してからいただきます。

まずはスープ。名前の通り黒いです。まずは一口。「んっ?なんだコレ?」不思議な味わいです。独特な油を使ってる感じもしました。鶏油?と変わった醤油を使ってるのか、はたまた黒いのはイカ墨でも使ってるのか?とも思ったり。以前よしかわで食べた特濃イカ煮干しを思い出しました。
ただこのスープ、温度がぬるいです。もちもちの木みたいに熱ければ良いってものでもないですが私的にはスープがぬるいラーメンはダメです。味も濃いめでしょっぱいです。大幅減点。

次に麺。麺は四つ葉独特の細麺。こちらは茹で加減、温度も熱く良かったです。
スープの持ち上げ、バランスも良かったと思います。

トッピングですが大ぶりなレアチャーシューが3枚に鶏チャーシューが別に1枚、半熟玉子が丸々1個に穂先メンマ、しっかりした海苔が1枚、三つ葉。デフォでは十分すぎる布陣です。大幅加点。

量は少ないかな。個人的にはトッピング具材を少し減らして麺量を多くした方がバランス良いんだが。
以前は物足りない時は「本日の握り」を食べるか、って感じだったんですが締めの鶏飯が出来たので今回はコレを食べます。
鶏飯は茶碗一杯のご飯に鶏チャーシューがみじん切りになったものが沢山乗っかっててしそやワサビでサッパリしてます。最初はそのまま食べましたが残ったスープに入れると良いらしいのでやってみましたが失敗です。
このスープだと独特の味が強すぎて濃くてしょっぱいです。ここのお店の品は全てスープまで完食してきましたが初めて少し残してしまいました。

もちろんこのスープが好きな人もいらっしゃるとは思いますが残念ながら私の口には合いませんでした。
しかもこれで合計1200円。遠くまで来てこれだとちょっと厳しいです。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 8件

「ぜんやラーメン大盛り850円」@ぜんやの写真超久しぶりに訪問しました。以前のレビューを読み返すと2010年10月。もう9年近くぶりとは。
そう言えばお店は移転してた(すぐ近くですが)し、料金も50円値上がりしてました。
この日は外待ち2番手ですぐに入れましたし、注文から配膳までの回転も速いのでそんなに待たされた印象はないです。
 今回は美味しいラーメンを腹一杯食べたかったので大盛りで注文。
では頂きま~す♪まずはスープ。
スープはブレない味で相変わらず美味しいですね。飲んだ後の後味が子供の頃出前で食べてた炒飯のスープにどこか面影を感じてしまうオーソドックスでまろやかな味わい。

麺は中太のやや縮れ麺。硬めに茹でてある感じも以前と同じ。スープとの相性も言わずもがな。

チャーシューは小振りですがしっかりした味わいのものが2枚。メンマやネギは適量でしたが不思議と気持ち多めにも感じました。海苔や玉子などは入らないシンプルなトッピング布陣はあくまで「スープと麺が主役だ」と言ってるかのようでした。

量は大盛りで満足です。最近はG系以外のサッパリ系のラーメン店では値段の割に量が少なく大盛りにして量がちょうどいいお店が増えて来てますがここのは大盛りで満腹感が得られます。(個人差はあります)
もし今度訪れた時はチャーシュー麺にしてみたいと思います。ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「貝と鴨の潮そば+和え玉=1130円」@㐂九八 ~garage~の写真前回美味しかったので2度目の訪問です。
今回は潮ラーメンにしました。接客は相変わらず食券機の前でメニューの説明。丁寧で気持ちいいですね。

しばし待つと着丼です。では頂きま~す♪まずはスープ。
スープは美味いです!鴨の味はほとんど感じなかったんだけど魚介系の味を少し抑え込んでる役割なのか味のバランスは良くとても美味しかったです。
前回の生姜中華そばよりも温度も熱々で文句ない。今年食べた中でスープはここまでで一番美味いんじゃないかなと思いました。

次に麺。麺は極細ストレート麺ですが変なヌメリもなく前半はプツリとした食感で後半はスープを吸った感じも良い感じでした。

デフォのトッピング具材は大ぶりなチャーシューについてはもはや多くは語るまい。文句なしの美味しさでしたし岩海苔?三つ葉もとても良い感じです。
ただし小振りな蛤がちょっと不満。最初はアサリかと思いましたよ。このサイズならばもうちょっと入ってても良い。またはもうちょっと大ぶりな物を希望します。比較するつもりはなかったんですが川島町の四つ葉の蛤そばならもうちょっと大きめのが4個も入ってましたよ。

量は前回同様に物足りないので和え玉をまたもカニ風味で追加しました。(+280円)
前回の生姜中華そばと違い、同じ魚介系でしたので和え玉(カニ)の相性はこちらの方が数段上ですね。麺も同じ極細麺でしたし良い感じでした。
ただ味変を求めるなら前回の生姜中華そばの方が劇的変化はあります。

ハイレベルな一杯でしたので私なりに高配点をつけましたがネックなのが量と金額。
色々な食材原価の値上がりもあるので仕方ないのでしょうが正直1130円は高いかな。この内容で1000円以下でしたら文句なしでもっと高評価なのですが。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「生姜中華そば750+和え玉280円=1030円」@㐂九八 ~garage~の写真以前から気になっていた所沢の評判店。どうも昼間しかやってないようなので夜型の私にはちょっと縁がありませんでしたがやっと行くことができました。

道路側からは大きな看板がありましたので曲がるところはすぐに分かったのですが肝心のお店が目立たなくて分からず通り過ぎてしまいましたよ。(汗)
気を取り直してお店の前に駐車して初訪問。
すぐに店員さんが来て食券機前で商品の説明を始めました。ご丁寧にありがとうございます。とりあえず基本メニューは4つみたいでしたが全品大盛りは出来ないとの事。まずは生姜中華そばを注文。

待つ間見てると後客が来る度にメニューの説明をしてて大変そうでした。倉庫のような店内は冷え込みもあるのか女性客にはブランケットを手渡しで渡すなどしてて接客はとても好印象でした。
なんて思ってるとすぐに配膳されました。注文から着丼まではかなり早めです。

では頂きま~す♪まずはスープ。
おおっ!なんだコレ。スッキリなんだけど出汁が効いてる。美味い!塩味だと思ってましたが店内の説明をみてると白醤油+塩らしい。ですのでレビューのカテゴリは醤油にしました。
食べ進めるとところどころで生姜のアクセントが顔を出してきて面白い。よく出来たバランスに思えました。
ただ、私的にはほんの気持ち温度がぬるい。連れが同時に提供された別メニューを食べてたのでそちらを一口もらうと全然温度が違くて熱々でした。
これはブレなのかそれともわざとなのか。こちらの商品はスープが熱ぎると風味が飛んでぼやけてしまうのかな?なんて思いながら食べ進めていきました。

次に麺。麺は平打ちの縮れ太麺。これがツルツルのシコシコでのど越しよくとても美味い。
今年食べたラーメン(ほとんど食べに行ってませんが)の中で麺は一番美味いかもしれません。
量はちょっと物足りない。もうちょっと食べたいなぁ。。。

トッピング具材は画像では見えなく分かりにくいのですが大ぶりな低温レアチャーシュー?が2枚。これがスープと麺量の物足りなさをカバーします。美味しく食べ応えもあり追加の和え玉が入ってもちょうど良かったりします。ナルトは存在感なく気がついてたらなくなってました。(笑)
他には三つ葉や岩海苔でしょうかこれらの脇役も見事に良い感じのバランスでした。

問題はやはり量。やや物足りないので替え玉(ここでは和え玉と言うらしい)を追加で現金注文。替え玉に280円は高いな、と思ってましたがただの替え玉ではなく濃厚なカニ汁で味付けされ刻み海苔に小さな肉片やエビもトッピングされたものでした。
登場した際にテーブルにカニの風味がほわッと漂いました。最初はそのまままぜそばのように食べて途中でスープに投入するのがお勧めみたいでしたのでやってみましたがこれは面白かった。
ですがもともと汁なし&油そば系がさほど好きでない私。最初の1口、2口はそのまま食べましたがすぐに丼のスープに全部投入~してまぜてみましたw
元々食べてた平打ち麺ではなく今度は替え玉らしい極細麺でしたし濃厚なカニ味も追加されてなんだか違うラーメンをもう1杯食べた感じにもなりました。味変と言えば見事に味変なのですがなんだか最初の味はどこへ?。

総評としては美味いです。評判なのも分かります。
ただ私的にはもうちょっと量が多めか大盛りがあると良いなぁ。和え玉も普通の替え玉と違って面白いんですが全部で1000円以下で食べれる設定だともっと高評価です。

あとは夜の時間帯でも営業してるともっと行きやすい。今度は別メニューを食べに来たいと思いました。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「ラーメン大盛り全増しヤサイダブル780円」@ジャンクガレッジ ふじみ野駅前店の写真帰り道にふじみ野駅に来ましたので確か舎鈴があったっけ、と思い訪問。
え?あれ?ジャンクガレッジに代わってる。(汗)あぁ同じグループなので売れてる方になったのか。
ふじみ野で二郎系なら「そら」があるしな~とか、ジャンガレは狭山で食べたのでどうしようか悩みましたが来てしまったので仕方ない。初訪問です。

まぜそばがメインぽいのですが汁なし系がさほど好きではないのでラーメンを注文。
この系列店、表記が昔は小200g、中300gだったのに並200g、大盛り300gになってました。料金の改正も絡めて変更したのでしょうか。久しく来てなかったので分かりませんが二郎系で300gはデフォであって大盛りって感じはしない。
二郎系といえば麺は300gで全増しが昔からの私のスタイル。(若い頃はマシマシでしたw)ってことで300gの大盛りを全増しで。確か狭山のお店食べた時に盛りは大したことなかったのを思い出しヤサイはマシマシ(このお店ではダブル)をコール。

待つ間に水を取りに行きましたがセルフサービスのお水は紙コップになってました。まぁ衛生面を考えてもコップを洗う手間も省けばコストは少しかかるでしょうけどこれはアリかな。でも「お一人様1個でお願いします」って書いてあるのを見るとちょっと味気ない。

店内は数人のお客さんしか居なかったが配膳まで意外に待たされました。
着丼したものを見て「え?マシマシでこれだけ?」って盛り。昔通った同系のモッコリ豚なんかもっと多かったのに。最近インパクトが弱い二郎系が増えてきたような。
とは言えただ無意味に多くても無駄だし実際食べるにはこのくらいの盛りがちょうどいいんですけどね。(笑)

では頂きま~す♪まずは麺をほじくり天地返しするほどの盛りではなかったのですが一応天地返ししながらヤサイにコショウやカラメをかけて食べて行きます。
若いスタッフさん達が調理してたのですが麺は独自のスリット入り太麺。長さ、茹で加減などはマニュアル通りに調理されたか悪くない。

スープは他のジャンクガレッジと同じでこちらもマニュアル通りか、いつも通り。

ヤサイはキャベツ率をアピールするためか青い葉の部分を大ぶりにし、食感を出すためか白くて硬い芯(茎)の部分をやや多めに入れてる感じがしました。(ナイスアイデアなのか?)クタ感はちょうどいい。いや、私個人的にはモヤシはもうちょっとだけシャッキリしてる方が好みかな。
豚も硬くなくさほど冷たくもないのでOK。もう1枚入ってたら評価できますがデフォでこれが1枚では普通。
アブラは増しでも多くない、私にはこれでちょうど良かったけど。刻みニンニクは量のさじ加減、入れるタイミング等を考えて「テーブル備え付けでご自由にどうぞ」スタイルの方が良いと思います。

総評としては普通に満足出来る二郎系ラーメン。悪くないんですが二郎系だったら他にも良い店がありますし。。。
この店はまぜそばがメインなのかな?次回もし来たらまぜそばか辛味噌とかにチャレンジしてみたいと思います。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「五目蒙古タンメン大盛り+半ライス」@蒙古タンメン 中本 川越店の写真職場の同僚が「川越にも中本が出来た」と言ってたのでちょっと前(数か月前に)連れ立って行きました。
連れは北極野菜を注文。私自身も北極にしようか悩んだのですが久々の中本でブランクもあったので五目蒙古タンメン大盛り+半ライスにしました。

それほど待たずに着丼。では頂きま~す♪
まずは麺。ほじくり出して辛味スープや麻婆豆腐に絡ませて食べていきます。
中本の中太やや縮れ麵は他店で何度も過去に体験済みですがもうちょっとモチモチ感があったような?
まぁチェーン店ですので茹でる時間などのオペレーションは多分統一されてるはずなので私の気のせいでしょう。

具材やスープの旨味や辛さは他店で食べてたいつも通りの味でしたが完食して店を後にした時にちょっとだけ違和感が。
 これも多分私の気のせいだとは思うのですが辛さはあい変わらずでしたが「旨味の深さ」みたいなのはもう少しあった気がしましたがこれも私にブランクがあったせいでしょう。ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件