なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

笑う赤青龍

清くなくとも正しく生きる

平均点 72.323点
最終レビュー日 2019年10月17日
353 313 0 864
レビュー 店舗 スキ いいね

「カレーつけ麺890 (麺量=小→茹で後450g)」@大勝軒まるいち 大宮店の写真券売機で食券を購入。
狙いの牛すじつけ麺が「×」で表題を注文。
カウンター席で待つこと8分で出来上がり。

カレー色のつけ汁には多数のネギと鷹の爪が一つ浮かぶ。

麺はストレートの太麺。
啜るとツルりとして、香りがほんのり。
麺だけよりも、つけて食べたほうがよいかなと
つけ汁に潜らすと、あら、豚骨魚介のカレー風味。
あら?あら?
ちいと中途半端な味。
鷹の爪の効果もわからん。

半分以上食べたあたりで撹拌すると、やや濃くなったが。

つけ汁の中にサイコロチャーシューが2つ。それなり。

並盛が890円で麺600g、満腹になるだろう

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「チャーシューメン800 燻煙バラ(2枚)150 半ライス50」@家系ラーメン 熊田家の写真昼前の訪問で満席店内待ち。
券売機で食券購入、ジャスト1000円。

カウンター席に座り、お好みは「すべて普通」、10分ほどでの提供。

油浮くスープは豚骨感しっかり。
タレが強めでショッパも強め。

麺は短めで啜りやすい中太ストレート。「普通」でもやや固めで噛みしめてよし。
スープとの相性も良く、これは好み。

チャーシューはミシッとした感じのデフォが三枚と、バラを燻した二枚か。
どちらも、ちと固くてこれは日光の手前。
炙ったり燻したりすると固くなるのかな?

ほうれん草、海苔は存在感あり、スープにひたして旨し。

ライスは壁に書かれたおすすめの通り
刻み生姜、ニンニクにマヨネーズ、そしてスープをかけて食べるとこれも旨かった。

次回はデフォにライス、味薄め

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「せたが屋らーめん 1150」@せたが屋 pasar蓮田店の写真あこがれの世田谷…ではなく、せたが屋、で検索すると、東京ドームや羽田空港、レイクタウン、そして関東各地のサービスエリアのフードコートに出店しているチェーン店のようで、グループには他のブランド店もある模様。

滅多に来ないサービスエリアでもあるので店名を冠した一番高いやつを選んでみた。

平日正午過ぎなので並びもなく、提供まで五分ほどと早い。

スープは多めの油に覆われた魚介系の醤油。

麺はツルッとした中細麺で、茹で加減はほどほど。
硬すぎず柔すぎず、万人向け。

具はチャーシュー、メンマ、味玉、海苔、ナルト。
チャーシューは一仕事終えた感があるので、ラーメン(830円)のほうがいいかな。
1150円は新サービスエリアならではの値段か。

高いハードルはフードコートの席確保

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ハッスル野菜ラーメン810 サービスランチ100」@ハッスルラーメンホンマ 錦糸町店の写真たまに食べたくなるのは、この手のラーメンということが改めてわかった。

背脂が一面に浮く、ほどよく豚臭、背脂が旨さを底上げするスープ。
旨い。レンゲが止まらない。

中細麺は噛み心地よく、スープも絡んでまた旨い。

体に○そうなハッスルラーメンに、気休めとわかっていたが頼んだ野菜。
近頃ラーメン界の“ヤサイ”が『モヤシ』であることも多いなか、
この野菜は有料とはいえ、緑が多くモヤシ少なめ。火加減もよろしい。
さらに多めのネギとニンジン、キクラゲなどが入り、体に良いような気がしてきたw

麺、野菜、スープ。麺、野菜、スープ。
で完食、ほぼ完飮。
餃子三個とライスで100円という、このセットはすばらしい。(提供のタイミングがずれたので写真にはないが)

ハッスルという言葉に心踊るのは何故?

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿(更新) | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「醤油ラーメン970」@すし屋のらーめん 吉祥の写真オールカマー大好きなので来てみた。

並で970円。
中落ち(300円)、イクラ(500円)、うに(700円)といった
軍艦のボタンは押せなかった。

スープは動物系を感じない分、醤油が支配。
あっさりした口当たりで少々物足りなく思えるのは好みの問題だろう。

かん水を使っていない麺はポソプツな食感。スープと相性が良い。

丼にドンと鎮座する厚みのあるカマ。
骨からスッと取れ、脂がのっておりこれは旨い。
あとで気がついたのだが、入口扉の写真入りメニューに
『カマ肉を ほぐしてからどうぞ 出汁がじんわり』と書いてあったのだが、
なるほどね、と頷いてしまった。
美的ではないような気がして躊躇したのだが。

軍艦軍艦自粛…(ry

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「豚骨醤油ラーメン820 ライス無料」@ラーメン猪太の写真ずっと “いのた” だと思っていた店。
傘立てに注意して入り、右手の券売機で食券を購入してカウンター席へ。

10分ほどで提供されたラーメンは鍋焼きスタイル。
蓋が取られるとグツグツとしたスープが見える。
注意を払いながら飲むと、濃厚な豚骨感とともに広がる醤油ダレと強めの塩気。
この強めの味付けは鍋焼き故か?
二杯まで無料というライスが活躍するのは確実だ。

麺は細いストレート。
滑らかなすすり心地でスープを纏うとなかなか旨い。

具は、大きめのチャーシューと野菜など。
チャーシューはロース。
鍋焼きなので、やや硬くなっており噛みごたえあり。
野菜については店頭に「本日の野菜」として生産者名が張り出されていた。
産地はたぶん地元なのだろうが、主夫ではないので特に興味はない。

その野菜は鍋に浮く具材的で麺やチャーシューとともに。
最後はライスに野菜を乗せ、スープを少しかけて食べた。

○○さんとこの野菜は旨い

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「ネギラーメン750」@ラーメンショップ 塚崎店の写真たまに通る道にあるプレハブ?店舗。
あまり惹かれない外観なのだが、
この日は営業車やトラックが多数停まっていたので寄ってみた。
カウンタータイプの席に挨拶文が置いてあり、
読むと、前の店主から店を引き継いだようだが、味?は引き継いでいないようだ。
リニューアルオープンと書いてあり、店内はきれいだから、リフォームしたのかもしれない。

ネギラーメンを注文。数分で提供。

油の浮くスープは豚くさ旨味強め。
塩分も高めで還暦過ぎのジジィにはちと刺激強い

麺はぽそっとした中細。
かん水臭さが昔からあるラーメンらしく思える。

具は多めのネギ(細かいチャーシュー入り)にメンマ、ワカメ、海苔。
ネギは多めのごま油などに和えてある。

やはり地元のラーメンショップとは似ているけど違う。不思議だ。

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「カレーチーズラーメン800 替玉50」@豚骨ラーメン いちもんじの写真店に入るまでは醤油ラーメンと思っていたが、
券売機に写真付きで案内があった「カレーチーズラーメン」にした。
10分ほどでの提供。

カレー粉を溶かし込んだ豚骨スープ。
元のスープは想像しにくいが、クリーミー的な豚骨か。
炙ったチーズはカレーとの相性が良いのは言うまでもない。
挽き肉も入っていて、鷹の爪とともに辛さと旨さを底上げ。

麺は細いストレート。『ハリガネ』の指定通り硬めでバキバキ。
風味も残り、カレーチーズのなかでも存在感がある。
ボリューム的には少なく、ちょっと食べる人なら替え玉必須か。
替え玉は『かため』でお願いした。
いまどき50円はかなりお得。
味、値段(デフォ500円、替え玉50円)的に
哲麺を思い出した。思い出しただけだが。

完食。

寡黙と無愛想は紙一重

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「鴨出汁そば780大盛100紀州鴨チャーシュー3枚増し320」@麺麓menrokuの写真鴨白湯があまりに旨かったので、日を改めて再訪。
平日昼時、八台分ある駐車場は満車。
入れるまで10分かかり、外待ち八人のあとに並んだ。
実は前の前にいる若夫婦は、アトから来たが奥さん並ばせての駐車場待ち。
前のリーマン二人は駐車場待ちをあきらめて
有名店な社名入りの車をすぐそばの某店駐車場に停めて来とるんだが、
コッチの方はせっかちやね。

閑話休題

15分ほどで入店。
メニューを渡され注文を聞かれたが
鴨肉は(自分好みの)モモ肉が売り切れでロースだけとのこと。
それでも鴨肉三枚増し、麺大盛で鴨出汁そばを注文。
さらに15分ほどでの提供となった。

鴨感鴨感鴨感…
甘味のある独特なスープは、
味、香りのよい醤油ダレが上品に仕上ている。
カモネギカモネギカモネギ…
大量のネギ、そして水菜がスープの旨さを引き立てる。旨い。

茶色いストレート細麺。
多加水でしなやか、すすり心地がよい。
白湯よりも旨さがストレートにくる。
これまた旨い。
大盛にしてよかった。
ちなみにライ麦配合だそうな。

鴨肉はロースのみとなったが、ほおばって香り広がり、噛み締めて旨い。
低温調理だからではなく、素材も調理も良いから旨いのだろう。
あっという間に完食完飲。

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 2件

「味噌らーめん880 大盛200」@らーめん金竜の写真看板にも店頭にも書いてないが味噌ラーメン専門店だ。
あまり広くない駐車場に車を押し込み
店内カウンター席へ。

昼時で満席。
アタシと同年代の淑女や若いレディが『味噌らーめん(普通)』を食べているのに
同じものを食べる訳にも行かない…と大盛で注文。
20分ほどで出来上がったラーメンはなんとも濃そう&ドンブリが重い。
三つ葉が乗っているのは珍しい。

光るラードの下からスープを啜ると、見た目から想像したものとは違う味。

山椒、唐辛子がビシッと効いているのだが、熟成の酸味(よくわからん)?や甘味、胡椒などの香辛料、そして三つ葉やゴマとあわさって
なんとも不思議な、爽やかささえ感じるアジアン的味で旨い。
万人受けはしないかもしれないが、自分は好きだ。

麺は平打ちの太麺。
コワゴワ感がありスープに負けず個性的だが、噛めばちょいポソでなかなか合っている。旨い。
ちなみに厨房の麺箱には“珍來製麺所”と印字があった。

具は三つ葉のほかに多めのモヤシ、ネギ。
そこにゴマがたっぷり。ゴマは白が多いが黒も乗る。
スープとも合うし、麺とからめてもいい。

不思議な旨さでスープもほとんど飲んでしまった。
好き嫌いがはっきりしそうな味だが、ハマるとクセになるような味噌ラーメンだった。

楽しいロンドンしびれる日の丸

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件