なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

笑う赤青龍

清くなくとも正しく生きる

平均点 72.323点
最終レビュー日 2019年10月17日
353 313 0 865
レビュー 店舗 スキ いいね

「カレーつけ麺890 (麺量=小→茹で後450g)」@大勝軒まるいち 大宮店の写真券売機で食券を購入。
狙いの牛すじつけ麺が「×」で表題を注文。
カウンター席で待つこと8分で出来上がり。

カレー色のつけ汁には多数のネギと鷹の爪が一つ浮かぶ。

麺はストレートの太麺。
啜るとツルりとして、香りがほんのり。
麺だけよりも、つけて食べたほうがよいかなと
つけ汁に潜らすと、あら、豚骨魚介のカレー風味。
あら?あら?
ちいと中途半端な味。
鷹の爪の効果もわからん。

半分以上食べたあたりで撹拌すると、やや濃くなったが。

つけ汁の中にサイコロチャーシューが2つ。それなり。

並盛が890円で麺600g、満腹になるだろう

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「赤辛つけめん830」@舎鈴 プレナ幕張店の写真舎鈴はチェーン店ながら安定したつけ麺を提供してくれると思っていたのだが
店、スタッフによるブレが大きいことを知った。

昼時だけに満席。

つけダレは、猫舌なアタシが一気飲みできそうなほどの、
いや泳げるくらいの、ぬるま湯。

麺は底に冷たい水がたっぷり溜まってのおり、
後半はびしょびしょ、さらに温度低下。

セルフの割りスープは90度に温度管理されているようなので、それで食べれば良かったかなあ(棒)
フードコートのようなセルフ形態だから、残しやすくて助かった。

流れ作業ではなく流し作業

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「特製タイガーつけめん(醤油)1000」@ゴールデンタイガーの写真今週も熊谷。
“最近評価の高い店”(RDB)という、こちらへ。
駐車場は近所のコインPを利用(30分100円のところを探した)、
案内の通り食券を買ってから外待ち数人に続いた。
食券は並んでいる時に回収され、味は“醤油”を選択。

10分ほどで入店、カウンター席へ。
数分で「特製タイガーつけ麺」が提供された。

きれいに盛られた麺は太いストレート。
まずはそのまま食べると、もっちりしながらコシがあり
香りもよく旨い。

そしてアッツアツのつけダレを一口飲むと、「おお、旨い!」
思わず声が出そうになった。
豚骨醤油ににんにくが効き、多めの背脂の甘みが加わって旨い。これは大好きな味だ。
つけダレだけに塩分強めだが、麺をくぐらせ、具を浸すと丁度よい。
麺とつけダレの相性は特筆モノだ(個人的嗜好とのマッチによるのだが)。

具は、鶏チャにキャベツ、味玉が麺丼に、チャーシューがつけダレに入っている。
4ケタ値段の“特製”と考えると、具はちょっとさみしい感じもする。
つけダレとの相性は、どれも抜群、というかつけダレが旨いのだ。

麺量は、食券購入時に右の方の麺量増しボタンに気づかなかったのでデフォだが
増しの値段設定からみて、デフォは200gか。つけ麺にしては少なめだったので女性向きかな。
特製より、デフォ(850円)に中盛(300g=+50円)か大盛(400g=+100円)にすればよかった。

最後にスープ割りをお願いすると、魚粉が振られレンジで温められて戻ってきた。
これまた旨い。完飲してしまった。

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿(更新) | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「辛つけ麺 大盛 900」@めいげんその写真ライトバンを置いたコインパに戻る途中
当サイトの“近くの店”検索でヒットしたので行ってみた。
予習はしてないので、券売機の前でちと悩む。
つけ麺専門のようだがボタン最上段は「塩つけ麺」。
つけ麺メイン=トンギョと思い込んでいる石頭なので、
何かの罠かもしれないと思い「辛つけ麺」を選択。
並と大盛が同額なので大盛にした。

12分ほどで着丼。
麺丼が小さく見えるが、つけだれの丼が大きい。
麺の上に唐辛子の粉が振りかけられて、いかにも辛そうなビジュアル。
その麺から食べる。

角のある全粒粉極太麺は、茹で加減良好。
弾力、噛み心地よく旨い。
辛味はさほどでもないが、粉が喉につくとむせるので注意が必要。

麺をつけだれに浸して食べる。
バランスのよいトンギョで、程よい濃厚さ。重ったるいトロミは感じない。
そのまま飲んでも大丈夫なくらい。
つけだれはたっぷりあるので安心して食べ進める。
やはり旨いが、辛さは“デフォ+100円”ほどの旨辛変化はないかな。

つけだれの中には1センチ角くらいのチャーが数個。軟かく、旨い。
あとはメンマだったか?
急いでいたので後半は駆け足、スープ割りは頼まずに完食完飲。
麺量の表示は気づかなかったが、大盛でキツくないくらいの満腹となった。
こんどはちゃんと塩つけ麺を食べよう。

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「濃厚味噌もりそば(麺240g)」@特製もりそば 瑛の写真濃厚なのは味噌よりベースのトンギョ。
味噌もラー油も控えめに感じるほど。
ツケダレは多く問題なく完食。
シャっと投げるように置かれた伝票が
ビシッと真っ直ぐに止まったのはさすがプロ。
マカロニウェスタンの酒場か。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「特製つけ麺980」@麺匠 大悟 DAIGOの写真メニュー右上のつけ麺推しと思ったので特製で注文。
特製はノーマルよりも味玉、チャーシュー、海苔4枚が多いようだ。
周りで油そばの注文率が高いので
メニューをよく見ると「人気№1」と書いてある。

8分ほどで到着。

麺はツルモチな太麺で風味よく、
コシもあり啜って旨い。
タピオカ入りとのことだ。

つけダレは甘め酸っぱの魚介豚骨にピリ辛。
粉は多すぎず、よい塩梅だ。
粘度を出してドロドロにつくり、麺に絡めばよいというものでもないと思うし
これくらいの方が麺の味も楽しめる。

具は、麺の丼に刻み海苔と前述の具。
つけダレにチャーシュー、ネギ、メンマ。
チャーシューは薄めながら軟らかく、味玉も黄身はオレンジゼリー状で旨い。

高台に置いてあるポットの割りスープを注いで飲み干し完食完飲。
腹八分目(笑)
値段の割に麺が少ないのが残念。
ちなみに大盛(1.5玉)から有料。

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「カレーつけ麺890 大盛100」@麺屋 葵の写真加須に行く途中に寄り道。
前回は鴨の白だったので黒…ではなく
ひねって鴨出汁つけ麺…ではなく
ひねくれてカレーつけ麺。

15分ほどで、麺、つけ汁、具がお盆に乗せられての提供。

麺は中太平打ちのツルツルしたもの。
食感もよく、旨い。
ゴマを絡めて食べ、そしてつけ汁へ。

つけ汁はアツアツ、スパイシーなキーマカレーが香る。
いわゆる娑婆系で、味も薄いから割らずにグイグイ飲めるやつ。
底には味のついたひき肉が沈んでおり、“スープ”としては旨いがつけダレとしては物足りない。
絡みがいまいちなのでジャバジャバと浸して食べる。

具は鴨小間にメンマとネギ。
中盤から投入したが、かえってつけ汁のカレー風味が物足りなくなった。
それぞれの食材は旨いと思うのだが…。

五分で完食、残ったつけもそのまま完飲。

ひねくれずに次は鴨。

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 3件

「濃厚魚介つけ麺930」@三豊麺 尼崎店の写真久々にトンギョが食べたくなり入ってみた。
店外の券売機で食券を買いカウンター席へ。
席に座ると国外系とおぼしき店員さんが、麺量の説明を指差すので“大盛”を指差す。
どうやら店員さんは皆そんな感じがする。
壁の貼り紙によれば、大阪や兵庫に10店舗以上あるらしい。

6,7分でつけ麺が到着。
褐色ツブツブ入り麺の上には増した味玉。
いまではトンギョつけ麺だと中太とも言えそうな平打ち気味の太麺。
麺だけ食べると、香り、味はまずまず。
味玉がないと麺だけなので寂しいが、この味玉ならなくていいかな。

つけダレは幕張というよりトロミ濃厚。
粉は乗っているが、効果は感じない。ノッペリした印象。

基本の具はつけダレにメンマと角切りチャが2個とネギ。
あとは忘れた。

特盛(茹で後750グラム)まで無料だし、昼時はライスがサービスらしいので
デフォでたくさん食べるのがお得か。

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「天玉つけ麺870 ※大盛(増量無料)」@麺屋 のの 18の写真つくばから古河へ向かう途中、可愛らしい外観のラーメン店を発見。
広めの駐車場に少々空きがあったので入ってみた。
昼時、店内はほぼ満席。仕事中と思われる男性、女性、家族連れやグループと客層は広い。
入って右手の券売機で「天玉つけ麺」を選んだ。
カウンター席につくと女将さん?が麺量の確認。
茹で後の麺量説明が見えるところに貼ってあり、「650g」の「大盛」でお願いした。
後から来た男性客が「並」と言うと「男性は「並」よりも「中盛」か「大盛」を選ぶ方が多いですよ」
「じゃ、中盛で」となかなか親切。

15分ほどでつけ麺が運ばれてきた。
麺丼には分厚く大きなチャーシューと半玉、そして「のの」と読めるように乗せられたナルト。
つけダレの丼には天玉が一面に浮いている。
“天玉そば、天玉うどん”の天ぷら&卵(玉子)とは違い、天カスの天玉だ。
女将さん?が、柚子わさびと橙酢、唐辛子による、オススメの味変方法を教えてくれた。
好みの味変を見つけてくださいね、と。

まずは麺をそのまま。
白い肌でうどんのような太麺は、ツルツルと啜りやすい。
香りほのかでちょいモッチリ。

天玉が大量に浮いたつけダレは、醤油ベースで酸味が強め。
まずは味を変えずに麺をくぐらせて、数口食べる。旨い。
強めの酸味が天玉のコッテリを和らげて丁度いい旨さにしてくれる。
なんとなく懐かしい、和のつけ麺。この麺だからなお旨い、という感じがする。
次に麺に橙酢をかけて食べる。おっとこれは、もっと旨い。
さらにつけダレに柚子わさびを少々入れて麺をくぐらせる。この変化はなくてもよい。
最後は、麺に唐辛子をつけての味変。辛味が効くね。
ということで、赤青龍的好みの味変は、そのまま食べた後、橙酢を麺にかけて食べる、であった。

チャーシューは写真でわかる通り厚く大きい。
表面を炙ってあり、外はカリット香ばしく、中はホロっと軟らかく旨い。
半玉はこの手のつけダレに合う茹で玉子。

麺量650gはなかなかのボリュームで、チャーシューも大きかったので満腹。
スープ割りもできるようだが、つけダレはそのまま飲み干してしまった。

近所にあれば通いたい

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「濃厚辛つけめん850」@つけめん らーめん ブータンの写真近所の病院へ行ったついでに当サイト検索でヒットした店。
遅めの訪問だったので、クルマは入口に案内のあった共同駐車場へ停めた。

入って左手の券売機で食券を買ってカウンター席へ。
待つこと10分ほどで、トレーに乗せられたつけ麺が高台に置かれた。

赤い辛味の浮くつけダレはなかなか濃厚で味のバランスよく旨い豚骨魚介。
柚子がチョイと効いたあと、辛味が広がる。
ラー油中心に唐辛子かと思ったが、ちょっと爽やかな辛さが尾を引く感じが面白い。

麺はやや硬めの太麺。
もっちり感よりしっかりした食感。風味よし、つけダレの絡みよし。

具は、麺のドンブリに角煮タイプのチャーシューと太いメンマ。
チャーシューは炙ってあるのか?、外はチョイとカリっ、そして肉は柔らかく旨い。

麺量はご覧の通り、多くはないが十分。
最後にアツアツのスープ割りでフィニッシュ。
完食完飲。

他のお客さんが食べていた、旨そうな 和え玉 がかなり気になったが、
お?と思ったボリュームなので、今回はパス。またの機会に。 

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件