なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

笑う赤青龍

清くなくとも正しく生きる

平均点 72.323点
最終レビュー日 2019年10月17日
353 313 0 864
レビュー 店舗 スキ いいね

「丸鶏の鶏白湯らーめん780」@らーめん勢 静岡相生店の写真これまで食べてきた鶏白湯ラーメンとは異なるものだった。
丸鶏というよりチキンオイリー的なスープ。
キクラゲ多めにネギノリ入る。
アタシの下ではよくわからん。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「トマトラーメン850 チーズ100 野菜=普通 他=無し」@自家製麺 ダイサンの写真市内量販店からの帰りに見つけて寄ってみた。
黄色い看板に黒い文字。
あの系統を容易に想像させる
券売機でを見ると、トマトラーメンの文字。
その系統としては珍しいと思ったが、それとチーズトッピングを選択。
初めてでもデフォルトを逝かないのである。ボクラヲタぢゃないから。

4、5分でラーメンが高台に置かれた。

どんぶりからバシルが香る
見れは多めのチーズで野菜が覆われ、バシルソースがきれいにかけられている。

トロリとしたスープはトマト味。
量が少ないように見えるが、具と麺が多いので最後には余る(と思う)からご心配なく。

麺。
極太麺のラーメンが多い今となっては
極太というにはちと細い、平打の太麺。
ちょいと弾力のある茹で加減
スープによく合うし、食べやすい
トマトが絡み、バジルとチーズが上乗せ。
重いが旨いぞ。

普通でお願いした野菜は茹で加減よく、スープにも麺にも合う。
ブタは軟かく、これも旨し。

ただ、スープは最後に正体を表し
チーズとトマトとアブラでかなり重くなってしまった。
次回はチーズを入れずに食べてみよう

食べてみなけりゃわからない

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「火の頂つけめん750ヤサイアブラ 火のうずら(7個)150」@蒙麺 火の豚の写真カ○、いや加須への仕事途中。
大盛系か辛い系を食べようと思いコチラに立ち寄ると、
券売機により辛そうなメニューを発見、思わず押してしまった。
その名も。「火の頂つけ麺」と、「火のうずら」(7個)。
食券を渡すと「こちら、すごく辛いですよ〜」と言われたが、制止されたり体調を聞かれることもなく、
無料トッピングの“ヤサイ アブラ”をコール。
カウンター席で待つこと11分で配膳。

真っ赤なつけダレは、顔を近づけると、唐辛子の香りというか
まるで、粉が舞い上がってくるような感覚。
大きめの背脂が入っているようだ。

麺は皿に三分の一くらいで増したヤサイ(ほぼモヤシ)が目立つ。
トッピングの火のうずらがないと、ちと
殺風景か。

麺は中細で、蕎麦のような見た目。
辛さで麻痺する前にと、そのまま食べると、その細さからか啜り心地や食感も似た感じ。
つけダレにつけると真っ赤に染まり、激辛細麺となる。

ベースは何かと考えようと試みたが、舌がホットでよくわからない。
したがって分類は“その他”とした。駄舌スマソ…
背脂を含むと若干口当たりがソフトになるような気がしたが、当然気のせいだ(爆)
麺量はご覧の通り多くないので、すぐにモヤシを食べることになる。シャキシャキ、ヒリヒリ。
「火のうずら」を辛く感じない(笑)
とはいえ、辛くて食べられないほどではなく、自分の経験的に中本の北極と比較するとやや控えめの辛さか?
昔(25年あるいは30年くらい前か?)食べた「地獄ラーメン」でいえば4丁目か5丁目くらいだろうか。
12分で完食。
つけダレは三分の一残った。

辛いものを求めた点からすると満足度は高いが、麺の好みとボリュームを考慮して表記点数。

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 3件

「スリランカ式ジェノバ風まぜそば750(中盛同額)」@日本一馬鹿豚 太田店の写真太田藪塚インターで降りて配送先へ向かう途中、
派手な文字と写真の看板を見つけたので入ってみた。
券売機のトップに「日本一馬鹿豚麺」980円があるが、さすがにそれは無理。
続けて「馬鹿豚麺①」「馬鹿豚麺②」・・「馬鹿豚麺⑤」があり、すべて800円。
乗せる豚の枚数を指定して買うシステムのようだ。
看板に釣られてつい入ったものの、最近は食が細くなった自分、1枚や2枚で 
馬鹿豚食ったんだぜ(・∀・) というのも恥ずかしいような気がして躊躇していると
グループ挙げてまぜそばキャンペーン実施中という貼り紙を発見。
こちら日本一馬鹿豚 太田店では「スリランカ式ジェノバ風まぜそば」750円を提供しているとのこと。
では、それでw

女性店員さんに食券を渡し、中盛が無料のようなので中盛、ニンニクは抜きでお願いした。
7分ほどでの提供。

ハッキリとバジルの香るドンブリには、もやし、チーズ、温玉、メンマ、刻みチャーシューなどが入り
バジルソース?とラー油がかけられている。

よく混ぜてから食べる。

褐色に染まった麺はモッチリしながらソースと油が絡む。
洋風というかスパゲッティみたいな感じで旨い。
チーズと温玉の味は隠れてしまい、味的にも影響は小さめ(馬鹿舌なのでスマソ)
あと、モヤシが大量に入っているが、シャキシャキしていて麺との相性は
個人的好みとしてイマイチ。
スープに浸すこともできないし。

そんなこともあり、まぜそば、汁なしの宿命かもしれないが、後半やや飽きてしまった。
ボリューム的には余裕で5分で完食。

バジルを使ったらジェノバ風なのか、はわからないが
スリランカ式とはなにか、もわからなかった

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「辛汁なし煮込みそば750 セットスープ50」@らぁめん雅知の写真この日の仕事は足立区。
昼頃に通る竹ノ塚付近は何気に激戦区でよさそうな店も多い。
表記メニューが気になり、コチラへ初訪問。

麺に汁を染み込ませることにより、真の汁なしを実現したのかなと思ったのだ。
たしかに、汁なしでも結構なタレ、汁が入っているものも多い。
汁あり(ラーメン)なのに、まるで汁なしのような意識高い系のものも見かけるがw

すり鉢や激辛といった挑戦メニューもあり、壁には達成者様の名前や写真が貼ってあるが
別世界のことなので、券売機で表記メニューの食券を買ってカウンター席へ。

10分ほどでの提供。

なかなかボリューミーな一杯はニヤリとしてしまう。
そして、全体をよくかき混ぜ、マヨネーズや削り節のついたモヤシと唐揚げを食べれば、見て思った通りのジャンクな食べ物で、思った以上に旨い!

モッチリとした太麺にもマヨ、節に黄身と胡麻も加わりよく絡む。
味も、過不足なく、これまた旨い!
細い揚げ麺やキクラゲも食感が変わって面白いし、辛味が効いていて、飽きずに食べられるのもいい。

スープのあるラーメンでは実現しにくい、旨いジャンクフードだ。

注文時に辛さについて聞いたことを覚えていてくれたのか、ラー油を出してくれたので投入。
なかなか辛くて旨いラー油だが、
味がわかりにくくなるので、辛いのが趣味でなければデフォのほうがよさそう。
やはり、旨いと辛いのバランスがよいのだろう。

中華スープはワンテンポ遅れての提供だったので写真には入っていないが
50円でちゃんと旨いのでつけるべき。
最後に丼に投入してみたが、これは別に飲んだほうが好み。

正直、「ガチ」という響きには馴染めないオッサンであるが、ここは再訪したい。
隣のお客が食べていたサイドメニューの四川麻婆豆腐丼(だったか?)もボリュームがあり旨そうだった。


ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「冷製ビシソワーズスープで食べるトマト和え麺 “蕃茄”900」@麺屋三一五の写真この日の配送先は水戸市。

RDBで茨城のラーメン店を検索しているんだが
平均82点じゃあ、(茨城では)たいしたことないんだよな

なんて呟きましたら、あるお方よりコチラをオヌヌメいただきました。
信頼できる方 >> 多数の◯◯レ◯ュ◯ー ですからね。助かります。
それにしても、ここは配送先から車で5分ほど。
オラの行き先を見抜いているのか?エスパーか?w

さて。
初訪問ならデフォ、が正しいラヲタの姿でしょうが
注文したのは オヌヌメいただいた方 から オヌヌメいただいた 限定の
「冷製ビシソワーズスープでいただくトマト和え麺 “蕃茄”」900円
はい、ボク、ラヲタジャナイノデ…
ちなみに蕃茄(=ばんか)はトマトのことらしい。

置かれたのは、きれいな器にきれいな盛り付けの一杯。
頂上にサっと揚げたトマトが乗っている。
しかし失礼ながら、◯○や◯◯様(まるまる や まるまる様 ではない)の
雰囲気からは想像できなかった上品さ(爆)

では、混ぜ麺を。
ツルもちっとした麺、トマトソースを絡めて食べるとこれは旨い。
冷たく、ちょっとシコっとした食感もいい。
大盛りにしなかったことを後悔。

冷たいポタージュスープがまた、じゃがいもの甘さと喉越しがいい。
熱い体身体もクールダウン。

ただ、田舎者のアタシとして迷ったのは
冷製ビシソワーズスープの使用法。
こういう冷製スープにつけて食べるつけ麺もあるが、
この和え麺は完成形だけに、これを漬けたらおかしくなりそうな気もするし
この美味しいスープを変えたくない・・・
ということで、和え麺を食べながら追っかけスープを飲む、ということにした。
分類は「つけ麺」にしたが。

揚げたトマトは外側がパリっと、中はトロっと。
しっとりしたチャーシューも旨い。

マゼマゼ、タベタベ、ゴクゴクで、完食完飲。
意外すぎるオサレな一杯だったが、美味しかった。

値段は900円。大盛りだと+150円で1050円となるけど、
デフォではなく、限定メニューだから、これはアリかと。

次回はデフォを食べてみよう。

オラは平均70点
80点は高評価
イバラギの平均下げて 
ゴメンネゴメンネ〜
って、ばか、コノ〜!、
ソレはライバル、トチギのギャグだッペえ!

ごちそうさん 笑う赤プル龍

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「南極タンメン800 マーボー豆腐100」@激辛ラーメン専門店 レッチリ 土浦本店の写真0レビューに人権なし
1レビューに信憑性なし
10レビュー以下に信頼性なし
と思っている赤青龍です(`・ω・´)ゞ

開店当初から、そんな“超高”評価レビューがみられたコチラですが
似たような滑り出しであった ぬ〜どる専門店 バカみたいに愛してた の時のように
柳屋古参師匠の訪問反SM的低評価が見られないのは
場所が隣県チバではなくて地元イバラギだからかなぁ、と邪推してしまう
チーバ君とラーメンを愛する道楽人の赤青龍です(`・ω・´)ゞ

休日の昼頃、店内満席で外待ち数人
なかなか繁盛しているようですな

空いたカウンター席に座ろうとすると、高台には先客の真っ赤なドンブリ
そこには中身が半分くらい・・・食べかけ、いや食べ残し・・・
店頭の垂れ幕に書いてある「辛すぎる そんなクレーム おことわり!!」が頭に浮かびます。
ソウトウカライノカモ((((;゚Д゚))))ガクブル

中本の蒙古タンメンは食べられるものの北極はキツい赤青龍としては、ちょっとビビったが
予定通り「南極タンメン」に「マーボー豆腐」トッピングを注文。
15分ほどで高台にラーメンが置かれた

真っ赤なスープが入ったドンブリには具がタップリ
その上に唐辛子が振りかけてあり、辛いことを強調してあるかのよう。

スープは、舌や唇が辛さでヒリヒリするほどではないが
唐辛子が喉に貼り付くと咳き込むので注意だ
鶏白湯ベースとのことだが、なかなか辛いので、自分の舌では、わからない
だが、辛さばかりではないので、慣れてくると結構飲みやすい。そして美味しい
8種類の唐辛子をブレンドしたということなのと
キャベツやマーボーなどの味も影響しているかもしれないが、辛さが楽しめる辛旨と言えそう
南極だけに北極に対抗してもっと辛いのかとも思ったが
これなら辛さに弱い人でなければいけそうだ

麺は中太のストレート
やや硬めの茹で加減でモッチリよりポソ感強く、スルスルと啜れ
辛味が適度に絡んでおり、これも美味しい

具はキャベツ、モヤシにトッピングのマーボー豆腐
当初、キャベツがキムチのような味に思えたのが好みではなかったが
あとはスープと混ざってしまえば問題なし

大盛りができないため、値段を考えるともう少しボリュームが欲しい気もしたが、満足した

スープを四分の一ほど残し、7分ほどで完食

なお、お冷は氷入りのジョッキで提供される
2杯めから50円とのことだが、氷が入っっていて冷たいし量もあるので
おかわり有料は、気にはならなかった

分類は 自信がないから ごめんなさい

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件
81

珍しいメニューが目に入ったので食べてみた。
ピザといっても、単にピザを目指したなわけではない。
ピザのような雰囲気を味わえる、洋風汁なしラーメンだ。
野菜をふんだんに使った色鮮やかな具も、
もっちりとした太い麺と相性がいいし、トマト系の旨いソースもよく絡んで旨い。
これはよくできた料理だと思う。
ピザと違って味が濃すぎず、チーズや脂でコッテリしすぎていないので
年寄りのワシでも飽きずに食べることができる。
卓上に調味料が多数あるので、好みに合わせ、
タバスコや一味、カレーパウダーで味を変えればさらによし。
ラーメンもある、こんな変化球もあるって、なかなかいいじゃないか。

話はまったく変わるけど、
低い評価の 祭典に投票をする人というは
その祭典に同意、納得し、参考にしているのかなあ(棒読み)

人の心は裏腹で 信じられないものなのか
食わなきゃいいのに 変化球
仲間外れの 評論家
ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件