なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

笑う赤青龍

清くなくとも正しく生きる

平均点 72.323点
最終レビュー日 2019年10月17日
353 313 0 865
レビュー 店舗 スキ いいね

「醤油ラーメン970」@すし屋のらーめん 吉祥の写真オールカマー大好きなので来てみた。

並で970円。
中落ち(300円)、イクラ(500円)、うに(700円)といった
軍艦のボタンは押せなかった。

スープは動物系を感じない分、醤油が支配。
あっさりした口当たりで少々物足りなく思えるのは好みの問題だろう。

かん水を使っていない麺はポソプツな食感。スープと相性が良い。

丼にドンと鎮座する厚みのあるカマ。
骨からスッと取れ、脂がのっておりこれは旨い。
あとで気がついたのだが、入口扉の写真入りメニューに
『カマ肉を ほぐしてからどうぞ 出汁がじんわり』と書いてあったのだが、
なるほどね、と頷いてしまった。
美的ではないような気がして躊躇したのだが。

軍艦軍艦自粛…(ry

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「鴨出汁そば780大盛100紀州鴨チャーシュー3枚増し320」@麺麓menrokuの写真鴨白湯があまりに旨かったので、日を改めて再訪。
平日昼時、八台分ある駐車場は満車。
入れるまで10分かかり、外待ち八人のあとに並んだ。
実は前の前にいる若夫婦は、アトから来たが奥さん並ばせての駐車場待ち。
前のリーマン二人は駐車場待ちをあきらめて
有名店な社名入りの車をすぐそばの某店駐車場に停めて来とるんだが、
コッチの方はせっかちやね。

閑話休題

15分ほどで入店。
メニューを渡され注文を聞かれたが
鴨肉は(自分好みの)モモ肉が売り切れでロースだけとのこと。
それでも鴨肉三枚増し、麺大盛で鴨出汁そばを注文。
さらに15分ほどでの提供となった。

鴨感鴨感鴨感…
甘味のある独特なスープは、
味、香りのよい醤油ダレが上品に仕上ている。
カモネギカモネギカモネギ…
大量のネギ、そして水菜がスープの旨さを引き立てる。旨い。

茶色いストレート細麺。
多加水でしなやか、すすり心地がよい。
白湯よりも旨さがストレートにくる。
これまた旨い。
大盛にしてよかった。
ちなみにライ麦配合だそうな。

鴨肉はロースのみとなったが、ほおばって香り広がり、噛み締めて旨い。
低温調理だからではなく、素材も調理も良いから旨いのだろう。
あっという間に完食完飲。

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 2件

「Wチャーシュー麺1000」@中華そば 麓 Fumotoの写真駅前ショッピングモールの裏手側テナントに店はある。
あの、全国的有名炎上店の跡といえばわかりやすいのだろうか。

中華そば550円、チャーシュー麺800円、そしてWチャーシュー麺1000円。
出身が、数日前に食べて感動した麺麓menrokuという情報を目にした以上、ここはWチャーシューメンだろう。
しかも『通常の中華そばのチャーシュー5倍』と書いてあるのだ。

満席、中待ち状態だったが8分ほどでの提供。

見事なほどのチャーシュービラビラ!
いわゆる低温調理であるが、かなり旨そうだ。
まずは、そのチャーシュー。
薄切りながら大判で、しっとり。
臭みもなく、醤油ダレの味付けも上品で、見た目の通り旨い!
ひーふーみーよー…
枚数は途中で忘れたが10枚ほどあったような。
ドルチェポルコというものらしい。
レアチャーシューにも、ブランドにもあまり関心がないが、これは旨い、気に入った。
端のほうや脂身の肉をやたら“神豚”連発している方の感想を聞いてみたいものだ。

チャーシューをどけてスープ(笑)
ドルチェポルコをふんだんに使用した、らしいが、そいつは食べたことないのでよくわからん。
しかし甘味のある、ベースのしっかりした魚介の香るスープは、じんわりと旨い。
スープのアブラも旨い。

麺はしなやかな中細ストレート。
全粒粉入りで加水ほどほど。
香りも、すすり心地も良く、旨い。
棒みたいに硬め命の方にはお勧めできないがw

あっという間に完食、完飲。

となりのスタイルのよい若いオネエサマは
Wチャーシューメンとチャーハンのセットを食べていたが
チャーハンがまた旨そうだった。
機会があれば、また来たい。

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば(中)930」@もちもちの木 野田店の写真クソ暑い夏でもアツアツの木。
相席テーブルに座り、
待つこと10分ほどでラーメンの到着。

メチャアツでまったく冷めないスープが
たっぷり張られており、麺は見えない。
インスタ映えはしないかもしれないが、
ケチらないたっぷりスープは嬉しい。
鶏、豚ベースに鰹節強めの味は
俺の旨いを刺激してくれる。

麺はヤワメながらモチッとしており、
食べやすく旨い。スープとの相性も抜群。
柔らかい穂先メンマも旨い。
その分、チャーシューとネギの印象は薄いが。
完食。スープを半分以上飲んで汗だく。

少なくて嬉しいのは失点
固けりゃいいのはアレ

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「豚バラ薬味メン970」@らーめん うそだっぺーの写真日曜日。
つくばサーキット近くへの仕事があったんで
麺や 酒処 よし乃へ行ってみると、外にいた店の人?が
「今日はちょっと休みなんですよ」と。
「うそだっぺ~」とつぶやいて思い出したのがコチラの店。
にーきゅうよん へ出て北上。15分ほどで到着。

赤い看板「らーめん うそだっぺー」の下には「らーめん 各種定食」とあり
店内にはラーメンではなく定食を食べているお客もちらほら。
写真付きのメニューを見て、一番推しっぽい「味噌ラーメン」か「ネギ味噌ラーメン」・・
と思ったが、「豚バラ薬味メン」が気になり、それを注文。
10分ほどでラーメンが運ばれてきた。

青ネギが一面に浮き、中央には豚バラ。
豚バラは、揚げだったのね。。

スープは醤油ベース?にラー油の効いたピリ辛、それをネギザクザクで食べるように飲む。
すりゴマも入っているか。
写真通りの品なのでネギが多い(多すぎる)と感じることはなく、想像通りの方向で旨い。
自分がネギザクが好きだから、だが。

黄色みの強い麺は中太でもっちり。
スープとの相性はよく、なかなか旨い。

豚バラは揚げたものが数枚。
カリっとした揚げ方ではなく、しっとり軟らかい。
豚バラという肉を感じるよりコロモ、アブラを食べているように感じてしまい、
これはあまり好みではなかった。
だが、多めのネギを包んで食べると、いい感じに。
具をごはんに乗せてみたい気もした。
後半は、麺と豚バラ揚げとネギを合わせて食べて、完食。
意外に惹かれ、スープも結構飲んでしまった。

今度こそデフォ と日記には書いておこう

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「燕三条生姜らーめん(背脂=大)750+税」@ラーメン酒場 天狗の写真「燕三条らーめん」の幟に惹かれて入ってみた。
カウンターに置かれた写真つきの「ランチメニュー」を見ると
「中華そば」「濃厚煮干らーめん」と「燕三条らーめん」があり
燕三条らーめんは「燕三条生姜らーめん」と「燕三条にんにくらーめん」のどちらかを選ぶようだ。
燕三条生姜らーめんを注文、背脂は“大”(大アブラのことか?)でお願いした。

五分ほどでラーメンが運ばれてきた。
まずは細かい背脂がびっしり浮いたスープを飲む。
“大”というほどの迫力ではないが(個人的感覚)、スープにコクを与えてくれる。
煮干感は相対的に控えめで、背脂醤油という感じ。
麺は中細に近いストレート、やや捻れがある。
ポソプツとした食感で、これは流行寄り。

具はチャーシュー、玉ねぎ、岩のり、そして生姜。
チャーシューはきれいなレアチャ。
スープにしっかり浸してから食べる。
岩のり、玉ねぎはこの手のスープには必須。
多めの生姜はスープへの影響力があり、中盤以降、背脂生姜醤油となった。

燕三条ラーメンというネーミングではあるが、別物といってよさそうに思う。

私が見た写真入りのランチメニューでは750円であったが、会計時に消費税が加算され810円。
握りしめた小銭をそっとしまい千円札を出したのだが、
ラーメン屋だけ外税反対論者は、こういう場合にこそ突っ込みを入れるべきであろう。

100円マックは108円 タラッタッタッタ~♪

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「syooyaチャーシューメン900」@Cafe Style Shooyaの写真茨城なのに、茨城なのに、
千葉のソースラーメンや竹岡式を提供する店。

明るく広い店内には、バイクやサーフボードなどが飾られている。
写真つきのカラフルなメニューには各種ラーメンの特長が書かれている。
カレーラーメンやチリトマトラーメンなどもあるが、店名を冠した竹岡式を注文。
ソースラーメンはレギュラーメニューにはないようだ。
竹岡式ラーメンは、某パ○○店で食べて以来二回目だったかな。

なお、レンゲや箸、紙おしぼりなどはセルフとのことで、店内中央のカートから持ってくる。

10分ほどでラーメンが運ばれてきた。

メニューの説明に『二種類の厳選ブレンド醤油をフランス産赤ワインで煮込み
三時間寝かせる熟成仕込みの醤油タレ…』と書いてあるが
その醤油ダレがメインのスープ。
見た目の通りショッパく、玉ねぎにホッとするので、早々に麺へ。

茶色く色づいた麺はプリっとした中細の縮れ。
乾麺ではないところが、再現というより敢えての安っぽさ演出のようにも思えるが、スープとの相性は良い。

具は、チャーシューずらりと味玉、海苔、玉ねぎ、メンマ。

炙りを入れたチャーシューが6枚。うち一枚はハシブタアザマスタイプで厚め。
かなりしっかり煮込まれており、味も濃いめ。
食感はややパサついた硬めのシーチキン的。迫力はあるが、あまり好みではない。炙りも醤油と重なり、ちと鼻につく。
味玉はオレンジ。これはイマ風。

いつか本場で竹岡式

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿(更新) | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「味玉らーめん750」@麺屋まる吉の写真たまに通る道、閉店していたラーメン店のあとに、またラーメン店が。
外にある倉庫?の壁には赤い大きな字で
『手作り餃子と打ち立てめんの専門店』とある。
居抜きの新店のようだ。
風徐室の券売機で食券を買いカウンター席へ。
提供はかなり早く、入店から三分ほどでラーメンが運ばれてきた。

油の浮くスープは見た目の通り薄味の醤油。
あっさりの旨味強めの底上げに感じるが、鈍感なためか醤油の風味が物足りない。

麺は縮れた不揃いの平打ち中太。
手打ちっぽいが違うようだ。
みずみずしさがなく、硬めというより固めな感じ。

チャーシューはバラが一枚。
味が抜けぎみで、ややB。
味玉は味付け濃いめ、メンマは既製的味わいに思えた。

のど越し生が河北麻友子

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「厚切りチャーシューメン(醤油)920 ※チャーは脂身なしの方」@ラーメン桐生 伊勢崎店の写真新伊勢崎駅前にあるこちら。
ちょいと調べたら大盛系が多そうだが、
ほとんどレビューされていない、
逆に変わり種っぽい表記メニューを注文。
注文時に
「チャーシューは脂身のあるものとないもの、どちらに?」と聞かれ
「ないほうで」
「ほとんどありませんが、いいですか?」
「オケです」
てな会話がかわされた。

少々時間がかかって提供されたのは、
今風というか底が細い普通の丼+α、な大きさ。
やはり“スタミナ”や“餃子ラーメン”などの系統が大きいのかもしれないが、もともと自分にキャパはないので問題ない。

スープは鶏豚基本に醤油という、これまた普通的味わい。

麺は平打ちの縮れ、所々に幅広不揃いのところがある。
ツルッとした感じで啜りやすい。
丼の大きさから普通のボリュームに思えた麺量だが底のほうまであって意外と多い。
一般的なラーメンの大盛くらいはありそう。

チャーシューは説明通り、ミッシリな肉で、脂身ほぼゼロ。これは注文通り。
隣にいた同年代のオサンも同じ注文をしていたから、お互い体のことを気遣っているんだなとおもいながらミシミシ食べる。
メンマは味濃いめ、あとは半玉など。
次回は腹ペコで来て、看板メニューにしよう。

逆の逆は正

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「チャーシュー麺(醤油)900」@らーめん川嶋の写真122号沿いに“名前系”の店をみつけて寄ってみた。
店頭の看板に「清楚系拉麺」とある。

カウンター席に座りメニューを見ると、
デフォ、+トッピングを醤油と塩で提供している模様。
メニューの一番上にある「チャーシュー麺」を醤油で注文。

綺麗な醤油色のスープは鶏豚に鰹などの節を強めに効かせた感じ。

自家製という麺は中細のストレート。
流行?のパツパツではなく、滑らかですすり心地がよいタイプで旨い。

チャーシューは薄切りのバラが6枚。
穂先メンマは旨くてスープとも合い、これは好み。あとはネギ。

たしかに清楚系なのかもしれん

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件