なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

笑う赤青龍

清くなくとも正しく生きる

平均点 72.330点
最終レビュー日 2019年10月15日
352 312 0 862
レビュー 店舗 スキ いいね

「味噌らーめん880 大盛200」@らーめん金竜の写真看板にも店頭にも書いてないが味噌ラーメン専門店だ。
あまり広くない駐車場に車を押し込み
店内カウンター席へ。

昼時で満席。
アタシと同年代の淑女や若いレディが『味噌らーめん(普通)』を食べているのに
同じものを食べる訳にも行かない…と大盛で注文。
20分ほどで出来上がったラーメンはなんとも濃そう&ドンブリが重い。
三つ葉が乗っているのは珍しい。

光るラードの下からスープを啜ると、見た目から想像したものとは違う味。

山椒、唐辛子がビシッと効いているのだが、熟成の酸味(よくわからん)?や甘味、胡椒などの香辛料、そして三つ葉やゴマとあわさって
なんとも不思議な、爽やかささえ感じるアジアン的味で旨い。
万人受けはしないかもしれないが、自分は好きだ。

麺は平打ちの太麺。
コワゴワ感がありスープに負けず個性的だが、噛めばちょいポソでなかなか合っている。旨い。
ちなみに厨房の麺箱には“珍來製麺所”と印字があった。

具は三つ葉のほかに多めのモヤシ、ネギ。
そこにゴマがたっぷり。ゴマは白が多いが黒も乗る。
スープとも合うし、麺とからめてもいい。

不思議な旨さでスープもほとんど飲んでしまった。
好き嫌いがはっきりしそうな味だが、ハマるとクセになるような味噌ラーメンだった。

楽しいロンドンしびれる日の丸

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「辛味噌ラーメン中盛870 大辛」@ラーメン山岡家 さいたま丸ヶ崎店の写真山岡家。
どこの店でも同じはずなのだが、店や人により出来が異なることがある。
だが、この辛味噌はアタシにはその違いが分かりにくい。
それだけに安定して旨いと思う。
食う前からどころか思い浮かべただけで旨いのである。

ほぼ、以前の(他店での)レビューのコピー。

「辛味と旨みのブレンド味噌。赤いスープ・選べる辛さ!これぞ辛味噌!」
辛くてニンニクの効いたベタな辛味噌がアタシにはツボである。
辛さは大辛が一番好きだ。自分には、ちょうど旨辛のピークとなる。
光るアブラは山岡家標準。
ゴマも効いている。
このスープにライスでも結構いけると思うのである。

山岡家特製のストレート太麺。
“普通”の茹で加減で、ちょいポソでツルシコ。
濃く辛い辛味噌スープにおいともその個性は埋もれることなく、旨い。

具はチャーシュー、ほうれん草、海苔、ネギ。
このスープの中では本当に“具”となる。

またまたスープを半分飲んでしまった。
健康管理上、オススメはできないが。

このラーメンが真似されないのが不思議
なんて思うのはやっぱりアタシだけ?

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「味噌タンメン700」@蒙麺 火の豚の写真後輩クンの希望で訪問。
券売機で食券を買い、店員氏へ渡すと
ニンニクなどの有無を聞かれる。
店内の貼り紙に、ラーメン、まぜそばともにニンニクは入っていないと書いてある。
打合せの予定があったため、ニンニクは入れずにアブラのみをお願いした。
なお、タンメンだけに無料のヤサイマシはない模様。

開店直後で先客が12、3人いたため、30分ほど待っての配膳。

スープは濃い、ベタな味噌味。
ベースの豚骨もしっかりで、これは好み。
唐辛子系の辛さもいい感じだ。
アブラトッピングも合う。

麺はうねりのある平打ち太麺。
やや硬めの茹で加減でちょいボソ。

タンメンの具、炒めた野菜はニンジン、ニラ、モヤシ、キクラゲなど。
だが、よく見るとスライスしたニンニクが多数。
箸で拾ってみたらレンゲ二杯分もあった。危ない、危ない。
こりゃ、具もスープも旨い訳だわ。
ということでスープは残して注意深く完食。

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 3件

「味噌チャーシュー麺900」@手打ちラーメン 本丸の写真伊勢崎駅付近に、綺麗な店構えのラーメン屋を発見。
手打ちラーメンらしい。

カウンター席に座り、味噌チャーシュー麺を注文、8分ほどで配膳。

ゴマが浮くたっぷりのスープにチャーシュー、モヤシ、コーン、ネギ、海苔が見える。

スープはゴマがほんのり効いたやや甘めの味噌。
サラリとした口当たりで、ネギと合わせて飲むと、味噌汁的優しい味わい。
かといって
ラーメンとして物足りないということはない。

麺は不揃いの手打ち。
メニューに「手打ち麺本来の味を引き出すために、ヤワメに茹でています」と書いてあるが、
ヤワイといっても噛み心地、啜り心地はよくて旨い。
優しい味噌ともピッタリだ。

チャーシューは5、6枚(だったか?)。
適度に軟かく、なかなか美味い。
コーン、モヤシ、海苔、あとメンマも入っていたが、どれもスープに合う。

スープをかなり飲んで完食。

硬めパツパツ族には勧めないが
地元常連さんぽい人たちで満席だし別によかろう

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「みそワンタンメン730+税」@ラーメン にしむらの写真館林の老舗(ではないかと思う)で味噌ラーメン。
店の前には、かわいい猫が数匹お出迎え。
こちらは店内、座敷&座卓のみなので、相席は必然。

味噌チャーシューメンを注文しようとしたら
前日の宴会でチャーシューが切れてしまい
チャーシューがないとのことなので
ワンタンを入れてもらった。

十分くらいでラーメンが運ばれてきた。
こぼれる寸前のヒタヒタなスープ。
ワンタン、炒め野菜はほぼ水面下で、中央の白いネギが目立つ。

スープは穏やかな味噌。
炒め野菜の旨味が溶け出して旨さを増してくれる。

麺は粉っぽさを遠くに感じるヤワメのモッチリ中太。
ブルブルとスープを拾いながら食べるのは楽しい。

小さめの餡だがツルリと旨いワンタンは、6個?7個?
食べているうちにわからなくなってしまった(汗)
ニラ、ニンジン、モヤシなどの野菜はスープと一体化で旨し。

なお、味噌ワンタンはメニューにないため、
値段は「味噌バターや味噌コーンと同じね」ということで、730円+税であった。

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「ダントツ味噌890」@常陸味噌らーめん むとうの写真アンチ ブルーザーブロディのみなさんこんにちは
嫌われ者の赤青龍ですw

最初に朗報です!
こちら、現在はメニューが税込表記となっています!
外税嫌いで計算苦手、買い物するたび気持ちがブルーになる方!
嫌なイメージを払拭するなら今ですよ!
また、店舗情報の「税別価格」は、いまや税込価格。
今どき値下げされた?みたいですよ!
訂正するチャンスですよ!

さて。
言われてみれば外観の一部やメニューが千葉や埼玉にある味噌専門店の系列に似ているが、
地元じゃないし、ましてやラヲタじゃないのでFCかどうかはわからない。
ただ、こちらはメニュー表では三桁ばかりで、セットやトッピングをすると四桁という設定はありがたい。
値下げ?の件もそうだが、客層を意識しているのだろうか(個人的想像)。

「どっさりもやし」と書かれたダントツ味噌を注文。
ネタ的気持ちのある注文だが、「インスパイヤじゃない」とか「盛りが少ない」なんて勝手に言うつもりはない。

数分後、某ふじ麺のように小さな丼に小高くもやしを積んだ一杯が、スープヒタヒタで登場。
丼の下にこぼれたスープ用と思われる受け皿がついている。
振られた胡椒が香る。

スープは赤白ブレンドの濃くてしょっぱめ、文句なしの味噌味というやつ。
常陸味噌と看板にあるが、他のブランド味噌との違いはわからん。
ほどほど濃くて旨いと言っておこう。

炒められたモヤシは軽めの味付けで味噌を邪魔しない。
麺に行く前に、ネギと共に食べてしまう。

麺は中細~中太の縮れ。
スープとの相性はまずまず。

チャーシューはバラ。
軟らかく旨いが脂身多め。
メンマは太いものが2本、あとは半玉。
スープは多めのモヤシで薄くなるようなこともなく、完食。

チェーン店がだろうがフランチャイズだろうが個人店だろうが
アタシは旨けりゃいいんだな

ごちそうさん 笑う赤青龍




さて、余談というか独り言。

個人店、自家製にこだわるというかチェーン店を色眼鏡で見る人って
スーツはツルシじゃなくてオーダーメイド
外食はチェーン店ではなく仕入れにこだわるレストラン
家ではスーパーの冷凍食品や既成品は自然食品を調理して食べる…
のかな
そんな人がラーメン食べ歩いているとは思えないが…

また、どんな店の店主も店長も店員も、
汗水垂らして働いて稼いでいるわけで。
(そうじゃない奴もいるという異論は認めるが)

あと、外税への不満は表示のしかたの問題だよね。
内税だって、税金は取られているんだから。
ん、免税事業者か?
税金に関するお問い合わせは国税庁へどうぞw

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「ふじ味噌(赤) 930 ニンニク少なめ」@栄勝軒の写真故山岸さんの写真につられて入ってみた。

店に入ると風除室に二台の券売機、その上方にメニューの写真。
左が“なか邑”、右が“栄勝軒”と書いてある。

ここは栄勝軒のはず、二毛作か?
いや、どちらの券売機も生きているぞ。
と、後から客が来ないので悩むこと30秒、「ふじ味噌 (赤)」にした。

女性店員さんに食券を渡すと、左のカウンター席へ。
どうやら、店内に二店舗あるわけではなさそうだ。
中盛りまで同額とのことなので、中盛り、ニンニクが入るとのことなので、少なめで。

ラーメンはボチボチの盛り。
野菜マシとかないのかな、と思いつつスープから。

濃い味噌味に背脂という、デブ専御用達的スープ。
品のある味噌味なんか○○くらえ、で好きだ。
ラー油などで加えた辛さが程よい。

コワゴワの麺は食べごたえがあり、咀嚼力を要するが、これはこれであり。
スープに負けないが、相性は良い。

チャーシューはペラが二枚。
これは残念。
やはり、二郎やインスパイア系とは違うんだろうな。
モヤシは苦味なくよい加減。

漬けニンニク、背脂で旨さの増したスープはしょっぱさ強めだが旨く
結構飲んでしまった。

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「辛味噌ラーメン 大辛 870」@ラーメン山岡家 野田店の写真山岡家と言えば辛味噌。
というより、山岡家の辛味噌ラーメンは、間違いなく旨い。
そう思っとる。

「辛味と旨みのブレンド味噌。赤いスープ・選べる辛さ!これぞ辛味噌!」
と山岡家H.Pにある通り、辛くてニンニクの効いたベタな辛味噌がアタシにはツボである。
ゴマもいい働きだ。
大辛でも辛いばかりではない。旨辛だ。
この、テカテカに光るアブラが山岡家標準だから、アブラ苦手な方はアブラ少なめ指定がよいだろう。

山岡家特製のストレート太麺は、“普通”の茹で加減で、ちょいポソツルシコ。
このハードゲイなスープでもその個性は埋もれることなく、旨い。
ちなみにヤワ目もモッチリしてなかなかであることを付け加えておく。

具はチャーシュー二枚とほうれん草、海苔、ネギ。
麺とスープが主役、ボリューム的にもこれらは脇役というかチョイ役と思っているので、割愛。

旨すぎてスープを半分飲んでしまったが、これは健康管理上、オススメはできない。

このラーメンが真似されないのが不思議
なんて思うのはアタシだけ?

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「濃厚味噌もりそば(麺240g)」@特製もりそば 瑛の写真濃厚なのは味噌よりベースのトンギョ。
味噌もラー油も控えめに感じるほど。
ツケダレは多く問題なく完食。
シャっと投げるように置かれた伝票が
ビシッと真っ直ぐに止まったのはさすがプロ。
マカロニウェスタンの酒場か。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「辛か味噌(太麺) 864」@麺龍 炎の杜の写真オシャレ系の店構え。店内も。

メニューの先頭は“宇都宮豚骨”だが、今回は“炎”につられたので味噌を選んだ。
「辛味噌」ではなく「辛か味噌」。
麺の太さを聞かれたので太麺にした。

セルフサービスのトッピングコーナーから、
味付の辛いもやし、辛子高菜、紅生姜を持ってきてつまみながら待つ。

赤い丼に赤みのかかった味噌スープ。
辛そうな見た目だがさほどでもない。
ネギの辛みが混じると多少辛くなる。
味噌濃度は当初物足りなく思えたが、撹拌して少し濃くなった。

麺は太麺縮れ。
ちょいカタながらモッチリ感もあり、スープとの相性もよい。

具は辛味をつけた細切りのネギ、もやし、ニラなど。

激辛にすればよかったか

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件