なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

笑う赤青龍

清くなくとも正しく生きる

平均点 72.323点
最終レビュー日 2019年10月17日
353 313 0 864
レビュー 店舗 スキ いいね

「チャーシューメン800 燻煙バラ(2枚)150 半ライス50」@家系ラーメン 熊田家の写真昼前の訪問で満席店内待ち。
券売機で食券購入、ジャスト1000円。

カウンター席に座り、お好みは「すべて普通」、10分ほどでの提供。

油浮くスープは豚骨感しっかり。
タレが強めでショッパも強め。

麺は短めで啜りやすい中太ストレート。「普通」でもやや固めで噛みしめてよし。
スープとの相性も良く、これは好み。

チャーシューはミシッとした感じのデフォが三枚と、バラを燻した二枚か。
どちらも、ちと固くてこれは日光の手前。
炙ったり燻したりすると固くなるのかな?

ほうれん草、海苔は存在感あり、スープにひたして旨し。

ライスは壁に書かれたおすすめの通り
刻み生姜、ニンニクにマヨネーズ、そしてスープをかけて食べるとこれも旨かった。

次回はデフォにライス、味薄め

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「せたが屋らーめん 1150」@せたが屋 pasar蓮田店の写真あこがれの世田谷…ではなく、せたが屋、で検索すると、東京ドームや羽田空港、レイクタウン、そして関東各地のサービスエリアのフードコートに出店しているチェーン店のようで、グループには他のブランド店もある模様。

滅多に来ないサービスエリアでもあるので店名を冠した一番高いやつを選んでみた。

平日正午過ぎなので並びもなく、提供まで五分ほどと早い。

スープは多めの油に覆われた魚介系の醤油。

麺はツルッとした中細麺で、茹で加減はほどほど。
硬すぎず柔すぎず、万人向け。

具はチャーシュー、メンマ、味玉、海苔、ナルト。
チャーシューは一仕事終えた感があるので、ラーメン(830円)のほうがいいかな。
1150円は新サービスエリアならではの値段か。

高いハードルはフードコートの席確保

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ハッスル野菜ラーメン810 サービスランチ100」@ハッスルラーメンホンマ 錦糸町店の写真たまに食べたくなるのは、この手のラーメンということが改めてわかった。

背脂が一面に浮く、ほどよく豚臭、背脂が旨さを底上げするスープ。
旨い。レンゲが止まらない。

中細麺は噛み心地よく、スープも絡んでまた旨い。

体に○そうなハッスルラーメンに、気休めとわかっていたが頼んだ野菜。
近頃ラーメン界の“ヤサイ”が『モヤシ』であることも多いなか、
この野菜は有料とはいえ、緑が多くモヤシ少なめ。火加減もよろしい。
さらに多めのネギとニンジン、キクラゲなどが入り、体に良いような気がしてきたw

麺、野菜、スープ。麺、野菜、スープ。
で完食、ほぼ完飮。
餃子三個とライスで100円という、このセットはすばらしい。(提供のタイミングがずれたので写真にはないが)

ハッスルという言葉に心踊るのは何故?

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿(更新) | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「豚骨醤油ラーメン820 ライス無料」@ラーメン猪太の写真ずっと “いのた” だと思っていた店。
傘立てに注意して入り、右手の券売機で食券を購入してカウンター席へ。

10分ほどで提供されたラーメンは鍋焼きスタイル。
蓋が取られるとグツグツとしたスープが見える。
注意を払いながら飲むと、濃厚な豚骨感とともに広がる醤油ダレと強めの塩気。
この強めの味付けは鍋焼き故か?
二杯まで無料というライスが活躍するのは確実だ。

麺は細いストレート。
滑らかなすすり心地でスープを纏うとなかなか旨い。

具は、大きめのチャーシューと野菜など。
チャーシューはロース。
鍋焼きなので、やや硬くなっており噛みごたえあり。
野菜については店頭に「本日の野菜」として生産者名が張り出されていた。
産地はたぶん地元なのだろうが、主夫ではないので特に興味はない。

その野菜は鍋に浮く具材的で麺やチャーシューとともに。
最後はライスに野菜を乗せ、スープを少しかけて食べた。

○○さんとこの野菜は旨い

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「ネギラーメン750」@ラーメンショップ 塚崎店の写真たまに通る道にあるプレハブ?店舗。
あまり惹かれない外観なのだが、
この日は営業車やトラックが多数停まっていたので寄ってみた。
カウンタータイプの席に挨拶文が置いてあり、
読むと、前の店主から店を引き継いだようだが、味?は引き継いでいないようだ。
リニューアルオープンと書いてあり、店内はきれいだから、リフォームしたのかもしれない。

ネギラーメンを注文。数分で提供。

油の浮くスープは豚くさ旨味強め。
塩分も高めで還暦過ぎのジジィにはちと刺激強い

麺はぽそっとした中細。
かん水臭さが昔からあるラーメンらしく思える。

具は多めのネギ(細かいチャーシュー入り)にメンマ、ワカメ、海苔。
ネギは多めのごま油などに和えてある。

やはり地元のラーメンショップとは似ているけど違う。不思議だ。

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「特製中華そば大盛1000」@六厘舎TOKYO ソラマチ店の写真六厘舎=つけ麺と思いつつ、涼しくなったので、
ついラーメンにしてしまったのである。

六厘舎=濃厚豚骨魚介・・なんて思って
中華そばを注文したら、驚きの豚骨醤油だったのである。
麺をソレ系に変えたら、家系になってしまいそうにさえ思えたのである。

こんなオサレな場所のラーメンは量が少ない・・なんて思って
大盛りにしたら、驚きのボリュームだったのである。
チャーシューも柔らかくはないが厚みがあり、大きかったのである。
海苔は小さくメンマも細かく、味玉は日光の手前だったのである。

濃厚、塩分強めなので、後半失速したのである。

ごちそうさん 笑う赤青龍である

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「てんこ盛りラーメン830 きゃべもや増し100」@ラーメン屋 まるの写真エキチカ商業施設への仕事帰りに訪問。

メニューを開くと「ラーメン屋まる お勧めメニュー」という
写真つきで一頁を使った「てんこ盛りラーメン」が目に入った。

『醤油豚骨ラーメンの上に350グラムのキャベツと、もやし、厚切りチャーシューをのせて……(中略)……総重量は、驚きの1kg!!』と説明が書いてある。

重量にビビりながらも、「きゃべもや増し」を追加して注文。
とすると総重量は、1.2、3kgくらいになるのか?

○○氏でさえやめた “+ビール” レビューが未だにあることに失笑しつつ
諸兄のレビューを読みながら待つこと10分ほどで着丼。

第一印象。
小さい。

とても350グラムのモヤシが乗ったデフォにモヤシを増したとは思えない。
もしかしたらぎゅうぎゅうに詰めて高密度…なわけない罠。
茹で加減は浅めでやや苦味あり。

スープはライトで薄めな豚骨醤油。
撹拌撹拌。

麺はやや角のある太麺。茹で加減は硬め。

チャーシューは薄切りではないバラ。
直前に炙られての提供。

あっという間に完食。

上がったハードルと値段を考えこの点数

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメンメキシコ(激辛)850」@濱之家 入谷店の写真配送先に近いこともあり再訪。
駐車場があるのは助かるのだ。

前回“ギリギリ”と思ったメキシコ中辛だが、
なんだか逝けそうな気がして“激辛”
を注文。

待つこと数分でラーメンが到着。
前回同様、静かに秘めたる辛さという雰囲気だが
前回と大きな違いはないようにも見える。

ではスープ。
やはりハバネロ系の辛さ。粉っぽいと感じるのは辛さが増したせいだろうか。
というか、舌先が辛さを感じなくなった(汗)
胃も、辛さを超え、痛さを忘れて、熱い。
さすがメキシコ、さすが激辛。

麺はややウネリのある中太。
ツルモチで旨く、短めカットはやはり食べやすい。
スープが絡んで辛い、熱い。
さすがメキシコ、さすが激辛。

具はチャーシュー、味玉、ほうれん草、海苔とネギとモヤシ。
スープが絡んで辛い、熱い。
さすがメキシコ、さすが激辛。

麺と具は完食。
スープは半分近く飲んだ…かな。

私が食べられたくらいだから、本物の激辛マニアには物足りないかもしれない。
旨辛を求めるなら小辛か中辛か。
もちろん、個人的感想であるが。

さすがメキシコ、さすが激辛。

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「ラーメンメキシコ(中辛)850 ライス100」@濱之家 入谷店の写真お?こんなところに「横浜家系」の看板が。
最近信用できなくなった「横浜家系」の文字なのだが
アソコとは雰囲気が違うので寄ってみた。

入口横のメニューに、ラーメンメキシコ(激辛orライト)というメニューを発見。
“身体保証は致しませんが…”と書かれている。
店も知らず、調べもせず、初訪問で超変化球からいくアタシは
ラヲタとは程遠い存在だと改めて思うのである。

先の注意書きを読んでライトにしようと思ったのだが
店内の券売機には「小辛」「中辛」「激辛」あったので、それを選択。
案内されたカウンター席に座り、待つこと6分ほどでラーメンが到着。

静かに秘めたる辛さという雰囲気の一杯。
そのスープは、メキシコというだけありハバネロ系の辛さ。
あまり辛くないかな、ベースの豚骨醤油が………ん?胃が熱いっ
遅れて効いてくる。胃に張りつくような辛さ。
辛くて食べられないほどではなく、程よく辛さを楽しむ感じもするが、肉体(胃)的にはギリギリ。
もしかすると、「ライト」が「中辛」で、それよりマイルドなのが「小辛」かもしれない。

麺はややウネリのある中太。
ツルモチな食感で旨く、短めカットで食べやすい。
辛いスープが絡んで旨い。
厨房にある箱には「長岡麺業」と書いてあり、店舗情報の「酒井製麺」とは違うが、
真実はわからない。ラヲタじゃないのでw
具はチャーシュー、味玉、ほうれん草、海苔と辛味をつけたネギとモヤシ。
(辛味噌をつけた○○、ではない)
中盤以降食べた具の味はあまりわからず申し訳ないm(_ _)m
ライスをつけたのは保険(笑)だが、つけて正解。
スープ、麺、具を乗せて食べた。
おかげでスープを半分以上飲んで、食べた形になったが、帰宅後もお腹が熱かったので注意が必要だ。

暑い日に 熱くなるのも また一興

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「特製タイガーつけめん(醤油)1000」@ゴールデンタイガーの写真今週も熊谷。
“最近評価の高い店”(RDB)という、こちらへ。
駐車場は近所のコインPを利用(30分100円のところを探した)、
案内の通り食券を買ってから外待ち数人に続いた。
食券は並んでいる時に回収され、味は“醤油”を選択。

10分ほどで入店、カウンター席へ。
数分で「特製タイガーつけ麺」が提供された。

きれいに盛られた麺は太いストレート。
まずはそのまま食べると、もっちりしながらコシがあり
香りもよく旨い。

そしてアッツアツのつけダレを一口飲むと、「おお、旨い!」
思わず声が出そうになった。
豚骨醤油ににんにくが効き、多めの背脂の甘みが加わって旨い。これは大好きな味だ。
つけダレだけに塩分強めだが、麺をくぐらせ、具を浸すと丁度よい。
麺とつけダレの相性は特筆モノだ(個人的嗜好とのマッチによるのだが)。

具は、鶏チャにキャベツ、味玉が麺丼に、チャーシューがつけダレに入っている。
4ケタ値段の“特製”と考えると、具はちょっとさみしい感じもする。
つけダレとの相性は、どれも抜群、というかつけダレが旨いのだ。

麺量は、食券購入時に右の方の麺量増しボタンに気づかなかったのでデフォだが
増しの値段設定からみて、デフォは200gか。つけ麺にしては少なめだったので女性向きかな。
特製より、デフォ(850円)に中盛(300g=+50円)か大盛(400g=+100円)にすればよかった。

最後にスープ割りをお願いすると、魚粉が振られレンジで温められて戻ってきた。
これまた旨い。完飲してしまった。

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿(更新) | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件