なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

笑う赤青龍

清くなくとも正しく生きる

平均点 72.323点
最終レビュー日 2019年10月17日
353 313 0 864
レビュー 店舗 スキ いいね

「坦々めん730」@ちゃうちゃうの写真昼時訪問、満車、ほぼ満席。
入口には定食やセットメニューの案内があり、
これぞ町の小さな中華屋さんであろう。

年配のご夫婦で営業されているようで
ワイシャツにベスト姿のご主人が軽快に鍋を振っている。

ここのところ辛い物を食べ続けているので表記を注文。
奥様から単品でいいの?の念押しを受ける。
ランチはセットメニューがあるからだろう。

10分少々で出来上がり。

赤いスープにそぼろ肉、青梗菜、ネギが見える一杯。

スープはやや酸味があり、そこにゴマと辛み。
サラっとした感じもするし、デフォからの変化球か。

麺は中細の中華麺という感じがわかりやすいか。

具は、前述のほかに大きめのザーサイが5,6切れ。これは強めの味でもあり個性的。

完食。

地元、常連の方で賑わっている様子だが、
4/1から諸事情により営業は昼のみになるとか。

こういう店でヤボなことは言わないほうがいい

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「担々麺780 ※ヤサイ(シングル) アブラ(シングル)」@ジャンクガレッジ 白岡店の写真朝飯食べそこねて腹が減っていた時、目に入った看板。
よし、今日はガッツリなラーメンだ!とクルマを駐車場へ。
外待ちが何人かいるが、店内にはいくつか空席がある。作戦だろうか。
最新式券売機で気になった担々麺の食券を買い、外でしばし待ってから店内へ。
検〇紙コップに水を注いでカウンター席へ。

店員氏が食券を回収するが、なにも聞かれない。
しかし、無料トッピングの確認を忘れたわけではないので焦ってはいけない。
食券を数杯分まとめたところで、あらためて無料トッピングを聞かれるのだ。
ほら来た。「ヤサイ アブラ」と答える。
すると後から来た自分と同年代(推定)の夫婦(推定)がそろって
「〇〇ダブル 〇〇ダブル」と言うではないか。
ん?ダブル?
店内を見まわしたが、トッピングの案内にも、どこにも書いてないぞ。
10分ほどで高台にラーメンが置かれた。

ヤサイ(モヤシ)は想像というか期待したものよりかなり少ない。
そして、背脂は気づかないほど少ない。
メニューや看板の写真、トッピングの案内に 「※これはヤサイダブルです」 などと書いておいてほしい。
その点「ラーメン大」は各席から見えるよう、写真でボリュームを説明してあるので非常に親切である。

前置きが長くなった。
これが担々麺?というスープの色だが、ゴマ風味。乗っている肉みそを崩すとなるほど辛い。
モヤシにも唐辛子とペッパー?がかけられており、ピリリとくる。
肉みそ&辛さ、で担々麺ということのようなので、世間一般の担々麺とは違う。
背脂をドッと溶かしたいところだが、ないので我慢。
よって味は単調で後半は飽きが来る。

麺は平打ちの太麺。
程よい硬さで食べ応えがあるが、ゴワゴワしてないので食べやすい。
思ったほど多くないので、ヤサイがこのボリュームだと物足りない。
あっと言う間に完食。

腹が減ったら…腹が減ったら…腹が減った

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件
80

「担々麺750」@アワトロ龍宮の写真近所に所用があり、再訪問。
「冷やし担々麺はじめました」という案内看板もでていたが、
こちらの二本立てメニューのもうひとつ、担々麺を注文した。

数分で着丼。

シビレ強めのスープは程よい辛さ。
濃いところをグイと逝かない限りむせるのとはなさそう。
多くの人が楽しめそうなカラシビで、なかなか美味しい。

麺は薄めの平打ちと珍しいが、食感が面白いしスープとの相性もいよく、旨い。

具は、挽肉、ネギ、玉ねぎ、玉子。
挽肉がスープに馴染んで旨くなるし
その他の具も食感や味変となりウマウマ。

完食完飲。旨かった。

会計時、レジ付近にあの こ汚いビックリマンシール を発見!
無名のカスのくせに、断りにくいことにつけこむなよ、ハゲ。
しかもシールに集客効果はない、ただのマーキングじゃないか。
…と思いつつ、静かに会計。

あちこちに シール貼るなよ めぐさいわ

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件
84

「坦坦鶏SOBA 780」@七福軒の写真中華そば 飯村製作所へ向かうも、たった5台の駐車スペースは当然のごとく満車。
開店直後なので出てくる客もいない。近所にコインパもない。
その後、他テナントスペースにちゃっかり停めて入店する水戸ナンバーのリーマン風や
他施設方面から来て入店する人達を遠い目で見たのたが、
ローカルつくばルールをマネすることのできない真面目な千葉県人は、諦めてこちらへ。

ここはテナント共同駐車場なので、余裕で駐車。
昼前だが店内は8割ほどの入りで賑わっている。
風除室で食券を買って店内へ入るとカウンター席奥へ案内された。

厨房にはラーメンを作る女性店主と、両脇でサポートする二人の若い男性スタッフ。
雰囲気は ブルゾンちえみ with b !
・・と思ってみていたら、女性店員さんが、男性スタッフに
いろいろと指導されながら、たどたどしく作っていた、逆ブルゾンちえみ with bだったぁ〜! の巻(笑)

10分少々でドンブリが高台に置かれた。
肉味噌、ネギが一面に広がる、赤く辛そうなラーメンだ。
 
ゴマが香るスープは鶏白湯がベースらしく、どっしり飲みごたえがある。
しっかり炒めた肉味噌にラー油、刻んだ玉ネギなどがスープに合わさり旨辛!

麺は中細ストレートで硬め。
啜り心地と噛み心地がよく、スープもよく絡む。

 麺、スープ、具が一体となり、箸が止まらない。
旨い、辛い、旨い、辛い…

穴開きレンゲの助けも借りてしっかり完食完飲。
“坦坦”という文字はちょっと気になるが、美味しい一杯だったw
駐車場のストレスもないし、また来よう。

ちえみどうなっとるかなぁ

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「旨辛ニュータンタンめん(半ライス付)900」@麺通 伊武記の写真定休日なのに 出ていたノボリ
限定メニューで 営業中

溶き玉入って ちょいとまろやか
もやし タマネギ いい食感

麺はモッチリ スープが絡み
ラー油 ひき肉 旨味マシ 

なにが「ニュー」だか わからぬが
うまけりゃいいのさ  タンタンメン

どこが「ニュー」だか わからぬが
「めん」が平仮名 事故防止?

分類は 「担々麺」で よかったか?
ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

「厚切り肉牛バラ担々麺 特製汁なし1274」@宙寅屋 東京ソラマチ店の写真ソラマチタウン初体験。

作業服ということもあり、目に入った一階のラーメン店へサッと入店。
店内には外国人旅行客もいる。

メニューに「担々麺が売り」と書いてあるので、ヨンケタ価格ではあるが「名物」と書かれている、こちらを選択。
3分ほどでラーメンが運ばれてきた。早い。
 
厚切りの肉、キクラゲ、メンマ、ゆで玉子、ネギ、モヤシ、肉味噌が乗った一杯。

混ぜるとタレはあまり辛くない。
花椒はちょいと効いている程度。

厚切り肉は味付け濃いめで柔らかいが、外側が切れにくい。
4センチ×4センチほどで2センチくらいの厚みがあり、迫力は十分。

麺は弾力がある。

キクラゲ、メンマはそのまんまなので食感的には面白くない。
半割りのゆで玉子もそうだが、なんというか、タレに麺を置いて具を乗せたような一杯。

会計に行くので伝票を見て税別であることに気づいた。
あとで撮った写真を見たらメニューの欄外に書いてあった…。
外税の94円を足して1274円はまさにソラマチ観光価格だが隣の 天や の天丼は500円、しかも税込みであった。

ま、値段はともかく、これがジヤバニ〜ズタンタンメン?ワオ!と思われるのは嫌だなあ。

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「成都式(汁なし)担担麺・大盛1000 サービスライス」@担担麺 すご六の写真なるとかな なるとじゃないよ せいとだよ 

配送先を検索したらヒットしたのがこちら。
昼営業のみとハードルが高い店に行けるのはなんとなく得した気分。

入ると左側に券売機がある。

なぜ、成都式というのかはわからないが、券売機の一番上=オススメあるいはデフォということで選択。
10分ほどで着丼。

ソボロ肉、キャベツ、ネギ、クラッシュされたナッツが乗る

赤黒いラー油的タレは辛いが、それを上回るのが花椒によるシビレ。
そのせいか、辛さへの耐性がさほどないと思う赤青龍でも逝ける。
ちとシビレ過ぎだったが。

モッチリした中太麺にはタレがしっかりと絡む。
よく混ぜると焼きそばのごとく味と辛さが均一化。
そこやなナッツの味と食感が加わりウマウマ。
大盛にしたためか、麺と具、タレがバランスよく無くなって、
最後に残ったタレをライスにかけて完食。
大盛とライスで満腹。

生徒かな 性都じゃないよ 成都だよ

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「担々麺 中盛690」@舎鈴 野田船形店の写真駐車場が大きく使いやすいだけじゃない。
つけ麺が美味いと思うがラーメンだって負けていないぞ。

スープはラー油が支配し辛く肉味噌で旨い。
細麺はスープとの相性よし。

この担々麺が、並盛り590円、中盛り690円、しかも税込だ。

○○(まるまるではない)店主が作るから旨い派には理解できない満足度でスマソ(爆)
チェーン店だからマイナス1点とかいうハゲにもきっと理解できない罠。

安い! 辛い! ぅまい!

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「特製濃厚担々つけそば中盛 1150」@麺処 いし川の写真サマーランド近くへの配送途中に訪問。
駐車場が多めなのは助かる。

初訪問なのでデフォルト、と思ったのに
券売機横の「担々つけそばに変更できます!」という手書きの貼り紙に惹かれて
ノーマルのつけそばさえも飛ばしてしまう、軟弱者なアタシ。
担々への変更は、現金で150円。
カウンター席に座り10分ほどで提供された。

中盛りの麺は2つのテボで茹でられ、あわせて丼に盛られた。
その太麺はしっかりと〆られ、モッチリとして旨い。
香りもよく、タレにつけずに数口食べる。

その麺を待ち受ける真っ赤なつけダレ。
見た目は房総半島的(無断で勝●とか書くと危ないとか…)色合いだがグイッと飲める。
さらに啜るとわずかにシビレる
辛すぎず、シビレすぎず、まことに良い塩梅だ。
ベースがしっかりして旨いからと確信。
確信するよりも、ノーマルから食えば良いのだがw
麺との相性も良い。

チャーシューは見た目を裏切らない美味しさ。
それらを増して、味玉と合わせて特製にして正解。

旨いつけダレ、つい、そのまま飲み干して完食完飲。

売り切れごめん的昼のみ営業のラーメン専門店ではあるが、
黙って食えみたいな雰囲気もなく、心地よい空間と感じたのは、
店主と奥様?の人柄であろうか。
地元常連らしきお客様とのさりげない会話も耳障りではない。
値段は四ケタだが、自ら選んだし旨かったからこの点数。

今度こそ デフォにしようと また思う

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「タンタン麺810 大盛無料」@つけめん・らーめん活龍 境店の写真茨城は古河方面への配送ということで、駐車場が∞のコチラへ。

平日昼前で満席、中待ち5人に続いた。
並んでいるうちに注文は決めて伝え、10分ほどで着席し5分ほどで着丼。

前回気になった担々麺が提供開始されていたので食べてみた。

赤いドンブリにタップリのスープ。
そこに麺と鮮やかな色合いの具が入っている。

まず、スープ。
ラー油の効きは控えめ
印象としては、豚骨ベースのスープにひき肉、ラー油、芝麻醤などを
加えて担々麺とした、という感じ。
表面だけではなく撹拌して何度も飲んでみたが、辛さ、奥深さ、は自分の駄舌では感じられない。

麺は中細ストレートでやや硬めでいい感じの茹で加減。
スープとの相性は別としてなかなか美味しいし、
ラヲタにも一般客にも受けるタイプと思われる。
(一部の自家製麺信者は除く)
並盛(茹前150g)も大盛り(同225g)も同額なので、ボリューム的な満足度は高い。

さて、具だが、
なんか妙な味がすると思ったら、ザーサイ。
味のアクセントというより、大きいものが2枚位入っているので食べると
中国三千年的ザーサイの味に変化。
有名店のレシピにもあるようだけど、個人的に、こんなにいらんがな~。
好きな人は入れられるようにするっていうのは、どやろね。

味65 ボリューム+5 麺+5 ザーサイ-5 でどないやwww
イバラギスタンダードからしたら厳しいかw

ごちそうさん 笑う赤青龍

次は、まぜそばやね

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件