なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

笑う赤青龍

清くなくとも正しく生きる

平均点 72.330点
最終レビュー日 2019年10月15日
352 312 0 862
レビュー 店舗 スキ いいね

「とん塩もやし850」@らーめん弁慶 堀切店の写真仕事途中に初弁慶。
コインパーキングに車を停め店内へ。
カウンター席に座ろうとしたら食券を買うように促された。
振り返ると、入口左の引っ込んだところに券売機。
外観、内観から“券売機なんかない”と思ってはいけませんな。

なんとなく表題を選び改めてカウンター席へ。
この時の店内ガテン率は86%だった。

4分ほどで、モヤシ山盛りの一杯が置かれた。
名前にモヤシを冠するに相応しいビジュアル。
仮にこれを野菜と言ったら視力検査推奨だ。

さて、そのスープは豚骨中心。
塩ダレと背脂だけなのでシンプルな味。

いまや中細といってもよさそうな縮れ麺はプリンとした良い茹で加減。
スープ、背脂、モヤシ、ネギがよく絡む。
しかし、ジャキジャキのモヤシはかなり苦い。
スープに浸しても、苦い。逆に苦味際立つ。
麺と合わせてもモヤシの苦味の勝ち。
塩だけに味変えもままならず、こりゃミスチョイスだったか…
とん しお どちらにも惹かれたんだがw

スープは背脂増さずともかなりヘビー、チャーシューも薄いがハードで、寄る年波を思い知らされた。

若い頃はこれがよかったんだろうなあ

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿(更新) | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「プレミアム塩とんこつ850 ※麺ヤワメ」@ラーメン山岡家 テクノポリスセンター店の写真さくら市方面への輸送途中で山岡家。
ドアを開けると強いブタクサさが漂う。
この臭さがあってこそ、いい山岡家だ(もち個人的感想)。

選んだラーメンは、以前は期間限定だったが
最近(だったか?)レギュラーメニューに昇格したという「プレミアム塩とんこつ」。
最新型タッチパネル式券売機で食券を買ってカウンター席へ。

背脂が一面に浮いた白いスープ。
店内の臭いとは裏腹に、クセのない豚骨スープだ。
大量の背脂がまろやかな啜り心地とコッテリ感を与えてくれるて旨い。

ヤワメ指定した麺は、モッチリとして小麦感があり、ほのかなかんすい臭も漂い旨い。
山岡家のこのスープに合っていると思う。
コシがあり、決して茹で過ぎた軟らかさではない。

具はチャーシュー、味付けたまご、海苔、薬味葱、穂先メンマ。
穂先メンマは軟らかいが、背脂と見間違える大きさ(笑)
チャーシューは大きめで厚みもあり、しっかり味が染みており軟らかい。
他の具も、スープに合っている。

山岡家らしく塩分高め、油は多めだけど、美味しかった。

この「プレ塩」や「辛味噌」は、
自家製麺至上主義の方や麺硬め信奉の方、意識高い系の方にも食べてレビューしてみていただきたいメニューだ。 
ただし、「チェーン店」 「業務用」 「パツパツ」 「家系」といった言葉をNGワードにして…なんだけどw
もちろん、ラーメンの好みは人それぞれだから、旨いと感じるかどうかはわからないが。

食う前から〇い? 食わなくても〇い?

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ねぎラーメン800円」@らぁめん廣の写真久々の群馬・太田への配送。
ここは移転前の店舗に訪問した時以来だが、何年ぶりくらいの再訪になるだろうか。
出来てから5年ほどの店舗ということで外回りはきれいだ。
しかし、なぜか吹き出すように漂う豚臭(爆)が年季を感じさせる。  
平日の昼すぎ。 独特なブタクサラーメンを求める先客の同士は、男性4人に女性が2人。
店内は殺伐とした雰囲気ではないので、女性や家族連れ向きではない、なんてことはないと思う。
ブタクサ大好きラーメン女子だっているんじゃね?
むしろ、ラーメン二郎やルールが面倒くさいラーメン店みたいなところに書くほうが…。  
さて。
ねぎラーメン・塩を選択。
800円である。
しばらくして提供されたのは,塩とは思えないような色をした,ネギ盛りだくさんな一杯。
表層の油厚めなスープは豚臭が口中に張り付くような濃厚なもので旨い。
ただし、旨いか食えないかがハッキリ別れるスープという気がするので、
他人の「旨い」を特に信じてはいけないラーメンの一つだろう。
塩ダレなのか醤油ダレなのかがわからなくなるくらいの強烈さを持っている。
仮にメニュー名を知らずにこれを食べて、「塩ラーメン」と断言できる人はどれくらいいるだろうか。
そういう赤青龍も、これのどこが塩なの?と思ったクチであり、「この店の中での“塩”」という捉え方である。
ましてや、他店の塩と似ているとか・・・ なに!? 
あの某有名店の味に近いだと??

「ええぃ!北関東のMS(※1)は化け物か!!」byシャア・アカショウリュウ

麺は中太のストレート。
表面ツルリ、噛むとモチっとした茹で加減で旨い。
麺の旨味を楽しむというより、スープと一体化して楽しむように思える。
長め大きめ、不揃いに切られた和えネギはチャーシュー片もついていて美味しくボリュームあり。 もちろん、辛◯◯(※2)に和えられていないので、安心して旨いネギを味わうことができる。
その他の具は,海苔,ワカメ,メンマ、ウズラ。 どれも、ほぼ豚臭スープの一部となってしまうけど、それがいいのだが。   これから行くお客の事務所でトン臭を撒き散らすのもどうかと思うので 後ろ髪をひかれながらもスープを半分ほど残して完食。
旨かった。 いや、好みに合った。
重ねていうが、他人の「旨い」を安易に信じてはいけないのだ。  

豚を鶏 鶏を豚だよ コケブッブー

ごちそうさん 笑う赤青龍  

(※1)MS=モビルスーツではない

(※2)◯◯=まるまるではない

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件