なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

笑う赤青龍

清くなくとも正しく生きる

平均点 72.323点
最終レビュー日 2019年10月17日
353 313 0 864
レビュー 店舗 スキ いいね

「醤油ラーメン970」@すし屋のらーめん 吉祥の写真オールカマー大好きなので来てみた。

並で970円。
中落ち(300円)、イクラ(500円)、うに(700円)といった
軍艦のボタンは押せなかった。

スープは動物系を感じない分、醤油が支配。
あっさりした口当たりで少々物足りなく思えるのは好みの問題だろう。

かん水を使っていない麺はポソプツな食感。スープと相性が良い。

丼にドンと鎮座する厚みのあるカマ。
骨からスッと取れ、脂がのっておりこれは旨い。
あとで気がついたのだが、入口扉の写真入りメニューに
『カマ肉を ほぐしてからどうぞ 出汁がじんわり』と書いてあったのだが、
なるほどね、と頷いてしまった。
美的ではないような気がして躊躇したのだが。

軍艦軍艦自粛…(ry

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「豚骨醤油ラーメン820 ライス無料」@ラーメン猪太の写真ずっと “いのた” だと思っていた店。
傘立てに注意して入り、右手の券売機で食券を購入してカウンター席へ。

10分ほどで提供されたラーメンは鍋焼きスタイル。
蓋が取られるとグツグツとしたスープが見える。
注意を払いながら飲むと、濃厚な豚骨感とともに広がる醤油ダレと強めの塩気。
この強めの味付けは鍋焼き故か?
二杯まで無料というライスが活躍するのは確実だ。

麺は細いストレート。
滑らかなすすり心地でスープを纏うとなかなか旨い。

具は、大きめのチャーシューと野菜など。
チャーシューはロース。
鍋焼きなので、やや硬くなっており噛みごたえあり。
野菜については店頭に「本日の野菜」として生産者名が張り出されていた。
産地はたぶん地元なのだろうが、主夫ではないので特に興味はない。

その野菜は鍋に浮く具材的で麺やチャーシューとともに。
最後はライスに野菜を乗せ、スープを少しかけて食べた。

○○さんとこの野菜は旨い

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「味噌らーめん880 大盛200」@らーめん金竜の写真看板にも店頭にも書いてないが味噌ラーメン専門店だ。
あまり広くない駐車場に車を押し込み
店内カウンター席へ。

昼時で満席。
アタシと同年代の淑女や若いレディが『味噌らーめん(普通)』を食べているのに
同じものを食べる訳にも行かない…と大盛で注文。
20分ほどで出来上がったラーメンはなんとも濃そう&ドンブリが重い。
三つ葉が乗っているのは珍しい。

光るラードの下からスープを啜ると、見た目から想像したものとは違う味。

山椒、唐辛子がビシッと効いているのだが、熟成の酸味(よくわからん)?や甘味、胡椒などの香辛料、そして三つ葉やゴマとあわさって
なんとも不思議な、爽やかささえ感じるアジアン的味で旨い。
万人受けはしないかもしれないが、自分は好きだ。

麺は平打ちの太麺。
コワゴワ感がありスープに負けず個性的だが、噛めばちょいポソでなかなか合っている。旨い。
ちなみに厨房の麺箱には“珍來製麺所”と印字があった。

具は三つ葉のほかに多めのモヤシ、ネギ。
そこにゴマがたっぷり。ゴマは白が多いが黒も乗る。
スープとも合うし、麺とからめてもいい。

不思議な旨さでスープもほとんど飲んでしまった。
好き嫌いがはっきりしそうな味だが、ハマるとクセになるような味噌ラーメンだった。

楽しいロンドンしびれる日の丸

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば(中)930」@もちもちの木 野田店の写真クソ暑い夏でもアツアツの木。
相席テーブルに座り、
待つこと10分ほどでラーメンの到着。

メチャアツでまったく冷めないスープが
たっぷり張られており、麺は見えない。
インスタ映えはしないかもしれないが、
ケチらないたっぷりスープは嬉しい。
鶏、豚ベースに鰹節強めの味は
俺の旨いを刺激してくれる。

麺はヤワメながらモチッとしており、
食べやすく旨い。スープとの相性も抜群。
柔らかい穂先メンマも旨い。
その分、チャーシューとネギの印象は薄いが。
完食。スープを半分以上飲んで汗だく。

少なくて嬉しいのは失点
固けりゃいいのはアレ

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「赤辛つけめん830」@舎鈴 プレナ幕張店の写真舎鈴はチェーン店ながら安定したつけ麺を提供してくれると思っていたのだが
店、スタッフによるブレが大きいことを知った。

昼時だけに満席。

つけダレは、猫舌なアタシが一気飲みできそうなほどの、
いや泳げるくらいの、ぬるま湯。

麺は底に冷たい水がたっぷり溜まってのおり、
後半はびしょびしょ、さらに温度低下。

セルフの割りスープは90度に温度管理されているようなので、それで食べれば良かったかなあ(棒)
フードコートのようなセルフ形態だから、残しやすくて助かった。

流れ作業ではなく流し作業

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「ふじ味噌(赤) 930 ニンニク少なめ」@栄勝軒の写真故山岸さんの写真につられて入ってみた。

店に入ると風除室に二台の券売機、その上方にメニューの写真。
左が“なか邑”、右が“栄勝軒”と書いてある。

ここは栄勝軒のはず、二毛作か?
いや、どちらの券売機も生きているぞ。
と、後から客が来ないので悩むこと30秒、「ふじ味噌 (赤)」にした。

女性店員さんに食券を渡すと、左のカウンター席へ。
どうやら、店内に二店舗あるわけではなさそうだ。
中盛りまで同額とのことなので、中盛り、ニンニクが入るとのことなので、少なめで。

ラーメンはボチボチの盛り。
野菜マシとかないのかな、と思いつつスープから。

濃い味噌味に背脂という、デブ専御用達的スープ。
品のある味噌味なんか○○くらえ、で好きだ。
ラー油などで加えた辛さが程よい。

コワゴワの麺は食べごたえがあり、咀嚼力を要するが、これはこれであり。
スープに負けないが、相性は良い。

チャーシューはペラが二枚。
これは残念。
やはり、二郎やインスパイア系とは違うんだろうな。
モヤシは苦味なくよい加減。

漬けニンニク、背脂で旨さの増したスープはしょっぱさ強めだが旨く
結構飲んでしまった。

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「辛味噌ラーメン 大辛 870」@ラーメン山岡家 野田店の写真山岡家と言えば辛味噌。
というより、山岡家の辛味噌ラーメンは、間違いなく旨い。
そう思っとる。

「辛味と旨みのブレンド味噌。赤いスープ・選べる辛さ!これぞ辛味噌!」
と山岡家H.Pにある通り、辛くてニンニクの効いたベタな辛味噌がアタシにはツボである。
ゴマもいい働きだ。
大辛でも辛いばかりではない。旨辛だ。
この、テカテカに光るアブラが山岡家標準だから、アブラ苦手な方はアブラ少なめ指定がよいだろう。

山岡家特製のストレート太麺は、“普通”の茹で加減で、ちょいポソツルシコ。
このハードゲイなスープでもその個性は埋もれることなく、旨い。
ちなみにヤワ目もモッチリしてなかなかであることを付け加えておく。

具はチャーシュー二枚とほうれん草、海苔、ネギ。
麺とスープが主役、ボリューム的にもこれらは脇役というかチョイ役と思っているので、割愛。

旨すぎてスープを半分飲んでしまったが、これは健康管理上、オススメはできない。

このラーメンが真似されないのが不思議
なんて思うのはアタシだけ?

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「小ラーメン(豚) 850 ※無料トッピングは全て「普通」」@麺や 盛多の写真この店の前はたまに通るのだが、いつの間にか閉店し、
別の店が開店しとったので行ってみた。
店名は〝麺多い〟ではなく〝盛り多い〟
専用駐車場は三台で、減ったのかな?

中に入ると、カウンターの派手な模様も、店主も変わらず。
無料トッピングの案内を読み、すべて「普通」でお願いした。

10分ほどでの提供。

スープは油層がかなり厚く、オイリー。
脂もかけられておりジャンク感は高い。
塩分は高め。脳血管直撃系だ。
オイルは帰宅後に効いてきた。

野菜はモヤシ。シャキシャキとした茹で加減が良い。
「普通」だと、ご覧の通りで量は少ない。

褐色に色づいた極太麺はコワゴワ感の強い硬めのもの。
チョイとやり過ぎ的硬さで、アゴの疲れより入れ歯のガタつきが心配だ。

豚は角煮タイプ。増し150円で1個のようだ。
インスパイア系の豚増しということを思うと、ちと高く、デフォでよかった印象。

麺多にするなら大ラーメン
盛多にするなら野菜増し

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件
74

「特製鶏白湯950」@麺屋ひぶたの写真誕生日祝を口実に息子夫婦と孫3号を連れ
柏の未訪問店へ。

ちなみに券売機では
「しょうゆ」(魚介醤油) 「しお」(えび塩) 「みそ」(味噌) 「鶏白湯」(鶏白湯)
と区分されており鶏白湯に味噌はない。
店のメニュー三本柱が味噌以外なので味噌は鶏白湯ベースなのかな。

特製は、チャーシューが、二枚と味玉がプラスで250円だ。
ボタンにはないが、玉ねぎ100円が現金で追加可能とのこと。

ラーメンは、流行?の底が細いタイプのやや小ぶりな丼に
チャーシューが三枚、味玉、メンマ、海苔、玉ねぎ、ネギが入れられたもの。
具が多いというより、スープが少ない印象を受けてしまうやつ。

スープは鶏感がフワリと広がり濃厚。
ペタつきはなく、旨いがやや塩分高めに思われ。

麺は中太でチョイかたの茹で加減でツルシコ。
スープとの相性もよい。

チャーシューは大判。厚みもあり柔らかく、麺と共に食べて旨し。
味玉はやや冷たいが黄身トロリで旨い。
スープはやはり少なめだった。

次回は限定か味噌かな。

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「○得セット「鶏しおラーメン+替玉+餃子3個」800」@麺屋 傅の写真いわゆる裏県から埼玉方面への抜け道に、
「ラーメン」の幟を見つけて入ってみた。
オープンして日が浅いようで、店舗登録。

600円均一の各種ラーメンは大盛不可とのことで
「替玉」が200円、「ライス」が200円。
だがメニューをよく見ると
「ライスor替玉+餃子3個」のセットも200円。
この値段設定なら、セットを選びます罠w

例えるなら……
黄銅色の両手鍋で沸かしたスープを注ぎ
長めに茹でた細麺を入れ
冷蔵庫から出した作り置きの具をいれた……
かのような雰囲気の一杯w

スープは軽めの鶏白湯。
麺は素麺的ヤワ&啜り心地。
具は角切りのようなチャーシュー、ネギなど。

麺は替玉も同様の出来。
餃子は旨いがラーメンの底上げにはつながらない。

場所柄もあるかもしれんが
現状では当サイトでは○しいと思われ。

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件