なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

笑う赤青龍

清くなくとも正しく生きる

平均点 72.330点
最終レビュー日 2019年10月15日
352 312 0 862
レビュー 店舗 スキ いいね

「味噌チャーシュー麺900」@手打ちラーメン 本丸の写真伊勢崎駅付近に、綺麗な店構えのラーメン屋を発見。
手打ちラーメンらしい。

カウンター席に座り、味噌チャーシュー麺を注文、8分ほどで配膳。

ゴマが浮くたっぷりのスープにチャーシュー、モヤシ、コーン、ネギ、海苔が見える。

スープはゴマがほんのり効いたやや甘めの味噌。
サラリとした口当たりで、ネギと合わせて飲むと、味噌汁的優しい味わい。
かといって
ラーメンとして物足りないということはない。

麺は不揃いの手打ち。
メニューに「手打ち麺本来の味を引き出すために、ヤワメに茹でています」と書いてあるが、
ヤワイといっても噛み心地、啜り心地はよくて旨い。
優しい味噌ともピッタリだ。

チャーシューは5、6枚(だったか?)。
適度に軟かく、なかなか美味い。
コーン、モヤシ、海苔、あとメンマも入っていたが、どれもスープに合う。

スープをかなり飲んで完食。

硬めパツパツ族には勧めないが
地元常連さんぽい人たちで満席だし別によかろう

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「みそワンタンメン730+税」@ラーメン にしむらの写真館林の老舗(ではないかと思う)で味噌ラーメン。
店の前には、かわいい猫が数匹お出迎え。
こちらは店内、座敷&座卓のみなので、相席は必然。

味噌チャーシューメンを注文しようとしたら
前日の宴会でチャーシューが切れてしまい
チャーシューがないとのことなので
ワンタンを入れてもらった。

十分くらいでラーメンが運ばれてきた。
こぼれる寸前のヒタヒタなスープ。
ワンタン、炒め野菜はほぼ水面下で、中央の白いネギが目立つ。

スープは穏やかな味噌。
炒め野菜の旨味が溶け出して旨さを増してくれる。

麺は粉っぽさを遠くに感じるヤワメのモッチリ中太。
ブルブルとスープを拾いながら食べるのは楽しい。

小さめの餡だがツルリと旨いワンタンは、6個?7個?
食べているうちにわからなくなってしまった(汗)
ニラ、ニンジン、モヤシなどの野菜はスープと一体化で旨し。

なお、味噌ワンタンはメニューにないため、
値段は「味噌バターや味噌コーンと同じね」ということで、730円+税であった。

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「燕三条生姜らーめん(背脂=大)750+税」@ラーメン酒場 天狗の写真「燕三条らーめん」の幟に惹かれて入ってみた。
カウンターに置かれた写真つきの「ランチメニュー」を見ると
「中華そば」「濃厚煮干らーめん」と「燕三条らーめん」があり
燕三条らーめんは「燕三条生姜らーめん」と「燕三条にんにくらーめん」のどちらかを選ぶようだ。
燕三条生姜らーめんを注文、背脂は“大”(大アブラのことか?)でお願いした。

五分ほどでラーメンが運ばれてきた。
まずは細かい背脂がびっしり浮いたスープを飲む。
“大”というほどの迫力ではないが(個人的感覚)、スープにコクを与えてくれる。
煮干感は相対的に控えめで、背脂醤油という感じ。
麺は中細に近いストレート、やや捻れがある。
ポソプツとした食感で、これは流行寄り。

具はチャーシュー、玉ねぎ、岩のり、そして生姜。
チャーシューはきれいなレアチャ。
スープにしっかり浸してから食べる。
岩のり、玉ねぎはこの手のスープには必須。
多めの生姜はスープへの影響力があり、中盤以降、背脂生姜醤油となった。

燕三条ラーメンというネーミングではあるが、別物といってよさそうに思う。

私が見た写真入りのランチメニューでは750円であったが、会計時に消費税が加算され810円。
握りしめた小銭をそっとしまい千円札を出したのだが、
ラーメン屋だけ外税反対論者は、こういう場合にこそ突っ込みを入れるべきであろう。

100円マックは108円 タラッタッタッタ~♪

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「厚切りチャーシューメン(醤油)920 ※チャーは脂身なしの方」@ラーメン桐生 伊勢崎店の写真新伊勢崎駅前にあるこちら。
ちょいと調べたら大盛系が多そうだが、
ほとんどレビューされていない、
逆に変わり種っぽい表記メニューを注文。
注文時に
「チャーシューは脂身のあるものとないもの、どちらに?」と聞かれ
「ないほうで」
「ほとんどありませんが、いいですか?」
「オケです」
てな会話がかわされた。

少々時間がかかって提供されたのは、
今風というか底が細い普通の丼+α、な大きさ。
やはり“スタミナ”や“餃子ラーメン”などの系統が大きいのかもしれないが、もともと自分にキャパはないので問題ない。

スープは鶏豚基本に醤油という、これまた普通的味わい。

麺は平打ちの縮れ、所々に幅広不揃いのところがある。
ツルッとした感じで啜りやすい。
丼の大きさから普通のボリュームに思えた麺量だが底のほうまであって意外と多い。
一般的なラーメンの大盛くらいはありそう。

チャーシューは説明通り、ミッシリな肉で、脂身ほぼゼロ。これは注文通り。
隣にいた同年代のオサンも同じ注文をしていたから、お互い体のことを気遣っているんだなとおもいながらミシミシ食べる。
メンマは味濃いめ、あとは半玉など。
次回は腹ペコで来て、看板メニューにしよう。

逆の逆は正

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「塩らーめん 750 チャーシュー 200」@燵家製麺の写真大型商業施設の一角にある店。
中型トラックでも駐車場の心配が全くいらないのは助かる。

入り口そばの券売機で食券を購入。
左上の法則であると同時に“当店のおすすめ”と書かれた「塩らーめん」を選択。
肉な気分だったので、「チャーシュー」を追加。
カウンター席で待つこと5,6分で出来上がり。

スープは魚介の風味、それを追いかけてくる強い旨味でPRPR。
これは苦手。

自家製という中細ストレート麺。
パツンまでいかない程よい硬さで、NKNK。
スープとの相性もよいのだと思う。

具はチャーシューとメンマ、海苔、ネギ。
チャーシューは、バラタイプと周辺ピンクな2種類。
このチャーシューが・・・
ピンクタイプはPSPSどころかBSBS。
バラのほうも中央部分がKCKC。
どれがデフォでどれがトッピングかは不明だが。
メンマ、海苔の印象は飛んでしまった。

へんなローマ字ごめんなさい

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿(更新) | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「たまらん 大盛 900」@つけ麺 弥七の写真前回訪問時に入口扉に貼ってあった
こ汚いビックリマンシールみたいなのが撤去されており、いい気分で入店
子供のいたずらというよりN.Y.地下鉄の落書きみたいだからね。

注文したのは限定のらーめん「たまらん」の大盛。
こちらの店主はいろいろと◯ッチ系に掛けたネーミングが好きなようだが
それを堂々と口にし、文字にするという思い切りの良さにたびたび驚かされる。
この「たまらん」はおとなしいから、ソッチ系ではなく普通の単語なのか
それとも「溜まらん」なのか「玉乱」なのか考えていると着丼。

鶏満載のスープ、光るアブラもバッチリ効いて鶏がドン!
旨い。

肌色鶏チャにピンクチャ、が大きくしっとり薄味で旨い。
煮豚も軟らかく、肉の三所攻めか。

太いメンマと三つ葉もいい。

細くて硬めの麺はすすり心地がいい。
スープにもよく合う。旨い。大盛りにして正解。

あっという間にスープも飲み干し、完食◯淫やる気マンマン。

オヤジ 日刊ゲンダイ タマランチ会長

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

「味玉らーめん 864」@らーめん芝浜の写真平日昼時の訪問で外待ち2に続いた。
店を出たときは10人ほど待っていたから運がよかったようだ。
10分ほどで店内へ。

置かれているメニューを見て、とっさに表記を選択。
外待ちの時に予習できたら有難いのだが。

男性二人、女性一人の三人体制。
店主は助手?に麺茹でなど指導しながらの調理と忙しそうだ。
さらに10分ほどでラーメンが提供された。

醤油色の濃いスープは油が多く熱々。
見た目通り醤油が強め、鶏しっかり。魚介、昆布などが 際立ち、和風で旨い。
塩分はそれなりに高め、わかりやすくてよい。

麺は細くやや硬めだが、流行りの歯切れのよいタイプではない。
流行りのタイプが好きという訳ではないが、ザクザクとかパツンとは違い、ねっとりした蕎麦のような雰囲気。

チャーシューは所謂低温調理のピンクチャーシューとバラ煮込みタイプ。
ピンクの方はしっとり、味薄めで旨し。バラの方はつまむと崩れるほどで、麺とともに食べる。

味玉らーめんはデフォルトの「お醤油らーめん」(650円+税)にトッピングの「最強の味玉」(150円+税)が乗ったものだろう。
黄身はゼリー的だが妙に味濃く、これは好みから外れた。値段的にも。
ネギは醤油の余韻を打ち消す。よい素材なのだろうが。

程なく完食。

王様の耳はロバの耳

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「濃厚辛らーめん850 刻みタマネギ80」@つけめん らーめん ブータンの写真近所の病院への仕事ついでに再訪。
前回はつけ麺だったので今回はラーメンをチョイス。
濃厚トンギョに合いそうな刻みタマネギをトッピング。
券売機で食券を買ってカウンター席へ。
待つこと数分ほどで、トレーに乗せられたラーメンが高台に置かれた。

つけ麺とは違い食べラーのようなものが乗せられている。
スープはいかにも濃厚、旨い豚骨魚介だ。
濃厚なスープだけに、この、多めの辛味はいい感じで馴染む。

刻みタマネギは、たぶん増した形となったと思うが、
濃厚なスープにはいい具材だ。
ただ、ゴリっと固い部分がいくつかあって、入れ歯がズレるかもしれなかったのが残念。

麺はしっかり硬めの中太麺。
風味がいいし、スープの絡みもよく旨い。
この濃厚なスープにピッタリな麺だと思う。

具は、角煮タイプのチャーシューと太いメンマ。
チャーシューは外はカリっと香ばしく、肉は柔らかく旨い。
メンマも旨い。

麺量は十分。スープはなっかん少なめ&濃厚なので
麺と具を食べ終えた頃にはほぼなくなった。
残りを飲み干し完食完飲。
ボリューム的に、和え玉には手が回らなかった。

もはやマタオマは煮干し

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

「ミニソースカツ丼セット560 ラーメンに変更+200」@上州庵の写真最近はフードコートでも
味やボリュームに納得できるところが多いが…

そばかうどんだな
食べてないけど…

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「こってり醤油ラーメン600」@佐野青竹手打ちラーメン いしかりの写真太田への仕事途中に訪問。
ところで皆さん、住所の邑楽って読めますか? 私はつい最近まで読めなかった・・

メニューを見て、「こってり」という文字に惹かれて思わず注文。
手打ちで醤油でこってり?と思いながら待つこと数分で出来上がり。

アブラが光るスープには背脂がたっぷり。
啜ると鶏ガラ主体のスープは醤油で纏められ、さらに背脂の甘みが加わりこれは旨い。
爽やかなネギが、また合うではないか。
レンゲにスープと背脂とネギを掬い、30秒ほども夢中で啜り続けてしまった。

我に返って麺を引き出した。

太く、捻じれた不揃いの手打ち麺は、滑らかさとコシがあり、まるで うどん のよう。
ブルブルとした啜り心地、風味、そして粉っぽさもよく旨い。
どうやら自分好みの麺に出会ったようだ。
そんな好みの麺に旨いスープが絡むのだから、最高だ。

具はチャーシュー、メンマ、ナルト、海苔、薬味ネギ。
チャーシューは厚みもあり、軟らかく旨い。
しかも二枚!
メンマ、ナルト、ネギも箸休めの役割を果たしてくれる。

これだけギュっとつまった旨いラーメンが600円とは安くないか?
と思いながら完食、そして最後の一滴まで飲み干して完飲。

異性の好みもラーメンの好みも人それぞれ
ハマった一杯が この値段なら 高評価
再訪必至

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件