なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

笑う赤青龍

清くなくとも正しく生きる

平均点 72.330点
最終レビュー日 2019年10月15日
352 312 0 862
レビュー 店舗 スキ いいね

「麻婆タンメン(小)790」@姫路タンメンの写真また姫路。
したたかに酔った私の前に現れた
『野菜 足りてますか?』
という大きな文字。
足りてないぞ、と正面に回ると
看板には「姫路タンメン」とある。

「東京タンメン」や「茨城タンメン」あるいは「冨士タンメン」といった、○○タンメンの列か?
と思いつつ、野菜不足解消のため姫路タンメンなるものを食べてみることにした。
…したのだが、注文は麻婆タンメン。
飲んだ後は、辛いものを食べたくなるのだ。

ラーメンの到着。

丼の半分強が、麻婆で覆われている。
麻婆が乗る分、野菜はさほど多くない。
まずは素の姫路タンメンスープと思われるところから。
これはあっさり、塩味。塩分は高め。

野菜はモヤシ、キャベツ、にら、ニンジンなどが入っており、火の通りは軽めながら程よくシャキシャキ。

麺は捻れた平打ち太麺でツルモチっとしたもの。
麻婆が絡み、野菜もスープも絡む。
タンメンのいいところは、これだ。
なお、中本やそのインスパイアと違い辛くはない(と思う=酔っているため)。
ほぼ完食。

姫路タンメン 定義の調査はまた後日

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ワンタンメン700」@新生軒の写真歴史ある店で飲んだあとの〆の一杯。
店内は満席、空いたカウンター席に入れ替わりで座る。

澄んだスープは鶏豚に野菜のスッキリ系、旨味と胡椒の効き強め。
舌を通り越し胃に沁みて旨い。

中細ストレートの麺は、気持ちヤワメながら啜り心地よい。
スープとの相性もなかなか。

具はチャーシュー、モヤシ、メンマに青ネギ、あとワンタン。

モヤシやチャーシューのネガなところが顔を出すが、胡椒の効いたスープがカバー。
ワンタンは、ツルッとしており旨い。
ラーメンではなくワンタンメンにすると、
マンションを買うときに、同じ間取りでも、ひとつ上の階を購入したときと似たような優越感がある。

なんのこっちゃ

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば850」@大貫 本店の写真創業大正元年以来という、歴史ある中華料理店だ。
天一尼崎店の隣にある。
店内はテーブル席のみ。

卓上のメニューとは別に、壁に案内木札のかかるのごオススメのセットのようだが、
中華そば焼豚(ミニ)セットで1300円、(並)セットで1700円となかなかの値段。
ならば、と中華そば(850円)と「一品類の人気No.1」という蒸し鶏(1000円)を注文してみた。

ラーメンは、暗めの色をした醤油のスープ。
スープは独特な味で、酸味のようなものを感じるが、これが「創業以来継ぎ足した熟成醤油ダレ」の味なのだろうか。
好みが別れやすい味かなと思う。

麺は中太のストレート。
ちょい硬めでコシもあり、存在感がある。「足踏み玉子麺」だそうた。

具はチャーシューとキクラゲ。
チャーシューはやひり熟成醤油ダレによる味付けだろうか。

蒸し鶏はご覧の通りなかなかのボリューム。
説明書きによると350gはあるようだ。
味は熟成醤油ダレと棒々鶏ソースのハーフ&ハーフで、柔らかくこれは旨い。
1000円だが、二人つまむにはちょうどよかった。
鶏肉好きなアタシは気に入った。
なお、あくまでもビールのアテとして食べたものなので評価には含めない。
もちろん、「+ビール」「+蒸し鶏」とも書かない。

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「濃厚魚介つけ麺930」@三豊麺 尼崎店の写真久々にトンギョが食べたくなり入ってみた。
店外の券売機で食券を買いカウンター席へ。
席に座ると国外系とおぼしき店員さんが、麺量の説明を指差すので“大盛”を指差す。
どうやら店員さんは皆そんな感じがする。
壁の貼り紙によれば、大阪や兵庫に10店舗以上あるらしい。

6,7分でつけ麺が到着。
褐色ツブツブ入り麺の上には増した味玉。
いまではトンギョつけ麺だと中太とも言えそうな平打ち気味の太麺。
麺だけ食べると、香り、味はまずまず。
味玉がないと麺だけなので寂しいが、この味玉ならなくていいかな。

つけダレは幕張というよりトロミ濃厚。
粉は乗っているが、効果は感じない。ノッペリした印象。

基本の具はつけダレにメンマと角切りチャが2個とネギ。
あとは忘れた。

特盛(茹で後750グラム)まで無料だし、昼時はライスがサービスらしいので
デフォでたくさん食べるのがお得か。

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「味がさね (値段失念)」@天下一品 阪神尼崎店の写真自分の住む千葉県といえば
関西〜東海〜関東の各都府県で唯一の 天下一品空白県 で有名だw

その天一を食べるのに苦労しない関西圏への旅行。
友人と尼の夜で旧交を温めたをあと、店頭幕のサイレント・サイレンの笑顔に見とれながら〆に訪問。
選んだのは、味がさね。

スープはアツアツで、コッテリした白味噌風味。
天一らしさは健在、しかしデフォのコッテリよりは口当たり軽めな感じ。
具の旨味も溶け込んでいる、かどうかはわからないけど、旨い。

麺は味がさね専用とされている太麺。
ツルモチで噛みごこちがよく、スープもよく絡む。旨い。

具は、豚バラ肉と白菜、ネギ。
白菜と豚バラはなかなかのボリュームで、鍋のような感じ。
なかなかの食べごたえ、スープとの相性がよいのはもちろんだ。
白菜の味が目立つのが少々気になったが、されも個性。

途中から、別途提供された薬味を加える。
白胡麻、揚げ葱、おろしニンニク、肉味噌。
これらを順に少量ずつ入れて味変を楽しむ。
好み的には白胡麻と肉味噌は◎、ほかは△。

天一はやっぱりデフォのコッテリ!という方が多いだろうが、
この味がさねは、広く受け入れられそうな味だと思う。
デフォのコッテリも、味がさねも、千葉県民にも気軽に味わえるようになってほしい。

まあ、フランチャイズや鎖店(爆)偏見者には無用かもしれんがw

ごちそうさん 笑う赤青龍

※酔っていたこともあり値段を失念してしまったが
 890円とか960円とか、だったかと。
 ヨンケタはなかったと思う。

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「黄金唐揚げセット930(おいしいラーメン+唐揚げ丼)」@どうとんぼり神座 AMASTAAMASEN店の写真店外の券売機で食券を買い、カウンター席へ。

スープの表面には白菜が大量に浮かぶ。
そしてスープは、アッツアツの火傷注意レベル(笑)
そのスープはやや甘〜い醤油味。
この白菜、なかなか減らず、後半はスープに馴染んでくるが、
シャキとした食感は失わず、水分がスープに出て水っぽくなるということもない。
なかなか美味い。

ツルツルした中細ストレート麺は、適度なコシがあり、伸びる気配がない。
このアッツアツ白菜スープにはピッタリだろう。

具は他に小ぶりなチャーシューが2枚。
軟らかくて美味しい。

具の種類がなく白菜が多いので単調になりそうな気もするが、
配膳時に案内された、備え付けのニラキムチを少しずつ入れて変化を楽しむ。

美味しかった。

セットの唐揚げ丼も、ボリュームがあり
温玉が乗っておトク。
満腹だ。

落ち着いたBGMが流れる綺麗な店内、
きれいな身なりで気の利いた接客ができる店員。
そして、納得できる味と値段のラーメン。
この系列では何度も食べているが、どこもレベルが維持されているように思う。

なぬ、チェーン店だからマイナス点?
それなら
店が汚い、無愛想、つっけんどん、
並び方がわからない、提供に時間がかかる、
なんて項目にマイナスしたほうがいいと思うぞ。
関東の田舎の鎖店?(爆)とは違うのだよハゲ。

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件