なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

笑う赤青龍

清くなくとも正しく生きる

平均点 72.323点
最終レビュー日 2019年10月17日
353 313 0 865
レビュー 店舗 スキ いいね

「チャーシューメン800 燻煙バラ(2枚)150 半ライス50」@家系ラーメン 熊田家の写真昼前の訪問で満席店内待ち。
券売機で食券購入、ジャスト1000円。

カウンター席に座り、お好みは「すべて普通」、10分ほどでの提供。

油浮くスープは豚骨感しっかり。
タレが強めでショッパも強め。

麺は短めで啜りやすい中太ストレート。「普通」でもやや固めで噛みしめてよし。
スープとの相性も良く、これは好み。

チャーシューはミシッとした感じのデフォが三枚と、バラを燻した二枚か。
どちらも、ちと固くてこれは日光の手前。
炙ったり燻したりすると固くなるのかな?

ほうれん草、海苔は存在感あり、スープにひたして旨し。

ライスは壁に書かれたおすすめの通り
刻み生姜、ニンニクにマヨネーズ、そしてスープをかけて食べるとこれも旨かった。

次回はデフォにライス、味薄め

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ネギラーメン750」@ラーメンショップ 塚崎店の写真たまに通る道にあるプレハブ?店舗。
あまり惹かれない外観なのだが、
この日は営業車やトラックが多数停まっていたので寄ってみた。
カウンタータイプの席に挨拶文が置いてあり、
読むと、前の店主から店を引き継いだようだが、味?は引き継いでいないようだ。
リニューアルオープンと書いてあり、店内はきれいだから、リフォームしたのかもしれない。

ネギラーメンを注文。数分で提供。

油の浮くスープは豚くさ旨味強め。
塩分も高めで還暦過ぎのジジィにはちと刺激強い

麺はぽそっとした中細。
かん水臭さが昔からあるラーメンらしく思える。

具は多めのネギ(細かいチャーシュー入り)にメンマ、ワカメ、海苔。
ネギは多めのごま油などに和えてある。

やはり地元のラーメンショップとは似ているけど違う。不思議だ。

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「豚バラ薬味メン970」@らーめん うそだっぺーの写真日曜日。
つくばサーキット近くへの仕事があったんで
麺や 酒処 よし乃へ行ってみると、外にいた店の人?が
「今日はちょっと休みなんですよ」と。
「うそだっぺ~」とつぶやいて思い出したのがコチラの店。
にーきゅうよん へ出て北上。15分ほどで到着。

赤い看板「らーめん うそだっぺー」の下には「らーめん 各種定食」とあり
店内にはラーメンではなく定食を食べているお客もちらほら。
写真付きのメニューを見て、一番推しっぽい「味噌ラーメン」か「ネギ味噌ラーメン」・・
と思ったが、「豚バラ薬味メン」が気になり、それを注文。
10分ほどでラーメンが運ばれてきた。

青ネギが一面に浮き、中央には豚バラ。
豚バラは、揚げだったのね。。

スープは醤油ベース?にラー油の効いたピリ辛、それをネギザクザクで食べるように飲む。
すりゴマも入っているか。
写真通りの品なのでネギが多い(多すぎる)と感じることはなく、想像通りの方向で旨い。
自分がネギザクが好きだから、だが。

黄色みの強い麺は中太でもっちり。
スープとの相性はよく、なかなか旨い。

豚バラは揚げたものが数枚。
カリっとした揚げ方ではなく、しっとり軟らかい。
豚バラという肉を感じるよりコロモ、アブラを食べているように感じてしまい、
これはあまり好みではなかった。
だが、多めのネギを包んで食べると、いい感じに。
具をごはんに乗せてみたい気もした。
後半は、麺と豚バラ揚げとネギを合わせて食べて、完食。
意外に惹かれ、スープも結構飲んでしまった。

今度こそデフォ と日記には書いておこう

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「syooyaチャーシューメン900」@Cafe Style Shooyaの写真茨城なのに、茨城なのに、
千葉のソースラーメンや竹岡式を提供する店。

明るく広い店内には、バイクやサーフボードなどが飾られている。
写真つきのカラフルなメニューには各種ラーメンの特長が書かれている。
カレーラーメンやチリトマトラーメンなどもあるが、店名を冠した竹岡式を注文。
ソースラーメンはレギュラーメニューにはないようだ。
竹岡式ラーメンは、某パ○○店で食べて以来二回目だったかな。

なお、レンゲや箸、紙おしぼりなどはセルフとのことで、店内中央のカートから持ってくる。

10分ほどでラーメンが運ばれてきた。

メニューの説明に『二種類の厳選ブレンド醤油をフランス産赤ワインで煮込み
三時間寝かせる熟成仕込みの醤油タレ…』と書いてあるが
その醤油ダレがメインのスープ。
見た目の通りショッパく、玉ねぎにホッとするので、早々に麺へ。

茶色く色づいた麺はプリっとした中細の縮れ。
乾麺ではないところが、再現というより敢えての安っぽさ演出のようにも思えるが、スープとの相性は良い。

具は、チャーシューずらりと味玉、海苔、玉ねぎ、メンマ。

炙りを入れたチャーシューが6枚。うち一枚はハシブタアザマスタイプで厚め。
かなりしっかり煮込まれており、味も濃いめ。
食感はややパサついた硬めのシーチキン的。迫力はあるが、あまり好みではない。炙りも醤油と重なり、ちと鼻につく。
味玉はオレンジ。これはイマ風。

いつか本場で竹岡式

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿(更新) | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「味玉らーめん750」@麺屋まる吉の写真たまに通る道、閉店していたラーメン店のあとに、またラーメン店が。
外にある倉庫?の壁には赤い大きな字で
『手作り餃子と打ち立てめんの専門店』とある。
居抜きの新店のようだ。
風徐室の券売機で食券を買いカウンター席へ。
提供はかなり早く、入店から三分ほどでラーメンが運ばれてきた。

油の浮くスープは見た目の通り薄味の醤油。
あっさりの旨味強めの底上げに感じるが、鈍感なためか醤油の風味が物足りない。

麺は縮れた不揃いの平打ち中太。
手打ちっぽいが違うようだ。
みずみずしさがなく、硬めというより固めな感じ。

チャーシューはバラが一枚。
味が抜けぎみで、ややB。
味玉は味付け濃いめ、メンマは既製的味わいに思えた。

のど越し生が河北麻友子

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「ダントツ味噌890」@常陸味噌らーめん むとうの写真アンチ ブルーザーブロディのみなさんこんにちは
嫌われ者の赤青龍ですw

最初に朗報です!
こちら、現在はメニューが税込表記となっています!
外税嫌いで計算苦手、買い物するたび気持ちがブルーになる方!
嫌なイメージを払拭するなら今ですよ!
また、店舗情報の「税別価格」は、いまや税込価格。
今どき値下げされた?みたいですよ!
訂正するチャンスですよ!

さて。
言われてみれば外観の一部やメニューが千葉や埼玉にある味噌専門店の系列に似ているが、
地元じゃないし、ましてやラヲタじゃないのでFCかどうかはわからない。
ただ、こちらはメニュー表では三桁ばかりで、セットやトッピングをすると四桁という設定はありがたい。
値下げ?の件もそうだが、客層を意識しているのだろうか(個人的想像)。

「どっさりもやし」と書かれたダントツ味噌を注文。
ネタ的気持ちのある注文だが、「インスパイヤじゃない」とか「盛りが少ない」なんて勝手に言うつもりはない。

数分後、某ふじ麺のように小さな丼に小高くもやしを積んだ一杯が、スープヒタヒタで登場。
丼の下にこぼれたスープ用と思われる受け皿がついている。
振られた胡椒が香る。

スープは赤白ブレンドの濃くてしょっぱめ、文句なしの味噌味というやつ。
常陸味噌と看板にあるが、他のブランド味噌との違いはわからん。
ほどほど濃くて旨いと言っておこう。

炒められたモヤシは軽めの味付けで味噌を邪魔しない。
麺に行く前に、ネギと共に食べてしまう。

麺は中細~中太の縮れ。
スープとの相性はまずまず。

チャーシューはバラ。
軟らかく旨いが脂身多め。
メンマは太いものが2本、あとは半玉。
スープは多めのモヤシで薄くなるようなこともなく、完食。

チェーン店がだろうがフランチャイズだろうが個人店だろうが
アタシは旨けりゃいいんだな

ごちそうさん 笑う赤青龍




さて、余談というか独り言。

個人店、自家製にこだわるというかチェーン店を色眼鏡で見る人って
スーツはツルシじゃなくてオーダーメイド
外食はチェーン店ではなく仕入れにこだわるレストラン
家ではスーパーの冷凍食品や既成品は自然食品を調理して食べる…
のかな
そんな人がラーメン食べ歩いているとは思えないが…

また、どんな店の店主も店長も店員も、
汗水垂らして働いて稼いでいるわけで。
(そうじゃない奴もいるという異論は認めるが)

あと、外税への不満は表示のしかたの問題だよね。
内税だって、税金は取られているんだから。
ん、免税事業者か?
税金に関するお問い合わせは国税庁へどうぞw

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「味玉しお 900」@RAMEN Wingの写真古河イオンへの所用ついでに訪問。
アミューズメントカフェバーというだけに、全くラーメン屋らしくない外観。
店内が全く見えないが駐車場にはクルマが停まっている。
ちなみに駐車場の枠は細長い。

店内はダーツバーのような、というかそのものなオシャレな雰囲気。
昼間はラーメン専門として営業しているらしい。

店主1人での営業で、まだ始め立てだからだろう。
オペはまだまだつたないと思われる。
メニューが数種あり、太麺のつけ麺やまぜそばがあるから仕方がないが
目算すると時間10~12杯くらいか。
オランダ軒は時間15杯位だったが、今、あそこと比べるのは酷だろう。
そこそこ時間を要しての提供となった。

具沢山な印象の、これまたオシャレ風な一杯。

スープは個性的な塩味。
ボルチーニ茸とドライトマト等から出汁を取った塩ダレ、とのことだが
どちらもよく知らないので情報に負けずに味わう。
鶏のスープを、乾物系のような旨味のこの塩ダレが凌駕している。
味が濃く、塩分もやや強めの中華スープという感じ。

麺はやや角のある中細ストレート。
茹で加減は程よいが、麺の主張は弱い。
例えるなら替え玉、和え玉には触手が伸びないような。

具は流行りの豚鶏レアチャに味玉、メンマ、ベビーリーフなどの青菜、赤玉ねぎ、麩、そしてライムかな。
豚チャはしっとり、鶏チャはハム感覚で柔らかい。
味玉は黄身がちょい硬め、メンマは味濃い。

スープが主役か具が主役か、わかりにくいところ。
詰め込み過ぎな感じがしたが、スープ、麺も含め試行錯誤中であろう。

新店であるが、900円という立派な値段である以上、
これまで食べてきた多くの完成されたラーメンと同評価というわけにはいかないので、表記点数。
もちろん、伸び代がありそう、とも言える点数なわけだ。
オペも徐々に改善されるだろう。

日々是決戦
是々非々忖度
まずはお客が増えること

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「白味噌ラーメン(180g)890 味玉100 香味辛50」@麺屋 必道の写真昼時ということもあるだろうが、店内満席、中待ち、外待ち数人であった。
券売機で食券を買ってベンチで待つ。

中華そばはデフォの麺量が150gか180gかを選べる(同額)が
白味噌は同じく180gか220gとのことなので180gを選択。
味玉(100円)と「香味辛(具入りラー油)」(50円)を追加した。

その後、素敵なお嬢さまに案内されてバッターボックスへ。
10分ほどでラーメンが運ばれてきた。

白味噌のドンブリは、となりの「必道そば」や「背脂中華そば」より一回りは大きいようだ。

油の浮くスープはあっさりした白味噌の味。
上品でやや物足りない感じもしたが、グイグイ飲める。
中央の唐辛子味噌?を溶かしてややピりっと引き締まるがまだ外角低め・・と思ったが。
別皿で提供された「香味辛(具入りラー油)」を入れると一気に真ん中膝上くらいのコースに。
しっかり辛く、そして旨い。見事な辛旨なスープになった。
初回からの白味噌チョイスと香味辛投入はナイセンだと自画自賛。

麺は太くてモッチリ。これが旨い。
うどんのような感じさえするが、好きな内角高め。
スープの絡みもいい。

チャーシューは炙った感じのものが2枚。
具は他にもやし、コーン、メンマ、ネギ、海苔、スリごま、そして追加の味玉。
旨辛スープに乗り全員出塁。

スープをほぼ完飲してしまったこともあり、麺量はちょうどよかった。
少食になったのかもしれないが…

あ、それ
ヒットエンドラーン!
ヒットエンドラーン!
必道はオヤジにゃ読めん

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「チャーシューメン(醤油) コク増し 海老ワンタン1080」@らーめんすずらんの写真広い店内。
カウンター席はもちろん、6人掛け、4人掛けのテーブル席や座敷席がいくつもある。
飲食業の基本が十分にできた店員さんに案内される。

資本とか資本系という表現を見かけるが
多くの人を雇用して、多くの客にラーメンを安定して提供することは悪くない。
店内も広いし綺麗だし、店員の教育も行き届いている。
個人店は、店主の体調や人手不足により休んだり、店をやめてしまったりするのだから
組織化というのは悪くないと思うのである。
広く快適な空間でラーメンを食べることができたら、そこを誉めて欲しいと思うのである。
旨かったけど個人店じゃないから・・というのは〇〇(まるまるではない)だと思うのである。

きれいなメニュー冊子を見て選ぶ。
写真入りで案内があり、価格はそれぞれに「税別」と記載があっるので税込みと勘違いしようがない。
消費税増税を控えていることもあり、税別表示はまったく不自然ではないと思うが
外税表記にケチをつける人はせめて、
あの有名個人店の外税表記にケチをつけて「外税表記 -5点」などと書いていたら男気も上がると思うのである。

・・冗談である。

注文したのは「チャーシューメン」(780円)に「コク増し」(20円)「海老ワンタン」(200円)である。(すべて税別)
チャーシューとワンタン、どちらにするか迷ったうえでの判断である。
ちなみに単体の値段だと842円+21円+216円で1079円であるが、1080円であるのは国の消費税マジックだと思うのである。

昼時とあってテーブル席はほぼ満席状態だったが、15分ほどでの提供となった。

スープはあっさりながら動物系、旨みがしっかりと訴えてくる醤油。
表面に浮かぶさ背脂が少ないながらも良い働きをして、たしかにコクを増してくれる。
「コク増し×5」などと注文したら、あのかわい店員さんはどんな顔をするだろう、
などと思いながらスープを啜るのである。
スープがセントラル・・云々という表現も見かけるが、旨いまずいが“それで”決まるというのは
ホンマかいなと思うのである。

麺はストレート細麺。
ツルツルした食感で、程よい茹で加減。
スープの絡みもよく、なかなか旨い。
材料は「春よ恋」を使っていることを店外、店内、いたるところに知らせて前面に出している。
最近はこういう店が多いが、粉マニアでもないし食材通でもないので、その
「春よ恋」がどんなに優秀なのかはわからないし、他のブランド粉があるのかどうかすら知らないのである。
仮に仕事でプレゼン受けるなら、「春よ恋」以外を使った麺との比較結果が欲しいと思うのである。
また、その特徴や他の粉との違いをレポして欲しいと思うのである。

ちなみに麺を自家製ではなく自社製と区別するのなら
関東の人気店もグループ製麺所から仕入れているから他社製だ!
あの有名個人店も麺はどこぞの製麺所から買っているから他社製だ!
と声を大にして言ってほしいと思うのである。
できれば資本、資本系の店の麺がそれだけで旨くないという根拠も知りたいと思うのである。

チャーシューは5枚。
小ぶりで、見た目もメニューの写真とはだいぶ異なるのが残念である。
デフォのラーメンとの差額200円(税抜)を考えると妥当かもしれない。
海老ワンタンは3個。餡に剥き小エビが入っており、皮は厚め。

なんだかんだ言っても、完食、ほぼ完飲だったのである。

ダラダラ書いてしまったのでまとめると
醤油ラーメンは旨かった。背脂は増して正解。
チャーシューは思ったほどのボリュームはない。
海老ワンタンはトッピングしなくてもよかった。
デフォニセアブラデヨカッタ
と思うのである。

自家製麺より、旨い麺。
個人店より、旨い店。

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「バンスタ(坂東スタミナラーメン)780 大盛100」@らーめん ちゃん亭の写真たまに近くを通るのだが、
ブームの煮干しレビューばかり上がっていたので訪問を躊躇していた。
が、なにやら面白そうなメニューがあることに気づいたので行ってみた。

入口に菅野製麺所の箱が置いてある。
券売機はバンスタ2台。
左上のボタンは煮干、右上はバンスタ。
気持ちは変わらずバンスタのボタンをポチリ。
シビレは苦手なので、ノーマルのバンスタの大盛とした。
地元の〝坂東〟を冠して一番推しに思えたこともあるが、
〝スタミナ〟の具がレバーではなくホルモンで、さらに汁ありということに惹かれたのだ。

具だくさんの丼が来た、旨そうじゃないか。
大きなホルモンが数個見える。

赤みを帯びたあんは、熱々で甘辛。
ベースの醤油スープと合わさりよい具合で旨い。
あんの具は、ピリ辛に味付けされた厚く軟らかなホルモンにキャベツ、ニンジン、キクラゲ、にら、タマネギ、生姜、あとなんだろう。ニンニクか?m(_ _)m
火の通りも、味付けもよく箸が止まらない。
ホルモンも気になる臭みはなく旨い。

麺はきしめんのように幅広でモッチリ、そしてコシもある。
あん、スープとの相性はもちろん良い。
旨い旨いと、あっという間に完食完飲。

レバー入りのあんかけ汁なし麺は苦手だが、こいつは好み。
幅広な麺もピッタシじゃないか。
こりゃ、再訪して火辣か味噌を食べてみなければ。

地元民じゃないのに〝バンスタ〟最初にレビュー書いて、ゴメンねゴメンね~

あれ?

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件