なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

笑う赤青龍

清くなくとも正しく生きる

平均点 72.323点
最終レビュー日 2019年10月17日
353 313 0 865
レビュー 店舗 スキ いいね

「カレーつけ麺890 (麺量=小→茹で後450g)」@大勝軒まるいち 大宮店の写真券売機で食券を購入。
狙いの牛すじつけ麺が「×」で表題を注文。
カウンター席で待つこと8分で出来上がり。

カレー色のつけ汁には多数のネギと鷹の爪が一つ浮かぶ。

麺はストレートの太麺。
啜るとツルりとして、香りがほんのり。
麺だけよりも、つけて食べたほうがよいかなと
つけ汁に潜らすと、あら、豚骨魚介のカレー風味。
あら?あら?
ちいと中途半端な味。
鷹の爪の効果もわからん。

半分以上食べたあたりで撹拌すると、やや濃くなったが。

つけ汁の中にサイコロチャーシューが2つ。それなり。

並盛が890円で麺600g、満腹になるだろう

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「せたが屋らーめん 1150」@せたが屋 pasar蓮田店の写真あこがれの世田谷…ではなく、せたが屋、で検索すると、東京ドームや羽田空港、レイクタウン、そして関東各地のサービスエリアのフードコートに出店しているチェーン店のようで、グループには他のブランド店もある模様。

滅多に来ないサービスエリアでもあるので店名を冠した一番高いやつを選んでみた。

平日正午過ぎなので並びもなく、提供まで五分ほどと早い。

スープは多めの油に覆われた魚介系の醤油。

麺はツルッとした中細麺で、茹で加減はほどほど。
硬すぎず柔すぎず、万人向け。

具はチャーシュー、メンマ、味玉、海苔、ナルト。
チャーシューは一仕事終えた感があるので、ラーメン(830円)のほうがいいかな。
1150円は新サービスエリアならではの値段か。

高いハードルはフードコートの席確保

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「カレーチーズラーメン800 替玉50」@豚骨ラーメン いちもんじの写真店に入るまでは醤油ラーメンと思っていたが、
券売機に写真付きで案内があった「カレーチーズラーメン」にした。
10分ほどでの提供。

カレー粉を溶かし込んだ豚骨スープ。
元のスープは想像しにくいが、クリーミー的な豚骨か。
炙ったチーズはカレーとの相性が良いのは言うまでもない。
挽き肉も入っていて、鷹の爪とともに辛さと旨さを底上げ。

麺は細いストレート。『ハリガネ』の指定通り硬めでバキバキ。
風味も残り、カレーチーズのなかでも存在感がある。
ボリューム的には少なく、ちょっと食べる人なら替え玉必須か。
替え玉は『かため』でお願いした。
いまどき50円はかなりお得。
味、値段(デフォ500円、替え玉50円)的に
哲麺を思い出した。思い出しただけだが。

完食。

寡黙と無愛想は紙一重

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「辛味噌ラーメン中盛870 大辛」@ラーメン山岡家 さいたま丸ヶ崎店の写真山岡家。
どこの店でも同じはずなのだが、店や人により出来が異なることがある。
だが、この辛味噌はアタシにはその違いが分かりにくい。
それだけに安定して旨いと思う。
食う前からどころか思い浮かべただけで旨いのである。

ほぼ、以前の(他店での)レビューのコピー。

「辛味と旨みのブレンド味噌。赤いスープ・選べる辛さ!これぞ辛味噌!」
辛くてニンニクの効いたベタな辛味噌がアタシにはツボである。
辛さは大辛が一番好きだ。自分には、ちょうど旨辛のピークとなる。
光るアブラは山岡家標準。
ゴマも効いている。
このスープにライスでも結構いけると思うのである。

山岡家特製のストレート太麺。
“普通”の茹で加減で、ちょいポソでツルシコ。
濃く辛い辛味噌スープにおいともその個性は埋もれることなく、旨い。

具はチャーシュー、ほうれん草、海苔、ネギ。
このスープの中では本当に“具”となる。

またまたスープを半分飲んでしまった。
健康管理上、オススメはできないが。

このラーメンが真似されないのが不思議
なんて思うのはやっぱりアタシだけ?

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「淡麗全部のせ塩そば980 中盛50」@麺処 かつ善の写真券売機で「一番人気」(だったかな)とタグのついた
端麗塩そばの全部のせと麺中盛の食券を買ってカウンター席へ。

店主さんが時折発する「ありがとうございましたぁぁあ~」の
“ぁぁあ~”が秋川雅史ばりに大きく、すきっ腹に響いて気になる中、
高台にラーメンが置かれた。
「メンマが多めになっています」とのこと。
“+α(多め)”の内容はお客により違うようで、みていると半玉サービスの人もいた。

鶏メインに魚介がじわりと効いたスープはアブラ効果もあって旨い。
だが、全部のせ&中盛のためか、相対的にスープが少なく、三口ほどで干潮状態。
麺がかったるく感じるので、ボリュームバランス的には普通盛のほうがよさそうだ。
スープの塩分が、味を際立たせる以上に高く感じたのは好みから外れた。

麺はしなやかなストレート細麺。
スープが少ないのでノビタように感じてしまうため速攻で食べる。

具はチャーシュー二種類にメンマも穂先と板状のもの。
あとは水菜に糸唐辛子、味玉、ネギ。

鶏チャは二枚、やや厚めでしっとり。
豚チャは三枚、低温調理と思うがさほど赤くはない。
味玉は黄身オレンジもやや過ぎたるは、で日光の手前。
メンマはたしかに多めで、二種類の食感、味が異なりなかなか旨い。

したぁぁあ~

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿(更新) | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「てんこ盛りラーメン830 きゃべもや増し100」@ラーメン屋 まるの写真エキチカ商業施設への仕事帰りに訪問。

メニューを開くと「ラーメン屋まる お勧めメニュー」という
写真つきで一頁を使った「てんこ盛りラーメン」が目に入った。

『醤油豚骨ラーメンの上に350グラムのキャベツと、もやし、厚切りチャーシューをのせて……(中略)……総重量は、驚きの1kg!!』と説明が書いてある。

重量にビビりながらも、「きゃべもや増し」を追加して注文。
とすると総重量は、1.2、3kgくらいになるのか?

○○氏でさえやめた “+ビール” レビューが未だにあることに失笑しつつ
諸兄のレビューを読みながら待つこと10分ほどで着丼。

第一印象。
小さい。

とても350グラムのモヤシが乗ったデフォにモヤシを増したとは思えない。
もしかしたらぎゅうぎゅうに詰めて高密度…なわけない罠。
茹で加減は浅めでやや苦味あり。

スープはライトで薄めな豚骨醤油。
撹拌撹拌。

麺はやや角のある太麺。茹で加減は硬め。

チャーシューは薄切りではないバラ。
直前に炙られての提供。

あっという間に完食。

上がったハードルと値段を考えこの点数

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「味噌タンメン700」@蒙麺 火の豚の写真後輩クンの希望で訪問。
券売機で食券を買い、店員氏へ渡すと
ニンニクなどの有無を聞かれる。
店内の貼り紙に、ラーメン、まぜそばともにニンニクは入っていないと書いてある。
打合せの予定があったため、ニンニクは入れずにアブラのみをお願いした。
なお、タンメンだけに無料のヤサイマシはない模様。

開店直後で先客が12、3人いたため、30分ほど待っての配膳。

スープは濃い、ベタな味噌味。
ベースの豚骨もしっかりで、これは好み。
唐辛子系の辛さもいい感じだ。
アブラトッピングも合う。

麺はうねりのある平打ち太麺。
やや硬めの茹で加減でちょいボソ。

タンメンの具、炒めた野菜はニンジン、ニラ、モヤシ、キクラゲなど。
だが、よく見るとスライスしたニンニクが多数。
箸で拾ってみたらレンゲ二杯分もあった。危ない、危ない。
こりゃ、具もスープも旨い訳だわ。
ということでスープは残して注意深く完食。

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 3件
35

「肉そば1130」@麺通 伊武記の写真昨年2月に食べた一杯がなかなか好印象だったことを思い出し
指導中の後輩を連れて訪問。
駐車場が広目なのが助かる。

『中華そばのローストチャーシュー増しにバラチャーシューを加えた肉好きのための一品』
と書かれたヨンケタ1130円の「肉そば」を注文。
後輩は赤そば。もちろん私の奢りである。

煮込みが似合いそうな小鉢を大きくしたような浅い丼での提供。

スープの量の割に麺と具が多い。というか、麺や具のボリュームに対して、スープが少ない。
その、鶏白湯に魚介を合わせたというドロドロのスープだが、これがかな~りぬるい。
この温度はつらい。
玉ねぎなどの具や増したチャーシューも温度低下に寄与したか。
レンゲを置きたい状況だったが、後輩の手前もあるので食べ進める。
顔を上げると、後輩と目が合った…(-_-)…

自家製という麺は逆に湯気がたつほど熱い。よって麺にスープを絡めて食べることに。

チャーシューは、ローストといっても流行りのしっとりしたレアチャタイプ。
メニューの説明に
『鶏魚介の厳選スープにじっくり低温調理した三元豚のローストチャーシューと、バラチャーシューが入った自家製細麺が絡む濃厚白湯ラーメンである』
と書いてあるが、外側の焼きはあまり感じない。
バラチャーシューは一枚だったかな。
脂身が多く、温度のこともあり年寄りには重い。
あとはメンマに玉ねぎ、海苔。
なお、替え玉が一杯無料とのことだが…
値段もあるし、“ラーメン”であることから舎鈴 プレナ幕張店のつけ麺より舌の評価となった。

三元豚は普及品 温いスープは致命的

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 2件

「チャーシュー麺(醤油)900」@らーめん川嶋の写真122号沿いに“名前系”の店をみつけて寄ってみた。
店頭の看板に「清楚系拉麺」とある。

カウンター席に座りメニューを見ると、
デフォ、+トッピングを醤油と塩で提供している模様。
メニューの一番上にある「チャーシュー麺」を醤油で注文。

綺麗な醤油色のスープは鶏豚に鰹などの節を強めに効かせた感じ。

自家製という麺は中細のストレート。
流行?のパツパツではなく、滑らかですすり心地がよいタイプで旨い。

チャーシューは薄切りのバラが6枚。
穂先メンマは旨くてスープとも合い、これは好み。あとはネギ。

たしかに清楚系なのかもしれん

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「極濃煮干し豚骨ラーメン(大盛)960」@極煮干し本舗 久喜店の写真正直、食べずに舐めていた。
山岡家の作る豚骨に煮干しがこんなに合うとは。
もちろん超個人的感想であるが、
いやな苦さがなく、飲みやすく旨いスープだと思う。
煮干ブームのなか、ニガエグな煮干こそ本物、マニア向け、
と思い込まされ、○い慣らされていると物足りないのかもしれないが。
玉ねぎの清涼感がなかなかよい。

麺は黄色みの強い中細麺。
ありがちな麺のようだが、プリっと弾力があり、この濃厚なスープを受けるにはちょうどよい。
大盛にしたので、ボリュームも満足。

チャーシューは炙りが入ったバラ。
レアチャこそ本物、高級と、
思い込まされ、飼い○らされている人には物足りないのかもしれないが。
しかし、厚切りだがパサついており、これは増さずに正解レベルだったのが残念。
チャーシューが旨けりゃもっと高い点をつけた。
海苔とメンマは可もなく不可もなく。

完食、スープもそこそこ飲んだ。

次回使えるクーポン券をくれたので、こんどは並と山わさびチャーシュー丼で満足度アップ確定か。

やるな 丸千代 山岡家

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件