なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

笑う赤青龍

清くなくとも正しく生きる

平均点 72.323点
最終レビュー日 2019年10月17日
353 313 0 865
レビュー 店舗 スキ いいね

「ハッスル野菜ラーメン810 サービスランチ100」@ハッスルラーメンホンマ 錦糸町店の写真たまに食べたくなるのは、この手のラーメンということが改めてわかった。

背脂が一面に浮く、ほどよく豚臭、背脂が旨さを底上げするスープ。
旨い。レンゲが止まらない。

中細麺は噛み心地よく、スープも絡んでまた旨い。

体に○そうなハッスルラーメンに、気休めとわかっていたが頼んだ野菜。
近頃ラーメン界の“ヤサイ”が『モヤシ』であることも多いなか、
この野菜は有料とはいえ、緑が多くモヤシ少なめ。火加減もよろしい。
さらに多めのネギとニンジン、キクラゲなどが入り、体に良いような気がしてきたw

麺、野菜、スープ。麺、野菜、スープ。
で完食、ほぼ完飮。
餃子三個とライスで100円という、このセットはすばらしい。(提供のタイミングがずれたので写真にはないが)

ハッスルという言葉に心踊るのは何故?

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿(更新) | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「特製中華そば大盛1000」@六厘舎TOKYO ソラマチ店の写真六厘舎=つけ麺と思いつつ、涼しくなったので、
ついラーメンにしてしまったのである。

六厘舎=濃厚豚骨魚介・・なんて思って
中華そばを注文したら、驚きの豚骨醤油だったのである。
麺をソレ系に変えたら、家系になってしまいそうにさえ思えたのである。

こんなオサレな場所のラーメンは量が少ない・・なんて思って
大盛りにしたら、驚きのボリュームだったのである。
チャーシューも柔らかくはないが厚みがあり、大きかったのである。
海苔は小さくメンマも細かく、味玉は日光の手前だったのである。

濃厚、塩分強めなので、後半失速したのである。

ごちそうさん 笑う赤青龍である

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメンメキシコ(激辛)850」@濱之家 入谷店の写真配送先に近いこともあり再訪。
駐車場があるのは助かるのだ。

前回“ギリギリ”と思ったメキシコ中辛だが、
なんだか逝けそうな気がして“激辛”
を注文。

待つこと数分でラーメンが到着。
前回同様、静かに秘めたる辛さという雰囲気だが
前回と大きな違いはないようにも見える。

ではスープ。
やはりハバネロ系の辛さ。粉っぽいと感じるのは辛さが増したせいだろうか。
というか、舌先が辛さを感じなくなった(汗)
胃も、辛さを超え、痛さを忘れて、熱い。
さすがメキシコ、さすが激辛。

麺はややウネリのある中太。
ツルモチで旨く、短めカットはやはり食べやすい。
スープが絡んで辛い、熱い。
さすがメキシコ、さすが激辛。

具はチャーシュー、味玉、ほうれん草、海苔とネギとモヤシ。
スープが絡んで辛い、熱い。
さすがメキシコ、さすが激辛。

麺と具は完食。
スープは半分近く飲んだ…かな。

私が食べられたくらいだから、本物の激辛マニアには物足りないかもしれない。
旨辛を求めるなら小辛か中辛か。
もちろん、個人的感想であるが。

さすがメキシコ、さすが激辛。

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「ラーメンメキシコ(中辛)850 ライス100」@濱之家 入谷店の写真お?こんなところに「横浜家系」の看板が。
最近信用できなくなった「横浜家系」の文字なのだが
アソコとは雰囲気が違うので寄ってみた。

入口横のメニューに、ラーメンメキシコ(激辛orライト)というメニューを発見。
“身体保証は致しませんが…”と書かれている。
店も知らず、調べもせず、初訪問で超変化球からいくアタシは
ラヲタとは程遠い存在だと改めて思うのである。

先の注意書きを読んでライトにしようと思ったのだが
店内の券売機には「小辛」「中辛」「激辛」あったので、それを選択。
案内されたカウンター席に座り、待つこと6分ほどでラーメンが到着。

静かに秘めたる辛さという雰囲気の一杯。
そのスープは、メキシコというだけありハバネロ系の辛さ。
あまり辛くないかな、ベースの豚骨醤油が………ん?胃が熱いっ
遅れて効いてくる。胃に張りつくような辛さ。
辛くて食べられないほどではなく、程よく辛さを楽しむ感じもするが、肉体(胃)的にはギリギリ。
もしかすると、「ライト」が「中辛」で、それよりマイルドなのが「小辛」かもしれない。

麺はややウネリのある中太。
ツルモチな食感で旨く、短めカットで食べやすい。
辛いスープが絡んで旨い。
厨房にある箱には「長岡麺業」と書いてあり、店舗情報の「酒井製麺」とは違うが、
真実はわからない。ラヲタじゃないのでw
具はチャーシュー、味玉、ほうれん草、海苔と辛味をつけたネギとモヤシ。
(辛味噌をつけた○○、ではない)
中盤以降食べた具の味はあまりわからず申し訳ないm(_ _)m
ライスをつけたのは保険(笑)だが、つけて正解。
スープ、麺、具を乗せて食べた。
おかげでスープを半分以上飲んで、食べた形になったが、帰宅後もお腹が熱かったので注意が必要だ。

暑い日に 熱くなるのも また一興

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「ネギラーメン 880」@和歌山ラーメン まる岡の写真長濱らーめん 道の豚に並んだが
なぜか開店しないのでこちらへ。
ちなみに定休日でもないし営業時間を間違えてもいないはず。
この日は12時前でもシヤッターは降りたままだった

カウンター十数席のみの店内。
先客1(後客3)だったが、食券を買うと
みな「○番の席へどうぞ」と席を指定される。
だが数字はカウンター席正面ではなく
椅子の背もたれの上に貼られているので
すぐにはわからなかった。
ちなみに後客のうち二人は長濱らーめん 道の豚に並んでいた方々だ(笑)

数分でラーメンが高台に置かれた。
かなりネギダクなラーメンだ。

ネギをよけてスープを飲むと、ブタクサでとろみがあり、なかなか旨い。
濃厚な豚骨に醤油、塩気強めで大量のネギに負けないスープだ。

ほんのりと、かん水香る中細麺はなめらか程よい硬さ、すすり心地もよく旨い。

ブランドネギが主役だからかチャーシューは小さく薄く、ネギと麺に絡んでいつの間にか食べてしまった。

スープは、麺とネギを食べたらなくなるくらいで、やや少なめな気も。

旨いが、やや強気な値段設定に感じたのでこの点数。

ごちそうさん 笑う赤青龍

※なお、麺類を注文するとライスがサービスとのこと

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「長岡中華そば700 大盛50 チャーシュー増し100」@かみの屋の写真斜め向かいのコインPに車を停めて訪問。
ちなみに30分200円。(ガスト利用なら2時間無料)

入って右手に四人掛けテーブルが4つ(だったかな)、左手のスペースに6人掛けのテーブルが1つ。
カウンター席はなく、空いているテーブルへ案内された。

壁の上のメニューを見て、表記のものを注文。
4分ほどでラーメンが運ばれてきた。

油の玉が浮くスープは深めの醤油色。
生姜がほんのりと、心地よく香る。
生姜は、やや甘くも感じるスープに軽い効きで旨い。

ストレートの中細麺はチョイカタの茹で加減もよく、スープにも合う。
麺量は大盛にして、自分にはちょうど良かったくらい。

具はチャーシュー各部、メンマ、ほうれん草、海苔、ナルト。
海苔の上に細切りの生姜も添えられている。

チャーシューは薄切りだが、つまんでも崩れないシットリ系でウマウマ。
大盛の+50円もそうだが、チャーシューの+100円も、気楽に増せる設定は有り難い。
デフォのラーメンも700円だし。

完食、ほぼ完飲。

外の幟に「昔ながらの中華そば」とあったが、まさしくそんな感じ。

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「特製塩らーめん 900」@ら~めん泰生の写真北千住駅東口から徒歩数秒という好立地にある店。
特製塩らーめんが売りのようだったので、それを(券売機)。

ジワリとくるスープは鶏に魚介か。
馬鹿舌には弱めな旨味訴求力。

看板などで菅野製麺所であることを前面に出している麺は
中細ストレートでやや硬めの茹で加減。
かん水臭は強め。

具はチャーシュー三枚、ほうれん草、味玉、海苔、水菜、柚子皮、メンマ、ネギ。

チャーシューは軟らか、味玉はゼリー状で○。
しかし、多めの柚子が、すぐにスープを支配。
中盤以降は塩というより柚子‥塩。コレニガテ

過ぎたるは…(ry 

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「とん塩もやし850」@らーめん弁慶 堀切店の写真仕事途中に初弁慶。
コインパーキングに車を停め店内へ。
カウンター席に座ろうとしたら食券を買うように促された。
振り返ると、入口左の引っ込んだところに券売機。
外観、内観から“券売機なんかない”と思ってはいけませんな。

なんとなく表題を選び改めてカウンター席へ。
この時の店内ガテン率は86%だった。

4分ほどで、モヤシ山盛りの一杯が置かれた。
名前にモヤシを冠するに相応しいビジュアル。
仮にこれを野菜と言ったら視力検査推奨だ。

さて、そのスープは豚骨中心。
塩ダレと背脂だけなのでシンプルな味。

いまや中細といってもよさそうな縮れ麺はプリンとした良い茹で加減。
スープ、背脂、モヤシ、ネギがよく絡む。
しかし、ジャキジャキのモヤシはかなり苦い。
スープに浸しても、苦い。逆に苦味際立つ。
麺と合わせてもモヤシの苦味の勝ち。
塩だけに味変えもままならず、こりゃミスチョイスだったか…
とん しお どちらにも惹かれたんだがw

スープは背脂増さずともかなりヘビー、チャーシューも薄いがハードで、寄る年波を思い知らされた。

若い頃はこれがよかったんだろうなあ

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿(更新) | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「地獄味噌らーめん950」@北海道らーめん さつほろの写真この日の昼は綾瀬だったんで わた井へ行こうとコインパーキングを探していたら、新しそうな店を発見。
全国展開の新型フランチャイズ、とも言われる(言われてないか)、よくある西山製麺直送、の垂れ幕だ。
わた井、は何度か行っているので、こちらへ。

左手の券売機で表題の食券を購入。
ちなみに前レポにある半ライス無料はなくなっており、+100円(都合1050円)だったので単体をチョイス。
席に座り3分少々での提供は、早い。

唐辛子がかけられ、かなり赤みが深く辛そうなビジュアル。
鶏白湯ベースというスープだからかさほど辛くなく飲みやすい。辛さは唐辛子頼りかな。
粉にむせることはあっても、辛くて困る程ではなく、
地獄の手前…と言っておかないと閻魔大王に下を切られてしまう。

黄色みの強い縮れ麺は、弾力モチモチというより硬い茹で上がりで、これは日光の手前…。

具は軽く炒めた感じの野菜とネギ、チャーシュー、メンマに半玉。
味噌系は、スープに合えばよいと思うので、まあ日光結構大和観光…。

地獄というネーミングに恐れるほどではない辛さで早々に完食。

わた井 の中華そぱが700円、特製で980円ということを考えると、ちと強気な価格設定な印象。

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「タンメン650」@中華タカノの写真朝からラーメンを食べられる?
朝どころか24時間食べられる!
そんな店が、ここ竹の塚にあるとは知らなかった。

メニューを確認。
ラーメンなら350円だがその他の麺類は二倍近い。
それでも若干安めなのだが。
ここは当然デフォの安いラーメン!
と行きたいところだが早朝で自分一人だったので、ついタンメンを注文………。

五分ほどで運ばれてきたタンメン。
しっかりした塩味。
炒められたニンジン、キャベツ、ピーマン、玉ねぎ、キクラゲ、豚コマなどが乗っており、スープと馴染む。

細麺はかんすい臭が気持ち良いほどで、ラーメンらしいと言えばラーメンらしい。

完食、スープ完飲は我慢。

朝から800円とか1000円とか払える
セレブラヲタには無縁な、町の中華食堂。
今度こそ、ラーメンだなw

ごちそうさん 笑う赤青龍

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件