なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

YMK

男性 - 東京都

■2007年5月31日初投稿。趣味マラソン。サブ3達成!「(Full)Personal Best:2時間54分26秒」「(Half)Personal Best:1時間23分51秒」

平均点 80.562点
最終レビュー日 2019年5月21日
1,604 850 0 15,015
レビュー 店舗 スキ いいね

「塩ラーメン ¥730」@横浜家系ラーメン 壱角家 門前仲町店の写真【全体】http://photozou.jp/photo/photo_only/291356/232465721?size=1024#content
痛飲した後、同行者の強いリクエストにより〆に頂いた一杯。先ずはハイボールで喉を潤しwほどなくしてサーブされた丼は、汎用的な味わいながら、無難に纏まっており、豚骨の旨みが五臓六腑にシミわたる。硬めに茹でられた麺は、ボソッとした歯触りで、スープを良く吸い相性もベター。具は鶉、海苔、ほうれん草、チャーシュー。途中、卓上の白ゴマ、ショウガ、ニンニクを適量振りかけ、アクセントを楽しみご馳走様。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 4件

「濃厚塩らーめん味玉(大盛) ¥800」@もんなか 〇心厨房の写真【全体】http://photozou.jp/photo/photo_only/291356/194663762?size=1024#content
スープ表面の泡がヤバイw かつて、「Atomic Salty」として提供されていた頃と微妙に変化したスープは、”進化”と解釈。豚や鶏の動物系出汁が基盤となり、雑味皆無な魚介が更なる奥行きをアシスト。非常に濃厚マイルドでクリーミな味わい、塩の尖り等は感じられず塩梅もよい。個人的嗜好にもマッチしており実に秀逸。時折感じる白ゴマが芳ばしさを演出し一捻り。是非とも食べてみたかった同店の自家製麺は、ほぼストレートな中太麺で、風味良くスープの持ち上げ、相性もこの上ない物。大盛無料も嬉しいサービス。ゼリー状の味玉、極太メンマ、芳ばしいピンク色なチャーシューどれをとっても手ぬかりない品々。スープと一緒に炊かれた白菜、タマネギが、アクセント役として機能。薬味のネギもよろし。気が付けば思わず完飲してしまう程。 大好きなお店の2号店へ、遅ればせながらの初訪問。味噌も気になるところ、本店含め、もうちょっと頻度を上げて通いたい。

投稿 | コメント (18) | このお店へのレビュー: 1件

「味玉そば 本日のサービス¥580(通常¥700)」@なんくるないさーの写真【全体】http://photozou.jp/photo/photo_only/291356/168935226?size=800
休日ランチで利用。おすすめサービス、通常700円を580円の味玉沖縄そばをリクエスト。
非常に熱々なスープは豚骨がきいた出汁をベースに
カツオの香ばしさが、バランス良くブレンドされ、カエシの塩ダレとの調和もよい。
【麺】http://photozou.jp/photo/photo_only/291356/168935241?size=800
やや低加水な麺は太平でウネリを感じる形状で、サラサラしたスープにもよく絡み、相性も上々。
小麦の風味を感じられる旨い麺。

【味玉】http://photozou.jp/photo/photo_only/291356/168935252?size=800
半熟な味玉は味付け塩梅もよく、ホロトロなチャーシューは箸休めとしても楽しめた。
麺量は200g弱の体感量で、物量的にも満足いくもの。
また沖縄な気分の時には、利用したい。

投稿 | コメント (21) | このお店へのレビュー: 1件

「ちゃぶとん塩らぁ麺 700円」@ちゃぶ屋とんこつらぁ麺CHABUTON アリオ北砂店の写真休日の同商業施設内のフードコートにてランチで実食。

珍しく家族の1人がラーメン食べたいって言うので快く承諾w
【全体】http://photozou.jp/photo/photo_only/291356/154324260?size=1024
業務用感は、否めぬも、
豚骨をベースに、丁度良い塩梅で構成され
口に含む毎、ガーリック風味が充満する仕様。

麺は硬めに茹でられており、パツンっと弾ける食感が思いの外ベター。
スープとの絡みも問題なく、相性もまずまず。

勿論、サービスの替え玉をお願いして、
お腹一杯となりご馳走様。

相変わらず、割高感はあるものの、たまになら、いいかも。

投稿 | コメント (21) | このお店へのレビュー: 2件

「長崎ちゃんぽん(麺量1.5倍)」@長崎ちゃんぽん リンガーハット 西新宿店の写真偶にムショーに食べたくなる同FCの一杯。
この日西新宿での商用の後、ランチタイムでお邪魔してみた。

標題メニューを告げ、約5分ほどでサーブされたのが、これっ!
【全体】http://photozou.jp/photo/photo_only/291356/131997055?size=1024
乳化したスープを一口啜れば
クリーミーでマイルドな豚骨の旨さに、
ヤサイの甘味と海鮮の深みが合わさり、オレンジ色した香味油が奥行きを演出。
ほっと安心出来る味わい。

【麺】http://photozou.jp/photo/photo_only/291356/131997084?size=800
麺はにゅるっとした、コシを感じるちゃんぽんめん。
スープの掬い、相性も上々で、食べ応え有るボリューム感。
これが2倍(400g)まで同一料金というのだがら、素晴らしいCPである。

具は水菜、ニラ、豚、海老、イカ、紅白のかまぼこ、さつま揚げ、
コーン、ニンジン、キャベツ、もやし、タマネギと具沢山。
これらのうま味がスープに溶け出し、調和もベター。
最後まで飽きずに頂ける内容である。
因みに後半、卓上WPを適量振り掛け
アクセントを楽しむのが自分流だったりする。

本場長崎出身の会社友人も「うまい」と認める一杯。
不定期であるが、今後も利用したいと思わせる味わいである。

投稿 | コメント (18) | このお店へのレビュー: 1件

「塩つけ麺 ¥800 + メルマガクーポンメンマ」@大勝軒 まるいち 新宿東南口店の写真ランチメンバーの一人が同店の油そばを食べたいという事で久々訪問。

ランチピークタイムもあり常に満席も
相変わらずの回転率により、5分と経たないうちにカウンター席をゲット。

着席後、約5分程でサーブされたのが、これっ!

【全体1】http://photozou.jp/photo/photo_only/291356/95586887?size=1024


先ずは麺のみ素で頂く。
【麺】http://photozou.jp/photo/photo_only/291356/95586960?size=800
水道水レベルの〆温度、水切り良好、ややボイルオーバーながらも許容範囲レベル。
もちもちしており小麦の風味をダイレクトに味わえる、ご自慢の自家製麺。


【つけ汁】http://photozou.jp/photo/photo_only/291356/95587020?size=800
続いてつけ汁に浸し逝ってみる。
つけ汁の温度はややヌルめ。粘度質は低め。
デフォよりだいぶ甘味を抑えており、個人的には塩つけ麺が嗜好的マッチ。
具は、短冊カットされたチャーシュー、刻み葱、海苔、大量のメンマ、ナルトの布陣。
粘度質は低いものの、麺との絡みは良好、また相性もベター。

【メンマ】http://photozou.jp/photo/photo_only/291356/95587083?size=800
トッピングしたメンマは惜しげもなく投入されており
お隣で食していた同行者たちへお裾わけw
柔らかく、若干甘味を覚えるタイプ

【チャーシュー】http://photozou.jp/photo/photo_only/291356/95587171?size=800
チャーシューは厚みもあり、味付け、塩梅丁度良い物。
脂身の少ない部位であったが、パサ付きもなく美味しく頂けた。

麺量は流石の物量。
推定300gはあろうかといった体感量。
予定していたスープ割はせず、レンゲでスープを一舐めしてごっそさん。

個人的にはデフォのもりそばより好みであったので
次回以降つけ麺の際は頻度がアップしそうであるw

投稿 | コメント (17) | このお店へのレビュー: 4件

「塩らぁめん(ランチサービス麺大盛り) ¥770」@らぁ麺 波(シー) 神田錦町店の写真北綾瀬のお店からマークしていたが、
なかなかチャンスに恵まれず月日は流れ。。。
そんな矢先、神田エリア2号店出店の朗報を得て、
商用の後の帰社途中、ランチタイムに立ち寄ってみたw

時刻は11:45頃。
想定外のノーゲストも、10分後にはほぼ満席とまずまずの盛況ぶり。
ご店主と思われる男性1、女性2の3名体制での切り盛り。
表記のチケットをお渡しし、7~8分ほどでサーブされたのが、これっ!
【全体】http://photozou.jp/photo/photo_only/291356/79752387?size=800

白濁したスープが印象的で香味油的な浮遊物が確認できる。
そこへ浅草開化楼の極太縮れ麺、万ネギ、モヤシ、キクラゲ、チャーシュー、
フライドガーリックの構成。

先ずはレンゲでスープを啜る。カウンター越しにサツマイモ、ジャガイモの食材群が確認できたが、一緒に炊かれているのだろう。
動物系主体のベジポタ系は、思いの外、粘度質は高くなくサラリとした飲み口。
やや塩分濃度の高さが気になったが、揚げニンニク効果もありインパクトしてはまずまず。

続いて麺を掴み逝ってみる。
【麺】http://photozou.jp/photo/photo_only/291356/79752270?size=800
硬めの茹で加減。多加水仕様。
ブリブリッとした食感で食べ応え有る麺は流石有名製麺所製といったところか?
ただし、スープとの絡み具合と相性があと一歩といった印象。

具に行ってみる。
モヤシはほぼ生な食感で、シャキシャキとしたアクセントがよかったが、
ほんの少しだけ生臭さが気になった。

キクラゲはプリプリとした食感含め
箸休めとして機能。
【キクラゲ】http://photozou.jp/photo/photo_only/291356/79752116?size=800

チャーシューは分厚い物で、
スープに湿らせておきかぶりついたが、柔らかさ、味付け、塩梅実に秀逸な物。
【チャーシュー】http://photozou.jp/photo/photo_only/291356/79752237?size=800
久々に美味しい豚を食べたという満足感が得られた。

全体調和の点で、後一歩な印象も
伸びしろとポテンシャルを感じた一杯。

味噌や醤油、つけ麺も気になるところ、
折を見て再訪したい。

投稿(更新) | コメント (14) | このお店へのレビュー: 1件

「塩ネギラーメン ¥690 + クーポン海苔5枚」@山岡家 新宿歌舞伎町店の写真チト風邪気味だったので、喉によさそうなネギラーメンを頂にランチ訪問してみたw

同店では未食の塩+ネギ+メルマガトッピング海苔でオーダー。
カウンターを陣取り約10分。

手元にサーブされたのが、これっ!
【全体1】http://photozou.jp/photo/photo_only/291356/75117023?size=800
【全体2】http://photozou.jp/photo/photo_only/291356/75117058?size=800
先ずはレンゲでスープを啜る。
程良い香味油がスープ表面を覆い、熱々で旨い。
続いて麺を掴みズバァ~っと逝く。

【麺1】http://photozou.jp/photo/photo_only/291356/75117149?size=450
【麺2】http://photozou.jp/photo/photo_only/291356/75117186?size=450
若干平打ち気味の形状の麺。指定通りの硬めの茹で加減。
程良くスープを掬い、喉越し良く旨い麺である。

具はネギ、ホウレンソウ、サイコロチャーシュー、海苔の構成。
ネギは予めタレがまぶされており、ツーンとくるネギ由来の辛さが心地よい。
濃厚で甘い豚骨スープを中和する意味でも薬味として機能。
【ネギ】http://photozou.jp/photo/photo_only/291356/75117336?size=450

海苔はデフォ3枚+トッピング分の5枚と十二分に楽しめる枚数。
スープに湿らせそのまま頂いたり、麺に巻いて頂いたりと
バリエーション含め楽しめた。

【チャーシュー】http://photozou.jp/photo/photo_only/291356/75117272?size=450
チャーシューは程良い塩梅、味付けでなかなかの美味。
但し、3ケと物量的にはチト物足りなさは否めない。

その後固形物をやっつけて、スープと二口、三口飲んでごっそさん。

醤油、味噌に続き、塩もなかなか楽しめた。
また、4/12~メガトン塩らーめん(塩チャーシュー麺)なる限定?メニューも
気になるところ。チャンスがあれば狙ってみたい。

投稿 | コメント (16) | このお店へのレビュー: 4件

「塩らーめん(塩豚骨)¥650+Aセット(ライス・味玉つき)¥10」@横浜家系らーめん 龍家の写真楽しいランチタイムw
何時ものメンバーで界隈をさまよい、
気が付いたら同店前辿り着き、すぐに入れそうだった事もあり
久々同店でのランチとなったw(汗

外での待機2~3分程で入店となり、
表記のメニューを告げる。

充実した卓上アイテムに加え、ランチサービスの特典の一つである
食後のアイスコーヒーがセルフで味わえるのだが、不思議と利用している客は少ないw

ご店主お一人での切り盛り、
黒のレザーキャップをかぶり、独特のテンポで調理と片づけを行っている。

さて、着席して約5分。
手元にサーブされたのが、これっ!

麺は中太縮れ麺で多加水仕様。
若干汎用的である事は否めないw

そこに、大判の海苔、チャーシュー1、刻みネギ、白ゴマ、ホウレン草に
なんと、ブロッコリーw

先ずは蓮華でスープを啜る。
表面の液体脂が巻くとなり熱々の温度で印象はよい。
また、濃厚過ぎない豚骨濃度であるが、カエシの塩っけが強く尖りを感じる(汗

続いて麺を掴みずばぁ~っと逝くw
ちゅるちゅる~な喉越しとシコッっとした食感は嫌いではないが
この手のスープにこの汎用的な仕様がどうも嗜好とマッチしなかったのが残念。
麺量は150g前後と想定。

標準的なボリュームであるが、ライスとセットで満足なボリュームw

ホウレン草、ネギは塩っけの強いスープの中和役のはずだが、
それ以上に塩っ気を感じ機能していないと感じた。

ブロッコリーw
タンメンならブロッコリーが入っていた事が記憶として残っているが
この手のラーメンには珍しいアイテムw
調和云々は抜きにして、彩りはよいと考える。

海苔はいつものように、スープに浸しライスを巻いてガツガツ喰らうw
油を多く吸込み過ぎて少々くどかったがまぁ~好きなアイテムなのでw

チャーシューは脂身の少ないタイプの物であったが
柔らかく、ジューシーさもあり、塩梅、味付けは丁度よく
箸休めとなったw

最後に味玉。
これはゼリー状な黄身で、若干甘味を感じられる味わいで
塩スープの尖りを一瞬解消できるナイスアイテムであった。

同行者のつけ麺も気になったところ、
機会があればチャレンジしてみたいwww

http://photozou.jp/photo/photo_only/291356/40222964?size=800

投稿 | コメント (14) | このお店へのレビュー: 4件

「塩ラーメン ¥600 (ヤサイ少し多目)」@らーめん大 練馬店の写真5月8日 同エリアに所要があり訪問。

昼飯時。
ランチをどこにしようか思案し、
例の如く子供の意見でガストに決定(汗)www

入店しようとした際、なんと!はす向かいに黄色い看板が目に入ってきた!
家族のあきれ顔を横目に
家族のみガストに入店させ、自分は単独行動となった(笑

12:10頃。
店内待ち含め7~8名。

同店の油を狙っていたが売り切れランプがともっていた為、
塩ラーメン¥600を購入する。

並び始めて約10分。カウンターを陣取り、そこから数分で「塩の方、どうしますか?」に「ヤサイを少し多目~♪」でサーブされたのが、これっ!

モヤシ率が高いヤサイ群。薄いチャーシューが2枚。丸山製麺の極太縮れ麺の構成。
先ずは蓮華でスープを啜る。

確かに塩の味わいと、なんといっても豚骨スープ表面の背脂が甘く
まずまずの味わいである。

ここで卓上一味を適量振りかけ、極太麺をずばぁ~っと逝くw
若干硬めの茹であがり。モチモチっシコシコっとした食感の麺に、
いやが上にも絡みよる濃厚豚骨スープのフィット感が良し。

ヤサイは少々クタリ系。
故にヤサイの水分がスープに溶け出し、ヤサイの甘味も感じられる。
が、少々水っぽいのが難ありか?

チャーシューは若干パサ気味であったが許容範囲。
スープに湿らせておく事で難なく回避w

直系含め塩系はお初であったが、やっぱカネシ系の醤油で慣れ浸しんでいる為
少々物足りなさを感じてしまったのは否めない。
また、その後に人と会うためニンニクを自粛してしまったのも物足りなさの要因だったかもしれない。

にしても、600円でこのボリュームは流石あっぱれである。

http://photozou.jp/photo/photo_only/291356/38050854?size=800

投稿 | コメント (14) | このお店へのレビュー: 1件