なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

YMK

男性 - 東京都

■2007年5月31日初投稿。趣味マラソン。サブ3達成!「(Full)Personal Best:2時間54分26秒」「(Half)Personal Best:1時間23分51秒」

平均点 80.561点
最終レビュー日 2019年9月21日
1,606 850 0 15,058
レビュー 店舗 スキ いいね

「ワンタン麺(塩)¥780」@中華そば 弥太郎の写真【全体】http://photozou.jp/photo/photo_only/291356/261179668?size=1024#content
透き通ったクリアなスープは動物系の出汁をベースに、程よく煮干が香る味わい。共に突出することがなく調和がよい。スープ表面には黄金色の香味油が浮き、更なる奥行きを演出。麺は店内で製麺された自家製麺。やや加水を抑え、全粒粉入りの縮れた仕様。硬めに茹でられておりスープとの相性も上々。具は繊維質を感じるメンマ。ネギ。バラチャーシュー。ワンタンの構成。ホロトロで柔らかくジューシーなチャーシューと、食べ応えあるワンタン含め大変満足。ご馳走様でした。

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

「小野万特製らーめん(こってり)¥750」@麺屋 小野万の写真【全体】http://photozou.jp/photo/photo_only/291356/261179657?size=1024#content
佐助豚の豚骨と鶏がらをじっくり炊き出したスープに、昆布、数種類の煮干、鰹節をブレンドした仕様。あっさりと、こってりから選択可能で、後者をセレクト。香味油の影響もあり更なる奥行きを演出。麺は細ストレートな形状。やや加水が低くスープを程よく吸い相性も上々。具は@形状なトロトロチャーシュー。海苔、2種のネギ、水菜、味玉の構成。サービスライスとセットで750円とお得感もあり上々。ご馳走さまでした。

投稿(更新) | コメント (13) | このお店へのレビュー: 1件

「みそとんこつ ¥810」@宝介 二戸店の写真【全体】http://photozou.jp/photo/photo_only/291356/253408942?size=1024#content
濃厚豚骨をベースに甘味を抑えた味噌が調和よくマッチ。表面の香味油も奥行きを演出。麺は中太でやや加水の高いもの。スープの絡み、相性も上々。具はメンマ、ネギ、バラチャーシューの構成。途中、卓上の七味、おろしニンニクで更なるアクセントを楽しむ。ご馳走様でした。

投稿 | コメント (16) | このお店へのレビュー: 1件

「岩のりラーメン ¥700」@三五朗屋の写真【全体】http://photozou.jp/photo/photo_only/291356/231704992?size=1024#content
鶏ガラベースの、昭和を感じるノスタルジックな醤油スープ。麺は中細縮れの、やや加水が高いもの。喉越しも良く、スープの持ち上げも上々。具はチャーシュー、細切りメンマ、ネギ、岩のりの構成。淡麗の醤油スープに、岩ノリが加わることで、磯の風味と更なる奥行きを与える。後半、卓上の白胡椒を適量ふりかけ、アクセントを楽しみご馳走様。鮨がメインの同店の様だが、蕎麦やカレーなんかも気になるところ。

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば 430円」@與志美庵の写真【全体】http://photozou.jp/photo/photo_only/291356/193218021?size=1024#content
蕎麦屋が展開する中華そば。昔ながらの優しい醤油スープに細く縮れた多加水仕様の麺がマッチ。この麺、やや硬めに茹でられており、歯ごたえも良く、なかなかのもの。具は鶏のチャーシュー、ナルト×2、ネギ、海苔、メンマと無難に機能。見た目通り、昭和ノスタルジックを感じるクラシカルな味わい。後半、卓上のコショウを適量振りかけ楽しんだ。因みに蕎麦も頂いたが、こちらは田舎蕎麦風で非常に満足度高い物。ご馳走様でした。
http://sobadb.supleks.jp/review/814918.html

投稿(更新) | コメント (9) | このお店へのレビュー: 1件

「チャーシューメン ¥650」@金次屋の写真【全体】http://photozou.jp/photo/photo_only/291356/193216628?size=1024#content
動物系の出汁を基盤に優しくカオル魚介の風味が調和良くマッチ、やや甘味を帯びたカエシが相性良く機能。麺は中太の縮れ麺で多加水仕様。啜り心地が良く、風味も上々。スープの掬い相性もベター。具は脂身の少ないチャーシュー、ナルト、柔らかメンマ、ネギ、海苔の構成でいずれも無難に及第点。昭和レトロな雰囲気含め満足度を得た一杯。

投稿 | コメント (14) | このお店へのレビュー: 1件

「うまにそば(麺硬め) ¥850」@たかみ屋の写真9月21日

ラーメン500円を連れにシフトし、本題のうまにそばのサーブ♪
スープの出汁や、麺の仕様は基本となるラーメンと一緒のため割愛。

餡かけヤサイの具は、
ピーマン、白菜、タケノコ、きくらげ、ブタの細切れ、タマネギ、ニンジン。
ラーメンが到着してから数分後のサーブとなったわけだが、

中華鍋で、若干焦げ色がつくまで炒めたのちに、餡かけが施され
若干甘みのある餡は、当然とろーりとしており、蓋をされた状態につきとても、熱々。

ヤサイ群も香ばしく、餡がかかることにより、前述のラーメンの醤油系の濃度が
中和され、スタンダードなラーメンとはやはり違う味わいである。


途中、卓上の酢を、さっと掛け、若干さっぱりした風味も
意外に好きな味わいで、当方が八宝菜等食べる際にも楽しむやり方。

ラーメンが500円でうまにに変わると850円となるわけだが、
確かに具も思いのほかボリュームがある。
が、350円の金額差は微妙なのが正直な印象であるw

とはいえ、旅先で食べるラーメン。
ラヲタにとっては、とても至福のひと時だったりする。

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 2件

「ラーメン(麺硬め) ¥500」@たかみ屋の写真9月21日 初訪!

地元の方に、旨いラーメン屋はどこ?と確認し、ご紹介くださったお店へ
突撃することとした。

時間は13:30頃。
ぬわんと、店の前に人だかりwww 座敷もある広々とした店内は満席で
店内外に約15~6名の待ち。

前日の、冷麺に続き、思いもよらぬ行列に少々面食らってしまったが、
接続すること約15分。

TBL席へのご案内となり、表記のメニューをオーダー。
5~6分でサーブされたのが、これっ!

先ず目を引いてしまったのが、スープであるが、
かなり茶褐色付いた色合い。(汗)

具はチャーシュー、メンマ、刻みネギ、海苔1枚と、いたってシンプルw

先ずは蓮華でスープを啜る。
うーん、熱々でいいですねぇ~

出汁は、動物系メインと思われ、魚介系の風味は感じなかったが、
出汁感は極めて薄め。カエシが強い仕様となっている。
また、油系は薄く、粘度低なスープは
やはり東北地方だからなのか、しっかりした塩分濃度を好むのか?
当方には、少々しょぱぁ~なスープであったw

麺は、極細の部類に入る縮れ麺で、やや多加水。
ツルツル、シコシコしており、縮れている分スープの持ち上げは問題なし!

チャーシュー、メンマにおいても食感こそ問題ないのだが、
やはりこちらも塩分濃度が高いと感じ、特にチャーシューの味付けは
醤油系の漬けこみが加減が濃く、好みとは若干かけ離れてしまった。
1杯500円は魅力的な価格であるが、もうちょっと出汁感の効いたスープであれば
評価が変わったのかもしれない。

麺を1/3食べたところで連れに渡し、2品目へ突入・・・

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 2件