なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

YMK

男性 - 東京都

■2007年5月31日初投稿。趣味マラソン。サブ3達成!「(Full)Personal Best:2時間54分26秒」「(Half)Personal Best:1時間23分51秒」

平均点 80.561点
最終レビュー日 2019年9月21日
1,606 850 0 15,059
レビュー 店舗 スキ いいね

「ネギラーメン¥750+茹で卵¥30」@ラーメンショップ幸手 金田亭の写真【全体】http://photozou.jp/photo/photo_only/291356/233430515?size=1024#content
濃厚マイルドな豚骨ベースに、表面に張られた背油が奥行きと甘味を演出。若干硬めに茹でられた中細い麺は縮れた形状で、スープの持ち上げ相性もベター。具は柔らかい穂先メンマ、ホロトロ食感のチャーシューに加え、短冊状に細かくカットされたチャーシュー。海苔、茹で卵、ワカメに、胡麻油で和えられたネギ。因みに、提供時ご店主より、「品評会で受賞されたネギを使用」との説明があったが、実にフレッシュで、微かに感じる辛味のアクセントが絶妙。途中、卓上のBP、おろしニンニクを適量投入し、味変化を楽しみご馳走様。いやぁ~旨い。

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

「特製・豊潤鶏だし塩ラーメン ¥980」@麺処 ほん田 nijiの写真【全体1】http://photozou.jp/photo/photo_only/291356/219936070?size=1024#content
【全体2】http://photozou.jp/photo/photo_only/291356/219936088?size=1024#content
茨城県古河市でのひと仕事を終え、途中下車して遅めのランチで訪問。そのネーミングに偽り無く、スープを啜る毎に芳醇な鶏風味が口の中を充満。フライドされたオニオンが奥行きを演出し、非常に奥行きある味わいで、塩ダレも丁度良い塩梅。麺は中細ストレートな形状で、スープとの絡み・相性も上々。具は特製の名に恥じない、豪勢な布陣。別皿で提供するスタイルで、4種のチャーシュー、3種から選べるメンマ(今回は穂先)、海苔、味玉と、どれも特筆もの。特にバラチャーシュと、低温調理されたレアなチャーシュー、香ばしく焼き上げられたロースは、嗜好にもマッチしており、絶品でした。醤油やつけ麺も気になる所、来年の同じ時期に再訪を検討したいw

【リザルト(パーソナルベスト)】http://photozou.jp/photo/show/291356/219935883

投稿 | コメント (19) | このお店へのレビュー: 1件
77

「渓つけめん ¥800」@食処 渓の写真【全体】http://photozou.jp/photo/photo_only/291356/207237790?size=1024#content
麺は極太の縮れ麺で、浅草開化楼製。つけ汁は所謂豚骨魚介系、一杯一杯、小鍋に取り分けて温められたもの。粘度質は見た目ほど高くはない。多少のザラつきは魚粉がブレンドされている事によるものと思われるが、嫌味は全くない。麺自体非常に風味も高く好きな食感であるが、スープと麺との絡みがあと一歩と感じ、個人的には嗜好アンマッチ。具は柔らかメンマ、柔らかチャーシューと無難に美味しく頂けた。同ロット、ラーメン率が高かったので次回再訪時はラーメンでリベンジ。

投稿 | コメント (13) | このお店へのレビュー: 1件

「中華麺 ¥750」@大宮大勝軒の写真【全体】http://photozou.jp/photo/photo_only/291356/199771449?size=1024#content
所謂、永福町系な醤油ラーメンは、スープ表面に張られたラード層が奥行きと、最後まで熱々さを演出。口に含める毎、煮干しの風味が鼻腔を刺激し安心感を覚えるもの。そこへボリューム満点な中細縮れ麺。海苔、脂身の少ない柔らかチャーシュー、ネギ、ナルト、メンマのアイテム群。やや硬めに茹でられた麺とスープの絡みもよく、具はいずれもスープにマッチしており、特に柔らかメンマと、薬味のネギにおいて、スープとの相性含め楽しめた。ご馳走様でした。




【おまけ・自己ベスト】http://photozou.jp/photo/photo_only/291356/199772707?size=1024

投稿(更新) | コメント (20) | このお店へのレビュー: 1件

「らーめん ¥680 + 煮干しに変更¥50」@らーめん こてつの写真所沢市斎場で行われた親戚の通夜に参列するため、航空公園駅へ。
その後、夕食を取りに隣駅へ移動し事前チェックしていた同店に突撃してみたw

【グラス】http://photozou.jp/photo/photo_only/291356/69189285?size=450
先客3名。スタッフ2名。
入口食券機で表題チケットを購入後スタッフにお渡しし約5分。
手元にサーブされたのが、これっ!
【全体1】http://photozou.jp/photo/photo_only/291356/69190205?size=800
【全体2】http://photozou.jp/photo/photo_only/291356/69190214?size=800

三河屋製麺の中細ストレート麺に、無課長を謳う自慢のスープ。
そこへ薬味のネギ、海苔、形状が2種類のメンマ、チャーシューの構成。

先ずはレンゲでスープを啜る。
若干粘度質のあるスープ。

うーーーん、すきっ腹にビールな状態で臨んだ訳だが
そのコンディションが功を奏した?事もあり
程良く染みわたる煮干しスープが超~~美味w

しっかりとした動物系の出汁をベースに、煮干しの割合が非常に好み。
煮干しの力強いアプローチも、エグミは感じずグビグビ飲みたい味わい。

意図的なのか?スープにブレンドされた煮干し粉末のザラつきを感じる仕様。
好みが分かれるかもしれないが、当方は「あり」

【麺】http://photozou.jp/photo/photo_only/291356/69190272?size=800
続いて麺を掴みズバァ~っと逝く。
硬めに茹でられた麺は、パツンッと弾ける食感。
スープを程良く吸い込み、非常にスープとの相性がよかった。

麺量は160g前後と想定。
調和の問題もあるが、もっと麺を食べたいと思わせる程
バランスがとれており旨く、流石三河屋と逝ったところw

具に逝ってみる。
【メンマ1】http://photozou.jp/photo/photo_only/291356/69190302?size=450
【メンマ2】http://photozou.jp/photo/photo_only/291356/69190315?size=450
サクサクと柔らかい物。
甘味を抑えた味わいは当方好み。
箸休めとしても最適であった。

【チャーシュー】http://photozou.jp/photo/photo_only/291356/69190338?size=450
ちょっと、パサついた部位で
唯一嗜好から外れてしまったのが玉に瑕


【一味添加】http://photozou.jp/photo/photo_only/291356/69190349?size=450
アクセントを求めて後半、卓上一味を適量振りかけ
抑揚を楽しみ、スープをグビグビ飲んでフィニッシュ。


いやぁ~マジ旨かったw
あくまで私見であるが、
印象としては鴬谷・遊と毛色が被るイメージ。
なかなか気軽に来れるロケーションではないが
いつか、つけ麺等も試してみたいw

投稿(更新) | コメント (15) | このお店へのレビュー: 1件