なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

ピップ

男性 - 茨城県 (1941年生まれ)

最近、ラーメンに目覚めました。昔、SNSで面白日記を書いていた影響が最近、色濃く出てきました。少し、クスッと笑えるレビュー...そんなレビューがあってもいいのではないでしょうか?ちなみに髪の毛はフッサフサです。宜しくお願い致します。

平均点 82.956点
最終レビュー日 2019年10月9日
2,357 1,152 0 31,570
レビュー 店舗 スキ いいね

「つけ麺(小)780円」@中華蕎麦うゑずの写真8月上旬、夜営業前に到着。開店時の並び9名、帰りの待ち客14名。

麺屋 龍壽」で芳醇な一杯に大満足した後、
車で180キロほど離れたこちらへ。
http://s.ameblo.jp/ktr-12345678/image-12189557482-13721114019.html
途中から富士山を横目にドライブ。
本栖湖や精進湖も現れ、ちょっとした観光気分。
http://s.ameblo.jp/ktr-12345678/image-12189557482-13721114028.html

開店30分前に到着すると、既に待ち客が2名。
中華蕎麦 とみ田」にて店主さんの右腕または、
影武者?とも言われていた上江洲氏のお店です。
予定時刻より10分以上前に店主さんにより
暖簾が掛かったとき、目が合いました。
見た目からも師へのインスパイア度が高くて、
口元が緩みます。
何を食べようかな..
平日の夜限定なガッツリ系も気になりますが..
やはり、券売機左上のこちらをポチッとな。
http://s.ameblo.jp/ktr-12345678/image-12189557482-13721114040.html

食券を渡しつつ、定刻前に席に案内されると、
各席に既にお冷やが置いてあります。
この辺りの対応も受け継がれているのかと。
店内は厨房に店主さん、女性店員さん、
接客の男性店員さんの体制。
なんで前客と離れたこの席に案内なの?と思ってたら、
店主さんの麺裁きを目前で確認が出来るアリーナ席でラッキー。

こちらでも、お店の味そのままな
お土産「ご自宅つけ麺」が買えるようです。
http://s.ameblo.jp/ktr-12345678/image-12189557482-13721114043.html
買おっかな..

少しして麺、つけ汁の順で到着。
それでは綺麗に畳まれた麺から。
http://s.ameblo.jp/ktr-12345678/image-12189557482-13721114058.html
麺は中加水寄りな太ストレート麺。
冷水で〆られ、麺肌に適度な弾力があり、
ザクッと歯切れも良し。
噛むほどに全粒粉の風味も感じられます。
心の味製の麺の味わいは上等。
並の麺量は220gとか。
食べ応えと食べやすさも両立していて、
あっという間に無くなります。

次につけ汁を。
http://s.ameblo.jp/ktr-12345678/image-12189557482-13721114063.html
トロッとした口当たりに適度な醤油の塩気、
節などの魚介を感じつつ、
豚メインな動物系もバランス良く下支えしています。

そして、麺をつけ汁に浸して。
http://s.ameblo.jp/ktr-12345678/image-12189557482-13721114064.html
ミドル濃度なつけ汁が麺肌にドロリと絡み、
麺との相性も申し分なし。
どこかで食べたような感が有りますが、ハイバランス。
ハイバランスですが、どこかで食べたことがあるような..
2年前に出身店で食べたときは、そんなことは全く感じませんでしたが..
でも、高レベルで美味しいのは間違いがないです。

具は、麺側にチャーシュー、つけ汁にメンマ、
ほぐし肉、ネギ、魚粉、海苔、ナルト、柚子です。
バラロールチャーシューは、直前に炙ってあります。
http://s.ameblo.jp/ktr-12345678/image-12189557482-13721114071.html
バーナーでは無く、遠赤外線的に芯まで熱が加わっています。
脂身がトロンとしていて、旨し。
垂れた脂が麺にコクを与えて、オッ。

メンマはシナッと柔らかくて、繊維質な味わい。
http://s.ameblo.jp/ktr-12345678/image-12189557482-13721114076.html
これは好みとは違いました。
ぼくし肉はネギと一緒に麺に絡めれば、
スープも拾ってきて、
アクセントになっていて良し。
ネギは多目なのが嬉しく、
麺に絡んでショリシャキ。
魚粉はベースが確りとした上でのザラつきなのでナイス。
海苔は密度が高くてしっかり。
柚子はほんのりと感じた程度。

麺を食べきり、スープ割をお願い。
ネギと柚子の両方でいいですか?にアイコンタクト。
すぐ来るのかと思ったら、なかなか来ない..
忘れているのか?
声を掛けようかと思ってたら、
2杯がまとまって届けられました。
魚介のスープ割で熱々です。
もしかして、温めてくれたの?
そう考えると、好印象。
ちょっとエグミがありますが、
ネギがたっぷりは嬉しいです。
http://s.ameblo.jp/ktr-12345678/image-12189557482-13721114083.html

ここでも柚子はそんなに感じず。
柚子は好きなのでもっと感じたいのですが、
万人受け仕様なのかな..
本店のようにカットチャーシューは改めて入らないのですが、
元々のチャーシューが補ってくれて、嬉しいです。

あっという間に完食。
卓上のパウチには、弟子入りするまでの経緯、
辛い修行時代、弟子への師の愛、
山梨のラーメン業界の底上げなどの意気込みなどが記載されています。
http://s.ameblo.jp/ktr-12345678/image-12189557482-13721114090.html

「私たちの思いは地域貢献 
そのためにはお店を繁盛させること 
これに尽きます」(店主 上江洲恵介)
その思いは既に達成されつつあろうことを
帰りの行列からも感じることが出来ました。
ご馳走様です。

投稿(更新) | コメント (16) | このお店へのレビュー: 1件