なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

ランディ

男性 - 栃木県

◎醤油ラーメン(昔ながらの中華ソバ)が好きです もしかすると、課長ファンかも…ヽ(=´▽`=)ノ 楽しく食べる! それを基本に頑張りますwww

平均点 71.062点
最終レビュー日 2019年8月16日
1,488 1,335 0 1,260
レビュー 店舗 スキ いいね

「ボイジャーセット¥1580」@China Voyagerの写真2018.08.19


メニュー名 ボイジャーセット¥1580(ローストチキンの涼麺・杏仁豆腐・お飲物のちょいチョイス)


定期訪問…。

丁度正午に行列に接続。僅か15分で店内へ。会計を先に済まし、調理を眺めること12分でセットを受け取り。

早速、涼麺を頂きます。

先ずはタレのみを。
ペロ~~~~~~~ン。うん、濃いw
意外に酸味の効いたゴマダレ。塩分もシッカリ目で、ハッキリした味わいのタレ。麺や具材の量から、少ないかと思いきや、十分な濃さ。

お次は、中細の縮れ麺を。
ゾゾゾゾゾゾ~~。お、コッキモチ!
とてもしっかり〆られているのか、キンキンに冷えていながら、コッキコキな歯触り。(ディズニーリゾートにしては、)かなり硬めな仕上がり。味付けの濃いタレと互角に渡り合っておりますw

具には、千切り野菜、ローストチキン、ミニトマト、味玉。
千切り野菜には、キュウリ、白髪ネギ、ニンジン、紫キャベツ。それだけ頂くと青臭さを覚えますが、麺・タレと混ぜ合わせると、臭いも消え、程好い清涼感が足されます。
ローストチキンは、しっかり火が通されていますが、しっとり柔らかいもの。味付けも程よく、中々な美味しさ。振りかけられたパウダーは何でしょう? 微かな辛味と、香ばしい旨味を足しています。細かな肉片もびっしり敷かれています。採算度外視? どうした、ディズニー!?
プチトマトは香りは弱いものの、酸味がなくライトな甘味で、個人的には好きなタイプ。
相変わらずぱさぱさな味玉。以前感じたショッパサはないものの、それでも濃いめの味わい。


いつもは量的に物足りなさを覚えるこちらのお店。しかし、本日は食べ進むとかなりのボリューム。
濃いめの味わいが飽きを感じさせるのか、自分の胃袋が小さくなったのか?

腹ごしらえを済まし、午後の激闘へ。
ネズミよ、ネズミよ、何故踊る。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 9件

「ブラックペッパーポーク麺(とんこつ醤油) ¥1180」@China Voyagerの写真2018.03.27

OK、バブリー!

パークで昼食。なんと豚骨醤油が登場との情報を得て、チャイナボイジャーへ。
11:28、行列に接続。先にメニューを手渡され、眺めながら待つことに。17分で店内へ。先に会計を済ませます…、凄まじい料金…。

総勢11人の流れるような作業で調理。入店から13分でラーメン受け取り。
ジャングルを眺めるテラス席で頂くことに。

早速、薄っすら白濁したスープから。
ジュルルルルル~。ん? どの辺が豚骨醤油?
ベースの豚感は非常に控えめ、臭いやオイリーさは無く、ポークエキスの様なとても人工的な豚の香りコク。際立つ醤油感も抑えめですが、旨味・塩分に物足りなさは無し。
何一つ突出する個性はないものの、誰もが普通に頂ける味わい。流石、Disney。

お次は、ウェーブのある中細麺を。
ゾゾゾゾゾゾ~~。ん…、冷凍麺???
ツルツルの啜り心地に、弱めな歯触り歯応え。微かにシコシコした食感。
微かにカンスイ臭が前に来ますが、こちらもユニバーサルな仕上がりなもの。流石、Disney。

具には、豚バラ肉、小松菜、味玉、白髪ネギ。
メインの具材の豚バラ肉は、シッカリと焼かれたもの。ブロックで茹でて、切り分けてから焼かれている様子。ザクザクした歯応えで、薄っすら照り焼き風の味付け。降られた黒コショウは、(意外に)きちんと辛め。胡椒以外にもハーブが用いられているのか、クレージーソルトの香りに似ています。
パリパリの食感の小松菜。油で軽く炒められているのか、軽いオイリーさコクを生みます。
若干火の遠し過ぎの味玉。味付けは意外に繊細で、黄身は甘味を感じる仕上がり。
アクセントの弱い一杯で、風味と食感が良いアクセントの白髪ネギ。もっと量があってもも良い様な。


いや~~、記憶に残らない、否、残さない味。
危うくレビュー内容も、忘れるところでした。

しかし、単品でこの値段か~~。
ん!? 今年度最高額ラーメン!?

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 9件

「冷やし担担麺 ¥980」@Vulcania Restaurantの写真2016.08.23

~夢の通り道~

浦安でラーメン。炎天下の屋外を4時間歩きまわされてからの昼食。12:04行列に接続。手渡されたメニューは、結構良い値段。唯一の麺料理“冷やし担担麺”をチョイス。

行列接続から担々麺と共にテーブルに着くまで、24分。

先ずはタレのみを。
ジュルルルルル~~。ん!? 胡麻ダレ冷やし中華?
辣油は彩りだけで、ほぼ辛味は無し。少し酸味の効いた胡麻ダレは、まさに“胡麻ダレ冷やし中華”。担々麺のどっしりとした辛さや、華やか香り・痺れを期待していましたが、全くの別物。
子供向けな味わいなのか、横から箸が伸び、絶えずチュルチュル♪

お次は、中細の縮れ麺を。
ツルルルルルルルルル~~。ウム、個性のクセのない仕上がり。
ツルツルの口当たりに、ムチっとした歯応え。スープの絡みも上々で、普通に美味しいもの。
子供向けな味わいなのか、横から箸が伸び、絶えずチュルチュル♪

具には、肉味噌、ザーサイ、小松菜、味玉。薬味の白髪ネギ。
肉味噌には全く辛味は無し。しっとりした仕上がりで、濃厚な甘味(旨味)の塊♪
たっぷり盛られた千切りザーサイ。特有の味わいと風味は、良いアクセント。
小松菜は胡麻油で和えられている様子。意外に辛いのですが、芥子菜???
しっかり火の通された味玉。パサパサですが、味付けは中々。
不思議に辛味のない白髪ネギ。感じるは微かな酸味。
子供向けな味わいなのか、横から箸が伸び、絶えずチュルチュル♪

非常に食べ易く、クセのない一杯。

今まで“坦々麺”を食べられなかった子供さんも、美味しく頂けるもの。
ここは夢の通り道です。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「担々麺¥1010 辛味噌ネギ¥100」@China Voyagerの写真2014.07.22

定期訪問。いきなり梅雨が明け、パークは灼熱地獄。

気力体力全てを失った13:58、遅めの昼食。時間帯が良かったのか意外に空いています。
メニューを確認して、しばしフリーズ。いつの間にか全メニューをコンプm(_ _"m)ペコリ
トッピング追加でオーダーしてみませう♪

調理はディズニー名物人海戦術。本当に空いていて、行列接続からラーメンの乗ったトレイを手渡されるまで僅か7分ヽ(=´▽`=)ノ
しまった…、ネギが被ったm(_ _"m)ペコリ

さて、ラーメントレイを渡されて、初めて気付きました。
この店、客席が外だm(_ _"m)ペコリ
33度を超えた屋外で熱い担々麺…。俺は馬鹿か?
何とか直射日光を避け、パラソルの下の席をゲットします。

早速、トッピングを乗せますが、見た目に余り変化が…。
早速、スープから。
ジュルルルルル~~。ん…、ゴマの風味は弱め、ディズニーランドにしてはややシッカリめの辛さ(それでもかなり弱め)。もう少し、コク・旨味・風味が欲しいところ。

お次は、中細の麺を。
ゾゾゾゾゾ~~。ウム、ツルツルの啜り心地に、弱めのモッチリ感。可もなく不可もない仕上がり。麺量が多めなのは嬉しいところ。

辛味噌を溶いてスープを頂いてみましょう。
ジュルルルルル~。ウム、辛味噌といっても甘味のシッカリとしたもの。多少旨味が増すようですが、いかんせん絶対量が…。辛味はそれほど強くないようなw

具には、高菜、挽肉、白髪ネギ。
多量に投入された高菜。しかし、風味、味わいを足す効果は、かなり控え目。
挽肉も旨味、コク共に弱め。
白髪ネギは食感の変化と清涼感を足す、良い働き。


屋外で汗を垂らしながらラーメンを啜るなんて、『テレ東 大食い選手権ファイナル』だけの話かと思っていました。
まさか、自分が経験するとは…。

しかも、暑さで気付きませんでしたが、かなりいい値段になっていたのですね…m(_ _"m)ペコリ


もう、完全にフラフラ。しかしだ、闘いはこれからも続く! こうなったらノーガード戦法だ!
どっからでもかかって来やがれ! ネズミ野郎!!!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 9件

「ボイジャーセット¥1450」@China Voyagerの写真2014.01.02

正式メニュー名『ボイジャーセット(蟹と玉子のあんかけ麺 杏仁クリームロールケーキ お飲み物のチョイス)¥1450』

毎年恒例。新春ネズミの国参りでございます。
朝4時起きし、寒いパークでの荒行に耐え、ようやくランチタイム。

11:50、店舗も見えない場所まで膨らんだ行列に接続します。その場でオーダーするわけでもないのに、メニュー表を手渡されます。入口でスペシャルメニューを確認し、19分掛かって店内に。オーダーと支払を済ますと、目の前にはディズニーが誇る豪華人海戦術。13名の華麗な流れ作業、そう、それはまるで素敵なダンスの様(ビフォーアフター風)。

入店してから9分で、ラーメントレイを手渡されます。正月らしく、豪華にタップリの蟹!

先ずは若干白濁した塩スープから。
ジュルルルル~~。ウオ~~、ベーシックw 清湯系ですが何一つ突出したものはなく、なんとも印象に残らないもの。ほんのり感じる生姜は、餡から溶け出している様子。

お次は蟹と玉子の餡を。
やはり風味のメインは生姜。それ以外の旨味・塩分等は素都無くまとまっている印象。しかし、折角の蟹の風味や旨味が全く無し。何も突出しないのは、まさにディズニーの真骨頂なのでしょうかヽ(=´▽`=)ノ

そして、いつもの中太麺。
ゾゾゾゾゾ~~。ウム。ツルツルした啜り心地に、シコシコした歯触り。モッチリした歯応えも存在し、薫るカンスイ臭が、ラーメン麺であることを主張。全てが及第点なのですが、本当に掴みどころがないものm(_ _"m)ペコリ

薬味には白髪ネギ・アサツキ。
白髪ネギの清涼感・辛味は良いアクセントに。
全体が大人しい為、アサツキの軽いエグミが顔を出します。


全国津々浦々いや、全世界から訪れるゲスト。そんな方々の味覚に合わせるには、際立つ個性は不必要なのでしょうか。


食後は、極寒の地における任務の遂行。
繰り返される激務の中、薄れゆくラーメンの記憶…。

ネズミよ、ネズミよ、なぜ踊る。リピーターのこころがわかって、おそろしいのか。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 9件

「スペシャルセット¥1450」@China Voyagerの写真2013.07.23

メニューの正式名は、“スペシャルセット 肉味噌ゴマ涼麺・白玉レモンゼリー・お飲み物チョイス”。

2日間、夢と魔法の国を歩かされ、愚息の提案ながらコチラへ。
17:31に店内の行列に接続。並ぶこと6分で先払いのレジへ。綺麗なお姉さんに、限定の“肉味噌ゴマ涼麺セット”をオーダー。会計を済ませ、オリエンタルランド自慢のスーパー人海戦術を眺めます。

待つこと3分で完成。お膳を手渡されます。ミニトマトとオクラの切り口が綺麗です。さすが「夢の国」♪
一雨後のヒンヤリした空気が漂う、テラス席で頂くことに。

先ずは、タレを味見。
ベースは芝麻醤と辣油。辛味はかなり控え目で、“汁なし系”なので、ややシッカリした塩分。

お次は中太の黄色い麺を。
ツルツルした啜り心地に、噛むとコキコキした歯応え。若干、カンスイ臭が気になりますが、良く〆られていて食感の良いもの。
ただ、麺自体の冷たさが尋常じゃない!? キンキンに冷えてますw 〆た後に、冷蔵でもされているのでしょうか? それとも、超低温麺〆機でも存在するのでしょうか? まあ、生ぬるいよりは良いので、これはこれで♪

肉味噌の味は意外と甘さ控えめ。甜麺醤から来る独特のコクと肉の旨味がメインですが、冷えている為かかなり弱め。生姜? クワイ? シャキシャキした歯触りのものも混ぜ込まれています。

さて、全体を混ぜ混ぜして~~。
ゾゾゾゾゾ~~。お!? 混ぜると増す甘味。芝麻醤がコクを演出し、辣油の軽い辛味が味を引き締めます。
もう少し、しつこいくらいのゴマ感と、ビリビリするくらいの辛味が欲しいですが、ここは万人受けを目指すディズニーリゾート。このくらい控え目さは致し方ないのでしょう。
当然、山椒は未使用。

具には、ネギ、キュウリ、ニンジン、ミニトマト、オクラ。そして謎の赤い野菜、トレビスでしょうか?
ネギの食感と爽やかな辛味は、良いアクセントに。
ミニトマトは甘さが印象的。
オクラの優しい粘りと、香ばしいような独特の青臭さは、まさに夏。


パンチや目立った美味しさはないもの、安心して頂ける一杯。

途中、愚息オーダーの醤油ラーメンのスープを一口。あああ…、ジンワリ。
決して物凄く美味しいわけではないのですが、朝から忙しかった身には、本当に染み入ります。
これが、ラーメンの力。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 9件

「ボイジャーセット¥1450」@China Voyagerの写真2013.01.02

メニューの正式名は、ボイジャーセット(豚肉と野菜のあんかけ麺・マンゴープリン&ココナッツミルク・ウーロン茶)¥1450

ここに来れたことだけても、幸せな事なのかもね♪


浦安一、否、日本で一番の集客数を誇ると思われるコチラ。

11:28店舗前に、そこには人・人・人、約100人程の行列。流石で御座いますm(_ _"m)ペコリ
21分でようやく店内に。もちろん店内も、人、人、人…ヽ(=´▽`=)ノ 先に食品サンプルで、メニューを決め。レジで前払い、レシートを手に自ら配膳するシステム。精算を済ませると、ディズニーが誇るスーパー人海戦術調理場がお出迎え。麺茹で、スープ張り、具材、飯物、飲み物等、それぞれに担当が2,3人。物凄い回転の良さwww 入店してから8分でラーメンセットを手渡されます。

早速粘度高い餡をかき分けて、琥珀色のスープから。
ジュルルルル~~。ん~~インスタントライクw 豚ガラと鶏ガラがメインのようですが、ポークエキスでも使っているのか、風味や味わいの薄いもの。弱めですが餡から来る甘味と、しっかりした旨味(課長?)が味のベース。胡椒の辛味も根底に存在。
ややアマウマの味付けと、弱い風味が、“中華三昧”を思い起こさせ間す。

お次は、黄色い縮れ中細麺を。
ゾゾゾゾゾ~~。ん…、ツルツルした啜り心地に、モッチリした歯応え。 歯触りは弱めで、特に感じられない風味。それほど悪くは無い麺ですが、かなりスープの乗りが悪い^^; 湯切りが甘いのでしょうか? ちょっと水っぽさを感じます。

さて、野菜餡。オイスターソースでしょうか? 香り控えめの中華餡。もう少し甘味が強くても良いかも? 玉ねぎ、シメジ、キクラゲ、ニンジン、シイタケ、竹の子は、柔らか目な印象。木耳、ニンニクの芽は、食感のアクセント。チリチリとやや硬めな豚バラは、全体のボリューム(食べ応え)を増す効果。

薬味のアサツキは、意外と風味が弱いもの。


意外とスープの量が少ないようです。

麺に絡みついた水分のせいか、以前より味が…。
しかし、冬の青空の下。寒い風に吹かれながら頂く一杯は、何とも言えない特別な味わい。
夢と魔法の国は、ラーメンにも魔法をかけるようですm(_ _"m)ペコリ

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 9件

「ラーメン(麺硬め)¥450」@ラーメンショップ 野田店の写真2011.12.19

「ラーショを愛する会」“栃木支部マネージャー”のランディです。

椿系の新型店舗椿 ラーメンショップ 木立店を後にして、向かうは茨城県を中心にグループ展開されている椿系のラーメンショップ 野田店。椿系も色々あるのですね~~♪

14:20、大型車も停められる広い駐車場に車を滑り込ませます。先客は4名、券売機は無いので、そのままカウンター席に腰を下ろし、厨房のおじさまにデフォをオーダー。店員さんは老若男女4名、ご家族でしょうか? オバちゃんの元気な声が響き渡ります。

後客4名のオーダーと重なった為、5分強掛かってラーメン登場。おおお、凄い麺量。ん!? 否、スープの量が少ないのか^^; 先程“塩ラーメン”を頂いたせいか、ラーショ独特のカエシの香りが印象的♪

早速、背脂をたわわに湛えたスープから。レンゲを入れてみると、背脂の下は、意外に色濃い澄んだ醤油スープ。
ズズズズズ~。オゥw 見た目通りのカエシのしょっぱさと、課長の旨味(クドさ)が、ズバっと感じられるスープ。豚感は弱めで、“豚骨醤油”と言うよりも“チャッチャ系醤油ラーメン”の面持ち。ランダムな形の細かい背脂は、スープと煮込んだものを粉砕したものようです。背脂のオイリーさや甘味は控えめ。スープに対してカエシの割合が多いようで、風味の主役は醤油w

お次は、細めでストレートの“○あ”の麺を。
ゾゾゾゾゾゾ~~。ン~~ん!? 心地良くない濃厚な麺(小麦&添加物)の風味が存在^^; 麺がスープに浸かっていない為なのでしょうか、不思議な風味を感じます。食感でも、プチっとした歯触りとモチっとした歯応え等、“○あ”らしさは在るものの、食べ進めるとヌメ~っとした歯触りが顔を出します。茹で加減や、麺自体の問題でなく、やはりスープの量の問題の様子。
何か、麺自体に色や味付けがなさているような印象を持ちます。勝手な妄想ですが、“○あ”麺にも種類があるのでしょうか???

濃いめのカエシに、少なめなスープ。“まぜそば”ライクな面持ちw

具にはほうれん草、チャーシュー、海苔。薬味の刻みネギ。
ほうれん草は、浅めな茹で加減で、パリパリした食感が印象的。
バラ肉チャーシューは、ホロっとしながらも脂身がギュルっとした食感の仕上がり。味付けはしっかりめで、脂身が多いのは好き嫌いわかれるところ。
海苔はラーショらしい、やや硬めのタイプ。麺を巻いて頂くと、立派な一品料理に♪


かなりの麺量見えたのですが、本日2杯目にも拘らず難なく完食。やはりスープの量が少なめなのようです。

強めなカエシとモサモサした麺は、ご飯のおかずには持って来いな一杯でした。

投稿(更新) | コメント (7) | このお店へのレビュー: 1件

「担々麺¥980」@China Voyagerの写真2011.09.20

夢と魔法の国。冒険とimaginationの国。
昨日は10周年を祝い、本日はハロウィーンでオバケと戯れた後の昼食。

11:35店の外まで膨れた行列に接続、数分もしないうちに店内へ。先ずはオーダータイム…、ここは期間限定の“豚肉と水菜の涼麺”を…。 しかし、しかしです、今日はスンゲェ~~エ寒いんよw 昨日までの真夏日は何処へやらw ついつい、辛くて暖かそうな“担々麺”をm(_ _"m)ペコリ 暑さ寒さに弱い珍コレです。

行列に接続してから丼を受けとるまで約15分。少し離れたテーブル席に自ら配膳して、さて、頂きますw

先ずは、赤いラー油が確認できる白濁した芝麻スープから。
ジュルルルルル~。ん…、ゴマペーストからのコクはあるものの、香り立たない胡麻。その代わり多量の刻み高菜からの風味が全体を支配。ベーススープと高菜の風味が合っていない様子。塩分、旨味のバランスは良く、流石ディズニーリゾート♪ 当然、強烈な個性は無しw 辛さも控え目^^

お次は中細のゆるやかなウェーブの麺を。
ズズズズズ。ツルツルした舌触りと弱めながらモチモチした歯応え。嫌な風味もないのですが、本当に個性がないw やや柔らかめの茹で加減でスープの絡みは上々。

具(薬味?)には、挽肉、高菜、白髪ネギ、ごま。
挽肉は味付けこそ控え目ですが、スープ自体にコクをプラスする良い仕事。量もタップリ投入されていて、さすがの980円m(_ _"m)ペコリ
白髪ネギも、食感のアクセントや清涼感を足す良い一品。こちらも量が多めで、さすがの980円m(_ _"m)ペコリ
高菜の酸味や独特のコク(油?)はスープに浸透し、味を奥深くしていますが、やはり、ゴマベースのスープとの風味の相性が…。


ファミリータイプ担々麺としては、中々の出来とボリューム。しかし、コスパがね…。


980円ってとっも微妙なお値段w 観光地だから仕方ないかと思えますが、1000円になったら、絶対頂きません♪ この20円の差額がBe Magical!なのでしょうかwww

投稿(更新) | コメント (6) | このお店へのレビュー: 9件

「海老入りパイタン麺¥980」@China Voyagerの写真2010.01.01

性懲りもなく、またこちらのお店を採点です( ノД`)…


本来でしたら、らあめん花月嵐 蓮田SA店で川越シェフお手製(?)の味噌ラーメンを頂きたかったのですが、蓮田到着がAM4:00…。流石に家族の目が… …怖いm(__)m


そんなこんなで、パークにAM4:50到着。
虎視眈々とラーメンを食うタイミングを狙うこと4時間、かみさんと子供がミッキーワッフルをGETしようと長蛇の列へ。
♪チャンス到来 裸になった背中にムーンライト♪
スイーツに現を抜かしている僅かな時間(10分程度)、にon me too行動開始!

AM8:45店舗へ。10名程の方が行列を成していますが、そこは日本ラーメン店史上最強の人海戦術、なんと4分でオーダーの品が目の前に!?

クソ寒いテラス席で一人で頂きます。

先ずは、油の輪を浮かべたうっすら白濁したスープから。
ジュルルルル~。ん~~~ベーシックw 旨味・コク・塩分全てが当たり障りのない味。何一つ突出しない良くできたもの。メインは鶏よりも豚がホンノリ存在。生姜、ニンニクも気にならない程度に使用されています。
乗せられた茹で野菜のせいか、白湯と言うよりもタンメンのようなスープ。

お次は中細の緩い縮れの麺を。
ゾゾゾゾ~。うむ、ポソっとした歯触りはあるものの、モッチリした噛み応えはなし。個人的には緩すぎに感じますが。老若男女に受ける非常に守備範囲の広い柔らかさのようです。
しかし、スープとの相性が良くないのか。少し気になるカンスイ臭が存在。
あああ、思い出すのは○ルちゃんのチルド麺^^;

具には茹で野菜(モヤシ・ニンジン)、焼(?)海老。薬味はアサツキ、胡麻。
海老の味付けは何でしょう? 黒胡椒は分かるのですが、その他のアジアンチックなスパイスは一体??? 決して強い香りはないのですが、意外に個性的な味。海老自体のプリプリ感は弱め。
アサツキと胡麻をスープに溶くと、極弱なトンコツ風に♪


不味くはない一杯ですが、この…CPは…。

投稿(更新) | コメント (8) | このお店へのレビュー: 9件