なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

RAMENOID(時々)

ラーメノイドと読みます。ボーカロイドのイメージです。オイドンではありません(笑)

平均点 82.819点
最終レビュー日 2019年10月18日
2,063 1,545 0 33,723
レビュー 店舗 スキ いいね

「近江ちゃんぽん(並)+肉大盛+ビール(生中)」@ちゃんぽん亭総本家 彦根駅前本店の写真続染める旅5

無国籍な朝ラーをいただいた後は,今日は帰るという時間制限がある中,どこまで行けるかチャレンジしてみた。

岐阜で再び東海道線に乗り換え,滋賀の米原まで。
途中「関ヶ原駅」も通過し,あまりにも有名な歴史の舞台を肌で感じたり。
まだ,昼の部開始までは時間があったので,琵琶湖線でさらに南下する。
滋賀の県庁所在地である大津まで行き,そこで折り返すことにする。
大津駅前……何か面白いものでもあるかと思ったが,信じられないほど何もない。
まあ,快速で2駅先が京都なので,ショッピングはそっちに行くんだろうね。

さあ,滋賀を染めて帰途に着こう。
滋賀1位は「ラーメン ニッコウ」さん。
催事でもお目にかかる有名店だが,いかんせん駅から遠いし,鶏白湯がウリの濃厚系の店。
足の豆が痛いので歩くのも嫌だ。
滋賀らしいものをいただいて帰ろうと,チェーン展開してる,近江ちゃんぽんの元祖店を選択した。
ランキングは「ちゃんぽん亭総本家 本店」の方が上なのだが,より駅に近い「ちゃんぽん亭総本家 彦根駅前本店」の方を選択。
どっちが本店?
店のHPを見ると,創業の時の「麺類をかべ」があったのはこっちの場所なのだろう。

マジで駅前だったのは助かる。
開店8分前到着で,女性店員さんらが入り口付近を掃除中。
待ち席にメニュー表があったので眺めると,基本の近江ちゃんぽんの他に,そのアレンジと思われる「あんかけ」,「ゆず」,「味噌」,「チゲ」があり,淡麗系の「醤油」や,豚肉の薄切りがたくさん載った「豚そば」もある。

ほぼ時間通りに開店。
すかさず,基本のちゃんぽんと肉増し,そして,生を注文。
後会計式,700円+160円+430円,計1290円也。
すぐに提供されたのはプレモルの生中。
喉を潤すうちに追って登場したのは,店名の入った器ん盛られた,具だくさんのタンメン的一杯。

麺は表面のつるっとした自社製の太微ウェーブ。
長崎ちゃんぽんのうどんっぽい麺とは違い,かんすい使ったしっかりした中華麺で,茹で具合はジャスト。
つるつるもちもちした食感が秀逸な美味しい麺だ。
スープは塩分濃度も控えめな,かなりあっさりなチューニング。
長崎ちゃんぽんをルーツとしたご当地ちゃんぽんは数多く存在するようだが,この近江ちゃんぽんはその中でもかなり異色のようだ。
豚骨白湯ではなく,削り節や昆布を使った京風和出汁のあっさり塩スープ。
海鮮は使わず,具も炒めず,スープで煮込むとのこと。
物足りないかと言うと全くそんなことはなく,魚介あっさりスープに煮込んだ野菜や豚肉の旨味が流れ込み,じわじわと体に沁み渡るような味わいがある。
肉野菜炒めから出る水分をさらにあっさりにしたようなヘルシー感がたまらない。
HPには,「おいしく健康的な一杯を届けたい」との思いで誕生したメニューだと説明されているが,そのコンセプトが見事に具現化されている。
具は,キャベツ,もやし,ニンジン,青菜,豚肉。
野菜は,炒めてないので物足りないかと思ったが,スープの味がよく浸みていて,しっとり軟らかマジうま。
火の通り具合が実にいい。
こんな調理法だと,豚肉は硬く旨味が抜けたものを想像しがちだが,これまたふっくら軟らかで美味い。
肉大盛は+160円だが,十分増す価値がある。
と言うか,増さなかったらこれほどの満足感はなかったかもしれない。
具が多いので感覚が狂うが,麺量は150gくらいかな。
足りない方は+110円の大盛を。
女性用かな?-30円の小盛も準備されている。

実にヘルシーで味わい深いご当地ちゃんぽん。
支店は100店近いのではないかと思うほど多店舗展開しているのだが,意外なほどハマった。
調べたら銀座にもあるんだね。
行ってみようかとマジで思った。
何にせよ滋賀染め達成である。

投稿(更新) | コメント (19) | このお店へのレビュー: 1件