なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

kinta

男性 - 東京都

二郎系が嫌い

平均点 80.266点
最終レビュー日 2019年10月18日
338 223 6 668
レビュー 店舗 スキ いいね

「濃厚魚介つけ麺 880円」@馳走麺 狸穴の写真18:00過ぎ
早い時間だからか先客3名と空いている。
三河屋製麺の全粒粉麺との事。
とても食べ応えのある硬め極太の麺だ。
つけ汁は最近流行りの魚介豚骨ではあるが、かなり美味しいつけ汁でTetsuに似ていると思った。
全体的なバランスも良く、あっという間に完食して、スープ割りも美味しく頂いた。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
65

「つけ麺 700円」@好日の写真初訪問。地元民と思われる人々で店内はほぼ満席状態だ。この時たまたまかも知れないが、つけ麺を選んでいる方が高く見受けられたのでつけ麺をオーダー。
小鉢を貰えるとの事でもやしか炒飯から選べる。炒飯を選択して食べるが、正直必要ないな。この分の手間代とかは価格に反映して欲しいと思う。
そして直ぐに着丼。他の客への提供もそうだが、とにかくオーダーを取ってから提供される間が早い。これはとても気持ちが良い。まず、一口目。多少甘みと酸味があるスープだが、味か薄いと言うか淡白過ぎるかな。麺は加水率の高いもちもち中太ストレート麺で好みの麺だ。残念ながらこの麺とスープの絡みも悪く、あまりにも淡白に思えた。途中であっという間に飽きてしまい、1/3程残す。
スープ割りを飲んで退店。
正直、こちらでの点数がかなり高いのと結構な混み具合だが、ここまで人気店なのは正直?だと思った。ラーメンには少し興味は出たが、激戦の東中野で敢えて再訪は無いかな。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ベジポタ 辛つけ麺 あつもり 大辛・胚芽麺 850円」@二代目えん寺の写真えん寺は池袋店で食べて以来だ。もちろん中野店は初めてだ。
11:40くらいの到着で幸運にも最後に空いていた席に入店できた。
おすすめとある胚芽麺を選択する。
開店間もないのと、太い麺を茹であげるのに時間が掛かるらしく、店内全員が待ち状態だ。
先客から徐々に着丼しだして15分程で着丼。
他のお客のオーダー状況を観察すると、もっちり麺の方が人気の様だ。スープはかなりのドロドロとしたスープだ。ウリの野菜の味は殆ど感じられなかったが、かなりの魚介系の味がする六厘舎とかに似た感じのスープだ。チャーシューもホロホロとして美味しい。
前回池袋店で食べたときよりもかなり美味しく感じた。
辛みはラー油をはじめとして薬味が豊富においてある事もあり、辛つけ麺をオーダーする必要はないかも。ラー油や胡椒で調整すれば良いと思う。
次はモチモチ麺で食べたいかな。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「つけめん 900円、辛味 100円」@自家製中華そば としおかの写真リベンジを果たすべく再訪。土曜の開店10分前着既に外11人待ちの列だった。中にも既に客は入っているようだ。
こちらのレビューを見るとこれでもかなりマシな方な方なようだ。意を決して並ぶ一時間、ようやく入店。
カウンター席8人だけの狭い店内だ。つけめんを選択する。
となりの方がオーダーした油そばのその麺の量にびっくり。麺の量を聞かれ並盛りをオーダーする。
まずスープだ。久しぶりに食べるべんてんを継承するその味はつけ汁が濃く感じるものの、美味しい。
並盛でも結構な量に感じたがシナチク、チャーシューもかなり多めに入っており、これらを絡めながら食べる。辛味も加え味変しながら楽しめたのであっという間に完食した。最後にスープ割りも頂き大満足だ。
油そばは若干気になるものの、次はラーメンもチャレンジしたいが大行列がしんどいなぁ。
退店時には15人くらいの列に伸びていた。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「つけめん 780円」@中華そば 青葉 中野本店の写真久し振りに青葉のつけ麺を食べた。ここ本店では初めてだ。
暑い日でさっぱりと食べられた。青葉品質のつけ麺はもちろん美味しい事は美味しいが、やっぱり青葉は温かいラーメンの方が好きだな。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「特製もりそば 800円」@東池袋大勝軒 本店の写真久しぶりの訪問だが、美味しい
さて、久し振りの訪問で夏真っ盛りの日でつけめんの一択の日だった。
久し振りに食べる「本店」のつけめんはやっぱり美味しい。つけ麺はこちらで長年に渡って食べ続けているが本当に飽きが来ない。スープの味加減が絶妙だ。味は濃すぎず薄すぎず、酸味と甘さ加減も完璧だ。これも滝野川以来、長年通いつつけている店長の味だからで安心して食べられる。
麺少なめにしてオーダーするものの、それでも麺の量がとても多く感じた。
最後はスープ割りも頂くが、これもとても美味しく頂けました。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件
72

「つけそば・中 800円」@BASSOの写真としおかの20人オーバーの大行列に諦めてRDBで評価の良いこちらを訪れる事に。12:00前後の到着にも関わらず2名程の外待ち。としおかの大行列に比べると、かわいいものだ。先に食券をという事でつけそばを選択。並(250g)・中(350g)を選べるとのことで中を選択した。麺はかなりの極太麺で加水高いもちもちした麺だ。
つけ汁はあっさりとした醤油だが甘みと酸味のあるつけ汁だ。一口目、さっぱりした味わいでかなり自分の好きな東池袋系大勝軒に近い味で美味しいと感じたが、味がかなり濃いと思った。そしてこの感想は、食べているうちに塩っぱすぎると感じるようになってきて、途中で飽きが来てしまい完食する事ができなかった。
最後にスープ割りをオーダーするものの、塩っぱすぎて少し飲んだところでやめた。具が様々入っておりどれもが美味しかったし、シナチク等もとても美味しかったものの、味が濃すぎてそれが全体のバランスを悪くしている気がする。
つけめんはつけ汁が塩辛すぎて満足はできなかったが、ラーメンや煮干しラーメンは美味しそうだったかな。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「鰹昆布出汁特製醤油つけ麺 1100円」@迂直の写真炎天下の平日だが11:40の到着で外に5人程の待ち。そこから更に離れの場所へ移動させられた。その後店の前に移動させられて、さらに20分ほど待って食券を買うため一時入店する。つけ麺専門で醤油か担々麺かを選べるが、特製出ない方でも1,000円と強気の価格設定だ。鰹昆布出汁特性醤油つけ麺を選択する。
合計30分以上待ってようやく入店。5名程の待ちだったはずなのだが、店内狭いのに加えグループ客が多く回転が悪い。まぁ、伏線として、かなり待つとは書いてはあるが。ようやく店内に案内され程なくして着丼。
スープは期待した通りのさっぱりした醤油味だ。
麺は細い平打ち細麺で喉越し良く美味しい麺だ。つけ汁に付けて清涼感を感じる喉越しだが、ウリであろう鰹昆布出汁は残念ながら風味程度で殆ど感じられないし、麺との絡みがあまり良くないのかも。
とても分厚い炙りチャーシューが丼に二枚、器に二枚乗っているが、これもなかなか美味しい。
麺の量がとても多く全部は食べ切れなかった。
鰹昆布出汁の場合は、器に残った昆布出汁をつけ汁で割ってくださいとある(割スープは無いとの事)
昆布出汁はあまり残らなかったのでこれで割ってもつけ汁が濃すぎて、殆ど飲めなかった。これもとても残念。
昆布出汁というと、どうしてもほん田で食べたソレと比較してしまうのだが、完成度という点ではかなりの差を感じてしまう。あちらは限定メニュー?(今は通常メニューになっているかも)からかもしれないが、こちらの普通の鰹昆布出汁醤油でも1,000円なので同価格だ。
炎天下で長時間待ったトラウマもありリピートはないかな。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「つけめん 880円」@らぁめん山と樹の写真暑い日だったのでこちらのつけ麺を食べてみたくなり久し振りの訪問。店前に3人待ち。だが、団体が直後に出て割と直ぐに入れた。店内、比較的空いてるが、店員一人しかいないために着丼までに時間が掛かる。15分程待って着丼。
麺は緑っぽい感じの中太の平打ちの縮れ麺でもちもちとした食感があってとても美味しい。この麺がつけ汁にとても良く絡む。まず一口目。最初あっさり過ぎるかな、とも思ったが、食べているうちに徐々に慣れ、麺の風味と相まってとても美味しい。
醤油味のあっさりした味ではあるが、奥の深い味だ。
チャーシューはかなり大きめのホロホロとなるチャーシューで食べ応えがありとても美味しかった。また訪問しようと思う。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「こってりつけそば 590円」@中野大勝軒の写真何度か通っているが、つけめんにこってりつけめんがあるのに気付く。
こちらに初チャレンジ。
程なくして着丼。
まずスープだが、かなり背脂系の脂が表面に浮かんでいる。スープを啜るとその名の通り以前食べた普通のつけ麺と比べても遥かにこってりな感じだ。個人的にはこってりが好きなので普通の「つけめん」よりも美味しく感じた。
ただし、スープは甘みが無く、東池袋系の甘みと酸味のあるスープとは程遠く、温かい普通のラーメンの味を凝縮させた感じのスープで物足りないかな。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 9件