なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

スージーのなのなQ

男性 - 東京都
平均点 81.395点
最終レビュー日 2019年10月21日
758 636 61 719
レビュー 店舗 スキ いいね

「海苔とんこつ醤油、無料ライス」@横浜家系ラーメン 市ヶ家の写真平日1145分 6割程度の客入り。
多分通算したら10回以上きてるんじゃないか?いくら自分の生活圏で利用しやすいとはいえ、僕はできるだけ色々なお店を開拓したいからそんなに沢山リピしない。それでも何度も何度も利用させて頂きたくなるには理由がある。

まず、わかりやすく市ヶ谷駅から近く、かつ、提供もどんなに混雑してても安定の早さから時間の計算ができちゃうこと。

次に、店内きれいで明るく広くて過ごしやすい。だから、男子学生やおっさんたちが多い家系店でも、ご近所のJDやOLグループが楽しくラーメンなんて光景も沢山。
最後に肝心なこと。基本的に家系としてうまい。

この日も僕の中では定番の海苔とんこつ醤油(800円)を。

どしりとした動物系の炊きだされた旨味にコクがまろやか、ガツンとした塩気に油、ちょうどいいバランスでマロショッパ。このマロショッパスープをゴリゴリの平打ちが太麺がビチビチかきあげて神輿担ぎモード。麺も小麦風味がしっかりおくゆかしくて美味い。普通にかなり美味しい家系ラーメンを頂けるのでついつい食べたくなっちゃう。

何よりランチサービスのライス食べ放題が嬉しい。店内にどどーんと置かれた業務用炊飯器から好きなだけとって食べるスタイルは自分のペースで好きなだけ食えるかつ調整できるのが気兼ねなくていい。家系には飯、が好きな輩には(僕もど真ん中で含む)たまらないやつだ。また、無料は良いけど美味しくないんですけど…。みたいなご飯を出してくる店もかなりあるが、こちらは違う。だから、ホントは麺を大盛にしたいところを並にして白飯アレンジを楽しむ。

それに、そのアレンジを上げてくれる卓上には漬け物は勿論、生玉ねぎとか自家製からし、とか、みじん切りしたニンニクとかの小技もにくい。この実はかなり大変だろう一手間が店としての味のブランドを引き上げてる。できあい豆板醤パックとかニンニクパックとか置いてある店とはおおちがい。

自家製からしオンザライス海苔巻き巻き、刻みニンニクオンザライス海苔巻き巻き、海苔巻き巻きからの胡椒ぶっかけ等々、この日結局、丼2杯の白飯を頂きつつ、スープもまくってしまった。カロリーとか知らねえ、何となく今日足が痛いからそれを体の内部的に治癒するパワーで差し引き0だろう。
ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 4件

「鶏白湯ラーメン、大盛」@麺屋 藤しろ 目黒店の写真平日1420分 空席2。この時間なのに盛況、サラリーマンに、OL、学生カップル、マダム等々客層も広いし女性客も多い。カウンターだけのこじんまりとした店内だけど、皆さんこちらのラーメンを楽しまれてる様子がすごくわかる。
自分にとって、藤しろさんは飯田橋に支店があった時代、そちらにヘビロテで通わせて頂いていたお店で、鶏白湯の美味しさを知ったお店。もう何年ぶり?くらいなので、基本に戻り

鶏白湯ラーメン(750円)大盛(100円)を。食券機はお店の前に置いてある。

はやっっ!着丼はあっという間。嬉しい、今日それほど時間に余裕はなかったのでこのスピード嬉しい。

とろりとしたスープ、うーーんやっぱり極上。とろけたてのアイスクリームのような滑らかさ、うっとりする口当たりからの、優しい、けども美味しさつまった味わいにやはり唸る。店内popには鶏ガラに大山鶏丸々一羽、牛コツに筋、かえしもふんだんに煮干しを使っての無加調とかかれているが、そう、鶏白湯で思い出される味わいでは全くなく遥かに想像を越える複雑な、でもぎゅっとまとまっているお味がする。

ザクザクザクザク、ものすごく心地良い噛みごたえの中細ストレート麺、歯応えも良ければ適度なスープ持ち上げ具合、絡み方も良い。麺を吸い上げると焦がしネギ風味がさらに複雑な味わいを薫り出してきてくれる色々な味の仕掛け。

やっぱり美味しい、実力ありまくるお店。つけ麺も食べたくなっちゃったので次回はつけ麺食べに伺います。ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「中華麺 大」@笹塚 大勝軒の写真平日1225分 満席にて外でまつ。永福町大勝軒から独立され、屋号も大勝軒とそのまま継がれてるとなれば期待しかない。
とてもこじんまりとした店内、Lの字カウンター10席。メニューも潔く中華麺のみ。サイズ違いで小中大。小が1玉、中が1、5玉、大で2玉。子ども麺が500円である。

他客さんそろって中をオーダーしているが、いやいや永福町大勝軒はデフォルト2玉ですから、

中華麺大(1000円)
食券ではなくテーブル会計。

いや、やっぱ少し後悔した…。でかっっ!!チープな表現洗面器クラスの器、レンゲも特大。いや、これぞ永福町大勝軒遺伝子色濃く、ふぅ~~と深呼吸で腹ペコに戻ったぞ。さて、いただきます。

…うん?ちょい弱いか??ビシッとした煮干しの薫りに味わい、ゆるりとした油分は熱々さを閉じこめつつまったりさせてくれている。コクもあるしキレもあるのだけど、ガツンとした、もしくはじわっとした深みが弱い気がする。ブレの範囲か?もしくは大にしたからバランスか?
麺は中太ちぢれの柔らか。とゅるとゅるドリリンと登ってくる滑らかな食感とプルっとしたかみごたえ、この大盛量だから遠慮なくどんどんバキューム。食ってるなぁ~~すごく麺を食らってる、そんな喜びに満ちあふれる。
チャーシューもやはり永福町大勝軒を感じさせる小ぶりながら、しっかりと豚の旨味を香らせる一品。チャーシュー麺あったら絶対そっち頼みたいやつ。

始めはひよったけれど、やはりなんなくするりと完食、でも腹パン。そりゃお腹いっぱいになるよあのボリュームは。
今度改めて永福町大勝軒にも伺ってみよう。ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「鶏そば」@好麺の写真平日2010分 前客5名、 後客7名。

浜松駅から徒歩3分くらい、トヨタレンタリースの向かい。浜松出張終わり、浜松餃子つまみにしこたま飲んだ〆で伺う。初訪問、新幹線時間も30分後出発だったので迷わずイチオシされている

鶏そば(750円)を。食券ではなくテーブルオーダー。

頼んでから確認するのも筋違いだけど、メニューをじっくり見つめるとディナーセットが充実してる。らーちゃー、餃子ラーメンから丼ラーメンセット、餃子晩酌等々、1000円前後。グランドメニューは醤油、塩、味噌、四川ラーメン、からの焼きそば、丼もの、回鍋肉酢豚レバニラと、所謂、中華無双。飲んだ〆での僕のような客もいれば、ご飯を食べにこられている夫婦、会社仲間と飲みに来ている面々。幸せな空気と活気が漂ってる。

丼着は早かった。体感だと3分くらい?とすら思えるくらい早く来た。トッピング葉物の緑が黄金スープとわかりやすい綺麗なコントラストをだしてる見た目、テラテラ油は鶏油か?そのおかげで輝き増している。
うーん、鶏!!わかりやすく、かつ期待通りの鶏ベース清湯ラーメン。パンチはあるが塩気は控えめ、中細ちぢれ麺のプチプリ弾けと良い感じで、〆ラーメン正解。細切りの鶏チャーシューは食べるからにヘルシーで全体的にパンチあるが重くない。
しっかり〆られつつ新幹線にも余裕で間に合った。今度はじっくり色々つまみながら飲みにきたいですね。ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「まぜそば、豚1枚追加」@用心棒 市ヶ谷飯田橋の写真平日1050分 シャッターポール、開店間際に学生3人が連結、その後15分くらいで満席。元々こちらは、いまむらさんがあった場所。JR市ヶ谷駅から徒歩10~15分と飯田駅徒歩5~10分の中間点くらい。そちらに用心棒さんの3号店として居抜きイン。神保町、東大前、そしてこちらの飯田橋市ヶ谷。明治、東大、法政とそれぞれシンボリックな大学ある。六大学近辺出店が用心棒さんの戦略かしら??
直系の神保町二郎(旧)の前にある、スマートな感じの二郎インスパイア、そんな印象があったが、今では全国区にカップ麺としても売り出させる程の有名店。そのキーとなった代名詞といえば、用心棒さんのまぜそばwithガリマヨ。そう言えば、まだ食べたことなかったからここぞとばかりに

まぜそば(880円)300グラム、豚1枚(100円)を食券機で購入。

カウンター10席、テーブル席が6席。まず、無料トピを卓上にある赤ペンで食券に丸をする。ヤサイの量、アブラの種類(背油/辛油/黒油)、まぜそばの場合はガリマヨの有り無し&量。ヤサイ増し、黒油(黒油は塊のマー油)、ガリマヨは当然有りで普通で。提供前にはニンニいれますか?(ニンニク、ショウガの有り無し&量)。こちらはニンニクをコール。

うん、丼、重い。どどーーんと麺に具材にこんもりと盛られた小山がご登場、物理的に重い。
まずは別皿できた黒油をヤサイの上に回しかけ、シャクリシャクリもやしを片付ける。でないと、混ぜようにも混ぜらんないのよ~。ガリマヨ=ガーリックマヨネーズと黒油の味付けは悪魔極まりない。狂わしいほどジャンキー、これ午後から人にあったら迷惑しかないな…でも、そんなの知らね。
ある程度もやし山が落ち着いてきたら、卵黄を崩し全体まぜまぜ。たれ、ユルメで多め、半スープみたい。二郎テイストに胡椒がきいてるようなアクセント、からのガリマヨが融解しとろけて具材に麺にコーティング。
麺は、ゴリゴリ、ブリブリ、グリグリ、モフモフな、なんて食べごたえ。つか、シンプルに麺が美味い。噛むごとにザクッと切れる気持ち良さに、モギュっと跳ねかえる弾力のタックルがたまらねえ。からの、豚。まぜそばの具としては一口に切り揃えてあるけど、この存在感、エースで四番。美味いチャーハンを提供されている店は結局チャーシューの使い方と味が絶品なように、このまぜそばにおいても要になってる。
ダイエット?体重制限?なんだそりゃ、糖質に油に溺れりゃいいじゃない。この背徳の幸せがまぜそばーズハイにカチッときまるわ。

何だかんだで300グラムはソッコーなくなる。400グラムの大盛にしとけば良かったなぁ…。何キロカロリーかわからないけど、その分歩いて消費しよう。
ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「普通のラーメン、浜松餃子、五目あんかけ焼きそば、レタス炒飯他」@五味八珍 メイワン店の写真浜松駅ビル メイワンレストランフロア内。浜松出張時、浜松餃子をつまんでビール飲んで帰ろうと同僚と立ち寄り。浜松餃子の有名店数あれど、こちらは浜松餃子からの、炒飯やらラーメンやら、ファミリー中華とうたわれているだけあり嬉しい炭水化物とともに。それにコスパもいいと同僚イチオシ。何より浜松駅ビルだからギリギリまで時間も気にしなくて良い。
ビールやらハイボールやらレモンサワーやらを飲みながらたのんだのは

浜松餃子、五目焼きそば、レタスチャーハン、五目チャーハン、鶏から揚げユーリンチー風、おつまみ三種盛り、フライドポテト、枝豆、普通のラーメン。

普通のラーメン、良い。名前の通りなんてわかりやすい。鶏ガラベースの醤油ラーメン。コクある部分は魚介ダブルになってるのかな?中太麺は滑らかな柔らかめで、そんな部分も、わかるわかる的な萌える。たらふく食べて飲んでしめる、あえて、こういう味にしてねらってんだろうな的なちょうど良さ。
ちなみに、餃子も他の料理も全力で美味い。餃子12個一皿を5人で頼んだのは六皿。レタスチャーハンも唸るものだったし、五目焼きそばは庶民大好きなチュウカフウ甘辛だれに、焦げ目も適度なパリパリと麺のモッチモチ、クセになる。
美味しかった。沢山飲んで沢山笑った。素敵な時間でした。ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「しお※極細、大盛、ミニチャーシューメンマ丼」@らーめん 桃源の写真平日14時 待ち客1名、後客コンスタントに。綱島は非常に実力のあるラーメン店がここ数年増えてきている。でも、長年綱島のラーメンを引っ張る老舗として名高い桃源さん。本日初訪問。

なんてセンス溢れるお店。内装の装飾が素敵すぎる。あそびごころ満載の船や海や魚や様々なディスプレイ。ハワイの古くから愛される落ち着いたカジュアルバーみたい。
とても暖かな接客、お客さんの常連度率も高そうで色んなお話しを店主さんや、女将さんとしている。良い店だ。
メニューでは基本がしお、そこに旨しお(ミルク風味?)中でもかなり、辛しおをおされていて、大辛、激辛、超激辛まである。辛いもの好きとしてはかなり気になったけど初訪問なので

しお(800円)※極細 大盛(100円)※大盛は0,5玉 ミニチャーシューメンマ丼(90円)を。

食券ではなくテーブルオーダーテーブル会計。

素敵な店内を見回しつつ、そんな常連さんたちの会話に耳をすませていたらほどなく着丼。このスープチューニング、、、ありそうであまりそういえば出会わない。魚介ではなく、魚貝のテイスト。確かに塩ラーメンなのだけど、感覚的には海の恵みな雰囲気。所謂、磯!みたいな海っ気ではなく、海のミネラル成分たっぷりのような優しくも懐の深いお味。勿論、鶏や豚骨みたいな動物系とのダブルな厚みに構成させているのだろうけど、やはりユニークな味の決め手は貝が自然とでもしっかりと出汁をきかせてるとこだろう。だから一口め優しいなぁと思ったけど、旨味のがっつーーん!はじっくりきていてパンチもある。
麺の太さは、極細と中太と選べたがデフォルトが細麺だったので、そうした。でも、多分この極細は正解。かなりちぢれ具合があるので、吸いあげるとブリブリドリドリ、スープの持ち上がりがすごく、吸いあげた勢いで味と香りが拡散するから口の中とてもよい風味。麺を吸い上げて、味としては完全に近づくような食べご耐えだった。
店頭にあった某有名ラーメン雑誌には20年たっても行列がたえない、との記事がかかれていたけど、なるほど、店主さん店員さんも、お店の素敵さも味も、すべて居心地いいから心のお店になるんだろうな。
ごちそうさまでした。次回は辛いのいってみます。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「盛りそば、大盛」@小金井大勝軒の写真日曜1240分 お客さんの入りは7割がた。 でも駐車場は満車でいれるの大変だった。7割といっても何といってもこちら箱がデカイ。元お蕎麦屋さんのつくり、テーブル席や畳の座敷などなどで広いから都内のラーメン店としてはかなりのもの。こちらは2回目。今日はお腹いっぱい食べたいと、大勝軒では禁断の大盛オーダーをしてみることに。

もりそば、大盛。

しかし、店員さん多いなぁ。これだけの席数をこなすにはまかなえないんだろう。でも、だから提供もスムーズ。あらもう来たの?くらいに運ばれてきたが
…ヤバイ、ヤヴァイの登場…。ヴを~~自分でオーダーしといてなんだけど、えげつないなこのこんもりとした山。存在感というか、存在がすごい。何グラムなんだ?聞いてから頼めば良かった。でも前回並では物足りなかったんだもん…。まぁ食うべ。。。
見た目からもわかりやすい、所謂喉ごしが良い滑らかな中太麺。ちゅる、って感じが正にそれ。麺自体のお味は良い意味で強くない。勿論小麦の風味香りつつだが、しつこさがないプレーンな味わい。
だから、やはりわかりやすく大勝軒甘辛酸がのってくる。辛はおさえめ。甘と酸も適度なのでたっぷりとつけ汁に麺をヒタヒタ。ズビズビズビ~~。うん、弱いか??今日のつけ汁はちょっとまとわりが弱い気がする。というか、麺が多いからね。
何度箸を入れても全然その麺山が低くなる気配がない…。こういうときは止まったら負ける。ズビズビして、モグモグ租借している時にはもう次の麺をヒタヒタし正にかきこむ。幸せだ。幸せのロンド、ヒタ・ズビ・モグ。
ふと気がついたら山はなくなり、これ半端なぃって!!お腹パンパンだけど、もっと食べたい。腹パンパンだけど、あれ?食べたっけ?くらいの欲しがりさ。いやいや食べたけど…。そのくらいスッと食べられる。

〆にはスープわりでごちそうさま。当たり前だけどお腹いっぱい。さて、眠いぞ!

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 2件

「天空、替え玉」@スパイスらぁめん釈迦の写真平日11時 一番客 後客1名。
gotsubo跡地、居抜きで入るというより同じ庄やさんグループ間の再編でgotsuboを閉めて池袋からこちらを移転、って感じか。店名とコンセプト変わりインテリアや装飾をリノベされている感じの店内。ただ、よりバーというか隠れ家カフェ感はスパイスあれこれで増している。色々な書き込み読んでいたら女性店主さんのワンオペか、そこに男性のアシスタントさんとのことだったが、伺った日は男性の店員さんのワンオペ。
スパイスラーメン種類は大きく2つ。天空は醤油、北印度は味噌ベース。店外にある食券機で

天空(850円)替玉 (100円)

を購入し、まったり心地い音楽聞きながら待ち。お客さんパクチーお入れしますか?コールがあり丼着。までは15分程度かかった。かなりゆっくりな提供だけど、あくせく食べにくるなら他のお店でいいだろう。そういう丁寧仕事含めて個性。

クリエイティブな一杯。動物系のまろやかで厚みあるスープに折り重なるスパイス。中太ちぢれ麺のスープの絡み方、交わし方が絶妙で麺のお味をたて、立てるからスパイスをより感じるシナジー関係。15種類のスパイスブレンドとのことだが、辛味も鼻腔をくすぐる風味もエキゾチックな薫りも丁寧な味の仕上がりで、良い意味でバランス崩すような特定の尖りがない。どの香辛料がどんな割合で、とかは知識ない僕にはわからないが、昔は散々ヤンチャも悪いこともしまくったけど今は落ち着いてるよ、ではなく、産まれたその家がトップマフィアで、でも裏社会には行かず表社会でエリート街道を行く、そんな毛並みの良い刺激を感じさせてくれた。

ちょっと笑っちゃったのが、え??替え玉このスタイル!!?替え玉お願いしまーす、と食券を渡ししばらく待っていると「そろそろ行きますよ」と、丼の中に湯であげ湯切りしたそのままをどーーん!!おっと、昔ながらの博多ラーメンスタイルみたいじゃないか。お皿や丼でやってくるかと思っていたから少し驚いた。というより、いやいややっちまったな…。完全にバランスぅぅ~~!!麺の量とスープ量が子供と大人のシーソーくらい釣り合ってない…。なので、スープ多目のスパイシーまぜそばみたいな感じでワシワシと頂き(それはそれで美味しかったけど)完食。
そうそう、大きめのチャーシューが見た目通り香ばしくかつジューシーかつホンワカで美味しかった。
ごちそうさまでした。違うメニューも是非食べたいです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「特製中華そば」@中華そば はな田の写真平日1315分 前客4名、後客3名。カウンター8席の奥にはテーブル席も2卓あり、お一人様でもグループでもハッピー。入口食券機で

特製中華そば(980円)を購入。
並でデフォルト300グラムのボリューム、通常店では大盛レベルが嬉しい。さらに大盛にしようかと思ったけど、初訪問なので気持ちは抑えた。

店内には煮干しの薫りが立ちこめていて深呼吸が美味しい。大勝軒のTシャツが厨房にディスプレイ。こちらの店主さんのキャリアがとても素敵。新大久保のレジェンド店だった【めとき】に感銘を受け、東池袋大勝軒で学び、永福町大勝軒の流れである、めときインスパイアをご提供されている。デフォルト300グラムの理由もその遺伝子からかぁ~と納得。オペはその店主さんとおかみさん、美男美女のお二人で切り盛り。元気で暖かい接客、うーんお友達になりたい。絶対楽しそう。

ご提供は早かった。スープなみなみでとても熱いですからお気をつけてお召し上がりください、と、おかみさんから頂いた丼。はい、熱いです!!!それにスープたっぷりです。それに表面にテラリと貼った油分、あぁ~~めときさん確かに思い出す。僕は2回しか食べたことないけど記憶に残る一杯だった。

美味い~~!!なんて豊かな味、え?牛骨?ちがうでしょ、煮干し豚骨ベースだったんじゃないの?でもなんだろうこのじんわり広がる旨甘味。所謂、ガツン!と煮干しじゃなく包まれるような懐の深いお味。初めはそんな風に優しいけど、熱々スープの温度が下がってくると煮干しの塩気ターンがやってくる。遠浅の海で初めはゴムボートにまったり揺られていたけど、だんだんと波がたってくるような感化。美味い。
とりゅっとした中太ちぢれ麺、とゅりゅりってるなぁ~~本土とゅるとゅる入ってくる。少し柔めの口当たりで、んふぅ~~と噛みしめ小麦の甘味もじわっとくる。麺の長さもどちらかと言えば短めで、一口で丁度いい。だからスープのデリバリーもズバ!
何よりスペシャルなのがチャーシュー。大きさもどかっとベビー級だけど、相当気を付けないと箸で持てないホロホロさ。そんなホロホロだから口でもう幸せしかない。タンポポの綿毛が一気に飛び立っていくような広がりに柔らかい、とろけと優しさ。ズルいわ~~こんなのたべたらもう言葉がでない。

小麦の香り、のど越しを重視した麺。煮干しと豚骨、数種類の野菜を使って取ったアッサリ無化調スープを最後までアツアツのまま食べれる様に工夫した作り。店主が1日かけて作る極厚トロトロチャーシュー

とインスタに書かれていたけど、うん、そうねその通りねシンプルにまとめると。
オープン当初は、めときラバーズなめときガチさん達から、味の薄さとかスープの量とか温度とか色々なご意見があったみたい。でも、ここはめときではないし、というか素晴らしいですよ。

ごちそうさまでした。つけ麺も食べたいし、なんならやっぱり大盛オーダーしたいな。だって結果スープまで完食でしたから。

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件