なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

スージーのなのなQ

男性 - 東京都
平均点 81.395点
最終レビュー日 2019年10月21日
758 636 61 719
レビュー 店舗 スキ いいね

「盛りそば、大盛」@小金井大勝軒の写真日曜1240分 お客さんの入りは7割がた。 でも駐車場は満車でいれるの大変だった。7割といっても何といってもこちら箱がデカイ。元お蕎麦屋さんのつくり、テーブル席や畳の座敷などなどで広いから都内のラーメン店としてはかなりのもの。こちらは2回目。今日はお腹いっぱい食べたいと、大勝軒では禁断の大盛オーダーをしてみることに。

もりそば、大盛。

しかし、店員さん多いなぁ。これだけの席数をこなすにはまかなえないんだろう。でも、だから提供もスムーズ。あらもう来たの?くらいに運ばれてきたが
…ヤバイ、ヤヴァイの登場…。ヴを~~自分でオーダーしといてなんだけど、えげつないなこのこんもりとした山。存在感というか、存在がすごい。何グラムなんだ?聞いてから頼めば良かった。でも前回並では物足りなかったんだもん…。まぁ食うべ。。。
見た目からもわかりやすい、所謂喉ごしが良い滑らかな中太麺。ちゅる、って感じが正にそれ。麺自体のお味は良い意味で強くない。勿論小麦の風味香りつつだが、しつこさがないプレーンな味わい。
だから、やはりわかりやすく大勝軒甘辛酸がのってくる。辛はおさえめ。甘と酸も適度なのでたっぷりとつけ汁に麺をヒタヒタ。ズビズビズビ~~。うん、弱いか??今日のつけ汁はちょっとまとわりが弱い気がする。というか、麺が多いからね。
何度箸を入れても全然その麺山が低くなる気配がない…。こういうときは止まったら負ける。ズビズビして、モグモグ租借している時にはもう次の麺をヒタヒタし正にかきこむ。幸せだ。幸せのロンド、ヒタ・ズビ・モグ。
ふと気がついたら山はなくなり、これ半端なぃって!!お腹パンパンだけど、もっと食べたい。腹パンパンだけど、あれ?食べたっけ?くらいの欲しがりさ。いやいや食べたけど…。そのくらいスッと食べられる。

〆にはスープわりでごちそうさま。当たり前だけどお腹いっぱい。さて、眠いぞ!

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 2件

「濃厚つけ麺 大盛」@麺屋 薫風の写真12時 満席で待ち1名、後客も続々。
不動前駅すぐ、開店当初からとても評価高いお店として知ってはいたが中々伺うタイミングなくやっと訪問。食券機の上部は濃厚つけ麺、濃厚煮干しつけ麺、塩つけ麺と並び、下部に大山鶏中華そば、まぜそばと続く。初訪問なので基本メニューの

濃厚つけ麺(850円) 大盛 ランチ時は味たま一個サービス

をオーダー。ただ、おんや??食べているお客さんのほとんどが中華そばじゃないか…。からのまぜそばと続く。んんんん?つけ麺を食べてらっしゃる人がいない。まぁまぁそれは次回にしよう。
店主さんとおかみさんの2人オペ。カウンター10名程度の席数。お客さんに女性客が比較的多いし、注文聞いてると多分リピーターだなと思えるもの。女性客もぐっとつかまれてるお味は好感度高い。

麺ゆで8分を踏まえて丼着。綺麗な盛りつけ。麺がキラキラしている。まずはその麺だけで頂く。薄く塩気きいて締まった味からの、噛んでいくと小麦のあまく豊かな風味。ゴリゴリの太麺かつ、弾力性もかなりのものでグイグイ。
つけ汁は濃度、粘度がすごい。2019年では所謂マタオマ系と呼ばれる濃厚豚骨魚介。例のお味方向だけど、ざらりとした節系の香り付け、後味でくる少しスパイシーな気配が個性を出してる。というよりやはり基本の醍醐味である太麺と粘度たかいつけ汁との濃密な辛味はすさまじい。気がついてみたらグングンつけ汁なくなっていっており、やべ、最後まで足りるか?と心配しちゃうようなドッキングっぷり。普通はこれだけ濃厚だと途中で味の飽きがくるものだけど、最後まで止まらせない力が美味いの証明。
そんな中で鶏チャーシューの優しさと爽やかさ、ほのかにつけられた下味のセンスよさで癒される。

スープ割は卓上のポット。お、爽やか!柚子的な柑橘類が割スープに仕込まれていたのか、つけ汁の中に潜んでいたのか、いきなり様子が一変した。締めのスープとして抜群の道筋。

大多数の方々がたのまれていた中華そばは綺麗な清湯そばだった。次回はあれだな。ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

「スタミナパンチ丼をBセット(ざるラーメン)」@山田うどん 市場通店の写真日曜日1205分、 7割くらいの埋まり。埼玉県民心のふるさと山田うどんさん、東京でも埼玉に近いロケーション東久留米に所用で来ていたので、多分お店あるなと検索してみればやはり…もう迷わずお昼ご飯は山田うどんに決定。

土日の日替り定食、埼玉B級グルメセットより、スタミナパンチ丼をBセット(ざるラーメン)でオーダー。

我ながらここにくるとよく食べる…。普通に2食分あるもんなこれ…。スタミナパンチ丼はもつ煮込みが白飯にドカンとのり、そこに生たまごをのせて食べる罪なやつ。美味いに決まってるしやっぱり美味い。生たまごの絡み方がありなしでいったら、あった方が全然美味しく思え、こいつは丼界の勢力拡大するだろうな、なんて期待する。
ただ、んん??ざるラーメンは好みには合わず…。何がかというとつけ汁。まぁつけ麺だけどつけ麺ではないから、それにここはあくまでもうどん屋さん。つけ汁が、所謂うどんや蕎麦での つゆ。だからそのまま中華麺だとマッチングに戸惑い、また中細ちぢれ麺だとつゆをもちあげすぎるので塩味が強くなりすぎる。うーんよっぽどラーメンスーパーをたしてもらってなんても思ったけど、それはそれだしな。
といいつつ、しっかり完食、お腹いっぱい。なんだかんだでやっぱり満足度は高かったけど、次回オーダーはラーメンだなぁ…。ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「昆布つけ麺、大盛」@初代葱寅 御茶ノ水店の写真平日1250分、待ち2名。
カウンター7席のみのこじんまりとしたお店。店内はファジーな色合いで整えられて、暖かなウッド調テーブルや白壁などで南フランスのカフェみたい。でもがっしりとした男気溢れる店員さん、そのギャップの空間がナンだか楽しい。

たまたまか?7席中、3名が若くて可愛い女性だった。店内の雰囲気もだけど無加調でかつ葱、という尖りでしっかり色がでてるのかも知れない。

昆布つけ麺(900円)大盛(100円)を入口の食券機で購入。

つけ麺は食券機ボタン配置からすると推しメニューっぽくはなかった。初訪問だったので推しメニューのラーメン系にしようかとも思っていたけど、昆布出汁って名前も気になりついついポチッとな。

10分弱で着丼してみて驚いた。。。おおー!!こういうこと?!昆布出汁に麺が浸かってるじゃん!!タイプは違うけど釜揚げうどんみたいなスタイル。勉強不足だけど、こんなつけ麺初めて見た。

全粒粉かしら?つぶつぶが透き通った麺にテクスチャをなす。とても綺麗な麺、磨かれてる印象を受ける。とゅるとゅるとろとろ、ととても独特な口ざわり。滑らかで伸びやか、でも噛んでみるとグイグイ跳ね返してくる弾力性、昆布出汁自体には味気はついてないし麺がそれほど強い味気ではないけど、決しておとなしくない。とても個性的で存在感ある麺。
つけ汁は醤油だれがビシッときいた和の旨味全開の仕上がり。ただ、とても上品。鰹とかの和でなく、牛骨や牛アキレスといったまったりしたまろみのふくよかさと、昆布やイリコなどの海鮮旨味がとてもバランスいい。牡蠣なども加わってるとのことだが、確かに綺麗な清湯系ではおさまりきれないワイドな美味しさだと思う。
そんなつけ汁に入っていたチャーシュー…。。。プチ、ジュワ~~、うんま!!チャーシューめちゃうま!!!何これ、もはやチャーシューとかいう呼び方が正しいのかよくわからないくらい、美味い。豚の美味さの深みをメチャメチャどっぷりしてる。もうこれだけでも食べにくる価値がある。

最後は麺が浸かっていた昆布出汁をつけ麺に投入してスープ割り、とろりとした冷製和風出汁スープの出来上がり。一口、もう一口とレンゲを運ぶ動作が途中でめんどくさくなり、碗をもってグビリと飲み干し完食。

独創性(ユニークさ)は勿論、創作性(クリエイティブ)なつけ麺だった。これはやっぱラーメン食べなきゃ。ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「つけ麺 大盛」@中華そば 竹むらの写真1250分 前客6名 後客10名(前も後も団体客が多かったのはたまたまか?)

権之助坂のラーメン激戦区一角。お若めのご亭主さんに女性店員さん、立ち振舞いビシッとされつつ、親しみやすい接客、一発で常連になって親しくなれたら楽しそうと思える雰囲気。

中華そば、あご煮干しそば、つけ麺の三本柱。清湯醤油系のつけ麺が食べたい気分で伺ったこともあり、

つけ麺、大盛(900円)を。

店内、ふわりと出汁のにおいが薫る。鶏、昆布、椎茸などなどの旨味成分磨かれた良いにおい。うん、間違いなく美味しい。これだけでよくわかる。

つけ麺は茹で時間の関係でそばものより提供に時間かかるが、10分強で丼着。
熱っっっ!つけ汁カンカンに熱いじゃないか。想像より高めの温度に驚いたけど、うーん、これは美味しい。表面鶏油の油膜がよく目立つくらいしっかり層をなしている。麺をとっぷりと浸して吸い込むと、醤油だれの塩気と油のコクがまずビシッと、その後にまさに鼻で味わうように良い香りが抜けてく。その香りの味わいは豊潤そのもの、大山どりを使われているとのことだが、とても上品にかつまったりまろやかに鶏だしの美味しさがよくでてる。
麺は平打ち中太麺。甘味は十分にあるけれど、麺そのもののクセや風味はおさえぎみ。だからこそつけ汁とのマッチングで喧嘩しないし相乗のバランスがいい。大盛にして良かった。グイグイ進む。そもそも好みだこの麺にこの味、美味しい。
具材の極太メンマはほっこりと甘くゴリッゴリと、たっぷりのたべごたえ。でも柔らかい。これ三本でビール一本空いちゃうよ。
レアチャーシューは、口の中をリセットしてくれるようなすっきりテイスト、とても綺麗な仕事。お肉の味そのままが引き出されているので、良い意味で余計な味がなくていい。

ゆっくり味わいたかったが、グイグイ進む箸と、急激にドカドカッとやってきた団体客さんへの配慮も考慮し(してなくてもあっという間に食べちゃったけど)早めにスープ割りに移行。卓上にポットでセルフアレンジスタイル。…お?冷??これは驚き。始めの熱さとは反対の、終わりの冷たさ、やられた。なかなかの演出家。ポットである程度割り出汁入れて飲んでみたら冷やのスープに。なるほど、夏場は嬉しいかも。
帰り際お店入口に今更ながら無料のアイスコーヒーがあったことに気がつく。あいたー、飲みたかったかも…。混んできたし今日は撤収するも、他の柱も食べてみたいのでまた伺います。ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「つけ麺、具材、大盛」@ラーメン大至の写真平日1140分 前客9名 後客続々、12時に退出する際には待ち5人

究極の普通ラーメンを追求されている大至さん、久しぶりの訪問、5年ぶりとか?夏麺として3種の冷やしが期間限定発売中、東京地方猛暑の日照りゆえそちら気になって伺うも、食券機を目の前に気分がかわる。そう言えば、こちらのつけ麺食べたことない。かつ、何だろうこの安さ…。その興味がおさえられず

つけ麺(650円)大盛(130円)具材(150円)を購入。

カウンターのみ、奥に長い店内なので自然光はないが、店員さんの元気な明るさが灯ってる。4人中女性3人、雰囲気華やか。そんな厨房を眺めていたら5分程度のあっという間の丼着。

おおーー!?こういうこと???
え、どういうこと???
こ、これは、つけて・食べる・ラーメン、じゃん!!
メチャメチャ美味い。えーーすごいなにこれ??今まで何百杯つけ麺食べてきたのかわからないけど、初めて出会った。麺を、つけて、食べる、ラーメン味の、つけ麺。豚骨魚介がどーだとか、濃厚泥系でどーだとか、なんか次元が違う。究極の普通ラーメンゆえに成せる技、清湯醤油つけ麺てくくりにはおさまらないジャンルに感じてならないオリジナリティ。
その構成要素の麺、細ちぢれ麺。このこがワッシャワッシャ、もう口の中がワッっつシャワッシャ。エアリーなのでよりスープの同伴率が高く、それゆえの味の伝導率半端ない。この細ちぢれ麺を据え置いたセンス、さすがとしか言えない素晴らしさ。
そこに、レモンを搾ってみる。おほぉーーー想像以上に合う。爽やかさというより、味に深みができる。からの、梅七味。美味いに決まってんじゃんも。なんだよ梅七味って、名前だけで美味いよ、そりゃ。
というか、具材別売なのわかる。もしかしたら具材いらないかもしれない。究極ゆえ、この麺とスープだけでいい。(実際スープに具材いれたら温度さがり塩気がまして少し残念だった)

あっという間に麺がなくなる。スープわり、うーーん、当然そうなるよな。
美味いっっ!!
染み入るラーメンスープ。究極に近づくスープ。余りの嬉しさに、ラーメンかおかわりつけ麺かを追加しようとも本気で考えたけど、待ち客さん数も増えてきてるのでここは大人として引き下がる。

いやぁ知らなかった。ホント美味い。週1で通いたいす。ごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「つけ麺大盛、無料ライス&キムチ」@にぼしらーめん88の写真7月3日 1340分 前客7名、ちょうど3人くらいどかっと出てきたタイミングだったので座れた。
所謂ウナギの寝床的な奥に長い店内、厨房に向かうようにカウンター席がマックス10席、クールな黒の内装に間接照明、お店の使いにくさみたいな狭さは上手い演出で感じない。
前回訪問時にはラーメン頂いたので今回は

つけ麺大(850円)を。

嬉しいのが平日ランチはごはんとキムチが無料食べ放題。ヤバイなぁ~この無料食べ放題のホスピタリティにも関わらずクオリティがすごい。まず、ごはんがキレイ。無料ライスはパサパサで、みたいなイメージある店も多いがこちらは抜かりなし、ピカピカで粒もたみずみずしさに弾力もある。
キムチも赤々と、辛味は適度だが酸味しっかりした本格派、そうそう併設がキムチ屋さん(今日は閉まっていたがまだ営業してるのかな?)これだけでも食べる価値がある。

全粒粉、中太ストレート麺、綺麗な麺だなぁ。すっと伸びやかで伸びやか。まま食べてみると所謂小麦粉の甘さは控え目、風味は豊かで足腰強い大人に感じ。
グリーングレーのニボニボ全開つけ汁、ニボ粉がそこらに漂う。これもまままず頂いてみると、苦味渋みも直接飲むと少し感じる。でも、後味は丸まって甘い。うーんこの配合、これも大人だなぁ~。それに一口一口健康になるんじゃないか?を、思えるこの深み。麺をくぐらせて一気に手繰り吸いこむと、それぞれ独立した個性ありつつシナジーでてくる美味しさ。唸るわ~。

全然これは食べ続けても飽きないお味だけど、卓上にあったニボ酢が気になりかけてみる。…ほほぉ~しまる。何だろう、酸味でしまり、全く別の味が麺からでてくる。デフォルトも好き。それにニボ酢も好き。だから半分だけ麺にかけてダブル食いモードで中盤からはシフト。
さらに、試してみた。大きな一枚海苔をつけ汁にたっぷり浸して、つやつやご飯を巻いてみる。ニボ海苔ご飯、うめーーー!新発見!これ最高じゃん!!家系でも何だかんだこのスープひたひた海苔巻き巻きが大好きなんだけど、まさかの新時代。やべぇなこれ、グランドライン越えちゃったんじゃない??
最後にスープ割りを聞いてみたらやってないそう。なるほど勉強不足、割るスープの概念がない作られ方なんだ。
…。ふぅ美味しかった。結局つけ麺大盛に、ご飯はおかわり二杯しちゃって腹パン。美味しかった。
次回は海苔トピして巻き巻きご飯より楽しもう。
ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

「ざる 大盛」@神田らぁめん 悠 HARUKAの写真6月18日 11時 オープン時ポールポジションのグリッドスタート。

ざる(800円)大盛(150円)を入口食券機で購入し着席。

向かいは蕎麦の老舗 砂場さん、近場には穴子料理を提供されてるお店やそもそも日本橋。多々風情と魅力あるお店が並ぶ中の日本中枢の一等地。
綺麗な店。木目のカウンター、和テイストで落ち着いた雰囲気。この雰囲気も源流であるほりうちさんぽい。ただ、量がわからず。ほりうち系ならデフォルトで多いはず、でも色々口コミをあさっていてもボリュームレビューはあまりない。ならば、と、並で腹7分なんかより、食えないよ~くらいでの方が後悔ないと、大盛オーダーに踏み切った。

一番客なので提供はスムーズ。うむ、マウンテン~こんもりと小山。まぁまぁなボリュームだわ。そもそも平打ち気味の麺なので一本の厚みは薄い。それがこれだけ小山ならば、まぁまぁな戦いになるかもしれない…。
シンプルなお味、濃いめの醤油だれ、鶏の旨味、うん美味い。満来・ほりうち魂しかと刻まれた、これぞなお味。シンプルだから飽きがくるかと言うと一切ない。一口一口しかと美味い。やっぱりキリッとしたつけ汁だなぁ。適度な酸味がすがすがしく、塩気が麺の甘味と相殺されて良い味わいと香りが緩やかに上がってくるからずっと美味い。

…というか、チャーシューめちゃめちゃ美味い。柔らかだけどしっかりとした食べごたえ。噛む度にお肉の風味がどんどん出てきた。このチャーシューだけ食べにくる価値ある。メチャクチャ美味いじゃん。これはお高いけれどチャーシューメニューにしとけばよかった。いや、次回は必ずチャーシューメニューにしよう。

お腹いっぱい。ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「もりそば 大」@松戸富田麺絆の写真5月30日 1250分 ざっと25名以上(数えきれぬ)

KITTEラーメン激戦区にもだいぶ色がでてきた。この時間帯で列ができてるのはこちらともう一店のみ。今まで二回チャレンジしてきたが時間がなく断念。今日は14時の新幹線、さぁ間に合うか…。
見ていると、大体カウンター列毎での半入れ換え制になっていて(強制ではなく恐らく配膳タイミングで自然にそうなってる)、ざざっと進む。最前列で店員さんのエスコート入り事前に食券購入、渡す。ただ着席直ぐに配膳まではオペマッチしてなくしばし待ちという流れ。

東池袋大勝軒、山岸御大の元祖つけ麺を再現した、がキーファクトであるため、勿論オーダーは

もりそば、大(350グラム) (1000円)

おぉ…大勝軒もりそばで1000円大台はありえないけど、そういう問題じゃない。十何軒、何十杯も大勝軒は頂いてきた。でも、山岸御大の一杯は食べることができなかった。各店でどんどん個性的なアレンジもされているし、だからこそ、元祖にトリビュートされた富田さんのこの試み、とても嬉しかった。それにとみ田さんが再現したのなら間違いないだろうの信頼感。


1315分着席。濃厚つけ麺組が先にあがり、もりそば組は後に。ただ、店員さんそれをちゃんとケアされていて、すぐでますのでしばしお待ちくださいとお声がけ。さすがの とみ田さん。
1325分、きたーーー!間に合う、というかちゃんと味わえるベストな時間帯。

思ったより麺は細いんだな。中細ストレート。濃厚つけ麺がごん太だからコントラストがあるかも。ツルツル度が高く滑りがいい。足が長く、一吸いではなかなか苦戦するくらい。薫りが深い。ツルツル度合いからさっぱりした感じかと思ったらかなり小麦の甘さ風味がふくよか。
甘辛酢の原型ここにあり、な本当お手本のような一杯。つけ汁はどちらかというと酸味が強い。この酸味がたまらない。麺の半端なく風味の甘さで、甘が口の中で勝つから食べているとほんわか。
この一連動作を何度も何度も何度でも繰り返し、でも飽きない。やっぱりそれは極めて素朴だから。変な言い方だと、令和元年に東京駅の近代施設の大行列店で食べる味じゃない。昭和の池袋の東側のこじんまりしたお店がやはり浮かぶ。

スープ割り、節節と締まった旨味がふんだんに。1滴残らず完食。ふぅお腹いっぱい。美味かった。ただ、頂くのならやっぱり、とみ田さんの濃厚つけ麺、かな??

ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件
80

「つけ麺 大盛」@ZOOTの写真4月24日 1210分 外待ち4名

初訪問。奥に長めの店内、壁には目を引く豚ちゃんのイラストやお酒のポスターがびっしり。お昼はラーメンで夜はお酒の二毛作スタイル。

つけ麺大盛り(850円)を。
食券ではなくテーブルオーダー、会計はオーダー時に前会計。麺量は200グラム、大盛りは2玉の400グラムになる。

店内の繁盛ぶりからそれなりに待つかな~と思っていたけどオーダーから6、7分で丼着。良かった、意外に時間がなかったから助かった。本当はすぐご近所の武蔵に行ったのだがかなりの行列で後予定に間に合わないとこちらに伺った。武蔵ではつけ麺所望のつもりだったから、もうはじめから意識はつけ麺。様々なメニューバリエーションがある中で迷わず選んだが、つけ麺の提供時間は通常長め、やばいかなぁ…と不安だったが解消された。後はかっ食らうだけだ。

…あ、いい。煮干しにカツオに背あぶら、簡潔にかかれてるメニュー説明の通り、ニボのコクと塩気とカツオのキレ、背あぶらの深みと甘味、それぞれの特徴が出ているつけ汁。濃度はまぁまぁあるけど粘度はシャバめ。いい。所謂マタオマ系とは一線隠しつつ濃厚ながらもシャバシャバと食べられる。ちょい塩気強く感じるのはニボ影響?でも背あぶらがそれを緩和し脂毛でコートしてるので、それにカツオのキリっとした旨味が後味でマッチムーブするので、逆に跳ねた美味しさになる。
平打ち太麺。なるほど、太麺ではあるけど茹で時間それほどかからなかったのは平打ちだったからか。しっかりとした小麦粉の風味と甘味、ビロビロ系というよりぐぐっと適度な弾力、結果的に麺を食べてるわけだから、そのお味がガツンとひろがりバランス良く構成される。
てか薬味がいい。万能ネギに玉ねぎ、この食べる度に味と食感でふと現れるアクセントがすごく良い楔になっていて一口一口フレッシュな感じになる。てか、ネギ増しとかおかわりとかできないのかな?お気に入り。

スープ割りはポットから注ぐスタイル。割りスープにしてみてわかったけど丼下に玉ねぎ沢山沈んでた。レアな火入れで辛さと甘さがが入り交じり、スープとザクザク玉ねぎを存分に味わう。

ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件