なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

スージーのなのなQ

男性 - 東京都
平均点 81.407点
最終レビュー日 2019年6月20日
703 591 60 611
レビュー 店舗 スキ いいね

「マーラー牛肉刀削麺 大盛」@味蔵の写真6月11日 1230分 一階席は満席

お客さん大半は大学生っぽい。安くて美味くてボリュームある、そんなわかりやすさは嬉しい限り。以前に伺った際には麺大盛に半チャーハン、それぞれの半端ないボリュームで腹パンだった。今日は

マーラー牛肉刀削麺(900円)麺大盛(無料)を。

スムーズにそれほど待ち時間なく丼着。
そんなにマーラーしてないな。辛さ、痺れともスープからは感じず、牛肉らしい円やかでふわりとしたお味が強い。
しかし、刀削麺がごっっっついわ…。筋肉質でごりっごりな歯応えに食べごこち。不揃いさが魅力的で暴れまくるヤンチャさ。塊感がしっかりしているから水とんのような味気、もしかしたらちょっと飽きがくるかもな、なんて思っていたら…
ん?んんん?急にきた…。急にビッシビシ辛い。今までスープに辛さが馴染んでいなかったのか?唐辛子の辛味がスパーキング。なるほど、牛肉の上にドカッとかかっていたあれか…。食べている内にスープにとけだし辛味が増幅したんだな。
ここからが本番。辛味が増したことで麺の味が優しくしまりいい案配に。また牛スープもコントラストができた。汗が吹き出る。正直激辛とは言えないくらいの辛さだけど、不意をつかれたからびっくり発汗がおまけしてびっちょりと。

もし辛さもっとたしてが出来るならより辛く、さらに痺れもきかせてもらうと美味いかも。ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

「松」@蔘好来の写真6月7日 1140分 前客9名、後客続々で12時頃は満席

綺麗なお店。とても重厚でシックな店内、漆喰の壁に間接照明がセンスよく演出されてる。長いカウンター一本に厨房で奥に広い。

久しぶりの好来系。ここは素直に基本メニュー

松(800円)※平日ランチ半熟たまごつき を。

提供まではすぐ。5分強くらいで丼着。
うん、味がない。スープ一口目はそんな印象だけど、じわりじわりとお味の輪郭がつかめてくる。面白いのが時間たつに連れ舌に蓄積して味が強くなってくるのではなく、いつまでもこの穏やかな味。
美味いす。薬膳系と言われているけど、本当に飲めば飲むほど浄化されていくような気分になる。やさしくて澄んだお味。でも奥深い。だから、麺のお味がよく味わえる。ぷりんぷりんの中太ややちぢれ麺、みずみずしく弾けてくるわ。

具材の魅力もやっぱりたまらない。代名詞のゴン太いメンマ、またこのメンマも余計な味付けがなく薄味なので、ジャクリジャクリと食感と噛み心地をより楽しめる。ちょい足ししたいな、と卓上にあったニンニクパウダーと胡椒を振りかけてみると、それだけで別料理。ママでもママの良さがあるが、これはこれでいい。チャーシュー大判が4枚。素朴で豚そのものの、ブリッッと美味い。プッシュしてくる味とするとこのチャーシューだけかもしれない。

ごりごりの加調系やぎとぎとの油系や様々な強い味のラーメンも勿論美味いが、やっぱりこの静かで落ち着いた味わいは唯一無二だなぁ…。人参エキス入り酢
を最後はスープに加え酸味にふって飲み干す。飲み干してこそ完成するラーメン、ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「大潮まぜそば」@麺屋はやぶさの写真5月30日 1940分 前客3

初回訪問で度肝抜かれた創作性とクオリティですっかりファンになってしまったはやぶささん。本日昼間は激盛りにつけ麺を食らっていたので正直この時間帯でもあまりお腹空いてない…でも、きちゃった。今回はメニュー変えて


大潮まぜそば(890円)を。

いやいや、購入する時に見ていたけれどなんじゃこりゃ、こういうのを玉手箱や~~って言うんじゃないか??魚介旨味爆弾パラダイスじゃないか。
ニボ玉、ニボ粉、岩海苔、貝ペースト、あさつきに、鰹節、玉ねぎ、ミル貝、玉ねぎ。うーん、出会ったことないまぜそば具。
とても綺麗なのでグリグリしたくなく、何となくパーツパートでちびちび食べる。なるほど、下地に敷いてあるスープ(たれ?)がまず美味い。クリーミーでとっぷり深いから、麺とスープで全然パスタ的にいくらでも食べられそうだ。ん?そう考えてみると、まぜそば>パスタ、な料理的な力関係が成立するのかも??

麺はしっかりそんなスープや具材をキャッチしてしっかり抱き締めてくれる太麺。エッジもきいてるがゴツゴツ感はなく、これぞモッチリで適度な弾力が気持ちいいほっこり麺。あぁ、なんだろう、ちょっとポッチャリ目でもち肌な海育ちの美人OLとデートしてるみたいな気分??

途中からまぜやすいボリュームになったので一気に混ぜ混む。うーん、もう何が何だかよくわからないがとにかく美味い。ニボと貝ペースト合わさりつつ鰹節とニボ粉の節節で計算された旨味の乗算。そこに、全く違った味気で玉ねぎがシャリっときて甘辛さを、ミル貝がコリブニってきて存在感を、全体的には海苔!海苔の爽やかな風味と濃い目の磯味がなんとも香しい風味を纏わせ上手く味を繋げ引き立てバランスとってる。この一杯のコート上のキャプテンは実は海苔だな。。。
卓上のニンニクチップふりかけても美味い。そりゃそうなるだろ?てな足し算。からのお酢。うーん、好きだ。味の締まりがキュッとくる。

しまったなぁ…お腹減ってれば良かった。大盛りでがっつりデートして、最後に追い飯で落としたかった。

ごちそうさまでした。次は何を食べよう…。また伺わせて頂きます。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

「台湾ラーメンセット」@中華料理 萬珍館 名駅店の写真5月23日 1250分 前客8人、後客6人 ランチタイム終わりで落ち着いてるような印象

一階二階がとも中華料理、入口がわかりずらい…というかわからない。何故ならお店にかかっている看板は萬珍館ではなく大宮であり、店外にはサインボードで萬珍館はあるのだけど入口がない…。うろうろしてたら店員さんが出ていらっしゃり、萬珍館?どうぞ、とまさにその大宮と看板かかっている店内にご案内された(後々置かれてるマッチでわかったがどうやら同じ母体経営みたいで、一階が萬珍館、二階が大宮)

ランチはすごくお得。ラーメンランチは、醤油・豚骨・担々麺・台湾・五目・麻婆の中から一種選び、ライスとサラダがついて700円。さらにライスとサラダは食べ放題。
う、…うん、まぁ嬉しいんだけど、排骨担々麺みたいな飯命になるラーメンならともかく、そうじゃなかったら食べ放題まではいらないかな笑。。。 担々麺にしようかと思ったけれどここはやはり、台湾ラーメンを選択。

開店してそれほど歳月たっていないので店内はピカピカに綺麗。また街中華ではなく、ゴージャスで洗練された中華リストランテというようなつくり。奥にはバーもある。

おっ、ライスもサラダもまぁまぁボリュームあるじゃないか。台湾ラーメンは見た目のあしらいがかなりしっかり。真ん中に台湾ミンチ、サイドを囲むようにニラ。このニラ飾りがババッとトッピングしたんじゃなく、ちゃんと丁寧に手作業したのわかる。
スープとても美味しい。さすが、国家高級調理師のいるお店に。味仙の台湾ラーメン→街中華やよくある台湾ラーメン→プロの台湾ラーメンと2回転半くらいしてきてる。ベースは牛コツ?もしくはなんだろう…、深みある香り、それに八角のような中華スパイス的な風味、ちゃんとちょい辛いピリさは、所謂指すような辛味ではなく、ちょいピリッから後々じわ辛。
ニラもフレッシュだし中細縮れのハツハツに弾ける弾力に全体として味のダイバシティだけどすっと軽めに頂ける。
頂ける、からライスのおかずとしては、かきこみたくなるような感じじゃない。まぁまぁ普通にお茶碗大盛り一杯くらいあるライスなので、スープをおかずにパクパクパクパク。気がついたらスープも完食してた。

ごちそうさまでした。夜も飲み放題食べ放題安そうだしまた伺いたいです。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「沖縄そばセット」@沖縄家庭料理 琉球市場 やちむんの写真5月22日 1110分 前客2名 後客2名
東京駅kitte B1、レストラン街一角。元々はとみ田さんを狙いこちらに行くも想定以上の大行列。12時の新幹線に乗らねばならず断念。周りのラーメン屋さんでもありだったけど、沖縄そばの魅力に誘われ入店。
ランチは千円前後で、丼やおかずもの+セット、の選べるセットか、そば定食がある。そのそば定食の中から

沖縄そばセット(950円)

をオーダー。沖縄そばに、ジューシーと小鉢がつく。まだまだピーク前ということもあり5分程度で丼着。
想像してたのより少しコンパクトな大きさのおそば。心なしか上にのったチャーシュー(ラフテーでいいのかな?)も小ぶりな感じ。ほっこりする優しいお味。期待を裏切らない沖縄そばらしい沖縄そばのお味。そばはやや固めでごりごりに味気を主張してくる。さっぱり出汁でかわしつつ中々の存在感。なので卓上の紅しょうがを投入し別の味気をプラス。うん、美味い。色々相殺され、プラスされたような感じ。

とりわけ想像の味だったが、それゆえ少し残念。食べたこともないような、みたいなのを期待してしまったから。

ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「金目鯛ラーメン、金目鯛茶漬け」@らぁ麺 鳳仙花の写真5月16日 1145分 前客6名

西武新宿駅近く歌舞伎町の一角、オープンしてからしばらくたつが中々タイミング合わず念願の初訪問。
独特の薫り。金目鯛アラを炊き出してる香りだろうか?店内いっぱいに鼻と胃袋を刺激する匂いが漂ってる。

金目鯛ラーメン(800円) 金目鯛茶漬け(200円)を購入。

ライスが100円で茶漬け200円、うん??この差は何だろう。でもわざわざ茶漬けというメニューで売り出されている以上ほっとけないし買うしかない。

お昼時だけど街的にこの時間に集中するわけじゃないから席には余裕あり。丼着も5分たらずですぐにやって来た。
…きれい。真ん中にはレアチャーシューの花が咲き、大きな穂先メンマお出迎え。錦糸町の麺魚さんをふと連想させる麺顔かな?
あぁ、魚っっ!。スープとってもお魚。好きだわ~~。あら汁の味噌汁とか何て贅沢な一品だろうって上がる自分、このスープが刺さらぬわけがない。金目鯛らしさや旨さは正直そんなに金目鯛マスターではないからわからないが、ビシッと、ぐぐっと、じわっと感じる魚出汁。もしかしたら魚が苦手な人、特に海外の方には馴染めないかもしれない。クセはある。でもバランスよく旨味に変換されているから滑らかにひっかかる美味しさだ。
そのスープを全粒粉の細ストレート麺がとっぷり加えてくる。メチャメチャ計算されてるなぁ…と感心するプツン具合と、滑らかさと、グイっと加減と、スープと違うベクトルで味の相乗効果を出してる薫り。

あっという間に食べ着くし、スープを程度に我慢し残してのお茶漬けオーダー。はまぐり出汁が下にしかれた状態で茶碗にはいった米が提供される。ほほぉぉ~~…なるほど、ここに貝出汁が加わるとか魚介類旨味の波状攻撃じゃないか。単に白飯との違いはこのはまぐり出汁とほぐし身が追加された椀ということみたい。その100円差が妥当なのかどうかはわからない。ただ、ただただ美味かった。そりゃ美味いでしょ?はまぐり出汁でまったりさが出てより上品に昇華され、そこに米の甘さやとろみがマリオット。これは美味い。この合併スープの後で単にラーメンスープだけを頂いたら荒々しい感じを受けたくらい。

ごちそうさまでした。今度はつけ麺がどんなお味なのかいただきたいです。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「とりそば、バターチキンカレー」@とりそばダイナソーの写真5月14日 12時 前客なし後客2名

名古屋や東海地区の多数のラーメンブロガーさんが高評価で頻繁に取り上げられていたので前々から気になっていた。中村区役所駅から徒歩10分くらい、完全に商業地域じゃなく住宅地、ふらっと立ち寄り客は相当いないだろう。

基本的には夜のお酒処という出で立ち。店内に散らばる様々な恐竜のデコレーションが素敵だ。ランチメニューは全て500円で、とりそば、にカレー、丼ものが並ぶ。更に、麺類にはライスが無料でつき(大中小どれでもOK)、カレー・丼ものも大盛無料という激アツなコスパ。店主さんに

とりそば、バターチキンカレー(それぞれ500円)

のダブルオーダーを告げてしばし待つ。
しかし、ヤバイな…。壁に張り巡らされたメニューはメチャメチャ引かれるものばかり。丼は今回たのまなかったが親子丼、冷やし親子丼(…ん?冷やし?)、激辛おやこ丼(超激辛可って、親子丼なのに?)等。米ものだと、のりバターライス、えびバターライス、梅しそバターライス、玉子ぞうすい、鳥ぞうすい等も…食いてえ。それに酒好きがたまらないおつまみ。全部食いたい。

1215分丼着。黄金色キラキラ、綺麗なラーメン。…あー美味い。飾り気がない真っ直ぐな鳥ベースの美味しさが強すぎず、でも香ばしく、でも優しくじわじわっときいてるスープ。鶏油の加減もよくてコクとパンチもしっかりしてる。これは朝でも昼でも飲んだ締めでもすっと受け入れられる一品一口で確定。
具もシンプル。カイワレ、ネギ、鶏チャーシュー。ネギの火加減絶妙だし、何より鶏チャーシューが絶品。肉厚でなんたる食べごたえ。ジューシーさとさっぱりさバランスが素晴らしいし、そこにふとスパイスの風味が後追いでランデブー。美味いわぁ~~。店主さんの確かな料理の腕にアイデア、センスを感じる一杯。思わずスープまで完食。

を見計らい、カレーがサーブされる。まず驚いたのが肉!メチャメチャ鶏肉はいってる。これでもか!を更に越える鶏の量。過去の人生でどれだけのカレーを食べてきたのかわからないけど一杯にこんなに鶏の入ったカレーは食べたことない。ちなみに、バターチキンカレーだから所謂トマトベースのやつかと思っていたけど、どちらかといえばお味はチキンカレーより。

いやぁ…お腹いっぱい。大満足。もし生活圏にあったら必ず通ってしまうお店だ。ただ、一品一品丁寧につくられているので提供は少し時間かかる。時間に余裕あるときにまた伺います。次回はとりそばに激辛親子丼、かな?

ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「辛口マーラー刀削麺大盛,ライス」@中国料理 刀削麺 鐘楼 水道橋西口店の写真5月10日、1310分。
この時間だと御昼の喧騒が一段落終わり空席も3割引程度ある。
今日は12~13時のお昼時間に打合せ、そうだからこの仕事終わりに何を食べるかが朝からのテーマだったんだけど、一度これが頭に浮かんでしまったが最後、もう離れられなくなってしまった。そう伝家の宝刀

辛口マーラー刀削麺大盛,ライス

あぁ…。辛ら美味ぇ~~。辛味も勿論だけど酸味とこくとが半端ない美味しさ、そこにパクチーがきいてきてエキゾチックボンバー。そうそうこれこれこの一杯を食べたかったんですよ朝から。刺さるような辛さや痛みはさすがに何度も何度も食べてるし、辛いの大好きレベル上がっているからあまり感じない。ただ、気をつけて気をつけて食べる。スープを一口一口馴染むように嗜み、だんだん慣らしていく。なにごともないように。不揃いでブリブリでみずみずしくも、とっぷり味わい深い刀削麺を啜る。焦ってたわけじゃないが、一気に喉がやられ、ぐはっっっ!と咳がとまらねぇ。ヤバイ変なとこ入った…。それに何か喉に張り付いてとれない、だから咳が止まらない。
卓上のお水ポットをヒトリデ飲み干し何とか復活。そしたらリセットされ、グイグイスープも飲みまくりが加速。
ライスとの相性も最高なので、気がついたらまりさん、禁断のスープ完食。あぁうまかった…。

でも、その日の夕方ふと腸のあたりがヒヤリとしそこからトイレに閉じこもる…。そうね、さすがに完食はヤバかったね。ごちそうさまでした。また近々伺います。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 3件

「上海風ラーメン、他もろもろ沢山」@華宴の写真4月30日 ゴールデンウィークで帰省中、親戚何家族かが集まり夕食。運良く予約とれ華宴さんに。

こちら伺ったのは2回目だが初回より今回の方がより感じたこと…
ぅ美味~~~い!!!
爆盛りぃぃぃ!!!
動けないくらいお腹いっぱい、それに体も心も熱い!!!!
美味しいものをお腹いっぱい食べて汗をかく、これ以上の幸せは他に何があるんだろう…。

自分は上海風ラーメンをオーダーしたが、皆でシェアとして、ネギもつ、ファミリーサラダ、餃子四人前、麻婆豆腐二人前、五目チャーハン、カニ餡掛けチャーハンを。
全部美味い。うっとりするくらい美味い。ファミリーサラダは11人もいながら全員サーブしてもまだまだ余る。甘酸っぱなドレッシングが良い。
麻婆豆腐は所謂四川風の本格派ではなくマルミヤ的なとろみだったが、いやいやジワリとビシッと辛さが来て美味い。というかこれなんてボリューム。これ一人前とかありえない。
みたいな攻防を全メニューで一喜一憂していたら、もはやメインの麺が来る前にお腹いっぱい…。
で、丼着した上海風ラーメンの圧倒的な存在感たるや、あぁこれはこの単品メニューで十分昇天できたなと思えるボリュームとクオリティ。塩ベースにやや油っ気のある餡掛け、もう途中で数えるの止めたくらい豊富な種類のお野菜や具材。おおぶりな海老がぶりぶりんと2尾がシンボリック。
このちょっと油っ気が何とも気になりクセになる。何だろう、かた焼きそばとかそう言う雰囲気の風味がするんだよなぁ。てことはまず具材を油通しして、みたいなプロセスなのかな?
塩しぉ~のベースは旨みたっぷりの中華たる本格的街中華で家庭で再現は絶対できないプロのやつ、かつプロのやつでも相当上の美味いやつ。餡がコーティングして温度がさがらないので、とろりとゅるとゅるに滑る中太麺を、ハホハホと食らう。熱っっい。麺ながら、じゃくじゃくと具材を、じわじわと汁旨みを、進めば進むほど、吹き出す汗をもはや拭えずボタボタと止まらない。
ほわほわでしっかり味のチャーハンや、厚手皮の餃子を箸休めでうめーーと言いながら頂き、パンパンになりつつ苦しいお腹を何とか嗜めながら完食。
美味しかった。また伺います!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

「トムヤムクンラーメン&カウマンガイセット」@ティーヌン 飯田橋店の写真4月23日 13時 ほぼほぼ満席、波動がすごい店内賑わってる

トムヤムクンラーメン&カオマンガイ セット(908円税抜き)を。

タイフードの大手チェーン、ティーヌーンさん。飯田橋店は直系ではなく業務提携店?とのことだが、お客さんからすれば完全にティーヌーンはティーヌーン。もはやカップラーメンの主力味にまで拡がったトムヤムクンラーメンは日本ではティーヌーンが発祥らしい。すごいなぁ、ここで生まれなかったら世の中に存在してないんだもん。何て世間への貢献度合い、はかり知れぬ。

辛さはちょいめだけど、うーん、すっっぱい!!ちょい辛すっぱ美味い。。麺をすするとその酸味がぐぐっと入ってきて馴染まない内はむせる。うーん、エスニック。トムヤムクン、タイでも何度も何度も食べたことあるが、お店によって当然お味は違うし、語れるほどの知識と経験がない。ただ、一言でいうならやっぱりクセが強~~い。そのクセが好きなら、美味~~い!たまんない、止まんない。まぁまぁデフォルトでも盛られてるパクチーも全力で存在感だしてきて、パクチー好きには幸せだろう。てか、パクチーはこの料理にこそパクチー、てなくらいのさすがな相性で、増しパクチーすればよかったと後悔。ざっくりそういうわけでトムヤムクンスープと麺がちゃんと味わえる一杯、そんな感じだが、コンビニやスーパーで買えるそれとは別次元で、圧倒的なクセと味の破壊力に驚き、うなるだろう。

てか、カオマンガイも美味しいなぁ。シンガポールチキンライスとの違いが明確に味わけできるほどやはり経験値がないが、永遠に食べたいチキンライス。

あー、タイに行きたくなった!!ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件