なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

スージーのなのなQ

男性 - 東京都
平均点 81.389点
最終レビュー日 2019年10月12日
755 634 61 707
レビュー 店舗 スキ いいね

「天空、替え玉」@スパイスらぁめん釈迦の写真平日11時 一番客 後客1名。
gotsubo跡地、居抜きで入るというより同じ庄やさんグループ間の再編でgotsuboを閉めて池袋からこちらを移転、って感じか。店名とコンセプト変わりインテリアや装飾をリノベされている感じの店内。ただ、よりバーというか隠れ家カフェ感はスパイスあれこれで増している。色々な書き込み読んでいたら女性店主さんのワンオペか、そこに男性のアシスタントさんとのことだったが、伺った日は男性の店員さんのワンオペ。
スパイスラーメン種類は大きく2つ。天空は醤油、北印度は味噌ベース。店外にある食券機で

天空(850円)替玉 (100円)

を購入し、まったり心地い音楽聞きながら待ち。お客さんパクチーお入れしますか?コールがあり丼着。までは15分程度かかった。かなりゆっくりな提供だけど、あくせく食べにくるなら他のお店でいいだろう。そういう丁寧仕事含めて個性。

クリエイティブな一杯。動物系のまろやかで厚みあるスープに折り重なるスパイス。中太ちぢれ麺のスープの絡み方、交わし方が絶妙で麺のお味をたて、立てるからスパイスをより感じるシナジー関係。15種類のスパイスブレンドとのことだが、辛味も鼻腔をくすぐる風味もエキゾチックな薫りも丁寧な味の仕上がりで、良い意味でバランス崩すような特定の尖りがない。どの香辛料がどんな割合で、とかは知識ない僕にはわからないが、昔は散々ヤンチャも悪いこともしまくったけど今は落ち着いてるよ、ではなく、産まれたその家がトップマフィアで、でも裏社会には行かず表社会でエリート街道を行く、そんな毛並みの良い刺激を感じさせてくれた。

ちょっと笑っちゃったのが、え??替え玉このスタイル!!?替え玉お願いしまーす、と食券を渡ししばらく待っていると「そろそろ行きますよ」と、丼の中に湯であげ湯切りしたそのままをどーーん!!おっと、昔ながらの博多ラーメンスタイルみたいじゃないか。お皿や丼でやってくるかと思っていたから少し驚いた。というより、いやいややっちまったな…。完全にバランスぅぅ~~!!麺の量とスープ量が子供と大人のシーソーくらい釣り合ってない…。なので、スープ多目のスパイシーまぜそばみたいな感じでワシワシと頂き(それはそれで美味しかったけど)完食。
そうそう、大きめのチャーシューが見た目通り香ばしくかつジューシーかつホンワカで美味しかった。
ごちそうさまでした。違うメニューも是非食べたいです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「特製冷やし刀削麺、麻婆麺」@刀削麺 張家 麹町店の写真金曜1830分、入店したときは5割くらいの入りだったけど、この日は宴会が沢山入ってたみたいで、途中からパンパンの満席。店内メチャメチャ活気に溢れてた。

激辛麻辣刀削麺がスペシャリテで人気のこちら、でもそれだけじゃなく全部が美味しい。それに安い!かつボリュームもかなりある。提供も即だし、早い!安い!美味い!大盛!と言うことないお店。
常連の友達から、麻婆麺はじまったんだけどいかない?とお誘い頂き突入。お目当ては麻婆麺だったけど夏期限定メニューの特製冷やし刀削麺も気になり両オーダー。

特製冷やし刀削麺
辛いのかと思ったら、真逆。黒ごまベースのまったりダレ、辛さはないが酸味に近い爽やかなスパイス感が後味できいていてキレがいい。胡椒、花椒、それに辣椒がバランスよく整ってる。刀削麺だから当たり前だけど麺は刀削麺。この極太ブリブリのまぜそば方向はかなり珍しいし、冷やしでしまってるので歯応えの弾力がすさまじい。たっぷりと乗ったサラダがなんとも個性的だった。

麻婆麺
こちらも麺は刀削麺。だが恐らく汁ありのものより麺量は多いだろう。沢山食べてくださいモリモリがまずすごかった。麻婆は、陳麻婆の四川風ではなくどちらかというと日本でお馴染みのトロっとしたあんかけ常態の麻婆。マルミヤさん的なトロミだなぁ、とおもっていたが、うん、食べた後にくるどっかーーん!とした辛さの刺激、これたまらん。なんとなく、甘さ餡かな?みたいな餌にやられる辛さがいい。また粘度がちょうど刀削麺にたっぷりまとわりつく感じだから始から最後まで麻婆麺を味和える。

やっぱり美味しかった。この、他にもおつまみいくつかをビールとレモンサワーで、ひたすら腹パンまで頂き、ええ?まじ?このお会計のお安さ。うん、通います!
ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

「やみつき旨辛麺」@牛角 北千住駅前店の写真誰しもがなにがしかでお世話になったことがある、牛角。冷麺や石鍋ラーメンなどが一般的だけど、久しぶりに行ったら、やみつき旨辛麺なるメニューが。。。
正直あとデザートで締めての段階でそれを見つけたからメチャメチャ迷ったけど、絶対美味しい予感がして腹パンぎみだけどオーダー。
辛さも3段階から選べたので迷わず3段階中の最上位、激辛にて。

あらー良い赤。こんこんと赤い辛味の赤は唐辛子系。わかりやすい激辛仕様のベースはこいつだな。それにちゃんと辛くてちゃんと美味しい。お味は、宮崎辛麺や川崎タンタンメンの方向で、ひき肉のごろごろ感に溶き卵のホワホワ感が口口にアクセント。辛いもの好きな自分には辛さとしての驚きはあまりなかったけど、ちゃんと辛さも強調。
想像していたよりずっと麺が美味しかった。太ちぢれ麺は風味がたっていて小麦の甘味とスープの辛さとコントラストでてる。明らかに食べ過ぎだったけどデザート代わりに注文してよかった。レギュラーメニューとして長生きしてくれるなら、最期にこちら、と固定してからの前メニューを考えていきたい感じかも。
ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「麻辣刀削麺」@刀削麺 張家 麹町店の写真金曜日の1930分、こちらの麻辣刀削麺を絶賛している友人と一緒に本日は辛活&ビールの日。
雑居ビルの一階、ぱっと見、中華料理空間とは思えないなんとなく倉庫っぽい雰囲気。夜中暗い中、中華といえば煌々とネオンが棚引くと思いきやそんなそっけない感だったので思わず通りすぎてしまった…。
伴羊肉(バンヤンルー)、薬膳スペアリブ、空芯菜の塩炒めをビールで流し込みつつ(ちなみに全部たまらなく美味しかった。薬膳スペアリブの八角風味な骨付き肉にネギと一緒にかぶりつく恍惚、バンヤンルーは漢字からすると羊なんだよな?でも、とても中華的な辛味とふんだんのパクチーで臭みとかないエキセントリックなテイスト、空芯菜はそうそうこれこれ、このニンニクと塩気の美味しさ、めっちゃビール進む)

締めで麻辣刀削麺&餃子を。
灼灼と赤く紅に燃えるスープ、辛そうだ。うん、ちゃんと辛いし、お味の深さがとてもとてもしっかりしてて、それにふとした酸味なんかもあって、シンプルにメチャメチャ美味い。一般的な辛味からすると多分皆さんヒーハーしまくりだと思うけど、辛好きとしては、汗までかかないくらい。
餃子もすごくジューシーだし、皮もレベル高い。うーーん美味い、良いお店だ。

スーラータン麺もオススメみたいだから次回は是非食べてみたい。ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

「辛麺 10辛」@辛麺屋 一輪の写真1210分 前客6名 内4人が女性。

キレイな店内。白壁に暖色の間接照明、かかっている音楽からもカフェっぽい雰囲気。デフォルトこんにゃく麺でありカロリーが低いヘルシーさに、おもてなし、紙エプロンは勿論、ニンニク抜きやブレスケア髪どめ、などなど、女性客が入りやすい戦略よくわかる。

辛麺(850円)を10辛(50円)にて、中華麺をチョイスしサービスの半ライスもオーダー。

そうそうおじさんはヘルシーさより背徳のお腹いっぱいを求めておりまするので、カロリーに遠慮はいたしません。

5分程度で丼着。灼と赤々なスープに玉子の雲母が漂う。ビジュアル的にはニュータンタン方向。うん、辛いけど全然余裕。下の方に唐辛子沈殿してるからよくまぜまぜ。玉子が優しくバランスとられてる。ただ、多分辛いもの好きには10辛では汗もかかないくらいかな??投入されている唐辛子の量で辛さ調整となっているなら、恐らくこの辛さの唐辛子だと倍の20辛でも同じ感想かもしれない。
卓上に粉山椒が装備されているので振りかけると山椒の爽やかさも加わって味変。ただ、しびれるようなパワーまではないので味まで。

あ、ニンニクみつけた。ごろっとそのままニンニク。注意深く気を付けてないとスープに潜んだままになってるけど、二個のニンニクとご対面。ほこっと柔らかで美味しい。
最後はライスと一緒にクッパ風にしてしめる。美味いにきまってんじゃん。うーん、追加でライスオーダーして更に絞めも考えたけど、それにしてはスープが足りないから諦めた。

1235分に退出。その時には後客さんの2名のみ残り。ゴールデンランチタイムにしては客入りがさみしいなぁ。ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「鶏中華そば 全のせ」@鶏そば 啜るの写真7月12日 1155分 満席、後客数えられるだけで11人。
かなりのクオリティの鶏そば噂を聞きつけお昼時だったから行列覚悟で訪問。運よくすぐに着席できたが少し遅かったら待ち人の渦だった。あぶねぇあぶねぇ…。ランチタイム時には多分この時間が2019年7月時点ではスムーズ限界値だったな。。。
鶏そばと、鶏中華の二大看板メニュー。迷っていたけど食券機で購入したのは

鶏中華そば全のせ(980円)

この鶏中華そばは、鶏とハマグリ出汁をメインにされたダブル。近年所謂ミシュラン掲載店やビブグルマン掲載店の蛤出汁率は高い。それほどに爆ぜる美味しさだけれど、味や原価のバランスが如実にでてくる。綴るさんはその先で咲かれていた一杯だったし、そのオリジナリティーも素晴らしかった。

確かにわかる。鶏と蛤のダブル。むしろストレートにそのお味をスープで感じるのは素晴らしいバランスとセンスのたわもの。じわじわじわ~~と染み入る旨味に、でもガツン!と美味いインパクトの強さ。醤油ダレの返しかたも、プラスの旨味さを引き上げて一致させてるようなお味だ。
讃岐うどんで使われる小麦粉を使いつつ、製麺工程もこだわりの製法とのこと。
つややか。のどごしツルツル抜群。稲庭うどんに感覚近いのかな?なんて思った僕の味データベースの貧弱さが嘆かわしい。
具材も美味しい。チャーシューは余計な味なく素材さくさくジュワジュワ、んふぅ~。
味たま、うまっつ!今年1うま!こういう味たまをさらりと作れる技術そのものがこの一杯のクオリティの高さを裏付けているのかもしれない。

ただ、じんじんくる。舌に積み重なっていくおあじの厚み、前半は繊細さ、後半はむしろ味が強っっ、そんな印象を受けた。だからこそ味たまがまた引き立って美味かったのかもしれないけど。

ごちそうさまでした。次回は鶏そばを頂きに伺います。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「麻婆まぜそば(大盛)ライス付」@麻婆まぜそば 麻ぜろうの写真7月8日 1235分 前客7名 後客3名

川崎に所用で降り立った本日、名店も多々あれどジャンルとして屋号からストレートに麻婆まぜそばを打ち出されてるお店はほぼない。どんなお味のアレンジなのか楽しみに初訪問。オーダーは迷うことなく

麻婆まぜそばライス付(850円)大盛(無料)を。

ファンシーで落ち着いた空間。内装の色づかい、間接照明からは麺屋とカフェの中間みたいな印象うける。麻婆まぜそば、というとても個性あるジャンルのため、麺をというより麻と辣を求める女性客なんかも多いのかな?実際訪問時も2名女性客さんがまぜまぜしていた。
イケメンの店主さんワンオペ、餡は中華鍋に常時加熱されていたから麺湯でを待つ。ざっと10分程度で丼着。

うん、スパイシー。麻婆の印象より山椒のしびれがきいてる。フレッシュで爽やかな山椒の香りと辛味、ともすれば苦味になったりしちゃうこともあるけれど、とても良いインパクト。
麻婆豆腐はどちらかというと甘口ベースに辛味のピリッと、が後で追いかけてくる感じ。所謂、四川の本格麻婆豆腐というより、日本でおなじみのあの麻婆餡で、ちょっと辛味のアクセントを散らしている。中太ちぢれ麺がまったりと餡を捕まえていってモチョっと美味い。
具材ではチャーシューが二種がメインイベントとして枚数もしっかりのってる。鶏チャーシューは非常にマッチしてて、これだけでこういう料理が成立してそうな美味しさ。豚はちょいパサ度ありで鶏チャーシューと比較しちゃうなら圧倒的に鶏かなぁ…。
卓上ラー油くわえるとラー油の風味と辛味が風味豊かでいい。入れすぎるとお味のバランスくずれちゃいそうだけど、1回しくらいはその風味あげで俄然美味くなった。

さて…。こういうメニューだからもう食べる前からわかっていたけど、やっぱ白飯が合う。そもそもメニューで無料アップグレードライス付がある時点で店主さんもどう食べてほしいのかがよくうかがえる。追い飯ではなく麻婆豆腐丼にした。カウンターに貼ってあったPOPにはチャーシュー残しておくと豪華な麻婆丼になります、と歌われていたが、はい、そうしました~豪華なチャーシュー麻婆丼の出来上がり!
…うまいにきまってんじゃん。

食べやすさに麻婆豆腐らしさに、ほどよさが美味しかったです。ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「蒙古タンメン定食」@蒙古タンメン 中本 目黒店の写真7月4日 1055分 シャッター待ちのポールポジション、 オープン11時には後客3名と余裕ある感じだけれど1115分には満席だ。

ラーメン大激戦区目黒には行きたい(行かねば)ブックマーク店がまだ8軒もあるのに、ついつい中本目黒店へ足が向かってしまった。
今日は雨、あまり駅から歩きたくなかったからそこそこ駅近の店が良かった点、電車冷房がキンキンで冷えてきたので温かく辛いものが食べたかった点、何よりがっつり腹一杯になりたくて、清湯系でしっぽりとかな気分じゃなかった。

蒙古たんめん定食(980円)を、ラインクーポンで麺大盛にて。
定食は安定の麻婆餡とライスのセット。

広いコの字カウンター、ヤンチャなにおいがする元気で礼儀作法びしっとした店員さん達の丁寧な接客、いつも思うんだけど目黒店ってホストクラブみたいな空気あるんだよなぁ…。ホストクラブはいったことないけど…。

あったまるわ~。てか、今梅雨だけど、雨で冷房が寒かったから体に熱が灯っていくのがわかる。実はデフォルトは全然辛くない。味噌タンメン的な甘くコク深く、どすん!と便りになる厚みあるスープ、そこに中本麻婆餡のどろ辛なやつが馴染んでくると、そうそうコレコレ中本の、いや、もう日本を代表する旨辛の代名詞 蒙古たんめん。
大量のクタ野菜はスープしっかり吸い込んで、反対側からは中本餡をまとって、繋ぎでありつつ主役、このクタ野菜で白飯をかきこんでもうまいんだよなぁ…。
中太ストレート麺はぶれない。ワシワシとヤンチャに口の中でわっしょい。麻婆豆腐にも、スープにも、クタ野菜にも、全部一緒でも抜群のパートナーシップ。食感だよなやっぱり特徴は。ツルモチの中にそこまでクセはないけど、少し歯に舌にひっかかりを思わせる食感が虜にさせる。

最近辛いもの好きに拍車がかかってきていて、正直蒙古たんめんでは汗ひとつかかない。やっぱり北極じゃなきゃ辛さ悶絶はしないかなぁ…。

ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「マーラー牛肉刀削麺 大盛」@味蔵の写真6月11日 1230分 一階席は満席

お客さん大半は大学生っぽい。安くて美味くてボリュームある、そんなわかりやすさは嬉しい限り。以前に伺った際には麺大盛に半チャーハン、それぞれの半端ないボリュームで腹パンだった。今日は

マーラー牛肉刀削麺(900円)麺大盛(無料)を。

スムーズにそれほど待ち時間なく丼着。
そんなにマーラーしてないな。辛さ、痺れともスープからは感じず、牛肉らしい円やかでふわりとしたお味が強い。
しかし、刀削麺がごっっっついわ…。筋肉質でごりっごりな歯応えに食べごこち。不揃いさが魅力的で暴れまくるヤンチャさ。塊感がしっかりしているから水とんのような味気、もしかしたらちょっと飽きがくるかもな、なんて思っていたら…
ん?んんん?急にきた…。急にビッシビシ辛い。今までスープに辛さが馴染んでいなかったのか?唐辛子の辛味がスパーキング。なるほど、牛肉の上にドカッとかかっていたあれか…。食べている内にスープにとけだし辛味が増幅したんだな。
ここからが本番。辛味が増したことで麺の味が優しくしまりいい案配に。また牛スープもコントラストができた。汗が吹き出る。正直激辛とは言えないくらいの辛さだけど、不意をつかれたからびっくり発汗がおまけしてびっちょりと。

もし辛さもっとたしてが出来るならより辛く、さらに痺れもきかせてもらうと美味いかも。ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

「松」@蔘好来の写真6月7日 1140分 前客9名、後客続々で12時頃は満席

綺麗なお店。とても重厚でシックな店内、漆喰の壁に間接照明がセンスよく演出されてる。長いカウンター一本に厨房で奥に広い。

久しぶりの好来系。ここは素直に基本メニュー

松(800円)※平日ランチ半熟たまごつき を。

提供まではすぐ。5分強くらいで丼着。
うん、味がない。スープ一口目はそんな印象だけど、じわりじわりとお味の輪郭がつかめてくる。面白いのが時間たつに連れ舌に蓄積して味が強くなってくるのではなく、いつまでもこの穏やかな味。
美味いす。薬膳系と言われているけど、本当に飲めば飲むほど浄化されていくような気分になる。やさしくて澄んだお味。でも奥深い。だから、麺のお味がよく味わえる。ぷりんぷりんの中太ややちぢれ麺、みずみずしく弾けてくるわ。

具材の魅力もやっぱりたまらない。代名詞のゴン太いメンマ、またこのメンマも余計な味付けがなく薄味なので、ジャクリジャクリと食感と噛み心地をより楽しめる。ちょい足ししたいな、と卓上にあったニンニクパウダーと胡椒を振りかけてみると、それだけで別料理。ママでもママの良さがあるが、これはこれでいい。チャーシュー大判が4枚。素朴で豚そのものの、ブリッッと美味い。プッシュしてくる味とするとこのチャーシューだけかもしれない。

ごりごりの加調系やぎとぎとの油系や様々な強い味のラーメンも勿論美味いが、やっぱりこの静かで落ち着いた味わいは唯一無二だなぁ…。人参エキス入り酢
を最後はスープに加え酸味にふって飲み干す。飲み干してこそ完成するラーメン、ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件