なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

スージーのなのなQ

男性 - 東京都
平均点 81.395点
最終レビュー日 2019年10月21日
758 636 61 719
レビュー 店舗 スキ いいね

「盛りそば、大盛」@小金井大勝軒の写真日曜1240分 お客さんの入りは7割がた。 でも駐車場は満車でいれるの大変だった。7割といっても何といってもこちら箱がデカイ。元お蕎麦屋さんのつくり、テーブル席や畳の座敷などなどで広いから都内のラーメン店としてはかなりのもの。こちらは2回目。今日はお腹いっぱい食べたいと、大勝軒では禁断の大盛オーダーをしてみることに。

もりそば、大盛。

しかし、店員さん多いなぁ。これだけの席数をこなすにはまかなえないんだろう。でも、だから提供もスムーズ。あらもう来たの?くらいに運ばれてきたが
…ヤバイ、ヤヴァイの登場…。ヴを~~自分でオーダーしといてなんだけど、えげつないなこのこんもりとした山。存在感というか、存在がすごい。何グラムなんだ?聞いてから頼めば良かった。でも前回並では物足りなかったんだもん…。まぁ食うべ。。。
見た目からもわかりやすい、所謂喉ごしが良い滑らかな中太麺。ちゅる、って感じが正にそれ。麺自体のお味は良い意味で強くない。勿論小麦の風味香りつつだが、しつこさがないプレーンな味わい。
だから、やはりわかりやすく大勝軒甘辛酸がのってくる。辛はおさえめ。甘と酸も適度なのでたっぷりとつけ汁に麺をヒタヒタ。ズビズビズビ~~。うん、弱いか??今日のつけ汁はちょっとまとわりが弱い気がする。というか、麺が多いからね。
何度箸を入れても全然その麺山が低くなる気配がない…。こういうときは止まったら負ける。ズビズビして、モグモグ租借している時にはもう次の麺をヒタヒタし正にかきこむ。幸せだ。幸せのロンド、ヒタ・ズビ・モグ。
ふと気がついたら山はなくなり、これ半端なぃって!!お腹パンパンだけど、もっと食べたい。腹パンパンだけど、あれ?食べたっけ?くらいの欲しがりさ。いやいや食べたけど…。そのくらいスッと食べられる。

〆にはスープわりでごちそうさま。当たり前だけどお腹いっぱい。さて、眠いぞ!

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 2件

「濃厚つけ麺 大盛」@麺屋 薫風の写真12時 満席で待ち1名、後客も続々。
不動前駅すぐ、開店当初からとても評価高いお店として知ってはいたが中々伺うタイミングなくやっと訪問。食券機の上部は濃厚つけ麺、濃厚煮干しつけ麺、塩つけ麺と並び、下部に大山鶏中華そば、まぜそばと続く。初訪問なので基本メニューの

濃厚つけ麺(850円) 大盛 ランチ時は味たま一個サービス

をオーダー。ただ、おんや??食べているお客さんのほとんどが中華そばじゃないか…。からのまぜそばと続く。んんんん?つけ麺を食べてらっしゃる人がいない。まぁまぁそれは次回にしよう。
店主さんとおかみさんの2人オペ。カウンター10名程度の席数。お客さんに女性客が比較的多いし、注文聞いてると多分リピーターだなと思えるもの。女性客もぐっとつかまれてるお味は好感度高い。

麺ゆで8分を踏まえて丼着。綺麗な盛りつけ。麺がキラキラしている。まずはその麺だけで頂く。薄く塩気きいて締まった味からの、噛んでいくと小麦のあまく豊かな風味。ゴリゴリの太麺かつ、弾力性もかなりのものでグイグイ。
つけ汁は濃度、粘度がすごい。2019年では所謂マタオマ系と呼ばれる濃厚豚骨魚介。例のお味方向だけど、ざらりとした節系の香り付け、後味でくる少しスパイシーな気配が個性を出してる。というよりやはり基本の醍醐味である太麺と粘度たかいつけ汁との濃密な辛味はすさまじい。気がついてみたらグングンつけ汁なくなっていっており、やべ、最後まで足りるか?と心配しちゃうようなドッキングっぷり。普通はこれだけ濃厚だと途中で味の飽きがくるものだけど、最後まで止まらせない力が美味いの証明。
そんな中で鶏チャーシューの優しさと爽やかさ、ほのかにつけられた下味のセンスよさで癒される。

スープ割は卓上のポット。お、爽やか!柚子的な柑橘類が割スープに仕込まれていたのか、つけ汁の中に潜んでいたのか、いきなり様子が一変した。締めのスープとして抜群の道筋。

大多数の方々がたのまれていた中華そばは綺麗な清湯そばだった。次回はあれだな。ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

「塩ラーメン 中盛り」@自家製中華そば としおかの写真6月4日 1330 待ち7人に連結、後客5人(多分ここで打ち止め)

14時に閉店(売り切れなら前倒し)、でも、もしかしたらこの時間なら並び少ないか??とチャレンジしてみたのが大正解。結果、たった30分の並びで入店しありつけた。

新塩ラーメン未食だったので気になっていたが、ジュッ、を求めてしまい

塩ラーメン(950円)を

あぁ、静かだ。やっぱりここは異空間、静かでゆっくりとした独特の時の流れがある。お隣さんビールを。くぅぅ…美味そうだなぁ。
店主さんの丁寧な接客とお仕事ぶりは顕在で、しっかり一杯一杯味も確かめつつ仕上げられる。

ジュッッと油で仕上げられた俺の一杯が配膳。たっぷりな麺が顔をだす。
いやぁ文句なく美味い。塩といってもスープは所謂あっさりスープではなくガッツリとっぷりとした味わいのとしおかスープ。丁寧な仕事が一口でわかる何て素晴らしい魚介と動物系出汁のバランス。メチャメチャ高次元に磨かれてまする。そこにクリアな油分、スッとしてるけどグッとコク深く、すげぇなやっぱり。

また、としおかさんは麺が美味い。美味すぎる。滑らかで、つるプリ度マックスの中太麺、一口一口に幸せな弾力とリッチな香ばしさが溢れてる。入口の製麺機、あれはずっと現役なのかな?かの有名な譲り受けられた例のやつ。一本一本にクオリティ高いなぁ。

ジュッッと火が入り焦がし熱しられたネギのまったりとしたアクセント、ぶっちゅりとしたチャーシューに永遠に食べれそうなメンマ、全てが美味い。常に行列が絶えない理由は、もうべんてんロスじゃないなぁ。
ごちそうさまでした。次回は、新塩ラーメンいただいてみます。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 3件

「もりそば 大」@松戸富田麺絆の写真5月30日 1250分 ざっと25名以上(数えきれぬ)

KITTEラーメン激戦区にもだいぶ色がでてきた。この時間帯で列ができてるのはこちらともう一店のみ。今まで二回チャレンジしてきたが時間がなく断念。今日は14時の新幹線、さぁ間に合うか…。
見ていると、大体カウンター列毎での半入れ換え制になっていて(強制ではなく恐らく配膳タイミングで自然にそうなってる)、ざざっと進む。最前列で店員さんのエスコート入り事前に食券購入、渡す。ただ着席直ぐに配膳まではオペマッチしてなくしばし待ちという流れ。

東池袋大勝軒、山岸御大の元祖つけ麺を再現した、がキーファクトであるため、勿論オーダーは

もりそば、大(350グラム) (1000円)

おぉ…大勝軒もりそばで1000円大台はありえないけど、そういう問題じゃない。十何軒、何十杯も大勝軒は頂いてきた。でも、山岸御大の一杯は食べることができなかった。各店でどんどん個性的なアレンジもされているし、だからこそ、元祖にトリビュートされた富田さんのこの試み、とても嬉しかった。それにとみ田さんが再現したのなら間違いないだろうの信頼感。


1315分着席。濃厚つけ麺組が先にあがり、もりそば組は後に。ただ、店員さんそれをちゃんとケアされていて、すぐでますのでしばしお待ちくださいとお声がけ。さすがの とみ田さん。
1325分、きたーーー!間に合う、というかちゃんと味わえるベストな時間帯。

思ったより麺は細いんだな。中細ストレート。濃厚つけ麺がごん太だからコントラストがあるかも。ツルツル度が高く滑りがいい。足が長く、一吸いではなかなか苦戦するくらい。薫りが深い。ツルツル度合いからさっぱりした感じかと思ったらかなり小麦の甘さ風味がふくよか。
甘辛酢の原型ここにあり、な本当お手本のような一杯。つけ汁はどちらかというと酸味が強い。この酸味がたまらない。麺の半端なく風味の甘さで、甘が口の中で勝つから食べているとほんわか。
この一連動作を何度も何度も何度でも繰り返し、でも飽きない。やっぱりそれは極めて素朴だから。変な言い方だと、令和元年に東京駅の近代施設の大行列店で食べる味じゃない。昭和の池袋の東側のこじんまりしたお店がやはり浮かぶ。

スープ割り、節節と締まった旨味がふんだんに。1滴残らず完食。ふぅお腹いっぱい。美味かった。ただ、頂くのならやっぱり、とみ田さんの濃厚つけ麺、かな??

ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「味たまラーメン」@らーめん はやしの写真5月17日 1215分 待ち8名 ただタイミングよくどかっと入れ替わり待ち時間はそれほどでもなく。後客は退出時に待ち客12名


通算5回目かな?渋谷でお昼時打合せ、今日は量より質で極上の一杯を食べたくなり足が自然とこちらに向いた。

味たまラーメン(900円)を。

お店の入口で既にクラクラするような美味しい匂いが溢れ出してる。スープと麺と合わさった芳醇な香り。
1235分に丼着。
うんまっっっ。やっぱり偉大、極みダブルスープ。丁寧に磨かれて炊き出されて染み入る。ダブルスープの魚介系のクセと深み、動物系のコクと厚み、でも、すっっっと流れる後味のキレ。麺も伸びやか、なんて気持ちいい噛みごごち。

味たままとわる~~。舌と歯にねっとりと、正に絡み付く。正直この味たま一つでも食べにくる価値は高い気がする。

大盛り、替え玉ともできないのは残念だけど、一杯を突き詰めていらっしゃるゆえの結果。だからスープ一滴も残さない。というより、事前にレンゲが進んで気がついたらなくなってる。。。

やはりこういうラーメン食べてしまうと、もう戻れなくなるなぁ…なにかが。

ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

「中華そば、冷やし中華醤油、冷やし中華ごまだれ、餃子」@幸楽苑 東小金井店の写真5月3日 1310分 6割くらいの客入り

みんな大好き家族の味方、幸楽苑さん。子供がサッカー体験で午前中いっぱい走りまくり、なに食べたい?と聞いたところ、できれば冷やし中華、なんて答えが。冷やし中華かぁ~。まだ5月頭だから冷やし中華始めました、はかなりフライング始めましたのはず。頑張って走り回ったその思いを組んであげたいと、探してみたらあるじゃないか幸楽苑さん。さすが頼りになる。

冷やし中華醤油、冷やし中華ごまだれ、中華そばに餃子もりもりと一通りオーダー。
うん、みんなちゃんと美味い。冷やし中華は麺の張り、弾力が生きているし、中華そばは節がきいて、また動物系出汁の厚みもしっかり。餃子は、そろそろ認知されても良いと思うけどこれだけ食べに来ても満足できる影のエースだ。(実際、餃子定食的なメニューはラインナップは多かったりする)

いつも思うけど、いきなりステーキとの業務提携で採算厳しい店舗の業態変更はよくわかるし共創的な組み方で素敵だと思う。ただ、PAや駅構内とかタッチ&ゴーの場所にお店がもっとあればいいのに。路面店にお世話になり始めたのは子供がいる生活になったから。そうじゃなかったら伺わなかった。でも安くてちゃんと美味い。そんな接点あれば皆さんに沢山触れるのにな。

ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
80

「つけ麺 大盛」@ZOOTの写真4月24日 1210分 外待ち4名

初訪問。奥に長めの店内、壁には目を引く豚ちゃんのイラストやお酒のポスターがびっしり。お昼はラーメンで夜はお酒の二毛作スタイル。

つけ麺大盛り(850円)を。
食券ではなくテーブルオーダー、会計はオーダー時に前会計。麺量は200グラム、大盛りは2玉の400グラムになる。

店内の繁盛ぶりからそれなりに待つかな~と思っていたけどオーダーから6、7分で丼着。良かった、意外に時間がなかったから助かった。本当はすぐご近所の武蔵に行ったのだがかなりの行列で後予定に間に合わないとこちらに伺った。武蔵ではつけ麺所望のつもりだったから、もうはじめから意識はつけ麺。様々なメニューバリエーションがある中で迷わず選んだが、つけ麺の提供時間は通常長め、やばいかなぁ…と不安だったが解消された。後はかっ食らうだけだ。

…あ、いい。煮干しにカツオに背あぶら、簡潔にかかれてるメニュー説明の通り、ニボのコクと塩気とカツオのキレ、背あぶらの深みと甘味、それぞれの特徴が出ているつけ汁。濃度はまぁまぁあるけど粘度はシャバめ。いい。所謂マタオマ系とは一線隠しつつ濃厚ながらもシャバシャバと食べられる。ちょい塩気強く感じるのはニボ影響?でも背あぶらがそれを緩和し脂毛でコートしてるので、それにカツオのキリっとした旨味が後味でマッチムーブするので、逆に跳ねた美味しさになる。
平打ち太麺。なるほど、太麺ではあるけど茹で時間それほどかからなかったのは平打ちだったからか。しっかりとした小麦粉の風味と甘味、ビロビロ系というよりぐぐっと適度な弾力、結果的に麺を食べてるわけだから、そのお味がガツンとひろがりバランス良く構成される。
てか薬味がいい。万能ネギに玉ねぎ、この食べる度に味と食感でふと現れるアクセントがすごく良い楔になっていて一口一口フレッシュな感じになる。てか、ネギ増しとかおかわりとかできないのかな?お気に入り。

スープ割りはポットから注ぐスタイル。割りスープにしてみてわかったけど丼下に玉ねぎ沢山沈んでた。レアな火入れで辛さと甘さがが入り交じり、スープとザクザク玉ねぎを存分に味わう。

ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「魚介とんこつ、替え玉」@ラーメン海鳴 名古屋驛麺通り店の写真1月8日 1130分 待ち客7名に接続、後客続々 1140分には入店

名古屋麺通りの期間限定店、鬼金棒の後は福岡の名店か。まさか名駅で海鳴さんの魚介とんこつがいただけるとは…。福岡で食べた際に再訪したいと願っていたし、この期間限定運営、初めの凪、次の鬼金棒とも味のクオリティは下がってなかったから、これは行くべしと行列に並ぶ。

魚介とんこつ(780円)、後に替え玉(150円)を。食券制ではないテーブルオーダー、ラーメン頼む際に替え玉を頼むと丼着と一緒に替え玉もくるらしい。そんな忙しなくしなくてもいいので自分タイミングで替え玉を。

うーん、とっぷりとクリーミー、トンコツの甘さとベースの魚介の深みある交わり合いがやっぱりユニークで美味い。表面には細かな泡、一幸舎までの泡系ではないがまずはそんなビジュアルが飛び込んでくる。かえしもあるだろうけど、煮干しや節をたっぷり使った魚介炊き出しがそうさせるのか?白のトンコツスープではなく、少し茶濁な色未。その煮干し&節がきいている。メニュー裏の解説には和風出汁のような、と記載されてるが、僕にはどちらかというと洋なブイヤベースな舌残りの味を感じる。トンコツのまろやかさと甘さでコーティングされてるがそんな煮干しや節のほろ苦さなども下地で腰をおろしていて、そのお美味しさは洋な空気をだしてる。そこにネギと玉ねぎのアクセントがいい。

細ストレート麺はとてもみずみずしく磨かれてる。かたオーダーだけど、固さというより芯がしっかりしていて、冷麺のようなツルッと感ある重量も感じる。はい、すかさずなくなっちゃった。替え玉お願いいたします。

替え玉には薄く醤油だれがまぶされていて正直そのままでも美味い。ザクザクザクザク…おっといけないいけない、スープに投入しつつ卓上トッピングを物色。紅しょうがは甘さ感じる酸味おさえぎみのテイスト。クタってなくてフレッシュ、刻みニンニクも紅しょうが的な切り刻みで存在感ある噛みごたえにオイニー。

うん、進化系博多トンコツはここでも健在だった。お会計中で気がついたがクレジットカードリーダーが凪のものだった。この期間限定店で引き継がれているのが、海鳴さんの修行元だった凪さんの繋がりか、わからなかったけどどちらであってもおもしろい。

ごちそうさまでした。次回はやっぱり福岡で伺います。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「江戸前つけ麺 大盛」@江戸前つけ麺 サスケの写真12月12日 1145分 満席で待ち客1名、すぐに後客5名連結

世界貿易センタービル地下1レストラン街、モノレール乗り継ぎ時間を使い初訪問。…昼時ながらチト想像以上の人気ぶり。店内客のほとんども未配膳なので後予定、時間的に間に合うか??ともかくそんな人気店なら楽しみだ。

屋号になってる 江戸前つけ麺を大盛にて(930円)を。

なるほど、やや回転がまばらだったのは、つけ麺茹で時間に8分かかるのね。大盛だとつけ汁追加無料とのこと。てことは、極太ゴリゴリの濃度高め系つけ麺か??

1155分に丼着。入店、着席した後は事前に食券渡しもあり素早くサーブ。タイミング良かったみたい。
艶やか~みずみずしくキラキラ光る麺、とてもキレイ。まぁまぁボリュームある400グラム?500グラム?まずはそのまま頂くと、甘~~い。小麦の甘さ強めに出てる風味。また滑らかですべる。歯ごたえあるが柔らかで、ツルツルすべすべが気持ちいい。
つけ汁は予想通り濃度充分、豚骨魚介の節強め。所謂マタオマ系にはいる感じ。かな?あぁこの方向だったかぁとイメージしてたものと違っていたのは残念だったけど、逆に久々食べたかも。具はメンマ、ネギ、バラチャーシューと非常にシンプル。
たっぷり麺をたっぷり漬け込んで食べるのが美味い。おかげでグイグイつけ汁は減っていくけど、気がつけば麺も減ってる。再加熱してもらいつつ追加をお願いしようかとも思ったけどちょうどスープ割りにちょうど良いくらいの残量で麺が終了。多分その間5分くらい??我ながらあっという間に食べたわ…。
スープ割りは卓上ポットに。スープ割りにしたら味の輪郭がくっきりわかった。かなり魚で節。うん、このスープ割りスープが一番好みかも?

お腹いっぱい。ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
このレビューは移転前のものです。

「龍ラーメン、ハンチャン」@黒龍紅 熊本駅前店の写真11月2日 1130分 前客0 後客6名


名店 黒亭のご近所ながら変わらぬ評判をだされている黒龍紅さん、というか、何て読むのが正しいのかもわからない出張者だがその評判は気になるでしょ、と熊本駅から歩いて訪問。

入口がわかりずらい。
マンション(アパート)のどんつき奥のスペース、道に面した場所には餃子屋さんが煌々と営業されているので、のぼりと暖簾がなかったら見逃してた。

店内入ってみると独特の空気感。真っ昼間だがどことなく夜の賑わい祭りの後みたいな気配がある。それもそのはず、そそる。そそりまくる店内。龜にはいった焼酎が多々陳列され、さらにあまたの酒が置かれていて完全飲むメインモードの面構えだ。卓上には締めのラーメンまでの酒のつまみ流れがかかれたPOPなどもあり、酒好きにはたまらない雰囲気。午後仕事なかったら間違いなくビールからの焼酎コースだったがここはグッと我慢(;´∩`)食券機はなくおかみさんにオーダーを伝える

龍ラーメン(780円)半チャンセット(270円)

龍ラーメンはピリ辛らしい。厨房の様子を見ながらしばし待つ。後客さんがぞろぞろと入ってきつつ、お一人かと思った店員さんどこからともなく2名追加。賑やかになってきたところで丼着。

おお~トンコツスープの白とマー油の黒のコントラストが美しい。そこにネギの緑と醤の赤が映えている。そっか、ピリ辛なのは所謂辛い系の醤トッピングなんだな。まずはスープから……ん?香ばしい。マー油の香ばしさではなく魚介の香ばしさが舌にひっかかる。その下地には和風出汁のようなしっかりさ。炊かれたトンコツスープの円やかさと甘味に魚介の香ばしさ、まとめて持ち上げる和風出汁、とてもすっきりしている。後味がスッとキレよく今まで食べたことある熊本ラーメンの中でも未体験ゾーンのチューニング。うんま!
麺も美味い。弾けるプツプツぐあい。細ストレートの伸びやかさに気持ちの良い弾力、麺そのもののお味もちゃんと美味しいから、一口ごとにギアが変わる。どんどん食べたくなる。
大量のネギがまたたまらない。これさらにネギ盛りでほしくなっちゃうな…。

ピリ辛の醤は確かにピリ辛。これは好みかも知れない。このメニューを頼んでおいてなんだけど、スープが美味しいからなるべくそのまま味わいたく、醤はレンゲに1/3毎とりレンゲの上でスープに溶かして別皿スープとして頂いてしまった。初訪問ではスタンダードの方がやはりいいな…。

チャーハンも良かった。米がたっててとてもフレッシュ。ピーマンはいってるのもなんかホッコリしていい。

美味しかった。こういうチューニング、博多トンコツを食べ歩きしていて際に、ふと玄瑛さんで食べた一杯の衝撃ににてるかもなぁと思い出した。それほどに工夫や手間や情熱が味わいとなって現れてる。次回は是非飲みながらで頂きたいなぁ…。ごちそうさまでした。必ずまた伺います。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件