なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

スージーのなのなQ

男性 - 東京都
平均点 81.395点
最終レビュー日 2019年10月21日
758 636 61 719
レビュー 店舗 スキ いいね

「四川ラーメン、サービスライス・キムチ・漬物」@らーめん本郷亭 名駅店の写真平日1220分 待ち10名程度、後客も絶えない。台湾ラーメンや台湾まぜそば、すがきや等で名古屋のラーメンといったら的なポジションはそちらにあれど、名古屋のラーメンの代表格はやはり本郷亭さんも欠かせないだろう。
本郷の本店もこちらのお店も他のブランチも安定的な美味しさを長年提供してくれている。あ、本郷亭が食べたい、そんなお店の味と名前が脳に胃袋に刻まれてる。
訪問時は久々、約1年半ぶりだったけど、久々感覚ではなく、行くのを抑えていて他のお店の味を開拓していたから。この日一緒に、出張してきたメンバーが食べたことないと言うので、じゃあ行くしかねーだろうと。。。基本でもありスペシャリテはやはり白湯ラーメンだろうけど、気分的に

四川ラーメン・並(850円)を。
…ん?微妙に値上がりしてますね。多分長年700円台だったと思うけど、時代が許してくれないのね…。

でも、おーけー。ランチサービスのご飯、キムチ、漬物食べ放題がたまらない。というかもうそれ込みでの本郷亭。まず、着席した瞬間に既に白飯とキムチと漬物を取りに行く。遠慮なくそれぞれたっぷりと運び、ラーメンくる前にかっ食らう。キムチのお味が記憶(記憶としてはもう20年くらい蓄積され続けてきたもの)の、それとチト違う。ちょい辛く浅漬ぎみ。うーん、こっちの方が美味いぞ。ついついキムチ&白飯が進んでしまい丼飯が空になる。はい、もう1セット同じものをおかわりで追加です。隣のおばちゃん二人は唐揚げを頼んでいた。唐揚げ食べたかったのよ~~あら、もう唐揚げ定食できあがっちゃったわね、なんて話してた声が聞こえたけど、はい、その通りですね。

さて、ラーメン食べますか。四川ラーメンは基本の白湯スープに辛要素が追加されトピがアレンジされてるメニュー(だと、ずっと思ってる)。コクのある白濁白湯スープにナッツ系のまったりとした風味がナイスシナジー、からの辛味エッセンスがこんにちわ。あぁやっぱ美味いわ。このコクと風味こそ本郷亭。辛味は激辛好きからするとほぼない。ただ、別にそれでいい。白湯にちょい足ししたいな、マインドなので、それを満たす意味では満点。麺に行く前にどんどんスープ推移が下がり、同時に白飯の盛りも減っていく。幸せの転がるような下降線。
麺は中太ちぢれ。たまたま?アルデンテ気味の弾力強めで、ブリブリ具合とプリプリ具合がかなりスパークしてるぞ。かきこむとスープには麺味を更にくわえるコクが足される味わいで整う。美味いわ、本当は大盛で食べたい。でも、白飯とキムチもおさえられないのよ~~。
さらにスペシャリテはやっぱり大ぶりでトロぶっしゃーーな角煮チャーシューでしょう。甘辛く炊かれて、しゅみまくってる豚肉の旨味に脂身のとろけが、ザっぱーーんと大波で荒ぶれ、口のなかで難破しそうです。
ヤバイヤバイ、レスキューライス出動~~!はい、美味い。で、結局丼飯は二杯完食。同僚からは、よく食べますね…。とか言われたけど、白飯いってない尾前はいったいどんな領分だ??意味わかんねー。

ふぅ、今日もお腹いっぱい。ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 5件

「タンメン、半炒飯」@中華 味一の写真美味かった。ホント美味かった。こんなに美味かったんだ、もっともっと早く伺えば良かった…。

10月5日 12時 満席

タンメンと炒飯が都内屈指とうたわれ早何年?コンスタントにメディアにとりあげられてる人気店だけど初訪問。そんな売りを両方頂ける欲張りメニュー

ランチB、タンメン+半炒飯(1000円)をオーダー。

良い意味のワチャワチャ、激しいエネルギーが飛び交い喧騒を極めてる。厨房のピリピリ感、まさに戦場の様がビシビシ伝わりつつ、次々に大挙し入れ替わる客が皆それぞれの都合で入り乱れる。店内に竜巻が発生してるみたいだ。昭和から長い歴史を紡ぎ、決してキレイとは言えない店内、2018年の昼時でも堂々とタバコもすえる。いい、愛があるこういうお店がないと世の中ダメになる。

5分くらい後、先行で半炒飯が到着。タンメン来るまで待ってようかな、とも思ったが、一瞬でムリ!匂いが、匂いが、ぁあ、もう美味い。、あ、無理、美味いこれ。東京五大炒飯らしいが実際うまい(結局五大炒飯てなんなのかわからなかったけど)。しっかり米に味がつき、米がピチピチたってる。立ってるからパラる。細切れチャーシューからじわじわと追い旨味、玉子ほんわか甘く、ふと顔を出すネギ、ネギも下味香ばしくしかも味や具材バランス均一絶妙。ヤバイなこれ…ギアをセカンドに変えただけで多分30秒で食いつくすぞ…。

と、目を丸くしていたところでタンメンいらっしゃいました。レンゲでスープをすくってみると、乳茶濁でとろみがある。一口目で唸る。くっっっは、美味いわ…。タンメンの定石はクリアで塩なスコープ、でも逆ベクトルをゆく。とろみスープは鶏ベース?深い深いコク。長崎チャンポンが頭をよぎるようなチューニング、でももっと濃いコク。1口目より2口目、からの3、4とんで10口目、どんどんその濃密な美味さにはまってく。
細ちぢれ麺も薫りがすごくいい。強めなウエイブが網となりたっぷりスープを持ち上げてるにも関わらず、麺自体の美味さをビシビシだしてくる。というか、この麺相当美味いわ…。後々調べてみたら、浅草開花楼?なるほど…。
具材野菜も沢山。スープを贅沢に吸い上げてみずみずしさと食感と野菜の甘味が時間を追うごとに変化してく。スープ止まらずグイグイ、麺も止まらずグイグイ、気がついたら野菜比率が多くなってた。その頃には野菜もスープハーベストベター。

ヤバイなこれ…。近くにあったら毎週、いや、毎日絶対通っちゃう。いや、通いたい。いや、通わせてください!!

ホントにおいしかった。ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「白湯ラーメン」@らーめん本郷亭 名駅店の写真5月15日 1215分 待ち15人

ランチ時には混むわなそりゃ。でも席数が多いから回転は早く席を立つお客さんも多い。本日はスタッフさん数不足か?ちょっとゆとりをもったオペレーション。

白湯ラーメン(780)を。

お昼時、腹ペコの時にはどうしても頭を過ってしまう。基本的には色々なお店で色々なお味を開拓したいと常々意識しているが、それに愛知県に住んでるわけじゃなく出張できている自分としては尚更だが、どうしても本郷亭を欲してやまない日がある。今日がその日だった。

塩味トンコツの真骨頂本郷店のスペシャリテ、本郷亭の味。自分の中で開拓され染み付いてしまった味、ナッツ系の香ばしさがふと味の一端で感じられる存在感ある。うーんこれだよな、美味い。
そこに風味豊かな麺、弾ける弾力でピチピチだがエッヂがきいていて、噛むと鼻に抜ける麺の味。そうそう、はじめから答えわかっていたけどやはり正解。

でも、腹ペコをくすぐる主役は麺じゃなく白飯。ランチサービスの白飯、キムチ、漬物のセルフ食べ放題。これが禁断のカロリー気にしなきゃリミットを完全に破壊してくれる。正直、上物の品々とは言えない。ただ、食ってしまう。いや、食おうというマインドできてしまってるから、もうスペシャリテご到着前に、こんもりともった丼飯をキムチと漬物で半分平らげて下ごしらえしていた食欲。そこにスープの甘深さに塩気で白飯が進んでいく。今度はキムチと漬物は副菜として口直しに変化。

そこに追い討ちをかけるのがチャーシュー。グラマラスで角煮ぽく柔らかでふくよかな肉味が、とろける脂身がたまらず白飯とよく合う。美味い。レンゲにスープをたっぷりとり、チャーシューを乗せ口に運び、そこから白飯をかっ込む。最高だ。

あららら、こんもりともったつもりが白飯たりない…。どうする?どうする?俺、もうこんもり丼飯にラーメン一杯ですよ?…ただ、リミッターは解除、いや壊されてる。いっちゃおう俺!

…結局、丼飯二杯。

お腹いっぱい。
お腹いっぱいでソッコー眠くなってきた。いい大人が満腹で眠いなんて…何て幸せだ

ごちそうさまでした。
また自分の中ではご当地グルメ、頂きにきます。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 5件

「塩味たまラーメン 大盛り」@○心厨房の写真1115分シャッター待ち前客2 後客4

5年以上ぶりの○心さん、近所の名店、吉左右さんは本日水曜日が定休日なのでこちらに流れてくるお客さんも多いのかな?

カウンター6席、奥に四人がけテーブル一卓、店内ほのかに豚骨臭が食欲そそる。
塩ダレや豚骨鶏ガラ黄金スープ比、開花楼の説明がポスター掲示されこだわりを伝えてらっしゃる。


前訪問時の記憶が曖昧な為、基本の塩味玉らーめんを大盛にてオーダー。


…うを~美味い!
何で前回訪問時の記憶が曖昧なのかまるで自分自身理解できない美味さじゃないか。

スープ、気がついたら目を閉じて味わっていた。
ザラザラとしたざらつき感で飲むだけでなく食べるスープ、そんな印象。

豚骨らしいクセがくるが昆布や鶏ガラで出汁がかなり味の厚みをつくってる。
そこに塩ダレ、これがなんとも円やか。塩気押しというより上手く全体をコーティングしてるようなまとまり。
少しニンニク風味は気のせいかな?
うーんなんて丁寧で、でも力強い味わい。

麺もさすがの開花楼、太ちぢれ、食感気持ちいいのは勿論主張しすぎないがしっかり小麦の味を伝えてくれる。

うを、ぶちゅう、ってきたよ味たま。
白身しっかりとした固さ、でも黄身絶妙粘りトロ、味の染み込みも抜群。

スープまで完食。
黙って夢中になって食べてしまう類いの吸引力だった。

つけを頼んでる人も半数くらいだったから次回はそちらかな?

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件