なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

スージーのなのなQ

男性 - 東京都
平均点 81.437点
最終レビュー日 2019年6月16日
700 588 60 605
レビュー 店舗 スキ いいね

「松」@蔘好来の写真6月7日 1140分 前客9名、後客続々で12時頃は満席

綺麗なお店。とても重厚でシックな店内、漆喰の壁に間接照明がセンスよく演出されてる。長いカウンター一本に厨房で奥に広い。

久しぶりの好来系。ここは素直に基本メニュー

松(800円)※平日ランチ半熟たまごつき を。

提供まではすぐ。5分強くらいで丼着。
うん、味がない。スープ一口目はそんな印象だけど、じわりじわりとお味の輪郭がつかめてくる。面白いのが時間たつに連れ舌に蓄積して味が強くなってくるのではなく、いつまでもこの穏やかな味。
美味いす。薬膳系と言われているけど、本当に飲めば飲むほど浄化されていくような気分になる。やさしくて澄んだお味。でも奥深い。だから、麺のお味がよく味わえる。ぷりんぷりんの中太ややちぢれ麺、みずみずしく弾けてくるわ。

具材の魅力もやっぱりたまらない。代名詞のゴン太いメンマ、またこのメンマも余計な味付けがなく薄味なので、ジャクリジャクリと食感と噛み心地をより楽しめる。ちょい足ししたいな、と卓上にあったニンニクパウダーと胡椒を振りかけてみると、それだけで別料理。ママでもママの良さがあるが、これはこれでいい。チャーシュー大判が4枚。素朴で豚そのものの、ブリッッと美味い。プッシュしてくる味とするとこのチャーシューだけかもしれない。

ごりごりの加調系やぎとぎとの油系や様々な強い味のラーメンも勿論美味いが、やっぱりこの静かで落ち着いた味わいは唯一無二だなぁ…。人参エキス入り酢
を最後はスープに加え酸味にふって飲み干す。飲み干してこそ完成するラーメン、ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「大潮まぜそば」@麺屋はやぶさの写真5月30日 1940分 前客3

初回訪問で度肝抜かれた創作性とクオリティですっかりファンになってしまったはやぶささん。本日昼間は激盛りにつけ麺を食らっていたので正直この時間帯でもあまりお腹空いてない…でも、きちゃった。今回はメニュー変えて


大潮まぜそば(890円)を。

いやいや、購入する時に見ていたけれどなんじゃこりゃ、こういうのを玉手箱や~~って言うんじゃないか??魚介旨味爆弾パラダイスじゃないか。
ニボ玉、ニボ粉、岩海苔、貝ペースト、あさつきに、鰹節、玉ねぎ、ミル貝、玉ねぎ。うーん、出会ったことないまぜそば具。
とても綺麗なのでグリグリしたくなく、何となくパーツパートでちびちび食べる。なるほど、下地に敷いてあるスープ(たれ?)がまず美味い。クリーミーでとっぷり深いから、麺とスープで全然パスタ的にいくらでも食べられそうだ。ん?そう考えてみると、まぜそば>パスタ、な料理的な力関係が成立するのかも??

麺はしっかりそんなスープや具材をキャッチしてしっかり抱き締めてくれる太麺。エッジもきいてるがゴツゴツ感はなく、これぞモッチリで適度な弾力が気持ちいいほっこり麺。あぁ、なんだろう、ちょっとポッチャリ目でもち肌な海育ちの美人OLとデートしてるみたいな気分??

途中からまぜやすいボリュームになったので一気に混ぜ混む。うーん、もう何が何だかよくわからないがとにかく美味い。ニボと貝ペースト合わさりつつ鰹節とニボ粉の節節で計算された旨味の乗算。そこに、全く違った味気で玉ねぎがシャリっときて甘辛さを、ミル貝がコリブニってきて存在感を、全体的には海苔!海苔の爽やかな風味と濃い目の磯味がなんとも香しい風味を纏わせ上手く味を繋げ引き立てバランスとってる。この一杯のコート上のキャプテンは実は海苔だな。。。
卓上のニンニクチップふりかけても美味い。そりゃそうなるだろ?てな足し算。からのお酢。うーん、好きだ。味の締まりがキュッとくる。

しまったなぁ…お腹減ってれば良かった。大盛りでがっつりデートして、最後に追い飯で落としたかった。

ごちそうさまでした。次は何を食べよう…。また伺わせて頂きます。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

「台湾ラーメンセット」@中華料理 萬珍館 名駅店の写真5月23日 1250分 前客8人、後客6人 ランチタイム終わりで落ち着いてるような印象

一階二階がとも中華料理、入口がわかりずらい…というかわからない。何故ならお店にかかっている看板は萬珍館ではなく大宮であり、店外にはサインボードで萬珍館はあるのだけど入口がない…。うろうろしてたら店員さんが出ていらっしゃり、萬珍館?どうぞ、とまさにその大宮と看板かかっている店内にご案内された(後々置かれてるマッチでわかったがどうやら同じ母体経営みたいで、一階が萬珍館、二階が大宮)

ランチはすごくお得。ラーメンランチは、醤油・豚骨・担々麺・台湾・五目・麻婆の中から一種選び、ライスとサラダがついて700円。さらにライスとサラダは食べ放題。
う、…うん、まぁ嬉しいんだけど、排骨担々麺みたいな飯命になるラーメンならともかく、そうじゃなかったら食べ放題まではいらないかな笑。。。 担々麺にしようかと思ったけれどここはやはり、台湾ラーメンを選択。

開店してそれほど歳月たっていないので店内はピカピカに綺麗。また街中華ではなく、ゴージャスで洗練された中華リストランテというようなつくり。奥にはバーもある。

おっ、ライスもサラダもまぁまぁボリュームあるじゃないか。台湾ラーメンは見た目のあしらいがかなりしっかり。真ん中に台湾ミンチ、サイドを囲むようにニラ。このニラ飾りがババッとトッピングしたんじゃなく、ちゃんと丁寧に手作業したのわかる。
スープとても美味しい。さすが、国家高級調理師のいるお店に。味仙の台湾ラーメン→街中華やよくある台湾ラーメン→プロの台湾ラーメンと2回転半くらいしてきてる。ベースは牛コツ?もしくはなんだろう…、深みある香り、それに八角のような中華スパイス的な風味、ちゃんとちょい辛いピリさは、所謂指すような辛味ではなく、ちょいピリッから後々じわ辛。
ニラもフレッシュだし中細縮れのハツハツに弾ける弾力に全体として味のダイバシティだけどすっと軽めに頂ける。
頂ける、からライスのおかずとしては、かきこみたくなるような感じじゃない。まぁまぁ普通にお茶碗大盛り一杯くらいあるライスなので、スープをおかずにパクパクパクパク。気がついたらスープも完食してた。

ごちそうさまでした。夜も飲み放題食べ放題安そうだしまた伺いたいです。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「とりそば、バターチキンカレー」@とりそばダイナソーの写真5月14日 12時 前客なし後客2名

名古屋や東海地区の多数のラーメンブロガーさんが高評価で頻繁に取り上げられていたので前々から気になっていた。中村区役所駅から徒歩10分くらい、完全に商業地域じゃなく住宅地、ふらっと立ち寄り客は相当いないだろう。

基本的には夜のお酒処という出で立ち。店内に散らばる様々な恐竜のデコレーションが素敵だ。ランチメニューは全て500円で、とりそば、にカレー、丼ものが並ぶ。更に、麺類にはライスが無料でつき(大中小どれでもOK)、カレー・丼ものも大盛無料という激アツなコスパ。店主さんに

とりそば、バターチキンカレー(それぞれ500円)

のダブルオーダーを告げてしばし待つ。
しかし、ヤバイな…。壁に張り巡らされたメニューはメチャメチャ引かれるものばかり。丼は今回たのまなかったが親子丼、冷やし親子丼(…ん?冷やし?)、激辛おやこ丼(超激辛可って、親子丼なのに?)等。米ものだと、のりバターライス、えびバターライス、梅しそバターライス、玉子ぞうすい、鳥ぞうすい等も…食いてえ。それに酒好きがたまらないおつまみ。全部食いたい。

1215分丼着。黄金色キラキラ、綺麗なラーメン。…あー美味い。飾り気がない真っ直ぐな鳥ベースの美味しさが強すぎず、でも香ばしく、でも優しくじわじわっときいてるスープ。鶏油の加減もよくてコクとパンチもしっかりしてる。これは朝でも昼でも飲んだ締めでもすっと受け入れられる一品一口で確定。
具もシンプル。カイワレ、ネギ、鶏チャーシュー。ネギの火加減絶妙だし、何より鶏チャーシューが絶品。肉厚でなんたる食べごたえ。ジューシーさとさっぱりさバランスが素晴らしいし、そこにふとスパイスの風味が後追いでランデブー。美味いわぁ~~。店主さんの確かな料理の腕にアイデア、センスを感じる一杯。思わずスープまで完食。

を見計らい、カレーがサーブされる。まず驚いたのが肉!メチャメチャ鶏肉はいってる。これでもか!を更に越える鶏の量。過去の人生でどれだけのカレーを食べてきたのかわからないけど一杯にこんなに鶏の入ったカレーは食べたことない。ちなみに、バターチキンカレーだから所謂トマトベースのやつかと思っていたけど、どちらかといえばお味はチキンカレーより。

いやぁ…お腹いっぱい。大満足。もし生活圏にあったら必ず通ってしまうお店だ。ただ、一品一品丁寧につくられているので提供は少し時間かかる。時間に余裕あるときにまた伺います。次回はとりそばに激辛親子丼、かな?

ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「だるま家ラーメン、海苔トピ、ランチサービスライス」@ラーメン ダルマ家の写真4月26日 1245分 前客3名、後客2名

仕事で知立へ。知立駅、降りたの初かも?駅近で良さげなラーメン屋さんないかと探してみるとこちらがヒット。わかりやすい家系っぽい。

だるま家ラーメン(680円)のり(100円)にランチサービスの小ライスを。
食券ではなくテーブルオーダー

綺麗なお店。まだオープンしてそんなにたってないのかな?カウンター6席、二人がけテーブル3、こあがりの座敷四人がけテーブル4とかなり広い。お酒も置かれているし、23時までの営業だし、ちょっとした宴会需要なんかもありそうだ。

見た目からも、お味もごりごりの家系というより豚骨醤油ラーメン。どぎつい家系を期待してるとイメージと違うかも知れない。でも美味い。バランスすごくいい。醤油だれの塩気と旨味に豚骨のコクが絶妙のスープ味、久しぶりにこの豚骨醤油テイスト頂いたがヤベエ止まらない。ぐいぐいに飲んじゃう。しつこさもないしアッサリ、ではないけど後引いてもキレがいい。そこに中細ちぢれ麺。家系にしては麺も少し細目な印象。ただ、スープとのマッチングは素晴らしい。やはりこの辺も個性だわ。

家系といえばスープたっぷり吸わせた海苔でまく白飯。サービスライスは小さなお茶碗程度だったのでチビチビ巻きながら食らう。ニンニクや豆板醤は小分けパックが卓上に置かれてる仕様。うーんこれはちょっと扱いづらいなぁ…。このライス量だから、ニンニク巻き、豆板醤巻き、胡椒巻き、みたくバリエーション食いするには開けて一口使いみたいな無駄になってしまう。豆板醤パックを開けて今日は豆板醤一本勝負としよう。ズブズブに浸してもはや箸で扱えないくらい融解しつつある海苔をたっぷりめにライスにのせた豆板醤とともに巻いて食らう。うーん、美味めぇぇ。豆板醤の強めな塩気緩和でまたスープにてが伸びる…ヤバい完全まくるな今日。

大ぶりなホロホロチャーシューも美味しかったし、もしまた知立おりたったらお酒も含めて再訪問かな。ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「ちゃんぽん中、小チャーハン」@中華菜館白眉 笠寺店の写真4月4日 19時 前客4名(奥の座敷にもお客さんいそう)

かなり本格的な長崎ちゃんぽんを頂けるとの噂を聞き近くに宿泊してたので伺ってみた。綺麗で落ち着いた中華屋さんな印象、とても広々とした店内、ざっとフロアだけでも30人分の席数あるし、奥にも座敷あり、。

ちゃんぽん中サイズ(750円)、小チャーハン(380円)を。
※お会計時にわかったけど税抜き価格

まずはチャーハンが5分程度で到着。付属のスープはワカメスープ、ほっこりする。チャーハンは優しい味付け。ふっくら系でお米が柔らかくたちほっくほく。。。具材はシンプルに玉子、ネギ、細切れチャーシュー、玉子のほわり加減がよく、全体的に薄味なので玉子の味面積も強めに感じていい。ちゃんぽんのお伴に頂くには良いバランス。

アサリとエビが頂に立ち野菜が小山となってのご登場。カマボコの紅白が彩りとしてシンプルに綺麗。ビジュアルに力があるから、さて、どこから箸をつけたらと嬉しい悩みも発生してくる。そんな時には迷わずスープを。
シルキーでとても決め細やかなスープ、裏ごしされてる?くらいとても滑らか、ストーんと入ってきてすぐに美味く、更にじわりと染みる後味。白濁の中身は野菜や魚介や様々な美味しさが凝縮されままさにちゃんぽん、思わず、あぁ~~っ、て吐息がもれる。麺も特徴的。やや柔らかめでトュルんとしていてこちらも滑らか。流れるようで吸い付くようで気持ちいい食感。自分の長崎ちゃんぽんはリンガーハットが人生の9割なのでセントラルキッチンではない逸品になるほどなぁ~と唸る。(勿論リンガーハットは美味しいし、長崎県民からすると何だかんだでリンガーハット、てなチョイスをケンミンショーで見たこともある)

丼が薄皿なので中でもさくりと完食。しまった大でも全然ありだったかもなぁ。。。ごちそうさまでした。今度は飲みに来たいです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「醤油ラーメン、炙り肉飯セット」@らぁ麺 紫陽花の写真4月5日 11時 開店30分前で9名のシャッター待ち。店前には四人、その後は道を挟んだ向かいの駐車場に並び列が変わる。名古屋屈指の人気実力とも兼ねる名店、念願の初訪問。初訪問だったのでその列のルール知らずで若干戸惑い…。
1110分で待ち人20人、開店時間では30人を越えていた。僕のちょい後ろには春休みだろうJCが3人。スゲーな、お昼ご飯に紫陽花並ぼうよ的な中学生ってお金的にも行動的にも勇気いる。でも、すっとこういうお客さんも集まってくることに、やっぱり名店に登り詰めた理由も感じられる。

醤油ラーメン、炙り肉飯セット(980円)を。麺は無料で大盛可とのことだったので迷わず大盛。

店内は広々としていてゆったりしたスペース。カウンター10席に2名かけ小テーブル1。5人のスタッフさんが様々なポジションで機敏な立ち振舞い。スピーディーに仕上げられサーブされていく。その様を見ているだけで絵力がある。

綺麗な清湯、磨かれて研ぎ澄まされた美しいスープ。店主さんはやまぐちさんご出身とのことだとすると、同じくこのスープも鶏だけなのか??分析できるような舌と経験は持ち合わせていないからわからないけど、豊潤でまっすぐな美味しさ。出汁も醤油も油もうっとりなお味。
トュルんとした中太麺はエッジあるやや平打ちタイプ。この滑らかさがまさしくスープを纏い、ってな拡販をしてくれ、麺を吸い上げるとトュルトュルドュルんと麺の薫りとスープの深みをもってくる。大盛で大正解、いつまででも食べたくなるやつだわ。
というか、チャーシュー神!鶏チャーシューがびっくりした。なんてジューシーさ、さくさくあっさりだけど、でもじっくり美味い。この手の鶏チャーシューは何だかんだ定番のあの味、みたいな先入観があったから、圧倒的な美味しさの裏切りに驚きを越えて感動した。

麺も具合も食べ終え、スープを味わいながらの炙り肉飯を堪能、勿論スープも完食。JC3人の食べた感想聞きたかったけど待ち客さんも多数なので、店主さんにご挨拶して退出12時。並びから退出まで1時間は良い時間バランスだろう。後10分遅かったら多分1、5時間はゆうにかかった。

ごちそうさまでした。次回はつけ麺を頂に伺います。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン、大盛」@とんこつラーメン 一番星 名駅店の写真2月21日 1155分 8割型の客いり、退出時1215分には待ち客10名

客層は近隣のサラリーマンがメインぽいが、Youの姿も。玉子とじラーメンが推されてるようだけど初訪問なので基本の

ラーメン(680円)、大盛(ランチサービス)を。

昨年から熊本に行く機会ができちょいちょい行っては熊本ラーメンの名店を食べ歩いてる。だからわざわざ名駅で、というのもなんだけど離れた場所で美味いご当地ラーメンに出会えるとプチ幸せになれるので気になっていたこちらに訪問。

見た目のマー油は控え目、薄い油膜が表面を被い、トンコツ臭はなし。まずはスープを頂いてみると……いおお、がっつんトンコツ。ただ、味わいはかなりライトな印象でスッキリ目。がっつんと感じたのはそのスッキリ目が所謂薄い、のではなくかなり詰まったコクが控えていたから。臭みより円やかな炊かれ方でグイグイ飲んじゃうやつだ。
中細ストレート麺はほのかにウエイブしながらスープをぐぐっとキャッチしてくる。細麺ながら風味も強くキャッチしてきたスープと合わさると風味とスープのまろみとで後味がほのかに甘い。
驚いたのがチャーシュー。……なにこれ??、すごい。たっぷりとタレを吸い込みまくり黒褐色、箸でリフトアップが難しいトロントトロンな薄地チャーシューはお酒?何かしらのお酒に浸けられているような独特の味を発揮してる。うーん、こんなの食べたことないぞ。たまたま?デフォルト?知ってるチャーシューというより昨日食べたブランデー入りのフルーツケーキの方向にむしろ近いかもなテイスト。
中盤になり、卓上にある無料トッピングに手を伸ばす。やはり熊本ラーメンならかかせない揚げニンニクでしょ!!とケースの蓋を開けてみると、あ、粉状になってんだ。3サジ分くらいを振りかけてみたら表情が一変、これで完成形か?パンチ半端なくなった!!控えていたトンコツのコクが揚げニンニクと正にケミストリー。美味い。
すりおろしニンニクもあったけど、揚げニンニクパウダーがヤバスぎて出番なくこのままフィニッシュ。


常連客らしき方々は味噌テイストや玉子とじなどを頼まれていた。そっちも次回食べてみたい。ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「台湾ラーメン、チャーハン」@味仙 JR名古屋駅店の写真1月25日 1250分 空席あり。
おんや??並んでない。ランチ時だしそれなりの待ち人かと思ったら、手前のチャオは15人くらいの並び列もまかのスルーピットイン。まぁ、近隣ビルに別店舗あるし(チャオもあるけど)、正直お一人飯のランチとか需要だとコスパ悪いんだよな…。観光客やたまにしか名古屋に来ない出張者が憧れの味仙にと味を運ぶのは至極わかるが、地元の方々や僕のように年間60日以上名古屋に出張でくる人気は利用方法が違うのかもしれない(今池や矢場町や名駅店で夜グループで飲む需要)。

本日は同僚とお昼だったのだが歩いていたら空いてるじゃん?とのノリで入ってみた。そういうわけでこちらの味仙は初となるがメニューは入る前から決まってる。
…が、ん??なに?ニンニクチャーハンがないだと??ランチメニューにないのか?もしくは爆弾メニューだから交通機関を利用される方をケアされているのか、まぁ仕方ない。

台湾ラーメン(750円税抜き)、チャーハン(850税抜き)をオーダー。

てか、高け~よ~。今池本店は台湾ラーメンが600円ちょい、チャーハンが600円台後半だったと思うけど、名古屋駅構内の地代はやはりエグい価格転換が行われてるのね…。両メニューともお手頃サイズゆえ単品でお腹満たされることはないから頼んだけどさ、そりゃ地元の方々がランチ利用わざわざしない理由よくよくわかった。

お味は間違いない味仙。これぞ台湾ラーメン、むしろ台湾ラーメンを名乗ってだされてる様々なウン百店のものは台湾ラーメン的ラーメンと名を変えるべきか、味仙にライツでお金を払うべきだ、と思うやはり台湾ラーメンな台湾ラーメン。
少し風邪気味だったから粘膜弱り系だったか?辛さは余裕と思っていた矢先に喉奥が破壊されてむせまくる。うーん、このトゲトゲしい攻撃力すきだ。ゴロゴロの肉そぼろ=台湾ミンチにむしろ転がされるオレ、今度は鼻の奥に刺激が侵入しくしゃみが止まらねえ。その辛いやつがいないところはしょっぱ甘さを感じるスープ、中太ちぢれ麺の風味は辛さとのコントラストでより立ち抑揚がある。いつの間にか汗もたっぷり。うーん美味い。旨辛の日本を代表する一杯に曇りなし。

でも、食べるなら名古屋駅構内はさすがにコスパ的にやはりないかな…。ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「魚介とんこつ、替え玉」@ラーメン海鳴 名古屋驛麺通り店の写真1月8日 1130分 待ち客7名に接続、後客続々 1140分には入店

名古屋麺通りの期間限定店、鬼金棒の後は福岡の名店か。まさか名駅で海鳴さんの魚介とんこつがいただけるとは…。福岡で食べた際に再訪したいと願っていたし、この期間限定運営、初めの凪、次の鬼金棒とも味のクオリティは下がってなかったから、これは行くべしと行列に並ぶ。

魚介とんこつ(780円)、後に替え玉(150円)を。食券制ではないテーブルオーダー、ラーメン頼む際に替え玉を頼むと丼着と一緒に替え玉もくるらしい。そんな忙しなくしなくてもいいので自分タイミングで替え玉を。

うーん、とっぷりとクリーミー、トンコツの甘さとベースの魚介の深みある交わり合いがやっぱりユニークで美味い。表面には細かな泡、一幸舎までの泡系ではないがまずはそんなビジュアルが飛び込んでくる。かえしもあるだろうけど、煮干しや節をたっぷり使った魚介炊き出しがそうさせるのか?白のトンコツスープではなく、少し茶濁な色未。その煮干し&節がきいている。メニュー裏の解説には和風出汁のような、と記載されてるが、僕にはどちらかというと洋なブイヤベースな舌残りの味を感じる。トンコツのまろやかさと甘さでコーティングされてるがそんな煮干しや節のほろ苦さなども下地で腰をおろしていて、そのお美味しさは洋な空気をだしてる。そこにネギと玉ねぎのアクセントがいい。

細ストレート麺はとてもみずみずしく磨かれてる。かたオーダーだけど、固さというより芯がしっかりしていて、冷麺のようなツルッと感ある重量も感じる。はい、すかさずなくなっちゃった。替え玉お願いいたします。

替え玉には薄く醤油だれがまぶされていて正直そのままでも美味い。ザクザクザクザク…おっといけないいけない、スープに投入しつつ卓上トッピングを物色。紅しょうがは甘さ感じる酸味おさえぎみのテイスト。クタってなくてフレッシュ、刻みニンニクも紅しょうが的な切り刻みで存在感ある噛みごたえにオイニー。

うん、進化系博多トンコツはここでも健在だった。お会計中で気がついたがクレジットカードリーダーが凪のものだった。この期間限定店で引き継がれているのが、海鳴さんの修行元だった凪さんの繋がりか、わからなかったけどどちらであってもおもしろい。

ごちそうさまでした。次回はやっぱり福岡で伺います。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件