なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

スージーのなのなQ

男性 - 東京都
平均点 81.395点
最終レビュー日 2019年10月21日
758 636 61 719
レビュー 店舗 スキ いいね

「ラーメン」@埼陽軒の写真平日1540分 前客さん1名

熊本出張、ゲリラ豪雨で飛行機の着陸が遅れ予定だだ崩れ。そんな中、お昼からの通し営業でやられているこちらは本当にありがたい。何度も店前は通っていたのだが、入る後一歩の動機なった。今回的外れの時間帯お昼ご飯救世主として、手を差しのべて頂いた感じで初訪問。
メチャメチャ、レトロの店内、黒電話がおいてある風情や色々な歴史染み込んだカウンター等々、全てにおいて昭和のレジェンド全開。実際黒電話はいきていて、あの、チリリリリリリリーーンって鳴り入電あった(ラッキーだわ多分)
かつ、ほんのり、いやいやかなり濃霧に豚骨臭が店内に漂う。今日のスープなのか、もしくは年月で刻まれたものなのかわからない。何にしろ腹減った、刺激されまくる臭い。
まだ注文すらしてないが、この時点で伺って良かった、間違いなく美味いし、何だろう初訪問なのに、ただいま感…。小学生の頃のおじいちゃんおばあちゃん家みたい、ただいま。

ラーメン(550円)を。
本当は大盛やおにぎりや色々頼みたかったけど、すぐに夕食でまたラーメン巡り予定(…結局は時間なくできなかったので後悔したけど)にておさえめのオーダー。

常連客さんとおぼしき前客さんは瓶ビールとやっこ、お父さんおかみさんと楽しく会話してる。ご家族の話、ご近所のあーだこーだ、からの滝川クリステル結婚ですって?なゴシップ(これは事実だけど)、いい昼下がりり。こういうお店にあるべき景色。

10分くらいまったかな?丼着。おおーーど豚骨にニンニクチップ、これぞ熊本ラーメンというような完璧なビジュアル。初見でのアブラギッシュは無視できない5ミリほどのびしびし油膜だが…
うまっ!!そんな油膜多めだが全く軽い。さらりと粘度は高くないスープで、お味もライト。昼から通しでやられていても需要あるわそりゃ。ランチだって3時のおやつだって、夕飯だって飲んだ後の一杯だって、どこでも美味しいし、シチュエーションで顔色が変わるテイスト。ただキリっとマルっと豚骨スープが腰を据えて美味しいし、からのニンニク。ニンニクチップの香ばしさに、普段に生活していてもちょいワル干渉して悪い遊びをおぼえさせちゃうような、なんともパンチある経験。
細麺ストレートは並だと自分には少なめ、スープとの馴みも固さもとても自然で和やか。ただ、特攻するニンニクチップ若い衆を見守るスープ親分の懐で、スパーーんと撃ち抜く鉄砲玉のような若頭、みたいな美味しさのとどめをさす中核の存在で、なんとも美味い。うーーん、お手本のような熊本ラーメンなんじゃないのか?それほど熊本ラーメン語れるほど食べていないけど…。

帰り際お会計済ますとお父さんからいつもお世話になります、みたいな暖かいお言葉を頂いた。いやいや初です僕、初訪問です。かつ地元じゃなく出張者です。ただ、すぐ近くにはもはや観光地の黒亭。どう考えても観光客はそいらにいくだろうし、常連客やリピート客さんに支えられてきたのだろう。その姿勢が私なんぞにその言葉、ありがとうございます。
正直いいますと、黒亭と同じくらいの行列になっていても全く驚かないレベルですよ。まだまだやり残したことばかり、また伺います。
ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン」@ラーメン 天外天 熊本駅店の写真1725分 前客1名。
熊本駅構内印象エリア、オープンカウンターのしきりない店舗。熊本出張の帰り道、以前に本店で食べた味が忘れられず、おお!熊本駅構内にも店舗あるんだ!と思わず飛び込んでしまった。本店のワチャワチャしたエネルギッシュで騒然とした雰囲気と比べるとずいぶんスタイリッシュ。

ラーメン(750円)をオーダー。食券ではなくテーブルオーダーで、後会計。

卓上にはニンニク醤油づけなる禁断のラインナップが…。やば。スライスがそのままつかってるよ~~もう帰路の新幹線や飛行機とか気にしてらんねぇ行くしかねぇ、、、早っっ!!そんな風に周りの様子やメニュー見ていたらものの3分くらいで丼着。

いやぁ…ニンニク!ニンニク!がっつんがっつんくるぞニンニクチップ。豚骨とのこのかけ算やはり反則。パンチとふかみが半端ない。またオイリー。ただ、意外にすっとさらっとしているし、甘味も後味でふわっとまとまってくるのでスープがとまらない。一口一口で表情も変化してくる。細ストレート存在感ある。歯ごたえ強くでも伸びやか。豚骨の旨味や油分をぐっっとまとってやってくる。ゴール前にそれなりに選手が密集しているが、ミドルからスパンとゴール左上に吸い込まれていくタイガーショットが、食べながらふと思い浮かんだ。
さて…卓上のニンニク醤油づけを後追い投入。オラオラオラオラと投入。もうこれで後戻りできない。いや、これから東京に帰るのだけれど、スープ一口目でオイニーエチケットなるものはすっ飛び、こうなれば後は満喫するだけさ。
うーん、完全に仕上がった。整った。もう後はひたすらビール飲んで帰ろう。ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン、替え玉」@天外天 本店の写真12月20日 2230分 待ち客3名 すぐに僕の後ろには5名が連結

熊本市内の名店中の名店である天外天さん、熊本出張時、たまたま飲んでいたお店の近くにあるのを確認。そりゃ行くしかないでしょ!と締めの一杯を求めて突撃。
この時間でこの混雑ぶり、メチャメチャ流行ってる…。さすがの人気店。そんなお店の象徴、エネルギーが店内にみなぎっていて一種のパワースポット。フレンドリーだけど丁寧な接客店員さんとお客さんとの掛け合いの声声が素敵なバックミュージックとなっている。

ラーメン(700円)後に替え玉(150円)を

食券制ではなくカウンターオーダー。同じタイミングで前客3名さんと一緒に入店したが、この3名(多分同じ出張組で同じく締め)が注文少し時間かかってる。でも店員さんは笑顔で対応し、さらに僕に「すみません順番に伺いますので」と、決して並び順の順列を崩さなかった。うーん、厨房戦争のような激しさとスピードなのに待ち客順列きっちり意識して対応は信頼される証そのもの実に素晴らしい。この時点で食べなくても間違いなく美味いと確信した。

オーダー入ってからは早い。ソッコーで僕含め4杯分が仕込まれたが、仕上げにパラパラパラパラと何かしらの粉を振りかけた。ん?なんだあれは??

丼着して、つまんでみてわかった。こいつはニンニクチップ??パンチ半端ねえ…お飾りチップじゃなくゴリゴリのニンニクチップを細かく砕いたもの。スープと一緒に味わってみてもオイニー、味とも半端ねえ…。
スープはかなりテラテラにオイリーな見た目。でもとってもサラサラしてる。サラサラというかスラッとしてる。見た目とは違い味もそのような軽い食べごこち。言わばアッサリなのだがしつこくないコク、豚骨の旨さバランスが素晴らしくだからキレがいい。塩気も少なく、要はレンゲなんて使わず丼持ち上げて飲み干したいやつ。でも油は十分ある。それでもそう思うのはきっと油そのものの質も良いんだろうし、この一杯の美味しさを表面張力ギリギリくらいで最大化してるバランスだろう。
それに、麺が美味いなぁ~。細麺、すっっと伸びやかなストレート麺、文字通りのスラッとなビジュアル。甘さが際立てっる。ずずずっと一気にすすれる気持ちよさの後に来るのは麺につまった甘味の風味、細麺だからこそより強くそう感じるのかもしれない。お隣の例の3人グループも同じ感想だったみたいでスープに舌鼓の後には、うわ麺も美味いね~と盛り上がってた。
チャーシューもふんだん
キクラゲびっちぴち、ネギも香り高いし、うーん、どの角度からでもメチャメチャ美味い。だから勿論替え玉オーダ~~~~。

1分強であげられた麺、丼に替え玉どっぼーん!卓上にあるラーメンつゆで薄かったら味をたす。でも禁断のアイテム発見、スライスされたニンニクの醤油漬を発見してたのでもうそちらにロックオン。まずは紅しょうがで、うんうん、やっぱこれだね、と味わいながら醤油漬けを投入………………やっっっバーイ~~!コラコラ、リアルにスライスニンニクの醤油漬けじゃないか~~ニンニク風味フレッシュでそこに漬け込み醤油の旨味がしみる。反則技のやつじゃん。これ白米にのせて食べたいかも?

あーうまかった。。。熊本市内でも沢山、熊本ラーメンいただいたけど個人的には一番好みかも??ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件
このレビューは移転前のものです。

「龍ラーメン、ハンチャン」@黒龍紅 熊本駅前店の写真11月2日 1130分 前客0 後客6名


名店 黒亭のご近所ながら変わらぬ評判をだされている黒龍紅さん、というか、何て読むのが正しいのかもわからない出張者だがその評判は気になるでしょ、と熊本駅から歩いて訪問。

入口がわかりずらい。
マンション(アパート)のどんつき奥のスペース、道に面した場所には餃子屋さんが煌々と営業されているので、のぼりと暖簾がなかったら見逃してた。

店内入ってみると独特の空気感。真っ昼間だがどことなく夜の賑わい祭りの後みたいな気配がある。それもそのはず、そそる。そそりまくる店内。龜にはいった焼酎が多々陳列され、さらにあまたの酒が置かれていて完全飲むメインモードの面構えだ。卓上には締めのラーメンまでの酒のつまみ流れがかかれたPOPなどもあり、酒好きにはたまらない雰囲気。午後仕事なかったら間違いなくビールからの焼酎コースだったがここはグッと我慢(;´∩`)食券機はなくおかみさんにオーダーを伝える

龍ラーメン(780円)半チャンセット(270円)

龍ラーメンはピリ辛らしい。厨房の様子を見ながらしばし待つ。後客さんがぞろぞろと入ってきつつ、お一人かと思った店員さんどこからともなく2名追加。賑やかになってきたところで丼着。

おお~トンコツスープの白とマー油の黒のコントラストが美しい。そこにネギの緑と醤の赤が映えている。そっか、ピリ辛なのは所謂辛い系の醤トッピングなんだな。まずはスープから……ん?香ばしい。マー油の香ばしさではなく魚介の香ばしさが舌にひっかかる。その下地には和風出汁のようなしっかりさ。炊かれたトンコツスープの円やかさと甘味に魚介の香ばしさ、まとめて持ち上げる和風出汁、とてもすっきりしている。後味がスッとキレよく今まで食べたことある熊本ラーメンの中でも未体験ゾーンのチューニング。うんま!
麺も美味い。弾けるプツプツぐあい。細ストレートの伸びやかさに気持ちの良い弾力、麺そのもののお味もちゃんと美味しいから、一口ごとにギアが変わる。どんどん食べたくなる。
大量のネギがまたたまらない。これさらにネギ盛りでほしくなっちゃうな…。

ピリ辛の醤は確かにピリ辛。これは好みかも知れない。このメニューを頼んでおいてなんだけど、スープが美味しいからなるべくそのまま味わいたく、醤はレンゲに1/3毎とりレンゲの上でスープに溶かして別皿スープとして頂いてしまった。初訪問ではスタンダードの方がやはりいいな…。

チャーハンも良かった。米がたっててとてもフレッシュ。ピーマンはいってるのもなんかホッコリしていい。

美味しかった。こういうチューニング、博多トンコツを食べ歩きしていて際に、ふと玄瑛さんで食べた一杯の衝撃ににてるかもなぁと思い出した。それほどに工夫や手間や情熱が味わいとなって現れてる。次回は是非飲みながらで頂きたいなぁ…。ごちそうさまでした。必ずまた伺います。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「熊本ラーメン、替え玉」@ラーメン 赤組の写真7月26日 2130分 前客8名
本日熊本出張、居酒屋さんで熊本飯をつまみながら飲んだ後の締めで宿泊ホテルの近くのこちらにチェックイン。


店内に漂う豚骨臭、たまらん。。。鼻腔くすぐりパンパンに脳髄と胃袋に届いてくる。ドーパミンびんびんだ。

熊本ラーメン(500円)を。食券ではなくオーダー制。後に替え玉(100円)も。

とてもオープンで気持ちいい空間の店内はゆったりしつつ活気よくエナジー溢れてる。うん、いい店だ。元気になる飯屋、飯って元気になってくつろぐのが一番だもん。

さあ丼着。わお、臭いいいぞ。隠さないその香りがもはや美しい。そして見た目も、また被せ合わさるマー油の薫りもかけ算でなんとも香ばし美味い。さらりしてるがしっかりパンチ、また豚骨のざらつきもふとやってくる。ニンニク油に炊きだされた豚骨、元気になるわ~。

麺はプツンとした細ストレート。ススススッストンっと流れてくるがちょっとした引っ掛かりもあり、噛みこむと粉の風味がふわり。。このバランスが良いわ。この引っ掛かりがスープを流動しつつ、風味がスープと負けない撃ち合い。だから止まらなくなり止まらない。2分たたずに替え玉発注。
でも始めから替え玉予定だったから具材は手付かずで残しておいた。キクラゲが小気味いい。チャーシューも香ばしい。具材それぞれの個性の撃ち合いも良い。
卓上の替え玉のたれを回しかけどぼんとスープにかきいれる。同じく卓上のゴマを大量に振りかけ仕切り直し。

うま~~い。またしても2分かからず食しつつスープも完食。美味かった。

生ビール380円。おつまみも100円台~400円台と安い。餃子7個で250円か。もはやここで飲んで締めればいいんじゃねえか?

ごちそうさまでした。次回は飲みにも伺います。

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件

「熊本ラーメン」@ラーメンダイニング くすのきの写真4月19日 19時 5割りくらいの客入り

熊本出張の本日、カリッカリの予定で市内の熊本ラーメン物色時間がなく、でも勿論食べたい熊本ラーメン。帰りの空港でありつきますな、出張あるあるな訪問。

熊本ラーメン(750円)を。

空港グルメはご当地の名店がでばっている場合と、ご当地グルメを提供しているものの二種類に大分される。勿論、そんなに頻繁に伺えない熊本ゆえ事前リサーチは万全、こちらは後者だとイメージ。

卓上にはニンニクチップ(どちらかというと結構細かく砕かれたやつ)がある。これは…入れまくる義務があると勝手に使命感。さぁこいラーメン、もう僕のプランはできてるぞ。

さあ、いらっしゃい。麺着。見た目としてはマー油がさみしい気がするが、どんな名店だって、名店だからこそスタンダードからのユニークさな個性があるもの。だからといって何も問題はない。

うーん、ちゃんと美味い。さらりとしたライトだけど油分と豚骨の厚みある持ち上げのあるスープ、熊本ラーメンはこういう方向のラーメンなんだよ、とわかりやすく体現されてるようなお味。麺は恐らく色々な仕入れやシェアリングからの最大公約数を導き出されてるものだと思うが、しっかり馴染みあり。

序盤戦を終え、プラン通りに卓上ニンニクチップを投入。据え付きスプーンに漫画盛りのこんもりで二杯。

…うーん、良い。ぐぐっとパンチが強くなったぞ。ニンニクチップといっても臭みはなくクリスピーに、メルティに味を足してく存在で、これは…。いってしまえ、どうせ後は飛行機乗って帰るだけ、と、もう二杯の漫画盛りニンニクチップを投入。

うーん、アホだ。いや、アジョ(Ajo)だ。美味いに決まってんだろこの組み合わせ。


なんだかんだのアレンジが楽しく、また時間帯もあったんだろうがゆったり頂けました。

ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「玉子入りラーメン」@黒亭 本店の写真2月24日 1130分 待ち8名に接続、10分程度で後行列あっという間に10名が増える。危ない危ない…。(その後も待ち列は絶えず常に10人以上が並んでいた)

本日は出張で熊本、初熊本の同僚と一緒だったので熊本といえば外せない黒亭さんに。僕自身は3回目の訪問。お昼少し前だからスムーズに入れるかと思ったのは幻想、これだけの席数ありながらがっつりと大行列、さすがの名店。ただ、列の溶けは早く10分程度の待機で着席。

鉄板メニューの玉子入りラーメン大盛(1150円)を。
※ただし生たまごじゃなく味たまにしてみた

店内にはニンニクトンコツ臭がもんもんに立ち込めこの空間にいるだけで空腹度合いがグリグリましていく。店員さんが可愛い…と、よくよく見てみたら皆さん美男美女そろい。

大盛は麺だけじゃなく、スープや具材も1、5倍。同僚も大盛にしたので比べられなかったけど、多分器も大きいのかな?どすん!と存在感ある丼がいらっしゃった。

うーん、キラキラでギラギラ。トンコツの白濁に油分が反射し輝いてる。見るからにドップリとした味わいだが、いやいやいやいや、軽い!むしろ、あれ??そんな風に感じる見た目とのギャップ、スープはコテコテしておらず、すすっと流れ込んでくる。お味も全くコテコテではなくライト、塩気でごまかしてない、また動物系のクセをおさえピュアな旨味に変換したまろやかさ、そこにニンニク的な、でもあくまでも風味であり重さは与えてないバランスが、やはり素晴らしい。だからか、中細麺はサクサクと意識せずともスピーディーに吸い込みやすく、スープをまとうというより抜けてくるから、麺そのものを味わえる。

チャーシューうま。。。
トッピングはモヤシやキクラゲのジャキジャキ食感や刻みネギの香ばしさと基本構成は味の変化だが、チャーシューは主張が強い。薄切りゆえ、ホワホワにほぐれ肉肉しい美味しさとともにしっかり煮立てた染み込んだ煮汁が、スープと絡んでまた美味い。
味たまは味たまで美味しくいただいたけど、生たまごの絡み具合は味変だしそれでまた一つの出口だし、それもやっぱりありだったかなぁ…。

頻繁に伺えはしないが、また伺いたくなる名店、ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件