なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

Tどん

男性

立地でなんとか経営できてしまっている都会のラーメン屋より、立地関係なく客を呼び寄せる不便なラーメン屋の方がよっぽどハイレベルだし好き❗

平均点 87.728点
最終レビュー日 2019年9月28日
334 180 8 2,214
レビュー 店舗 スキ いいね

「花山椒とラー油の担担麺」@バーミヤン 栗橋店の写真平成最後の正月、17時前に訪問。
和やかな新年夕方のちょい飲み!

冷やしトマトや餃子などでビールを数杯いただき、〆にラーメン。
手頃な値段と飾らない雰囲気、
(以前よりは減ったが)それでも豊富なメニュー。
遠くの居酒屋より近くのバーミヤン⁉️


さて肝心の担担麺の方は…。
まずはスープ、芝麻醤がどうのこうのはよくわからないので(笑)省略!
辛味はラー油のみで山椒はセルフ(GABAN)なので調節可能、わたくしはもちろん大量投入。

麺は意外といい!プラスチッキーなツル感がなくボソ感を残す麺肌は好み!試行錯誤の成果を感じます!

甘めの肉味噌は少しずつ溶き、麺に絡めて軽めの味変!


白髪ネギなんかを立体的に盛り付ければ、映えるし満足度アップ間違いナシなんですが…、ちょっと見た目がさみしいですよね⁉️

まー、いずれにしても
『ごちそうさまでした』
心地よい気分で退店し、次の店…いやお家へ帰ります!

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 3件

「山椒とラー油の担担麺with山椒とラー油の麻婆豆腐」@バーミヤン 栗橋店の写真みなさんお元気ですか⁉️

担担麺
・山椒、ラー油感は少なめで辛さはなし
・麺はボソボソ縮れ
・スープ、挽肉共に甘めの味付け

麻婆豆腐
・普通の麻婆豆腐より辛さ、痺れ共にアップ
・付属の山椒かけ放題、ただし花椒(中国山椒)ではありません。
・味濃いめ
・ラー油が多すぎ!

最初は担担麺に麻婆豆腐をぶっかけて麻婆担々麺を楽しもうかと思っていましたが、どちらも味が濃すぎで麻婆豆腐のラー油分が多すぎたため別々にいただきました。
麻婆豆腐の方は、やはりご飯といただくのがバランス良いですね。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 3件

「カラシビ坦々つけ麺 吉田盛り(特製)」@らーめんつけ麺 吉田商店 本店の写真ざっくり言うと…。
・小山の人気店、昼時は並びも!
・鶏ベースがメイン…たぶん⁉️
・つけ麺の『あつもり』は不可。その代わりに電子レンジでつけ汁の再加熱可能






小山に新しくできた家系を目指すも、定休日⁉️店舗情報変更の連絡をせねば!
それではと、大好きな煮干しのお店に向かうと…、なんと臨時休業‼️
人気No.1つけ麺屋→火曜定休
未訪のピンコ系列→火曜定休
ずっと気になっている高い山→たぶん行列

ってことで、RDB店舗情報では第三火曜日定休となっているこちらの前を通ると…、やってる⁉️

そうこうしている間に13時半になっており、既に駐車場も空いております。

そして入店後はすぐにカウンターに着席、ちなみにRDB店舗情報には『券売機あり』と書いてありましたが、口頭注文です(笑)

店内は気配りが行き届く気持ちの良い店員さんたちがテキパキ。
メニューにはない担々つけ麺を注文、あつもりはできないとのことですが、冷めてしまったつけ汁はカウンター端っこにあるレンジで温められるようです。
麺量は並盛りで茹で前270gということだったので、並みで。

そして到着したつけ麺、吉田盛り感をあまり感じませんが、要するに(小さな)鶏団子と玉子、海苔3枚が加わるということのようです。200円でいいんじゃないかな⁉️
因みに2枚のチャーシューは前の方のレビューを見ると標準装備のようですし、むしろメンマは非装備に!

とりあえず麺を一口、食べやすい短めのツルモチ中太で全粒粉タイプ。上に乗っかるナッツの歯応えとのコラボがグッドです!

つけ汁は一口目から喉にガツンと山椒の刺激が来る、粘度高めの濃厚タイプ。辛さはほとんどありません。

チャーシューは好みとは違うパサ系のコンビーフライクなタイプでした。
玉子は味玉というよりは半熟卵という感じ。

途中つけ汁をレンジでチンして温め直します。
味濃いめで後半若干の飽きを感じてしまいましたが、つけ汁も最後まで飲み干し、
ごちそうさまでした!

投稿(更新) | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

「特製担々麺 味玉 替玉」@麺屋 椿丸の写真ざっくり言うと…。
・昨年暮れにオープン!高級小料理屋のようなおしゃれでモダンな佇まいは建物自体も新築!
・店内は一階カウンターで二階にはテーブル席も。
・店前と横の道は共に一方通行、注意!
・割り箸が感動的!







今日は時間があるから少し遠出をしようかな…、とリサーチ。
『最近人気の店』群馬県ランキング2位に輝く担々麺の写真に惹かれてやって来ました!
担々麺専門店ではなく、塩そばや炙り醤油などが一応メインかな⁉️
でも券売機には担々麺にも『お薦め』表記があります。

天気のよい土曜日の昼時だったため行列も覚悟で向かいましたが、意外にも駐車場は数台分空いており、到着と同時に二組が退店。
入店時はカウンターに女性客一人のみ。
少々拍子抜けしましたが並ばないに越したことはないですよね。

さて本題へ、
担々麺ですが大盛りはなく替え玉での増量です。ということで麺は細パツの煮干し系によくあるタイプ。北海道産のみの小麦粉使用などこだわりの一品(のようです)。

スープはthe担々麺という王道な感じ。黒ごまやピーナッツの歯応えgood!
肉味噌を少しずつ溶かすと旨味と深味がup!
こま切りの白ネギと輪切りの青ネギは歯応えよいharmony!
追加の味玉は薄めの味つけ、とろーり黄身が輝きfantastic!

ミルでは挽き立て入れ放題の花椒、好きな人にはありがたいサービスです。替え玉を待つ間にタップリかけて味変です!

おしゃれでピカピカな空間でスープを最後まで飲み干し、
「ごちそうさまでした!」

追記
帰り際にようやく後客が1名!
でも、昼時に並ばず食べられるのは今のうちかも⁉️

投稿(更新) | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「チャーシュー担々麺 大辛」@江ざわの写真遠路はるばるこちらまで。
平日ランチタイムを外した13時過ぎ、さすが人気店!
人里離れた僻地にも関わらず、駐車場は満車で外には並びが…。
一廻りして時間をおき、何とか入店。

注文した大辛。
ラー油の膜が5ミリ以上ありそうな⁉️
なんでも大辛は、お玉一杯分ラー油を入れるという後方接客からの又聞き情報!
下の方の元スープを掬おうにもなかなかできません!

真っ赤なラー油が飛び散らないように顔をどんぶりにうずめて、ピョロピョロ麺が暴れないように啜ります、が、やっぱりシャツに散ってしまいました。

追加したチャーシューは見た目ほどジューシーさがなく、なしでいいかな。

辛さの調節がラー油の量に委ねられてしまうので、大辛にすると必然的に油分も多くなってしまいます。
元スープをきちんと味わうためには辛いのが好きでも普通くらいにしておいた方がやっぱりいいのかな?

投稿(更新) | コメント (7) | このお店へのレビュー: 1件

「黒カラシビ麺(大盛り) 辛ネギ」@龍門瀑の写真平日正午過ぎ、年季が入った外観に戸惑いながらも入店しカウンターに着席。
店内は温かく落ち着いた雰囲気です。
後客3名で満席に。

ビジュアル的に、どストライクなこちら、期待が高鳴ります。

そして小さな器が到着!うーん、いい薫り。
レンゲを沈められないくらいギッシリなので、まずは麺から。
平打ちパスタのような感じで、スープに良く合います。
挽き肉や花椒、追加の辛ネギがまた最高‼
最後はスープを飲み、鼻水たらしながらごちそうさまでした!

辛みとしびれ、探し求めていたラーメンでした。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

「坦々まぜそば 温玉」@兎に角 松戸店の写真初めての訪問。普通なら、まず油そばなのでしょう。
自分も当然そのつもりで入店しましたが、券売機を前にしてお金を投入した瞬間、目に入った坦々ボタンに指が勝手に伸びてしまいました。
カウンターに着席したあとも、しばらく自身の無意識的な選択に葛藤します!
しかしながら、不思議な温かみを感じるカウンターのみの店内雰囲気が気を落ち着かせてくれます。

そして到着したまぜそば。
デカいチャーシューをベロンとどかして、麺を啜ります。
表現が難しいですが、麺はフワッとした食感とでも言いましょうか、弾力がありながら外側はみずみずしく口当たりが良い太麺です。

タレは想像していたよりも刺激が少なめ。

チャーシューは歯応えよくジューシーですが高級ハムライクで上品過ぎ、まぜそばには合わない印象。
まぜそば具材としてはめずらしい高菜は麺との相性が良いです。
その他の具材はメンマ、輪切りネギ、ほぐチャー、海苔、追加の温玉。

お願いすると小鉢で提供される割りスープは、強烈な鰹だし薫る節系で単体でも美味でしたが、坦々タレにはいまいち合いません。

やはり最初(一見さん)は油そばだったかな⁉

接客や店内の雰囲気、随所に感じる気遣いアイテムなどはまた来たくなる素晴らしさ!
さすがは人気店と言った感じでした。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「濃厚担々麺(新メニュー)」@くりの木 加須店の写真久しぶりに訪問。わたくし、移転前からの常連です!

 土曜日の昼、開店10分後に到着。我々でちょうど満席に!
『さーていつもの中華そばにしよ…、ムム⁉新メニュー発見!くりの木が担々麺を⁉気になる気になる、決めた。』

「担々麺辛口で‼」

 満席の最後オーダーなので少し時間はかかりましたが、これだけの人数のオーダーをテンポ良くこなしており感心します。
 数量限定って書いてあったのでプレミア感を感じながら待っていましたが、他のお客さんで担々麺を頼んでいる方はいない様子、ガクッ。
 
 中華そばの物より少し小ぶりなどんぶりからは、ほのかに八角?の香り。たしかここチャーシューも八角の香りを感じたことがあります、間違えだったらすみません。
 スープを一口、白ゴマの香りと程よい辛さ。ベースのスープはあっさり目でその上を真っ赤な脂と白ゴマが覆っております。
麺は中華そばの細麺よりさらに細い、中華料理屋でよく出てくるやつ。
具材はあっさり味付けの挽肉と白ネギ、青菜、ザーサイ。写真に写っている穂先メンマは中華そばを頼んだ連れがメンマ苦手なためもらったものです。
あっさり目で辛さもほどほどなため久しぶりに最後までスープを飲んでしまいました。
 中華そばとの流用物は白ネギくらいで全くの別物という印象。 
 とてもおいしくいただきましたが『くりの木の担々麺!』というようなオリジナリティーはなくオーソドックスな担々麺という感じなので、遠方の方がわざわざ食べにくる感じではないでしょう。いつも中華そばを頼んでいる常連が、たまに食べるにはよいと思います。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 9件