なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

かぷっちょ

男性
平均点 81.351点
最終レビュー日 2019年10月13日
268 218 43 236
レビュー 店舗 スキ いいね

「塩ラーメン+味玉」@稲荷屋の写真行きたいブックマーク訪ラーは、稲荷屋にて迷った末の塩ラーメン味玉で。
麺/35 スープ/34 具/18 計87点
麺は中中丸細麺。
一口目で、小麦粉の香りがフワーッと口中一杯に広がる。とても幸せな味わい。
中細麺よりやや細目の麺の啜り具合も良し。
スープは、鶏油しっかりに、節、昆布系の旨味が香る清淡スープ。
だんだんとつくねからの、鶏出汁が濃くなってきて、旨味がアップするのも楽しめる。
不意に顔出す柚子の香りが、飽きさせませんね。
具は、鶏つくね3つ、味玉、海苔、メンマ、浅葱、白髪ネギ、ゆず。
味玉は、半熟で味付けもほんのり程度なので、スープとの相性がとても良い。
鶏つくねが、とても美味しい。深みのあるしっかりとしたお肉の味がするのと同時に、ナンコツのカリッと食感もうまうま。
2種のネギも、スープの香りに一役かってます。
食べ終わってみると、鶏つくねのボリュームもあり、なかなかの満腹感。
いやー、美味しかった。ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「カラスミ塩魚汁ソバ」@自家製麺 うろたの写真猛暑の福島、初ラーということで、高評価のうろたへ。
魅力的なメニューに悩まされるが、ちょっと変わり種のカラスミ塩魚汁ソバを注文。
麺/35 スープ/37 具/20 計92点
麺は低下水ストレート細麺。急いで食べないとユルくなるやつ。
香りもしっかりで、口いっぱいほお張って食べて、本当に美味い。
長さも適当で、啜り感も良し。
スープは、イメージほど塩っぱさはなく、かといって、見た目よりはかなり濃厚な味わい。
鮎の魚醤、ハタハタのしょっつるとの説明はあるものの、何がどれといったところは良くわからないが、啜る度、口腔内が魚介出汁のブレンドされた芳醇な薫りで満たされ、何とも云われぬ旨さに満たされる。
カラスミも香りの複雑さに一役かっている。
具は、レアチャー二枚、ヘシコ、比内鶏の燻製、長メンマ、鰹節、みつば、紫玉葱と、これでもか!というほどの贅沢三昧。
レアチャーは、熱々のスープに浸して、好みの固さに。じゅわっと染み出すチャーの旨味に満足。
比内鶏の燻製は、かなりコリコリに仕上げてあり、皮付きでなければ、歯応えは砂肝かなといった具合。食べ応えがあり、これも美味い。
ヘシコは塩分高めなので、お口直しに。
この内容であれば、東京なら1200~1450円位はしそう。
麺、スープ、具のいずれもハイレベルの逸品でした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「海老ワンタン麺 塩」@函館らーめん 醐りょうの写真豪雨の名古屋着ということで、外を歩くのが億劫になり、駅ナカの駅麺どうりからのセレクトで、最も食べたこと無いジャンル寄りの、醐りょうの海老ワンタン塩を。
麺/33 スープ/33 具/16 計83点
麺は、加水高めのストレート玉子細麺(林製麺)で、啜り感もよく、スープとの相性がバッチリ。
麺量もシッカリでした。
10年以上前は結構良く食べたタイプだが、最近この手の麺を出すお店は、とんと少なくなって、懐かしい美味さ。
スープは、鶏ベースに昆布、貝の出汁が調和され、塩分も抑え目で、飲みだすと止まらなくなる清淡完飲系。
具は、海老ワンタン、おふ、切昆布、ネギ、白胡麻。
ワンタンの海老は割と普通。もう少し魚介感を感じられると良いのだが。切昆布が、良い仕事してます。プラス出汁と麺と一緒に食べたときの食感がとても良い。
全体的なバランスの良い満足の一杯でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「塩生姜つけ麺」@塩生姜らー麺専門店MANNISHの写真ラー友と久々のMannish。新しくなってからは初めて。
この時期は、やはりつけ麺推しになり、変なイラストの紹介の限定の塩生姜つけ麺に。
麺/33 スープ/34 具/15 計82点
麺は加水細麺で〆具合も良く、ツルシコ。
香りは抑え目も、これがスープとの相性良し。麺量は、見かけより案外多い。
スープは、まず塩がドンと来て、そこから生姜がジワーッと香る。鶏は、ほんのり。
食べ進めながら、トッピングされたおろし生姜を溶いていき、さらに生姜感強化。しかし、強めの塩のおかげか、生姜がしつこくなることは無く、最後まで香りを楽しめる。
具は、バラ鶏胸肉、カイワレ、小松菜、ネギ。正直、かなり寂しい。もう少し鶏肉ブロックをいれて欲しい。小松菜は、わさび的な辛味があって、面白い。
最後に、割を濃いめでお願いしたが、確かに濃いですね。卓上の生姜酢をさして味変。お口さっぱりも生姜の香りがほんのり残る美味しいスープに。
食後は、身体ポカポカで、暑い日につけ麺食べたのに、結局温まってしまった(笑)
ちょっとお値段が、ね。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「鯛塩ラーメン」@鯛塩そば 灯花の写真すっかり春の陽射しで、いやなかなかの暑さ。
曙橋でお仕事ありということで、早速の訪ラー。
限定ブラックも惹かれるところだが、初訪はデフォの鯛塩ラーメンで。
麺/33 スープ/36 具/19 計88点
麺は、塩だけに低加水全粒粉系かと思いきや、全くの予想に反する加水ツルモチ細麺。これが中々の美味さ。スープを殺さず旨味をしっかり持ち上げてくれる。
スープは、清淡塩系も、鯛の脂はしっかりと香り、鼻腔に旨味を伝えてくれます。ここまでしっかりと鯛の香りを出せるのはなかなか難しい。柚子を混ぜると更に旨味がマシマシ。ホントに至極のスープです。
もちろん完飲必至。
具は、チャー、長メンマ、玉子、さくら麩、ネギ。
チャーは、しっとりで焼豚タイプとの中間くらいの味と歯応えで、これまた絶品の美味さ。メンマも筍感が好みのシャクシャクなやつ。美味いです。
総じて、全てのパーツの完成度が高く、ホントに美味いラーメンでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「塩ラーメン」@らーめん 本竈 エスパル仙台店の写真久々の仙台は、かなりの冷え込み。
本竈にて、温かい塩ラーをば。
麺/34 スープ/34 具/17 計85点
麺は、中細中加水のストレート。コシはしっかりで、最後までだれない美味さ。
スープは、鰹、鯖、うるめ、昆布の魚介系に鶏ガラのあっさり清淡。しかし、徐々にチャーからの旨味が溶け出し、後半は絶妙のバランスの美味しさ。久々に完飲しました。
具は、チャー、メンマ、ネギとシンプルだが、チャーが絶品。
炙りレアロースハム的な味わい。軽いスモーク香と、レア食感のマッチングが堪らん。
本当に美味しかった。次回は海老ワンタンを是非。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「冷かけ中華そば」@田中そば店 新橋店の写真酷暑の新橋にて、5人の外待ちに連結。
中待ちあるじゃん。外で注文取るなら、案内してよ~💧
冷かけ中華そばをば。
麺/29 スープ/30 具/16 計75点
麺は加水ストレート細麺で、稲庭うどんのようなツルツル感。締まり具合も良し。
スープは、鶏出汁ベースに鰹や昆布のうま味が感じられるが、冷やしのせいか、香りが弱く、味が単調。
具は、チャー、メンマ、ネギとシンプル。チャーも旨味しっかりで、美味しかった。
ただ全体的にぼんやりした作りで、うどんを食べているような気分になる。夏に出すのであれば、食欲を刺激する一工夫が欲しい。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「今治ラーメン」@久留米ラーメン 光屋の写真駅の観光案内所で、今治ラーメンなるもののチラシを見かけ、早速訪ラー。
久留米ラーメン屋なのだけど、限定20食で出している。
麺/29 スープ/36 具/16 計81点
麺は、中加水細ちぢれ麺。しかし、柔らかすぎのあまり香りもせずで、どうも改善の余地があるのではと。
スープは、絶品。アゴ出汁の香りかなとも思われたが、エソなる魚の出汁も入っているそうで、それなのかもしれない。鯛やイリコの香りもしっかりで、本当に美味い。塩も伯方の塩だそうです。途中レモンで味変をとのことだったが、レモンを入れると、魚の香りが消されてしまい、寧ろ入れない方が美味いと思う。ましてや柚子ごしょうも。
具は、鶏チャー、魚のすり身蒲鉾、海苔、三つ葉。鶏チャーは、しっとりした旨味。蒲鉾も美味い。
麺が固めの低加水なら、尚美味しなんだけどなぁ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ゆず塩ラーメン」@ゆず塩らーめん 一兆家の写真岐阜で初ラー。つけ麺食べたかったのだけど、以外とお店がないなあ。少し個性を感じる一兆家にて、デフォのゆず塩ラーメン。
麺/29 スープ/32 具/15 計76点
麺は加水のストレート細麺。少し軟らかすぎではないかな。あともう少し小麦の香りが欲しいところ。
スープは、鰹節と昆布ベースに鶏出汁が良いバランス。そして、ゆずです。予想ほど強く出てくるのではなく、全体的にまとっているような味わいです。むしろもう少し酸味があっても良いかと。
具は、薄切りチャー、花鰹、みつば、ネギ、海苔、モヤシ。
チャーは、正直昔の中華そば屋かカップラーメンに入ってそうな薄さ。ちょっと勿体ない。みつばとモヤシが良いアクセントになってます。花鰹は、ビジュアルは良いけどうーん。ごちそう様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「鶏塩中華そば」@日本橋ふくしま館 MIDETTE ミデッテの写真Midetteに新しいお店が入っているようなので、早速訪ラー。今回は、二本松の若武者。
入口にてイチオシとの鶏中華そば塩をば。
麺/33 スープ/34 具/17 計84点
麺は、丸細麺で加水高め。プツンとした歯応えとなめらかな啜りで、スープとの相性良し。
スープは、清淡塩に鶏の油がキラキラと美しい。5種の貝出汁と合わせてあり、あっさりかと思いきや、かなり旨味は濃厚。塩分も低めで、とても美味しい。
一口目から、飲み干し確定。
具は、チャー、鶏チャー、メンマ、ナルト、ネギ、小松菜。
チャーは、パサタイプだが大きさも食べ応えもしっかり。鶏チャーは、ハーブで下ごしらえした柔らかタイプ。メンマもしゃきしゃきでうまい。
醤油もあったが、どうなんでしょうね。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件