なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

かぷっちょ

男性
平均点 81.370点
最終レビュー日 2019年10月18日
270 219 44 239
レビュー 店舗 スキ いいね

「大潮まぜそば」@麺屋はやぶさの写真名古屋といえば、ラーメン後進地区のイメージ。
宿泊の新幹線口から近くで、汁無し担々麺食べに向かうも、途中で目に留まった良さげなはやぶさへラー訪。
なかなか力作のメニューが並ぶ中、汁無し貫徹で、大潮まぜそばなる海鮮丼的な1品を。
麺/35 スープ/37 具/19 計91点
麺は、中加水縮れ角太麺。
もっちりパッツンで、ワシワシと頬張れる美味さ。
何よりもスープとの絡みに配慮されており、しっかりねっとりと絡んでくれます。
スープは、薄口カエシ系に、ニボ粉、ニボ玉、貝ペーストとまぜまぜにはかなり時間をかける必要があります。
しかし、頑張ったまぜまぜは、裏切りません❗️
所謂、汁無し系や台湾まぜそばの概念を完全にぶっ壊す海鮮丼ラーメンの完成となります。
ニボ香がグイグイ来ますが、そこに貝の甘味や磯の香りが渾然一体となった旨味が、口の中一杯に広がります。
具は、干しミル貝、あさつき、ソフト鰹節、刻み紫玉葱、岩海苔。
もうこうなると、具やら出汁やら良くわかりません。
ミル貝は、ムニッとした独特の食感を。
鰹節は、味の後押しを。
紫玉葱は、シャリ感を。
あさつきが、あおものの香りを。
そして、岩海苔が磯の香りを。
初めて食べたタイプのラーメンでした。
他にも凝ったメニューが目白押しでしたので、名古屋出張の際は、定訪になると思います。
将に進化系名古屋ラーメンでした。
ごちそうさま。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「海老ワンタン麺 塩」@函館らーめん 醐りょうの写真豪雨の名古屋着ということで、外を歩くのが億劫になり、駅ナカの駅麺どうりからのセレクトで、最も食べたこと無いジャンル寄りの、醐りょうの海老ワンタン塩を。
麺/33 スープ/33 具/16 計83点
麺は、加水高めのストレート玉子細麺(林製麺)で、啜り感もよく、スープとの相性がバッチリ。
麺量もシッカリでした。
10年以上前は結構良く食べたタイプだが、最近この手の麺を出すお店は、とんと少なくなって、懐かしい美味さ。
スープは、鶏ベースに昆布、貝の出汁が調和され、塩分も抑え目で、飲みだすと止まらなくなる清淡完飲系。
具は、海老ワンタン、おふ、切昆布、ネギ、白胡麻。
ワンタンの海老は割と普通。もう少し魚介感を感じられると良いのだが。切昆布が、良い仕事してます。プラス出汁と麺と一緒に食べたときの食感がとても良い。
全体的なバランスの良い満足の一杯でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「煮干ラーメン」@にぼしらーめん88の写真名古屋出張にて、駅近高得点の88にて、デフォの煮干ラーメン。
麺/26 スープ/25 具/11 計62点
着席1分程の迅速着丼。え?早すぎない?
麺は歯応えも香りも全く無い。スープとの相性も考えられているとは思えない。このスープならもう少し細麺固めで良いのでは。
スープも泥ニボうたっているが、いうてニボ感は、殆ど無し。魚粉に豚骨と化調で見た目と味を整えているような。塩分は抑え目だが、後引く深みが全く感じられない。
味変で生姜とニボ酢がお薦めになっているが、これはダメでしょ。お薦め致しかねます。
具も、うすいチャーと普通のメンマでがっかり。
終始店員同士がおしゃべりしてて、雰囲気もダメですね。
正直このお店がこのポイントなのは、疑って懸かる必要があるかもです。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「八丁味噌ラーメン」@なご家の写真「なご家」で、八丁味噌ラーメン。
八丁味噌と言うことで、しょっぱいイメージかなと思いきや、それも意識しての薄め魚介系スープと八丁味噌の組み合わせが、結構GOOD。薄味くらいで、魚介も味噌もどちらの風味も効いている。麺は、中細でスープとの絡みもよし。具はトリなんだけどコーチンかどうかまではわかりません。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件