なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

hima

男性 - 東京都

東京都江戸川区在住・在勤。味噌ラーメンが主食です。もしかしたら味噌中毒患者なのかもしれません。レビューの8割以上はソレになりますが、宜しかったら見てやってくださいませ。【採点活動は終了いたしました】

平均点 75.806点
最終レビュー日 2013年11月11日
1,244 1,160 4 4,047
レビュー 店舗 スキ いいね

「肉そば(中盛り)750円」@自家製麺 伊藤の写真赤羽の「伊藤」、王子の「伊藤」、そして鶯谷の「遊」、、
それら人気店の祖という位置付けのコチラの店。
東北家族旅行の際に立寄ってみました。

しかし、ホントに謎めいた店でして、、
ウワサどおりにカンバンやノレンのタグイは全く無く、
携帯RDBで店舗写真を見なければ、店の特定すら出来ないんです。
まさに民家の玄関口風の入口から覗いてみると・・・
やっとココがラーメン店だと判るアンバイなんですって。

2011/8/14(日)13:00頃の入店で店内待ち2名。
券売機を見ると、「並」「中盛り」「大盛り」の3部構成になっていました。
それぞれ100円ずつ高くなる仕組みなんですね。
長男坊が並、ワタクシが中、カミさんは大にしてマナムスメと半分こ、、、
そんな作戦で「肉そば」を3杯注文です。
人数分に満たない注文数ではありますが、、、
コチラから申し出る前に取り分け皿を出してくれた店主のご好意に甘えさせてくださいな。。
オトォチャンは目標2分以内で席を立ちますんで、
後客の皆様も大目に見てくださいね。。

タダモノでは無さそうな店主の手によって、ブアイソに登場したドンブリ。
具材はネギ、タマネギ、豚肉。
スープは世の中の一般的なラーメンと比べると少なめでして、
やたら麺が盛り上がって見えるんです。
長男坊の並盛りも同様ですので、もともとそういう仕様なのでしょう。
「肉そば」と謳うには肉もチョボチョボっとした物量で、ちょっと寂しげですね。
それでも、やたらウマそうなオーラを放出しているんですよ、フシギと。

とにかくスープを・・・
こ、こりわ!
何気に漂う煮干臭から、ある程度のモノは想像していましたが、、
ソレを遥かに超える、濃ゆい、濃ゆぅい煮干汁。
もう、ココまでやるの?  ってな感じなんです。
これはシビれますねぇ、具合イイですねぇ。
「出来る限りの事はやりました!」
なんて感じで思いっきり頑張ってくれた煮干に感謝しつつ、
そこまでやっていながらエグミが無いのが素晴らしいぢゃないですか。
清く正しい下処理が徹底的に行われているんでしょうね。
エグミをもってして煮干の味わいだと考える方々には残念でしょうが、、、
いや、ソレでもご満足いただける出来栄えだと思いますよ。

麺は中太いクラスの縮れ麺。
どれどれ、、、どっしゃぁ!
何でしょうか、この硬ウマさは!
二郎系のゴワゴワ麺も、西山製麺の上等クラスのヤツも、
共に下を向いちゃうくらいの尋常ではない歯応え。
だただタジロぎ、そしてオイシがるしかありません。
しかも、オツユと激しく仲良しなんですもの。。。

豚は、一口サイズ、、、いや、半口サイズにカットされた三枚肉。
これまた濃ゆい味付けがタマりません。
もともと濃ゆいのか、スープに感化されたのか、、
とにかくウマいんだから、どちらだってイイんです。
ただ、、、少量なのが残念無念。。。別料金でももっと欲しいですよ。

完食、完飲、ゴチソウサマでした。
コレがラーメンだとすると、そこいらの店のソレは何? 今まで騙されてたの?
などと言いたくなるようなレベルの高さ!
迷う事無くイケナイ点数を献上しましょうぞ。

普段はスープを残すカミさんも長男坊も、キッチリと完飲の後に席を立ちました。
せめて、せめてマナムスメの「お残し」分にアリツコうとするオトォチャンでしたが、、、
「ダメ、ぜんぶたべゆの!」
などと撃退され・・・・
3つのドンブリ、および取り皿はカンペキにカラッポになりました。。。
このラーメン、どうやら我が家全員のツボにハマった模様です。
コチラとは麺が違うとの事ですが、東京の「伊藤」にも行ってみようぢゃないですか。

●子連れ情報
子供メニュー:なし
座席:座敷あり
ベビーカー:スペースあり

投稿(更新) | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件