なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

hima

男性 - 東京都

東京都江戸川区在住・在勤。味噌ラーメンが主食です。もしかしたら味噌中毒患者なのかもしれません。レビューの8割以上はソレになりますが、宜しかったら見てやってくださいませ。【採点活動は終了いたしました】

平均点 75.806点
最終レビュー日 2013年11月11日
1,244 1,160 4 4,047
レビュー 店舗 スキ いいね

「焦がし味噌らー麺  680円」@麺屋 楼蘭 梅田店の写真エラく久しぶりの大阪です。
駅の南側周辺の街並みは激しく変わっていましたが、
北新地あたりに出向き、とにかくラーメンを頂きましょう。

2011/1/19(水)16:20頃の入店で、先客5~6名。
テナントビルの地下街の店なんですね、コチラは。
店先に掲げられた「焦がし味噌」の写真が激しくウマそうでして、
迷わず掲題のモノを頂きましょう。

たった一人のスタッフである、オオキニ兄さんがチャチャっと仕上げたドンブリ。
具材はモヤシ、ネギ、カイワレ、メンマ、肉味噌、ナゾの黒い物体。
写真には写っていた、黒々としたマー油ゾーンが見当たりません。
その代わりに、痛々しくもドス黒いモノの正体は!!
ま、まさか、成仏するまでに焦がされた焦がしネギ!?
おそるおそる確認すると、、、、ワカメでした。ホッ。
ラーメンにワカメはイマイチな相性だと思うワタクシですが、
この時ばかりは大歓迎しましたとも。

さっそくスープを・・・・
おっ、赤味噌、、、なのに甘い! それでいてショッパい!
ややトロっとした仕上がりで、しかしイヤミな感じではなく、
なんとも言いがたい深みがあるんです。
姿が見えなかったマー油の香ばしさもキチンと感じられるのもイイですね。
東京地区でコレと似た感じのスープと言いますと、、、、思い浮かびません。
あえて言えば、、、、、該当しません。
と、とにかく、(おそらく)初めて大阪のラーメンを頂くワタクシにとって、
斬新ですよ、具合イイですよ。

すかさず肉味噌を溶いてみましょう。
タンマリと練りこまれた味噌、これまた甘いです。
スープの味噌とは別物のようでして、ソレよりもかなり熟成された、
アテズッポウですが、八丁みたいな味わいなんです。
これまたイイですね、ウマいです。

麺は中太のストレートっぽいタイプ。
ピキピキ鳴っているタイマーを尻目にオオキニ兄さんが会計をしていてヒヤヒヤしましたが、
どうしてどうして、キッチリとした茹で具合。
コムギの味わいも良く、なかなかウマいです。

具材はチャーシューが無いのが寂しげながら、
ココは挽肉にオマカセ、そんな感じでしょうか、不足感はありません。
ややクセのあるスープに案外とオニアイで、カイワレも活躍していました。

完食、完飲、ゴチソウサマでした。
この手のテナントビルの店にしては、CPは良いのではないでしょうか。
100円マシの味玉つき仕様のほうが、さらにオモシロ美味がれたなぁと思いつつ、、、、
大阪でラーメン食べたぞ!
などと納得の出切る一杯に遭遇できた事に感謝するのみです。
なにしろ、あまり機会の無い地域ですので。

●子連れ情報
子供メニュー:なし
座席:丸イスのみ
ベビーカー:スペースなし

●蛇足
ホントに久しぶりの大阪でした。
大阪南港を目指してバイクで走りぬけたのをヌキにしますと、
大阪万博以来、、、いえいえ、神戸ポートピア以来かもしれません。
そんなワタクシにとっては、イロイロなカルチャーショックがありました。

・エスカレーターの立ち位置が逆!
 東京では急ぐ人の為に右側を開けますが、大阪は左なんですね。
 その左側に立ち止まって、行く手を塞ぐデンガナオバサンの一言。
 「急ぐんなら、階段使えばエエやんか!」

・カラフルな大阪環状線
 東京で言うところの、かつての山手線色、そして中央線色、
 一本の電車に、ソレが混在して走っていました。
 確かに、機能的にはモンダイ無いですし。。。
 ちなみに、車掌さんの口調はカンペキな東京弁でした。

・やたら速いタクシー
 ずいぶん飛ばすんですね、細い道でも。
 見通しの悪い交差点は、ブレーキよりもクラクションですよ。
 客を乗せても車載テレビは付けっ放し。
 でも走行中で画面は映らず、女弁護士モノの音声だけが車内に響いていました。

・優しいヤンキー兄ちゃん
 フンゾリかえって電車のシートに座っていたゴッツいニィチャン、
 小さなコドモをダッコしたオカァサンに
 「ぎょよよ」(そのように聞こえたんです)
 意味不明な声を掛けながら席を譲ってました。
 さすが人情の街、グッドジョブです。

ああ、愛すべき街、大阪。
もしかしたら西九条あたりにポツポツと通う事になるやもしれず、何気に楽しみです。

  # 上記は今回たまたま遭遇した人々でありまして、
  # 全ての大阪の方が該当する訳ではありません。

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 1件