なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

YgiR_RgiY

平均点 75.574点
最終レビュー日 2019年1月30日
392 376 2 292
レビュー 店舗 スキ いいね

「ラーメン¥270」@コインスナック プラザの写真非常に珍しい、自動販売機によるラーメン。併設されているトーストサンド自販機は、なんと西日本で唯一だという。
このお店の存在自体が、文化遺産として遺すべき価値あるものだ。

ネットで営業時間6:00~0:00という情報を見て、朝6:00ちょうどぐらいに訪れてみた。しかし6:15まで待ってもシャッターはしまったまま。諦めていったん帰り、昼頃再訪すると開いていた。
店内でラーメンを食べていると、お店の方が自販機の在庫補充にいらしたので営業時間について質問してみると「6:00オープンだけど、最近はまだ暗いから6:30頃に開けてるんですよ」とのこと。
冬の朝に訪れる人はご注意を。

それを聞いて初めて思い至ったのだが、お店自体は毎日人の手で、朝6:00に開けて夜12:00に閉めているのだ。自動販売機なのにそのレトロでアナログな手間のかけ方が、とても微笑ましく貴重なことに思えて、改めてすばらしいお店であることを実感した。

ラーメンも、つくりが古いとか安っぽいとかそんな事はどうでもよくなるぐらい、感情に訴えかけてくる魅力がある。
このお店の貴重さ、レトロな雰囲気、自販機で作られるという今となっては真新しいスタイル、それら全てをひっくるめて心からの「美味しい」に昇華される。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン¥550」@中央市場 上海の写真早朝3:00から空いていて、高知で朝ラーメンができる貴重なお店!
とはいえそんな時間にこんな所まで来る人は少ないだろう、ましてラーメン以外にもメニューが豊富で、そちらがすごく魅力的・・・カウンターにズラッと並んだおかずやおでんがとても美味しそうで、ラーメンのつもりで来店してもついそちらを頼んでしまいそう。

ラーメン自体は至って普通の作りだが、ほんの微か、独特のクセが感じられた。油の香りかな?
じんわりと美味しく、量もあり、これで¥550なら十分満足できる。

この店自体の存在と、好感が持てるお店の雰囲気と、価格の安さを加味して、70点をつけさせて頂きました。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン&半チャーハン¥900/ランチスペシャル¥200オフ」@HALE WILLOWSの写真通常¥900の半チャーハンセットメニューが、ランチタイムは¥200オフ、つまり¥700で食べられる!しっかりと量もあってお得。
お店の外観、内装はすごくオシャレなんだけど、こういう良心価格などに町中華の名店のスピリッツが残ってるのかな。

失礼ながら、味の方にはそこまで期待せずにやってきた(ホントに失礼ですね、すみません💦)
超有名店の流れを汲む店ではあるが町中華だし、同じ大勝軒でも東池袋大勝軒 本店永福町大勝軒ほどの「ラーメン」ではないかなと、高を括ってました・・・猛省。

つくりは一見、古き良き町中華ラーメン。しかしじんわりと美味くちょっと変わった風味もあり、麺も麗しくやはり只者ではない風格を感じる。
何よりも、このノスタルジックな美味しさが、現代的でスタイリッシュな内装と器にデザインされて出てくると、途端に洗練されたオシャレなものに変わるのがおもしろい。

そして、かなり高齢と思われる名人ご夫婦が、若く現代的なセンスに馴染み居心地良さそうに仕事している光景が、微笑ましく嬉しい気持ちにさせてくれる。

ワンタンの皮を揚げ砂糖とシナモンをまぶした、という付け合せもお洒落でステキだった。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「つけ麺 長男(しょうゆ)¥850」@宮本屋の写真メニュー名の「つけ麺 長男」とは(しょうゆ)のことだそう。
他に
・次男(にんにく)900
・しお850
・おかん(野菜入り)+100
があり、独特なネーミング。ラーメン系は普通の名付けなんだけど(笑)

永福町大勝軒で修行し、修行先の味とスタイルを継承して開業したが、つけ麺で有名な東池袋大勝軒と勘違いしたお客さんから「大勝軒なのにつけ麺ないの?」と聞かれ、始めたというこのメニュー。
永福町大勝軒の味でつけ麺をやったらこんな感じかな、という品になっている。いや、修行先とは若干魚介風味の構成が違ってて、味が濃いかな?

ツルツルとした麺、風味豊かなスープが美味しかった。
サービスで付くご飯も、かなりいいお米を使っている風でお得感があった。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「らーめん¥500」@屋台餃子 安兵衛 いまどきの写真高知で有名な屋台餃子のお店の、系列店。
こちらは実店舗だが、内装デザインなどいろいろと屋台ぽい。

ここの主役は餃子であり、ラーメンはその餃子に合うように作られた脇役と言っていい。しかし500という低価格と、その割には味も量も具も、しっかり普通のラーメンであることはすばらしい魅力。

ラーメン以外のメニューも美味しいし、飾らない雰囲気もいい感じ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン【200g】¥880/卓上ニンニク¥0」@RAMEN401の写真新たな二郎系ラーメン店が誕生、しかも相当レベルが高い!

通常二郎系のはスープ分類を「豚骨醤油」に設定するのだが、こちらは「醤油」としたくなるほど黒い清湯で、醤油感が強い。これがキレがあり芳醇で、見た目もスッキリとおしゃれな感じ。

麺も豚もとても美味しく、これはすばらしい良店ができてくれた。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「らーめん¥600」@屋台安兵衛の写真「屋台」と銘打ってはいるが、運動会の仮設テントのような結構大型のお店。客席も40席あるようだ。

ラーメン単体ではすごく美味しい!とかとても創作的!というわけではないが、この開放的な空間で、老舗の奥深さを感じながら、という演出も含めると何だかとても味わい深い。高知全体が醸し出す楽観的な気風も手伝って、何だかとても幸せな気持ちになった。

そして、絶対に餃子は頼むべき!
ラーメンだけとか、お酒だけの注文でこの店を出るのはヒジョ~~~にもったいない。何ならおでんも追加して、めいっぱいエンジョイするべきだ(笑)

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ニンニクラーメン 並¥970」@ラーメン専門 川崎 本店の写真「川崎独特の味!!」と謳われているこちらを注文。

結構なピリ辛。辛いのが苦手な人には「辛いんなら、そう書いといてよ!」と思われるかも(笑)
それぐらい「ニンニクラーメン」というよりは「辛さ」が主役のラーメンだった。

「自然食品のみ…化学調味料は一切使用しておりません(但し他の店より高い)」
と書かれているが、化学調味料不使用とは思えないほどジャンクで味が濃く美味しい。
確かに高いのはその通り(笑)
一番安い「醤油ラーメン 並」でも¥915という、高知とは思えない高価格設定・・・でもこれほど美味しいなら許してもいいかな、という気持ちも芽生えてくる。
これはぜひ基本の醤油ラーメンも確かめに来なければいけない。

※丼は熱々だがレンゲがないのは、ちょっと困った。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
63

「中華そば¥650」@まつみの写真この日はお寿司が終わっていてバッテラは食べられなかった。
「中華そば」という基本メニューだが、一般的に言う「五目そば」のような炒め野菜たっぷりのものが出てくる。「五目そば」というメニューもあるが、そちらは海鮮と溶き卵が入るようだ。

野菜の甘みがスープの塩気と絶妙に合っていて、とても美味しい。
店名の「まつみ」という響きもそうだが、優しげでじんわりと美味い、イメージ通りの味。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン¥850/ごはん¥0」@宮本屋の写真サービスでご飯が無料。しかもランチタイムだけとかではなく、夜も!これは嬉しい。

銀のトレー、大ぶりのレンゲ、魚介系出汁の香りと甘みが強いたっぷりのスープ、ちぢれ麺など、随所に修行先だという永福町大勝軒さんのDNAが伺える。だが独自のアレンジが施されオリジナルな美味しさとして昇華されている。

東京の永福町大勝軒さんよりも、ちょっと塩っぱいのかな?そういった意味でもサービスライスは嬉しい。
店内に「宮本屋の仕込みは3日で1サイクル」と、スープを仕込む曜日が書かれているのが、ラーメンオタクとしては興味深くおもしろい。この日は日曜だったので2日目だそうだ。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件