なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

3ちゃん

レベル39

2011/12/16 「ラーショを愛する会」千葉支部 柏方面部長を拝命致しました。コメント等出来なかったり遅れて申し訳ありません。(_ _)

平均点 79.099点
最終レビュー日 2018年3月26日
1,741 858 8 5,515
レビュー 店舗 スキ いいね

「ラーメン+替玉 一食380円、替玉110円(送料別途※関東1,1」@丸幸ラーメンセンター 基山店の写真お土産にと此方で購入したラーメンが麺友さんと娘さんに好評だったようで、お取り寄せ。。
柏でお世話になっている、あの店主にもお裾分け。(^^)

此方の特徴はやはり「ストレートスープ」ボンカレーのようにお湯に浸けて温めれば、何とそのままの味を楽しめちゃいます。スープと付属のラード、カエシも一緒にグツグツさせて、それぞれをドンブリに注ぐだけでOK!
かなりリアルな味わいッスよ~
麺も当然ながら「生」タイプ。。加水が低いからなのか10日位消費期間があり、送料のリスクを浮かせるために多めに購入してもある程度は大丈夫ッスね~
また、ネット注文だと多少ですが、ボリュームディスカウントもあります。。

ではそのスープ。。綺麗な白濁色。。粘度も含めイメージとしてはクラムチャウダーのような感じですね~
ただ、お店では感じることの少なかったブタクサが少し出てますね。。作製からの時間経過の関係でしょうか。。
とはいえ、旨みはしっかり出ており、余計なブラインドも最小限。。クリーミーで豚骨由来の軽い甘味に程良い塩分濃度で非常に飲みやすい仕上がりなのは、変わりありません。。
中細ストレート麺は店舗仕様のものと同じですね。。
茹で具合は自分次第になっちゃいますが、沸騰したお鍋に10~15秒入浴されればカタポキ感のある茹で上がりになりますね。。
この辺の固さが自分の好みのラインです。旨い~~!あとはお好みで色々試してみましょう~~麺量は茹で前で150g。。
セット以外に替え玉がありますし、画像でも分かる通りスープ量が結構多いので、替え玉を増やして、節約を計るのもいいカモ。
具材はチャーシュー2/紅生姜。。お好みでネギを刻めば、ほぼ現地と同じ仕様になります。。
チャーシューは薄目のバラロール。。食感は同じような感じですが、かなり薄くそして小さい。。メイン具材はこれしかないのが残念。。
もうチョイボリュームが欲しいところかな。。
折角のお取り寄せなので高菜や海苔なんぞも、デフォルトで付けてお得感を出して欲しい気もします。。
必要に応じてアイテムを追加すれば、より楽しめるのではないでしょうか。。

私自身お取り寄せラーメンの経験値は殆どありませんが、充分地元の味を堪能出来ましたよ~

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 2件

「ワンタンメン(カタ) 480円」@丸幸ラーメンセンター 基山店の写真九州上陸7杯目
丸星中華そばセンターさんで満足な一杯を頂き再び移動。。
30分程走ったでしょうか。。
久留米から福岡に戻る道すがらにあるコチラ。。丸幸ラーメンセンター 基山店さん。。 おうじろうさんが史上最高点を叩きだしたお店。。ここもどうしても行きたかったお店の1つなんです。。
ちょいと背景が気になって繙いたところ、その歴史は久留米幸陽軒(昭和27年創業)のドライブインタイプの支店として昭和40年にオープンしたのが始まりのようで、( 先程頂いて来た丸星中華そばセンターさんは同じドライブインタイプであるが、更に古い昭和33年創業。)暫くはこの2店舗経営が続いていたが、久留米幸陽軒は昭和50年代に閉店。
此方が後を引き継ぐ形になって今に至っているのだそう。。因みに福岡・柳川にある幸陽軒は先代が久留米幸陽軒で味を学んだらしく、大龍ラーメン 花畑本店は幸陽軒時代の店長さんが独立した派生店ということらしい。。

前置きはこの辺にして。。
店内に入ろうとすると、券売機のある前室がありそこに15〜6名程の待ち客がいらっしゃいました。。確か客席数150ですので、もの凄いお客さんが押し寄せているのでしょう。。
券売機で表記と地元麺友さんのためにお土産ラーメンを購入。。
店内から声が掛かるたびに一組ずつ店内へ吸い込まれていますね。。
入口先頭になって数十秒で声が掛かり、中に入ったところが受付。。そこで食券提出&麺の固さ(今回はカタ)を告げ、半券と共に席番号を告げられ、指定された席に着席するといった寸法。。
入口と出口を完全分離させていることにより、混み合っているお店で頻発する出入口付近でごった返すこともなく、よく考えられた構造になっています。
卓上は。。丸星中華そばセンターさんとほぼ同様で紅生姜とはりはり漬け。。高菜もあったかな。。
店員さんは多数。。そりゃ150もの席を維持するんですから。。
着席後、10分位で登場です。。

此方のスープは久留米で食べた2杯と比べて一目瞭然。。
スープの色から違うんです。。綺麗な白濁色。。粘度も含めイメージとしてはクラムチャウダーのような感じですね〜
また、此方のスープの特徴として、旨みはしっかり出ているのにあの豚骨臭が殆どしないんです。。高圧スチームで炊くことで臭いを抑えているとのことらしい。。
此方も余計なブラインドが無くクリーミーで豚骨由来の軽い甘味に程良い塩分濃度。。
ブタさん濃厚なのにアッサリといける、非常に飲みやすい仕上がり。。
あの臭みがないのはクサウマ好きな方々ですとに若干物足りない感じもしますが、そこは旨味で相殺。
此方のスープも美味いですね〜
合わさる中細ストレート麺はやはり此方も博多系よりは若干太め。。
カタ指定で軽く粉感を覚えるようなポキポキ感のある茹で上がりは、中々好みの仕上がりで3連食目ですが、まだまだ吸い込みが落ちませんね〜
具材はチャーシュー3/ワンタン5/小口ネギ。。
チャーシューは薄目のバラロール。。その薄さとは裏腹に吸い込んだスープと肉汁がフワッ口の中で弾け消える感じで、意外に印象が残りましたね。。相性も良好。
ワンタンはやや皮が厚め。。スープを吸いすぎたせいか幾分ボタッとしていたのは、チョイと好みから外れるが、生姜が強めに効いた肉餡との相性は良く中々。。小口ネギは今更とやかく言う必要もない必須アイテム。。そもそもワンコイン以下で提供されること自体が凄い。。
麺友さんが頼んでくれたチャーハンを半分シェア頂けたこともあり、腹パン状態。。
スープ完飲は出来なかったが、数口残した状態で「ご馳走様〜〜」と相成った。
このラーメンがデフォルトだと、何と先程のお店よりも10円安い370円で提供される。。
久留米系を3軒食べ歩いて来ましたが、どのお店も創業は戦後復興期とかなりの老舗店にも拘わらず、食べた印象は違えど、どれも安価。。しかもかなり美味かったですね。。
道中には290円で提供するところもあり、そういった意味でも凄い地域ですよね。。

投稿(更新) | コメント (5) | このお店へのレビュー: 2件