なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

AYYE

男性

2016/05/25〜ラーメン・酒・ベイスターズ・愛猫を愛でること・チャリ・スキューバが趣味のオッサンですのんびりマッタリと備忘録として。普段は糖質制限によりラー活は休み休みたまーにします

平均点 82.198点
最終レビュー日 2019年5月18日
358 245 8 1,045
レビュー 店舗 スキ いいね

「【限定】ゆず香る冷やし白醤油らーめん」@麺処 びぎ屋の写真2017/05/29
12時前到着、外待ち1番目。

もう暑いので限定の冷やしに惹かれてココへ。

すぐ着席、着丼。
見るからに涼しげ。白醤油はレギュラーメニューでもあるから、その冷やしなので限定とはいえ安心できるのも心強い。味は期待通り。

ゆずは程よく、だけどシッカリと。柑橘系の酸味に弱い私でも全然問題ない程度。

メンマ、チャー、カイワレ、のりに味玉。いずれも素晴らしい役割で、アクセントに柚子胡椒。柚子胡椒は味を支配し過ぎるので入れすぎ注意。

麺は既視感あります、安定です。

美味しさは満足なんだけど、ココ最近のJ系マイブームにより、量的に足らん…連食だなと近くのBM先へ流れるのだった。

ご馳走様でした!

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

「限定 冷やし坦々麺大盛」@麺 やまらぁの写真2016/08/24
11時到着。先客2名。

ソコソコ良い天気で気温も上昇中ということで、冷やしの渇望が出てきた(昨日の事はオイトキマショウ)のと、坦々麺を食べたい…とふと思いたつ。
という事で、RDBにてポチりコチラへ。冷やしと坦々との欲望を両方一度に満たしてもらいましょう!例のごとく初訪です。

着丼。おぉ…美しい。
胡麻をベースとしたクリーム色のスープに、辣油の赤色が映える。葉物野菜とお肉の色味もまたアクセント。
そしてこの冷やされたボウルもまたイイですな〜

ではスープから…おおまろやかに炊かれた鶏とゴマがマッチしてコクのある仕上がり。自家製辣油の辛味は比較的抑えめで、万人受け仕様。温度感は低すぎない為、ベースの良さも感じられる。

麺は中細と店のパウチに記載あるけど、これも細すぎずスープと上手に絡んでくれる。強烈にシメられている為、シッコシコ。

具はプチトマト、白ネギ、糸唐辛子、挽肉と葉物野菜(何か分からん…サラダ菜?)
挽肉はかなり濃いめの味付けだけど、スープに溶かしながら食べるとコレまたスープがグレードアップ。中華風な味付けと風味なのもまた食欲をそそる感じ。肉増しってのも出来るから、次回間に合うなら肉増しにしようかな。

美味しかった。
変化球でなく本格派な冷やし担々麺。正直驚きっていう部分ではそうでもないけど、キチンと真ん中を捉えているあたりが流石の人気店。
去年のTRYにも取り上げられてたようだ、このメニューも気になるけど、レギュラーメニューも美味しそうだ。また来よう。

ご馳走様でした!

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「冷やし中華そば大盛+チャーシュー丼」@浜屋 五反田店の写真2016/08/23
12時半到着。店内待ち1番手後着席。

今日は休み。気になっていた未訪のラーメン店を訪れつつ、各自転車屋やパーツ屋を回ろうと思っていたら突然のスコール!!おいおい…南の島並みのスコールをくらいもう完全に心折れました。こんな日は引きこもりましょう…帰ります…

という事でココへ。もう何回目かも覚えていない。
期間限定の冷やし中華にしてみましょう、昨日に引き続きドシャ降りにやられて若干寒いですがね!(イライラ)
大盛240gらしいし、エェイ!チャーシュー丼も追加じゃ!(ヤケクソww)

着丼。さて……ゲッ!コレは………

『ま さ か 普 通 の 冷 や し 中 華』

買う前に聞けば良かった…(涙)
まあ私が悪い。濃厚和風豚骨魚介のつけそばをベースにした、

『冷 や し ら ー め ん』

が出てくる等の前情報も何も無いのに、きっとそうだろうと思い込んだ、脳内変換した私のミスです。ハイすいません。
今考えれば、券売機の横に写真があるわ、、アレはイメージ図だと思っちゃったんですよ。申し訳ありません。

美味しい冷やし中華でした。具は少し寂しかったです。
心をよそに、帰りは店を出るとピーカン晴れです。
一瞬パーツ屋巡りがアタマによぎりましたが、コレでまたスコールふられたら、踏んだり蹴ったりなので大人しく帰る事にしました。
はぁ…隣の人のつけそば美味しそうだったなぁ(白目)

ご馳走様でした!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 21件

「限定 味玉和風冷やしラーメン+〆のお茶漬け」@麺や でこの写真2016/08/21
11時前到着、シャッター1名に接続、後客多数。

所用あり川崎へ。通り道だし皆さんすこぶる高評価の冷やしを食べにココへ。初訪だ。
後客数名も冷やしが続々とオーダーが入っている。確か10杯の限定だったハズだからシャッター組して良かったなと。

先ずはスープから…冷やしとはいっても若干温度が低いくらいの感じなのが新鮮に感じる。でもヌルいとも違う。
白醤油ベースに魚介出汁がマッチ。和風という表記がピッタリ。
鬼おろしですられた辛味大根の部分辺りのスープだけをいってしまうと辛味が強すぎるが、放っておくとスープに溶け出し程よいピリっとした味わいに。時間差の技術?スゴいなと。

麺はしっかりシメられたプリパツ麺。かなーり美味しいですね〜。

具材は香辛野菜がタップリと、いずれもスープにマッチする具材ばかりで『冷やし』というメニューを温度だけでなく具材で涼やかに表現。なかなか素晴らしい演出。鶏チャーシューはシットリと柔らかいのもイイですなー。
柚子はかなりイイ味変アイテム。初なので遠慮気味に入れたけど、2回目があるなら、ガッシリと追加したい。

写真は無いけど、〆のお茶漬けもシャケフレーク、のり、ワサビと目新しさは無いラインアップでも、このスープを浸せば、素晴らしい按配に早変わり。柚子を追加してもまた香りたち美味しいお茶漬けに。

美味しかった。冷やしがやってる間の再訪といきたいところだけど、他のメニューも気になり悩ましい…
ご馳走様でした!

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件
92

「冷やし中華中盛」@麺恋処 いそじの写真2016/08/05
15時半到着、店内待ち3名に接続。

暑い…今日はホントに暑い…
ということで、数年通ってはいるものの、まだ未食の冷やし中華を食べるべく、ココへ狙いを定める。14時過ぎに店の前を通ると行列が数名!マジか…という事で近くの仕事をパパッと終えてから15時半頃に到着。仕事してるのかラーメンの予定に合わしているのか…

写真を撮るのがヘタ過ぎて美しい盛り付けがキレイに取れず。。
お店の人申し訳ありません。

中太の自家製麺は冷やしによって強烈にシメられ、さらに食感が良くなっている。ムギュっとモチっとした感じで、私はこの麺のもはやファンになりつつある。麺量300gチョイの中盛もアッサリペロリ。

豚骨魚介ベースにゴマだれが混ぜられており、ちゃんと冷やし中華になっている。スープは後味に僅かな酸味が残り、後引く感じ。
冷やし中華ぽく辛子もそっと器のフチにあるが、個人的にはあってもなくてもどちらでも大丈夫かなと。

具は盛りだくさんだが、コレがデフォ。
チャーシュー、味玉、トマト、キュウリ、カイワレ、ほうれん草、海苔、大葉、写真にはないけどヤングコーンを後で追加でいただきました。盛り付け忘れで申し訳ありませんとお店の人恐縮してたけど、こちらこそ腹が減りすぎててガッツいてしまい、すぐ出してもらった時にはもう食べ始めてしまっていたので、完成写真をアップできず逆に申し訳ありません。
シャーベット状のタレもあって、最初は軽くかき混ぜてつけるようにして食べるが、中盤ぐらいからスープに溶け出し、更に魚介系の香りが際立ってくる。細かい仕事をしますねと感嘆。

最後はスープ割にしてもらえるが、余ったスープは微調整をかけられ、濃くも薄くもない完璧な塩梅でブーメラン。

美味しかった。前のレビューにも確か書いたが、次回は味噌をつけ麺にしてみよう。

ご馳走様でした!

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 4件

「からめん+だしめし」@からめんや えんの写真2016/07/25
11時半過ぎ到着、テーブル空き数席。

取引先付近にありながら、タイミング合わず来られない日々が続いたこの店。久々にチャンス到来、行くしかないでしょう!

数年前まで知らなかった、宮崎のご当地B級グルメのからめん。
ラーメンのカテゴリに入れていい一杯かどうかは意見分かれるかも知れないが(多分違う…?)辛いもの好きな人にはタマらない一杯だと思う。辛さも8辛からプラス料金にはなるけど無制限に選べる、というか無制限って…ちなみに普通は3辛で表記は25辛までだがその先は無制限。恐ろしい…
今日は久々ということもあり、若干ヒヨって8辛。

ニンニク有り無しをオーダー時に聞かれるのだが、営業車のダッシュボードに歯ブラシがあるのを思い出したので、ランチとはいえニンニクありで。

スープは牛ベース。ダシ感も結構しっかりあり、ただ辛いだけでなく、旨みもきちんと感じられる。甘みも少しだけどちゃんとある。また、結構な塩味もあるのでセットのゴハンとも相性バツグン。ニンニクの風味もやはりバッチリ。
個人的にこの店はスープが命と思っている。なので辛さの選択を間違えるとしんどい食事になるので注意。私如きでは8辛が限界。。

具は鶏ミンチとニラと溶き卵。そこに辛さに応じた分の唐辛子ON。パッと見は韓国料理ぽいが、宮崎の郷土料理というのがまた不思議。だからチゲ鍋とも微妙に別物。

麺は蕎麦粉と小麦粉をブレンドした冷麺チックなモノ。
こんにゃく麺とかそんな名前だったと思う。私が知らないだけかも知れないが、九州の人とかにはお馴染みなのかな?噛み切るのが困難なほどの弾力。軽いタイプの麺であり、一玉の量がかなり少ない為、替え玉でお腹と相談。

なお、ハンカチサイズのタオル地フキンをエプロン代わりにどうぞ、と渡してもらえる嬉しいんだか何だか分からないサービスがある。普通に紙エプロンじゃダメなのか…?と思いながら午後の仕事へ。

なかなか他では食べられない一杯で定期的に通い食べたくなる。
久々だけど美味しかった。
後客も続々で、ホールのオバさんがガンガン断っているのに退店時は数名の行列が出来ていた。テーブル席しかない居酒屋スタイルの店のため、お一人様は早めの訪問が吉。
夜は行ったことないけど、メニューを見るに普通の居酒屋さんになると思われる。

ご馳走様でした!

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件